Outlook on Macは、MacOSVenturaから優れた機能を利用しています

Macで入力したメールを送信した直後に送信するプロセスを停止したいと思ったことはありませんか。この機能は、Appleが今年後半にMacOS Venturaメールアプリに追加するものですが、今ではMicrosoftもあなたのためのソリューションを提供しています。

現在、Office Insiders でテストしているのは、OutlookforMacの「送信取り消し」機能です。この機能は、Mac上のOutlookで長い間要求されてきた機能のひとつであり、ベータテスター向けに今すぐ簡単に設定できます。ただし、真のメッセージリコールと混同しないでください。この機能は、メッセージの送信を短時間遅らせるだけです。真のメッセージのリコールは、OutlookforWindowsでのみ使用できます

OutlookforMacで送信を元に戻します。

新しいオプションは、[ Outlook ]>[設定] >[最新のOfficeInsiderバージョンのOutlookfor Mac(ベータチャネルバージョン16.62、ビルド22050200)で作成]で設定できます。そこから、[作成]ダイアログで、 5、10、15 、または20秒の遅延時間を設定できます。設定すると、メールを送信するたびにアプリの下部に新しい[元に戻す]ボタンが付いた新しいプロンプトが表示されます。ただし、Microsoft365およびOutlook.comアカウントでのみ機能することに注意してください。

GmailやOutlookforthe Webに精通している人は、この機能を歓迎すると思うかもしれません。これらのプラットフォームには、送信されたメッセージをかなり長い間遅らせる機能がありました。

「OutlookforMacにはあなたの背中があります。 [送信を元に戻す]コマンドを使用して、メッセージを送信する前にキャンセルできるようになりました。これにより、通信をより細かく制御でき、自信を持てるようになります」とMicrosoftのシニアプロダクトマネージャーであるPriyaGantaは述べています。

すべてのOutlookforMacユーザーがいつこの取り消し送信機能を利用できるようになるかは定かではありません。通常、Office Insiderプログラムでテストされた機能は、非ベータテスターに​​展開されるまでに数か月かかります。そして、それはマイクロソフトが機能が十分に安定しているとみなしたときにのみ起こります。

また、すべてのOffice Insiderが、遅延の取り消しをすぐに確認できるわけではありません。 Microsoftは通常、すべてがスムーズに機能するように、これらの機能を徐々にユーザーのサブセットに展開します。まれではあるが、同社によれば、機能を削除することもできるという。