NASAがInSightMars着陸船の最後の自撮り写真を共有

NASAは、InSightMars着陸船が撮影した最後の自撮り写真を共有しました。火星のほこりが2つの7フィート幅のソーラーアレイを覆うようになるにつれて、マシンは徐々に電力を失っています。今年の終わりにかけて静かになると予想されています。

自撮り写真(下)は4月に撮影され、今週リリースされ、着陸船が完全にほこりで覆われていることを示しています。

インサイト火星着陸船の最後の自撮り。
NASA/JPL-カリフォルニア工科大学

2018年に開始されて以来InSightのミッションを監督しているNASAのジェット推進研究所も、状況の深刻さを明確に示す前後のシーケンスを含むGIF(下)をツイートしました。

ほこりっぽい自画像。 @NASAInSightは、4月24日に最後の自撮り写真を撮りました。GIFでは、2018年12月の宇宙船の最初の自撮り写真と、火星の塵に覆われた最後の自撮り写真を見ることができます。 https://t.co/gvCNyRPnzC pic.twitter.com/CcN2Qzg90d

— NASA JPL(@NASAJPL) 2022年5月24日

「完全な自撮り写真を撮るには、腕を数回動かす必要があります」とJPLはウェブサイトのメッセージで述べ、ほこりっぽいソーラーパネルの出力が少ないため、チームは「間もなく着陸船のロボットアームを「引退ポーズ」と呼ばれる休憩位置は、2022年5月に最後になりました。」

InSightは最初の地震計を火星に持ち込み、ミッション中に1,300を超える地震を検出しました。これには、別の惑星 でこれまでに検出された最大の地震として測定された最近の地震も含まれます。科学者たちは、収集したデータを使用して、赤い惑星の内部について詳しく学んでいます。 InSightにはハイテク気象観測所も含まれており、科学者は火星の4つの季節の天気を非常に詳細に記録できます。ミッションの発見のいくつかについては、以下のビデオで学ぶことができます。また、ほこりの問題にも対処します。

途中でいくつかの問題が発生しましたが(たとえば、InSightのヒートプローブが目標の深度に到達できなかった)、最後にほこりに関連する大きな問題が発生しましたが、ミッションは成功したと見なされ、最初のミッションで主要なミッションの目標を実際に達成しました。遠い惑星に到着してから2年。

NASAの惑星科学部門のディレクターであるLoriGlazeは最近、InSightが「岩石惑星の内部の理解を変え、将来のミッションの準備を整えた」と述べ、次のように付け加えました。「火星の内部構造について学んだことを応用できます。地球、月、金星、そして他の太陽系の岩石惑星にさえ。」