iPhone 13 は昨年の iPhone のように遅れるようには聞こえない

昨年、iPhone 12シリーズは、コロナウイルスのパンデミックとAppleメーカーへの影響により、発売が遅れました.サプライヤーは失われた時間を何とか取り戻すことができたと思われますが、それにもかかわらず、iPhone 12は通常の9月のiPhoneリリースウィンドウを超えて押し戻されました。

しかし、韓国のテック サイトTheElec が報じているように、今年は少し状況が変わることを期待しているようです。 Samsung DisplayとLG Displayは、昨年のiPhone 12よりも少なくとも「1か月早く」iPhone 13シリーズ用のOLEDパネルの生産を開始したと述べています。

LG と Samsung Display が画面を構築

これは多くのコンポーネントの 1 つにすぎませんが、世界の多くの地域で依然として多数のコロナウイルスの症例に対処しているという事実にもかかわらず、Apple のサプライヤーは 2020 年よりもはるかに良い位置にいることを示しています。

レポートは次のように述べています。

Samsung Displayは、今月半ばからiPhone 13に搭載されるOLEDパネルの生産を開始した。事情に詳しい関係者によると、LG Displayは最近生産を開始した。

サムスンは LG より 1 週間早く有機材料の蒸着を開始した。パネルが完成するモジュール工程は、LGよりもSamsungの方が10日ほど早い。

両社はおそらく、サプライチェーンの混乱から保護するためにできる限りのことを行っているように見えるAppleからの直接の要請として、早期に生産を開始したと思われます.

Samsung Displayは、iPhone 13向けに8000万ユニットのOLEDパネルを生産する計画だと伝えられている。LG Displayは3000万ユニットを生産する予定である。昨年の iPhone モデルと同様に、Apple はおそらく 4 つの異なる iPhone 13 モデルを発売する予定であり、それぞれが OLED ディスプレイを備えています。ただし、ハイエンドと通常の層のモデルの間にはいくつかの違いがあることが予想されます。

ハイエンド iPhone のみで 120 Hz

このレポートは、Apple が iPhone 13 に120 Hz のリフレッシュ レート導入するという別の確認を追加しています。比較すると、現在のモデルの iPhone のリフレッシュ レートは 60 Hz です。リフレッシュ レートが速いということは、よりスムーズで応答性が高いように見える表示を意味します。

Apple は 2017 iPad Pro で 120 Hz のリフレッシュ レートを導入しました。そのときの要求に応じて、リフレッシュ レートを 24 Hz から 120 Hz に動的に変更する機能を指す名前として ProMotion を使用しました。ただし、この機能はまだ iPhone には実装されていません。

TheElec によると、Samsung は、120 Hz のリフレッシュ レートをサポートする低温多結晶酸化物 (LTPO) 薄膜トランジスタ (TFT) OLED パネルの唯一のサプライヤーです。このレポートは、Apple が 2 つのハイエンド iPhone 13 モデルでこの 120 Hz のリフレッシュ レートを提供することを計画していることを示唆しています。物事の音から、2 つの下位層モデルは通常の 60 Hz のリフレッシュ レートに固執します。