Intel Arc AlchemistA380がついにAMDのエントリーレベルGPUに匹敵するようになりました

Intelは現在、 ArcAlchemistのラインナップから最初のデスクトップディスクリートグラフィックスカードであるA380を正式にリリースしました。すぐに、A380は、Gunnirによって製造された、より高速のクロック速度を備えた最初のカスタムバージョンも受け取ります。

エントリーレベルのGPUは、AMDのRadeon RX 6400のライバルとなる位置にあります。悪いニュースは、Intelの最初のグラフィックカードをまだしばらく手に入れることができない可能性があるということです。

Intel ArcAlchemistA380グラフィックカード。
インテル

私たちの何人かはそれが決して起こらないと考え始めていました、しかしここに私たちはいます— 多くの遅れの後、IntelはXe-HPGアーキテクチャに基づく最初のディスクリートゲーミングGPUを公式に展開しています。

ラップトップでのArcシリーズの発売に続いて、Intelの新しいスタンドアロングラフィックスカードは仕様をかなり控えめに保ちますが、価格はそれらに匹敵するほど低く設定されています。 Gunnirは、 Intelの発表をすぐにフォローアップし、独自のニュースを発表しました。ArcA380は、デュアルファンセットアップと工場でのオーバークロックを備えた、A380Photonと呼ばれるカスタムフレーバーでも登場します。これら2つのGPUを比較してみましょう。

Intel Arc A380は、ACM-G11 GPUの完全な構成を備えており、8つのXeコアが付属しています。 2000MHzのベースクロック、192GB / sのメモリ帯域幅、および96ビットメモリバスを介して16Gbpsでクロックされる6GBのGDDR6メモリを備えています。 TDPはデフォルトの75ワットに設定されているため、多くの電力を消費しません。

上の写真のIntelバージョンのArcGPUは、単一のファン設定を備えたシンプルなデザインです。公平に言えば、それで十分です。GPUはAMD Radeon RX 6400と比較されており、ファンは1つだけです。 A380は、仕様やパフォーマンスの点で最高のGPUと競合することを望んでいませんが、Intelは、ゲーマーを動かし続けるのに十分なパワーを提供することを約束しています。

Intelは、このカードが、人気のある、要求の少ないいくつかのタイトルで「60フレーム/秒(fps)以上の流体1080pゲーム体験」をサポートできると主張しています。これには、 League of LegendsNaraka:Bladepoint 、PUBG :BattlegroundsMoonlightBladeなどのゲームが含まれます。カードのゲーム機能は、ハードウェアアクセラレーションによるレイトレーシングを備えたDirectX12Ultimateの全機能によって支援されます。 GPUは、IntelのAIベースのスーパーサンプリングテクノロジーであるIntel XeSSもサポートします。これは、NvidiaのDLSSに似ています。

Intelは主にA380をゲーム用GPUとして販売することに重点を置いていますが、コンテンツの作成にも使用できることも強調しています。ハードウェアAV1エンコーディングアクセラレーション、およびエンコーディングとデコーディング用のHEVCとH.264をサポートします。 GPUは、最大4つの4K 120HzHDRディスプレイまたは最大2つの8K60Hzディスプレイ、および1080pと1440pで最大360Hzをサポートすると言われています。

ボックスの前にあるGunnirA380Photonグラフィックカード。
ガンニール

GunnirのIntelArcA380のカスタムバージョンは興味深いモデルです。デュアルファンセットアップを使用すると、A380Photonは基本的なIntelGPUよりもパフォーマンスが向上するはずです。 3つの2GBGDDR6メモリモジュールが付属しており、それぞれが15.5Gbpsでクロックされますが、これは実際にはリファレンスモデルよりも低速です。ただし、最大クロック速度が上がるため、A380よりも高速になるはずです。Gunnirは数値を2450MHzにします。 TBPも92ワットに増加しました。 GPUには、1つの8ピン電源コネクタと4つのディスプレイコネクタ(1つのHDMI 2.0と3つのDisplayPort)が付属しています。

GunnirはまだカスタムA380の価格を明らかにしていませんが、Intelはすでにサスペンスのベールを解除しています。当面、Arc A380の価格は1,030中国元で、これは約153ドルに相当します。残念ながら、GPUはそもそも中国でしか利用できません。 Intelの展開計画は、ArcA380をカスタムPCビルドに組み込むOEMから始まります。後日、自分でパソコンを作りたい人のためにDIY市場で発売されるほか、他の地域でも発売される予定です。