Intel の Thunderbolt 4.2 は、前任者の最大 3 倍の機能を約束します

Intel は、次世代の Thunderbolt に関する詳細を共有しました。これは、複数の異なる製品で動作する、よりユニバーサルなポートに向けたもう 1 つのステップとなる可能性があります。

The Vergeによると、このブランドは最近、いわゆる Thunderbolt 4.2 をプレビューし、その仕様を詳述し、ポートが「Thunderbolt 4 の最大 3 倍の機能を提供できる」ことを確認しました。

MSI Prestige 14 の左側には、Thunderbolt 4 をサポートする 2 つの USB-C ポートが見えます。
マーク コポック/デジタル トレンド

新しい Thunderbolt 規格は、双方向で最大 80 ギガビット/秒の速度と、最大 1 メートルの長さの既存の Thunderbolt 4 ケーブルとの互換性を提供し、複数のハイエンド モニターをサポートする場合に 120Gbps の高速化と 40Gbps の低速化を可能にする特別なモードが追加されています。単一のケーブルで。

これらの仕様は、先月 USB プロモーター グループによって発表された、最近発表された USB 4 バージョン 2.0 規格の仕様と非常によく似ている、と The Verge は指摘しています。

ただし、新しい Thunderbolt 規格には追加機能があり、USB 4 バージョン 2.0 仕様だけでなく、DisplayPort 2.1 と 2 倍高速な PCIe スループットもサポートしています。インテルは、この標準を本質的に将来にわたって保証するために最善を尽くしています。

「USB4 v2 仕様の多くの部分はオプションであり、実装のばらつきにつながります。Thunderbolt はより高い基準を定義し、最も完全なソリューションを提供します」と、Intel のクライアント コンピューティング グループのゼネラル マネージャーである Jason Ziller 氏は The Verge に電子メールで語っています。

同様に、Video Electronics Standards Association (VESA) は、今週初めに最新の DisplayPort 2.1 仕様を発表しましたが、ビデオ ポート機能を標準化する取り組みとして、3 月にDisplayPort UHBR (超高ビット レート) のサポートを発表しました。超高ビット レート (UHBR) 認定により、ケーブルには、レーンあたり 10 ギガビット/秒の「DP40」またはレーンあたり 20 ギガビット/秒の「DP80」の転送速度に従ってラベルが付けられます。 40 と 80 は、DisplayPort の 4 つのレーンすべてを使用するケーブルの最大帯域幅を表します。特に、多くの DisplayPort ドングルは、コネクタに USB スタイルのポートを使用しています。

Intel は、2023 年に新しい Thunderbolt 規格の公式ブランド化に関する詳細を共有する予定です。