Intelの今後のチップは、よだれが出そうな6GHzのマークに達する可能性があります

Intelの第13世代RaptorLakeチップは、1つのタレコミが信じられる場合、6GHzマークを超えてブーストできる可能性があります。同社の現在のCorei9-12900CPUは、すでに5GHzをはるかに超える能力を発揮しています。

噂はツイッターのタレコミ@OneRaichuの好意によるもので、IntelのEfficient Thermal Velocity Boost(ETVB)テクノロジーにより、CPUの少なくとも1つのSKUが6GHzターボブーストに対応できると主張しています。これにより、そのレベルのパフォーマンスに到達した最初のx86チップになります。

6GHzターボMAYBEが1つのSKUに表示されます。 (ETVBモードの場合)
通常のSKUではないはずです。 https://t.co/SFubzjdXNG

—ライチュウ(@OneRaichu) 2022年6月21日

IntelがETVBの「将来のプラットフォーム」サポートを含むようにExtremeTuningUtility(XTU)オーバークロックアプリケーションを更新したときに、ETVBのより多くの確認が明らかになりました。 Wccftechが指摘しているように、XTU変更ログにリストされているオーバークロック機能は、 第12世代のAlderLakeCPUでも利用できます。

復習として、 Intelの通常のTVBは、CPUが熱制限内にあり、十分なターボヘッドルームが利用可能な場合、クロック速度を「日和見的に」最大100MHz増加させます。これが、AlderLakeCPUが5GHz半ばの範囲に入る方法です。 ETVBモードは、CPUの温度に応じて、さらに高い周波数ブーストを可能にするTVBの改善になる可能性があります。

Raptor Lakeで見た初期のベンチマークのいくつかを考えると、これはおそらく驚くべきことではありません。 Sandraベンチマークツールでは、Corei9-13900が現在のCorei9-12900を粉砕していることがわかりました。ただし、実際のパフォーマンスの数値はリリース時に異なる可能性があるため、テストされたのは初期のエンジニアリングサンプルであることに注意する必要があります。

明らかに、AMDはその栄光にとらわれておらず、TeamRedは新しいZen4アーキテクチャ上に構築された独自のRyzen7000チップを準備しています。 AMDはComputex2022印象的な結果を披露し、IntelのCore i9-12900Kを31%上回りました。また、 GhostwireTokyoのプレイ中にZen4チップが最大5.5GHzまでブーストすることも示しました。

AMDのCEOであるLisaSuは、このような印象的な結果が得られたとしても、Ryzen7000チップは5Ghzを「大幅に」超えるクロック速度に対応できると述べています。それはどんな種類のオーバークロックの可能性も数えていません。とは言うものの、Intelがオーバークロックなしで6Ghzを達成できれば、それでも注目に値する成果となるでしょう。