BepiColomboミッションは、水星フライバイの見事なイメージを共有します

水星へのベピコロンボミッションの背後にあるヨーロッパと日本のチームは、宇宙船の遠方の惑星の最近のフライバイの最初の画像を共有しました。

白黒の画像は、惑星を信じられないほど詳細に示しています。その表面は、何十億年にもわたる小惑星と彗星の爆撃からの多数のクレーターによってポックマークされています。

こんにちはマーキュリー!

これが今日の#MercuryFlyからの最初の外観で、惑星の豊富な地質学的特徴のこのような驚くべき配列をキャプチャしています🤩https //t.co/hC6TfMmCy1 #ExploreFarther pic.twitter.com/7WkYiGU0Kp

— Bepi(@ESA_Bepi) 2022年6月23日

これは、6月23日に惑星の表面から約570マイル(920 km)上空から、ミッションの水星惑星オービターによって捕獲されました。欧州宇宙機関(ESA)は、宇宙船が上記が行われるわずか5分前にさらに接近したと述べました。水星の表面からわずか124マイル(200キロメートル)以内に到着します。

マーキュリープラネタリーオービターの一部も画像に表示されています。たとえば、宇宙船の磁力計ブームは左下から右上に向かって走っているのが見られ、右下のミディアムゲインアンテナのごく一部もフレーム内にあります。

画像の左下を見ると、幅124マイル(200 km)のマルチリング盆地があり、その一部は磁力計ブームによって隠されています。

今週のフライバイは、マーキュリープラネタリーオービターによって実行された2回目であり、惑星の表面から約620マイル(1,000 km)上で画像をキャプチャした最初のフライバイの8か月後に行われます。

ESAのBepiColomboプロジェクトサイエンティストであるJohannesBenkhoffは、次のように述べています。 「私たちは、軌道上では一度もアクセスできない水星の環境の多様で未踏の部分を世界クラスの科学研究所に飛ばすことができます。また、主要な科学ミッションに確実に移行するための準備を早めに開始することもできます。可能な限り迅速かつスムーズに」

主な科学ミッションでは、ESAの水星惑星オービターと、ベピコロンボミッションの一部でもある日本の水星磁気圏オービターを見て、水星のコアから表面へのプロセス、磁場、外気圏を分析して、起源と進化について詳しく学びます。親星に非常に近い軌道を回る惑星の。

ESAは、二重観測は「太陽風による磁気圏プロセスを理解するための鍵であり、BepiColomboは、惑星の磁場と、同じ2つの異なる場所での太陽風と惑星との相互作用の比類のない観測を提供することにより、新境地を開拓する」と述べました。時間。"

オービターは現在、木曜日に撮影した追加の画像を地球に送信しており、チームは金曜日の朝にそれらをオンラインで共有する予定です。 ESAが確認したところによると、すべての画像は6月27日月曜日にPlanetaryScienceArchiveで一般公開されます。