Apple が iPhone 14 Pro の物議を醸す常時表示ディスプレイに大きな変更を加える

iPhone 14 Pro の常時表示ディスプレイは、常にオンにしておく必要はありません。ありがたいことに、最新の iOS 16.2 ベータ テストでは、物議を醸す機能から壁紙や通知をユーザーが非表示にできるようになっています。

9to5Macのレポートによると、iOS 16.2 ベータ 3 では、iPhone 14 Pro のユーザーに、常時表示のディスプレイから壁紙と通知をオフにするオプションが提供されています。常時表示のディスプレイはデフォルトで壁紙を暗くしますが、Apple はこの問題に対処するための変更を実装しました。

iPhone 14 Pro の常時表示。

設定アプリのディスプレイと明るさメニューでは、これらの変更が 3 つの新しいトグル オプションの形で表示されます。常時オンの設定はデフォルトでオンになっており、 iPhone 14 Proを放っておくと壁紙が暗くなります。 iOS 16.2 には、他に 2 つの設定があります。[壁紙を表示] と [通知を表示] です。両方をオフに切り替えるか、一方をオンのままにしてもう一方をオフにすることができます。それらがオフになると、ロック画面には、携帯電話をロックしたりアイドル状態にしたりしたときに、時間とウィジェットを含む真っ黒な壁紙のみが表示されます.

市場に出回っている多くの Android スマートフォンでは、常時表示をオフにする機能がユーザーに提供されており、バッテリー寿命を犠牲にすることなく、時計と、天気予報やカレンダーのリマインダーなどのロック画面のウィジェットのみを見ることができます。 Apple の最新の iOS 16.2 ベータ版常時表示アップデートは、 iPhone 14 Pro のバッテリー問題の解決に役立つ可能性があります。