インドは新しいロケットの打ち上げに成功しましたが、衛星を安定軌道に展開することはできませんでした

インドの宇宙機関ISROは、8 月 7 日 (日) 現地時間午前 9 時 18 分にインドのスリハリコタから打ち上げられる新しい衛星展開ロケット、小型衛星打ち上げロケット (SSLV) をデビューさせました。ロケットは予定通り打ち上げられ、地球観測衛星 EOS-02 号機と、学生や学童が組み立てたペイロードを満載した CubeSat AzaadiSAT の 2 つの衛星を展開しました。しかし、これらの衛星は誤った軌道に投入され、その後破壊されました。

SSLV ロケットは、最大 500 キログラム (1,102 ポンド) の小型衛星を地球低軌道に運ぶように設計されており、ISRO と商用の両方のニーズに対応します。 SSLV-D1 と名付けられたこのミッションは、2015 年から開発が進められてきたロケットの最初の打ち上げでした。

ISRO の小型衛星ロケットは、8 月 7 日日曜日にインドのスリハリコタから初めて打ち上げられます。
ISRO の小型衛星ロケットは、8 月 7 日日曜日にインドのスリハリコタから初めて打ち上げられます。ISRO

ISRO の会長である S. Somanath 氏は、 ビデオ ステートメントで、SSLV の最初の 3 つのステージは名目上のパフォーマンスであり、車両の全体的なパフォーマンスは非常に良好であると述べました。ロケットが高度約 350 キロメートルに達したとき、両方の衛星が分離されました。衛星は、円軌道の代わりに楕円軌道に配置されました。 356 km の円軌道は私たちの意図した軌道でしたが、衛星を 356 x 76 km の楕円軌道に配置しました。」

人工衛星が楕円軌道に置かれる場合の問題は、衛星が地球に近づくこともあれば遠ざかることもあるが、時間の経過とともに抗力によって軌道が劣化し、最終的には人工衛星が大気中で燃え尽きてしまうことだ。 「衛星はすでにその軌道から降りており、もはや使用できません」と彼は言いました。

彼はまた、SSLV の問題の原因は、センサーの障害を特定できなかった論理的な問題として特定されているが、さらなる調査が進行中であると述べました。彼は、ロケットの他のすべてのコンポーネントが意図したとおりに機能したことを強調し、ISRO は、2 回目の開発飛行である SSLV-D2 を進める前に、ロケット システムにわずかな修正が必要になるだけであると楽観的でした。

「2回目の開発飛行で、インドと全世界のために、商用利用のために意図された軌道に衛星を配置するための乗り物を証明することに完全に成功することを望んでいます」とソマナスは言いました.