「最も困難な瞬間」。 GF Vipは終わり、アルフォンソ・シニョリーニが語るのは今だけです。家で何が起こったのか

「予測不可能な」GFVip。アルフォンソ・シニョリーニのリアリティ番組については、多くのことが言えます。そして、それらのすべてが美しいわけではありません。しかし、確かに、「すべて書かれている」、「彼らは役を演じている俳優である」などの通常の非難にもかかわらず…など…など…退屈が王であるとは言えません。むしろ、天国のために、9月から3月にかけて、最も熱心な人でさえチャンネルを変えた瞬間があったでしょう。

しかし、私たちは本当にあらゆる種類の物語、ひねり、友情、喧嘩、三角形、新しい愛、壊れたカップルを見てきました。ジェシカ・セラシエの勝利までは、正確には明らかではなく、おそらく非常に予測不可能でした。さて、この第6版を手に入れるために、それを率いて監督したのは、アルフォンソ・シニョリーニでした。

gf vipalfonsosigorini最も困難な瞬間

アルフォンソ・シニョリーニは、テレビソリシエカンゾーニのインタビューを受けて、ジェシカの成功をはじめ、多くの問題に取り組みました。彼女はこの版のブリジット・ジョーンズに少し似ていました。彼女はまた、肉体的に変化し、自分の世話をし、より大きな自信を得ました。」アルフィーは次のように付け加えています。「他の2人の姉妹、クラリッサとルルとは異なり、彼女は気性を失うことはなく、厳格さを維持し、ドラマに身を任せることはありませんでした。そして、Barùとの衝突は、公共の場での保護の感覚を引き起こしました。

gf vipalfonsosigorini最も困難な瞬間

GF Vip Alfonso Signoriniのこの非常に長い版の多くの異なる段階の中で、特に1つ、彼の意見ではよりロマンチックなものを強調したいと思いました。そしてそれは、決勝戦の間に、マヌエル・ボルトゥッツォがピアノで彼女に歌を歌ってルルを歓迎した瞬間です。彼らの愛は何よりも強く、元水泳選手の障害に関連する困難さえありました。彼らは続くのだろうか?そして、誰が言うことができます。その間、両方ともまだ夢を信じています…

gf vipalfonsosigorini最も困難な瞬間

しかし、このGF Vip 6にも困難な瞬間がありました。アルフォンソ・シニョリーニにとって、最悪の事態は、「カティア(Ricciarelli編)のように、大好きなキャラクターを見て、スリップを作りたかったことです。それらを知って、私はそれらを取り戻すことさえ申し訳ありません…私は何をすべきでしたか?それをブランド化して捨てますか?特定のことが起こったとき、あなたはそれについて気分が悪くなります」。アルフィーは、多くの論争を引き起こした人種差別主義者の伝票を指します。多くの視聴者がソプラノの失格を求めています。しかし、失格は到着しませんでした。

記事「最も困難な瞬間」。 GF Vipは終了し、アルフォンソシニョリーニが語るのは今だけです。ハウスで起こったことはCaffeinaMagazineからのものです。

(出典)