Twitterユーザーはプロライフ中絶クリニックの顧客と彼らの経験を共有します

TwitterユーザーのAnnoyed Cicadaが中絶クリニックに関するスレッドを作成し、オンラインで非常にデリケートなトピックに関するディスカッションを開始しました。 Twitterユーザーは、中絶クリニックの従業員としての経験の中で、一部のプロライフの女性が自分で中絶をし、他人に暴力を振るうことによってこれを正当化しようとする方法を共有しました。下にスクロールして、イライラした蝉の考えを自分の言葉で読んでください。

最近のギャラップ世論調査によると、18歳から29歳のアメリカ人の約62%が中絶の問題について自分自身を選択の余地があると考えています。一方、65歳以上のアメリカ人の37%だけが、選択を支持しています。

私たちはこれが非常にデリケートなトピックであることを知っています、親愛なるパンダ。あなたがプロチョイスであろうとプロライフであろうと、コメント欄での議論を文明に保ち、仲間の読者を尊重することを忘れないでください。

中絶クリニックの従業員が一部のクライアントと経験を共有しました

画像クレジット: AnnoyedCicada

画像クレジット: AnnoyedCicada

画像クレジット: AnnoyedCicada

画像クレジット: AnnoyedCicada

画像クレジット: AnnoyedCicada

画像クレジット: AnnoyedCicada

画像クレジット:計画された親権

同じ世論調査では、インタビューを受けたすべてのアメリカ人男性の48%がプロチョイスであると特定され、46%が自分自身をプロライフであると考えていました。一方、世論調査に参加した女性の数は少なく(43%)、自分たちが選択を好むと考えていました。 51%がプロライフと特定された。どちらの場合も、男性と女性の6%は意見を述べていませんでした。

2020年5月、ギャラップはアメリカ人の20%が中絶はあらゆる状況で違法であるべきだと信じていることを発見しました。一方、29%は、いかなる状況でも合法であると考えていました。 50%は、合法的である必要があると考えていますが、特定の状況下でのみです。

2019年と比較すると、制限なく中絶を支持するアメリカ人の数は4%増加しました。

現在のところ、選択を支持するか、または生命を保護するアメリカ人の数は多かれ少なかれ同じですが、これは必ずしもそうではありませんでした。ギャラップによれば、数十年前に、はるかに多くのアメリカ人が自分たちをプロチョイスの立場の支持者であると認めていました。

1995年に戻って、ギャラップは回答者の56%が選択志向であり、33%のみが中生であったことを発見しました。一方、5%は意見が入り混じっていて、3%は用語の意味がわからず、さらに3%はまったく意見がありませんでした。

これは、一部の人々がスレッドに反応した方法です

(出典)