2021年の水中写真家オブザイヤーコンテストの息を呑むような写真39枚

地球の表面の約71%が水に覆われているため、世界の自然の素晴らしさの71%を祝う写真コンテストが開催されるのは当然のことです。

うん、水中写真家オブザイヤーコンテストは2021年の受賞者を発表したばかりで、写真は絶対に息をのむようなものです。コンテストでは、海、海、湖、川、その他の水たまりなど、水中のあらゆるものを祝います。

1位、2位、3位の受賞者と、14の写真カテゴリから多数の名誉ある言及が選ばれました。 Renee Capozzola、SJ Alice Bennett、Mark Kirkland、Karim Iliya、およびその他の多くの人々が、受賞した写真で魅了され、さまざまなカテゴリで1位にスポットライトを当てました。

退屈なパンダは、各カテゴリーからトップの勝者を集め、あなたが楽しむためのリストをまとめました。魅力的な受賞写真をスクロールしながら、投票して、最も楽しんだ写真にコメントしてください。

#1「ミルクフィーディング」マイクコロステレフ(ロシア連邦)、「行動」で3位

「この日、13頭のマッコウクジラの家族が私に一日中彼らと一緒にいることを許可してくれました。この人間が海の生息地でクジラと一緒にいることは大きな名誉です。これらのクジラはおそらく何年も前に捕鯨を覚えていますが、彼らは私たちを許します。一日の終わりに、一人の母親が私からわずか数メートルのところにいる子牛に餌を与え始めました。凍って動かなかった。そのようなプライベートな瞬間を見るのは信じられないほどでした。」インド洋、インド洋Canon、5D Mark IV、SeaCam、canon 8-15mm 4f l魚眼レンズ、iso 1000、f / 4、1 / 640、No

画像クレジット: Mike Korostelev

退屈なパンダは、2021年の水中写真家オブザイヤーコンテストの優勝者の1人であるSJアリスベネットと連絡を取りました。ベネットは英国生まれのデザイナー、写真家、ダイバーで、現在はメキシコのトゥルムに住んでいます。

ベネットは、「トライイン」というタイトルの水中ショットの1つを提出しました。これは、セノーテマヤブルーの洞窟の壮大な光景です。 「このショットは洞窟の訓練中に撮影されたため、かなり複雑な計画が立てられていました。これは通常、私が洞窟の撮影を行う方法ではありません。しかし、洞窟の学生であるマックスが複数の機器の故障を抱えていたため、計画は惨めに失敗しました。計画は重要です。しかし、失敗した場合は、迅速に適応し、新しい状況に対処する必要があります。」

「表面上のすべての問題を修正し、現在かなり枯渇しているガス供給に対応するために計画を変更した後、私たちは再び降下しました。私は前方に泳ぎ、チームが私に向かって泳ぐのを見て、常設のメインラインの始まりを少し超えて待ちました。照明アシスタントがこれらの美しいハロー効果を生み出します。突然、すべてが完璧に並んだので、マックスがメインラインに結びつくようになったときにシャッターを押しました」とベネットは受賞した写真の説明で詳しく述べています。

#2「サメの天窓」レニー・カポッツォーラ(アメリカ合衆国)、「広角」で1位

「この画像は、サメを撮影するのに私の大好きな場所の1つであるフランス領ポリネシアで撮影されました。ここでは、サメが繁栄し、海洋生態系のバランスをとることができるように、強力な法的保護が実施されています。フランス領ポリネシアのムーレアでは、日没の浅瀬で数晩過ごし、ユニークなものを撮りたいと思っていました。いつものように分割レベルの画像に焦点を合わせるのではなく、別のことを試してみることにしました。スネルの窓から夕日が見える水中のサメ。何度も試みましたが、ある特定の夜、水は穏やかで、夕日は活気に満ちていて、その構図にも非常に幸運でした。多くのサメ種が脅威にさらされているためです。世界中で絶滅しているこれらの美しい動物の画像が、それらの保護を促進するのに役立つことを願っています。」モーレア、フランス領ポリネシアCanon、5D Mark III、Nauticam、Canon 11-24mm f / 4、iso 400、f20、1 / 200、Dual Sea&Sea YS-D2

画像クレジット: Renee Capozzola

#3「PontohiPigmy Seahorse」、Galice Hoarau(ノルウェー)、「Macro」で1位

「ポントヒピグミータツノオトシゴ(Hippocampus pontohi)は、最も小さく、最近発見されたタツノオトシゴの1つです。通常、サンゴ礁の壁に生息し、見つけるのが難しい場合があります。午前中のダイビングで2頭見つかったので、午後はバックライト付きの写真この特定の人物が壁からぶら下がっていて、ダイビングガイドのランドの助けを借りてスヌートを使ってバックライトを当てることができたのは幸運でした。カメラとストロボをセットアップした後、それを待つ必要がありました。私たちに慣れて、最後に少しの間カメラの方を向いてください。」シラデン、インドネシアオリンパス、E-M1 II、ノーティカム、60mmマクロ、iso 200、f22、1 / 160、後方散乱ミニフラッシュ+スヌート

画像クレジット: Galice Hoarau

ベネットがセノーテマヤブルーの洞窟を自分でスコープしたのではなく、ダイビングトレーナーが彼女のためにそれを行ったのです。とにかく、彼女は水中で写真を撮る機会を得ました。

「セノーテマヤブルーは人気の洞窟トレーニングサイトで、洞窟ダイビングのトレーニングクラスで撮影されたので、その日は場所を選びませんでしたが、洞窟のインストラクターが選びました(写真の右側のダイバーです)。 )[そして]いいえ、私は好奇心をそそられません、私は洞窟ダイビングが大好きです、それは私の好きなことの1つです。私たちが行く場所の多くは実際にはかなり巨大ですが、もちろん、タイトな風が強いこともあります通常はダイビングがとても楽しいトンネルです」とベネットは説明します。

#4「グレイシールガリー」カースティアンドリュース(イギリス)、「ブリティッシュウォーターズワイドアングル」で3位

「ハイイロアザラシは写真を撮るのに素晴らしいですが、背景があるのでこのショットが特に好きです。私の相棒は、死んだ男の指と昆布から降りてくる光でいっぱいのこのかなりガリーを見せてくれました。アザラシが現れることを期待して、しばらくそこで待ちました。結局、恥ずかしがり屋のアザラシからのクイックパスは1回しかありませんでしたが、この楽しいポートレートを撮ることができました。」ファーン諸島、ノーサンバーランド、英国Nikon、D500、Nauticam NA D500、Tokina 10-17mm、iso 200、f11、1 / 160、2xRetraプロストロボ

画像クレジット: Kirsty Andrews

#5「水中で餌をやるサンライズコブハクチョウ」イアンウェイド(イギリス)、「ブリティッシュウォーターズコンパクト」で1位

「GoProの背面に小さなウェイトを取り付けて、少し離れた湖に投げ込むことにしました。重量が小さいということは、GoProが常に仰向けになっていることを意味するので、ほぼ垂直な角度で撮影できました。 GoProを電話に接続したので、リモートで画像を発射できました。」 「水にぶつかったGoProは白鳥の興味をそそり、彼らは泳ぎました。白鳥の1つが正しい位置にあり、頭が水中にあるまで待って、この写真をキャプチャできるように高速バースト画像を撮影しました。」セントジョージズパーク-ブリストル、イギリス(MBY)GoPro、HERO3 + Black Edition、f / 2.8、iso 100、f2.8、1 / 433、自然光

画像クレジット: Ian Wade

#6「NestBuddies」ダンボルト(イギリス)、「BritishWatersMacro」で3位

「背景に見えるベラは、実際には桟橋の下に巣を作るのに忙しかったです。これは、彼が自分の義務に非常に気を取られており、定期的に同じ場所に戻って、集めた海藻をさらに追加することを意味します。」 「裸鰓類は近くの昆布に沿って進んでいました。海藻の切り株を上るまで、1、2分待つだけで、ベラの瞬間に数枚の写真を撮ることができました。と裸鰓類は両方とも枠内にありました。」スワネージピア、英国オリンパス、OM-D E-M1、アクアティカAE-M1、オリンパス60mmマクロ、iso 320、f / 14、1 / 250、2 Sea&Sea YS-D1

画像クレジット: Dan Bolt

ベネットは、2021年の水中写真家オブザイヤーコンテストのUp&Comingカテゴリー(合計14のカテゴリーの1つ)で1位を獲得しました。このカテゴリーの目的は、コンテストで新しい才能の作品を紹介することです。しかし、待ってください、それは良くなります。

このカテゴリーの優勝者になることに加えて、彼女は最も有望な英国の水中写真家の称号も授与されました。

「そのメールを受け取ったときは本当にびっくりしました。もちろん、とても興奮していました。洞窟ダイビングは世界のダイビングコミュニティのニッチな場所なので、大好きな場所の写真を共有できて本当に嬉しいです。実生活で目にする人はあまりいないので、そのうちの1枚で2つのカテゴリを獲得するのは素晴らしいことです!」ベネットは言った。

#7「ダブルタートル」レナータロメオ(イタリア)、「白黒」で3位

「パンデミックの長い月の間、私は他のみんなと同じように私の通常の生活様式を修正し、通常のダイビングをシュノーケリングに置き換える必要がありました。この活動は驚くべきことに新しい時間と空間、興味深い視点と異なる視点を与えてくれました。それは影の時代に私の人生を生み出しました。今年の夏、マルサエグラで早朝にシュノーケリングをしていると、湾の小さくてフレンドリーなタイマイによく会いました。その優雅な動きに魅了されて、私はそれを何時間も食べたり呼吸したりして見ました。」 「光と海の特定の条件が、表面にあることを完全に反映していることに気づきました。何日もの間、私はその好都合な状況を辛抱強く待っていました。そして、その姿が私が想像したように写真に写ることができることを待ちました。 Marsa Egla、Marsa Alam、エジプト(MBY)Canon、90D、Easydive Leo3、Tokina 10-17、iso 160、8、250、自然光

画像クレジット: Renata Romeo

#8「TryingIn」SJ Alice Bennett(メキシコ)、「Up&Coming」で1位、最も有望な英国の水中写真家

「このショットは洞窟訓練中に撮影されたため、かなり複雑な計画が立てられていました。これは通常、洞窟の撮影を実行する方法ではありません。しかし、洞窟の学生であるマックスが複数の機器の故障を抱えていたため、計画は惨めに失敗しました。計画は重要です。しかし、失敗した場合は、迅速に適応して新しい状況に対処する必要があります。表面上のすべての問題を修正し、現在かなり枯渇しているガス供給に対応するために計画を変更した後、私たちは再び降りました。私は前に泳ぎ、最初を超えて待ちました。チームが私に向かって泳ぐのを見ている常設のメインラインの写真に続いて、照明アシスタントがそれらの美しいハロー効果を作成しました。突然、すべてが完璧に並んだので、マックスがメインラインに結びつくようになったときにシャッターを押しました。」 Cenote Mayan Blue、Sistema Ox Bel Ha、トゥルム、メキシコ(MBY)Sony、a7S II、Nauticam NA-A7II、Sony FE 24-70mm f / 2.8 GM、iso 2500、f / 2.8、1 / 125、Big Blue Video Lights 、30k、2 x 15k、2 x4kルーメンSJAliceBennettへのインタビューはこの記事にあります。

画像クレジット: SJ Alice Bennett

#9「TheGreat Migration」マーク・カークランド(イギリス)、「British WatersWideAngle」で2位

「巨大なウバザメをイギリスの西海岸に引き寄せ、コル島とタイリー島の間の狭い水路に引き込むのは、微細なプランクトンです。彼らの移住は予測可能ですが、水を彼らと共有するには、運の要素が必要であり、夏の終わりの夜を彼らと過ごすこと(すべての年の2020年)は夢でした。私は以前にウバザメを撮影したことがあり、その古典的な「正面からの」ショットを管理したことがなかったので、代わりにまったく異なるものを試すことにしました。厳しい照明条件とプランクトンが豊富な海で、それができるかどうかはわかりませんでしたが、2年間の計画の後、実験的な19インチのドーム(兄が作ったフレーム-Paulに感謝)、レンズとNDの試行錯誤フィルター、そしてもちろん-サメの到着-私はついにそれを見つける機会がありました。」コル島、インナーヘブリディーズ、スコットランドオリンパス、OMD Em5 MKii、オリンパスPT-EP13、オリンパス9-18mm、iso 1600、f6.3、1 / 200、ナチュラル

画像クレジット:マークカークランド

ご想像のとおり、水中写真はケーキウォークではありません。それは、適切な機器と適切な写真のノウハウを持っているだけでなく(もちろん、水恐怖症ではありません)、新しい視覚環境に適応する方法も知っています。

ベネットが説明するように、カメラを使って水中に潜るときに難しいことの1つは照明です。「水中の洞窟の写真では、まったくないのでおそらく明るいです。したがって、環境を可視化するために必要なすべての光を購入する必要があります。で、視覚的に楽しいシーンを作成するために使用されます。」

#10「海に埋め立てられた」グラント・トーマス(イギリス)、「難破船」で2位

「それはその日の遅く、太陽はヨルダンの最南端の都市、アカバの乾燥した風景に沈んでいました。私自身と水中写真家のグループは皆、私たちが水に入って、ダイバーが楽しむために意図的に沈められた膨大な数の軍事ハードウェアを探索し始めることができるように、夜が来るのを熱心に待っていました。強力なオフカメラライトの組み合わせを使用して、タンク(M42ダスター)を「スポットライト」し、ダイバーをバックライトすることにしました。これにより、背景の邪魔な要素を排除できました。この画像の作成はチームの努力でした。それを実現してくれたDiverseDiversチーム全体に心から感謝します。」 Aqaba、Jordan Canon、5d mkiv、Ikeliteハウジング、Canon 8-15mmフィッシュアイ、iso 2000、f / 8.0、1 / 30、さまざまなビデオライトの組み合わせ

画像クレジット: Grant Thomas

#11「7つの鍵の番人」伊東亮平(日本)、「肖像画」で1位

「コブダイは年をとるにつれて、雌から雄に性転換すると同時に、頭に大きなしこりができます。バンプと力強い顔のイメージができるように、照明と構図を考えました。水中の神社に住んでいて、まるで守護神のようです。水中写真の撮り方を教えてくれた先生の川村圭吾さんと、案内してくれた荒川博之さんに感謝します。 「」千葉県館山市(MBY)キヤノン、5D Mark4、SEA&SEA MDX-5D MARK 4、EF8-15mm F4LフィッシュアイUSM、iso 200、f22、1 / 200、RETRA FLASH PRO x2

画像クレジット:伊藤亮平

#12「WhileYou Sleep」マーク・カークランド(イギリス)、「British WatersWideAngle」で1位

「モールズマイア(グラスゴーの住宅団地、スーパーマーケット、工場の間にある小さな森)は、野生生物にとってはありそうもない避難所です。冬が解けると、毎年数晩、小さな泥だらけの池の1つがヨーロッパアカガエルと一緒に生き返ります。私は2018年に最初にここでそれらを撮影し、その日以来、私はこの画像を頭の中に持っていました。街が眠っている間に寒い夜にかき混ぜる小さな不思議を捉えるまで、さらに2年かかりました。長時間露光、バックライト、近焦点広角、分割写真を組み合わせながら、気まぐれなリモートシャッターを使用することは、欲求不満を捨てて、それを正しくするために100回試行する(そして必然的に失敗する)必要があったことを意味しました。この最後のショットは、暗闇に横たわり、泥に覆われ、自然の予測不可能な要素が整列するのを待っている4泊の25時間の集大成です。よく過ごした時間?絶対に。」マルズマイア、グラスゴー、スコットランド(MBY)オリンパス、OMD Em5 MKii、オリンパスPT-EP13、パナソニック8mmフィッシュアイ、iso 1000、f16、20s、2x Sea and Sea YS-110a

画像クレジット:マークカークランド

最後に、ベネットにコンテストでお気に入りがあったかどうか尋ねました。彼女はこう言った:

「レニー・カポッツォーラの全体的な勝利のイメージはもちろん壮観です。私はダニー・リーのリスプレンデンス-アップ&カミングカテゴリーで3番目のブラックブロウアルバトロスも本当に好きです。私はそれに一種の絹のような感触と表現を与える色が大好きです。アホウドリは本当によく捕らえられています。」

「そして、行動カテゴリーのカリム・イリヤのメキシコでの高速狩りのマカジキも大好きです。小魚の狩りと恐怖を本当によく伝える、とても良いダイナミックなキャプチャです。」

ベネットのウェブサイトやソーシャルメディア( FacebookInstagram)で詳細を確認できます。受賞歴のある写真を説明する彼女のビデオ見ることができます。

#13「可変ブレニーの肖像」マルコム・ニモ(イギリス)、「ブリティッシュ・ウォーターズ・マクロ」で1位

「可変イソギンポ(Parablennius pilicornis)は、英国の沿岸海域に比較的新しく到着したもので、その起源はより南の海域にあります(地中海全体で記録されています)。この種は、さまざまな色の形で現れる可能性があります。現在の画像は男性で、2020年7月にプリマスサウンドで撮影されました。この特定のブレニーは、サンゴ礁の棚で誇らしげに際立っていて、理想的な被写体になっています。スヌート照明を使用して画像をキャプチャし、ブレニーの顔のみを強調しました。スヌートライトは頭の上から配置され、顔の特徴を強調しています。」プリマスサウンド、イギリス(MBY)Nikon、D7200、Nauticam、Nikon 60mm、iso 200、f / 13、1 / 80、Flip snootproを備えたInon240ストロボ

画像クレジット: Malcolm Nimmo

#14「ゴシックチャンバー」マーティン・ブローエン(アメリカ合衆国)、「広角」で2位

「メキシコのリビエラマヤには、澄んだ水、終わりのないトンネル、世界最高のゴシック様式の大聖堂と競うことができる装飾が施された素晴らしいホールで満たされた世界最大の地下河川システムがあります。」 「セノーテモンキーダストでこの美しいホールをキャプチャするという課題は、巨大な寸法だけでなく、真っ暗であるという事実でした。」 「この写真は、カメラISOの使用可能限界でハンドヘルドで1/15秒でキャプチャされたx6ショットの水平パノラマステッチであり、絞りを大きく開いて86mpxパノラマを作成します。私の目的は、スケール、その三次元性、フォーメーションの豊かさ、そしてそれらの信じられないほどのテクスチャーをキャプチャすることでした。」セノーテモンキーダスト、メキシコソニー、A7RIII、ノーティカムNA-A7III、キヤノン8-15mm、15mm、iso 6400、f / 4.5、1 / 15、ビッグブルー15000ルーメン

画像クレジット: Martin Broen

#15「ピンキー」サンドラ・ストーカー(イギリス)、「ブリティッシュ・ウォーターズ・コンパクト」で3位

「私はこれらの小さなハゼと彼らの不機嫌そうな顔を絶対に愛しています。彼らはとても好奇心旺盛な性格を持っているので、私がダイビングするときによく見ます。彼らは砂の背景に溶け込む傾向があり、ハゼを目立たせたいと思ったので、このショットでは、後ろに色付きのフィルターと前にスヌートしたストロボの両方で照らして、顔を引き出し、見落とされているものに注意を向けました小さい魚。鮮やかなピンクと顔のくすみのコントラストに興奮しました。」ポートランド港、ドーセット、イングランド(MBY)Canon、G7Xii、Ikelite、CMC1、iso 250、f / 8、1 / 125、スヌートx2の後方散乱ミニフラッシュ

画像クレジット:サンドラストーカー

#16「バウランダー」トビアス・フリードリヒ(ドイツ)、「難破船」で1位

タイガービーチとビミニの悪天候のため、バハマのナッソー近くの避難所を探し、定期的にダイビングをしなければなりませんでした。この難破船は私にとってまったく新しいものであり、船首が砂の張り出しにほぼ完全にぶら下がっていたので、私たちが降りたときの大きな驚きでした。ナッソー、バハマキャノン、EOS 1DX Mark II、SEACAMシルバー、キャノン8-15mmフィッシュアイ、iso 200、7.1、1 / 160、SEACAM Seaflash 150D

画像クレジット: Tobias Friedrich

#17「FaceTo Face」、Jinggong Zhang(中国)、「Behaviour」で2位

「これは戦いのギンポの写真です。日本と韓国で見られるギンポの一種です。その最も特徴的な特徴は、その非常にクールなヘアスタイルであり、パンクブレニーまたはモヒカンブレニーと呼ばれることがよくあります。実際、この種のギンポの戦闘シーンは非常にまれです。なぜなら、彼らは通常、隠れ家にとどまり、他の個人と対話しないからです。しかし、繁殖期には、人口密度が高すぎると、ブレニーは仲間を求めて激しい戦いを繰り広げ、これらの戦いはすぐに解決することがよくあります。」 「ブレニーは私のお気に入りのプロジェクトの1つです。情報を入手してから長い間待って検索するまで、このシーンを撮影するのに断続的に約3年かかりました。この過程で私を助けてくれた日本人の友達に感謝します。同時に、この魅力的な瞬間を共有できることを非常に光栄に思います。」みなべ、和歌山、日本Nikon、D850、Nauticam NA D850、Nikon 105mmマクロ、iso 320、f / 22、1 / 250、Retra Flash PRO with Retra LSD

画像クレジット: JingGong Zhang

#18「TheYellow Candy」パスクアーレ・ヴァッサッロ(イタリア)、「海洋保護」で2位

「海への旅行中に、これらの黄色い網が「キャンディー」のように閉じていることに気づきました。私は彼らの目的を理解できませんでした。翌日、地元の漁師の助けを借りて、キャンディーが罠の心臓部であることを発見しました。それは死んだ魚で満たされ、別の網に挿入されます。死んだ魚の残骸の匂いのおかげで、それはいくつかの小さな軟体動物、正確にはNassarius mutabilisを引き付け、一度トラップに入ると出られなくなります。トラップの内容物が回収されると、キャンディーは海に捨てられることが多く、プラスチック汚染を引き起こし、ショットに見られるように、他の生物のトラップを引き起こします。」 Campi Flegrei、イタリアcanon、5d sr、SEACAM 5D、8-15レンズ、iso 125、f / 16、1 / 60、ONE UW

画像クレジット: Pasquale Vassallo

#19「幼生ミノカサゴ」スティーブンコバックス(米国)、「マクロ」で2位

「夜、700フィート以上の水の中を水面近くを漂流していると、フロリダ沖でこの1インチのミノカサゴの幼生に出くわしました。大西洋では、ミノカサゴは侵入種であり、残念ながら、遠洋の幼生を見つけることは、これらのダイビング中に非常に一般的な出来事です。この個体はいつもより美しい色を見せていたので、私はそのひれをフルディスプレイでキャプチャしようと試みました。彼らが明るい光を避けて通常逃げようとするだけでなく、彼らが非常に散発的にそしてほんの少しの間だけ防御的な姿勢で彼らのひれを完全に燃え上がらせるので、それは挑戦的な仕事です。この特定の人物をその栄光の中で捉えることができたのは非常に幸運でした。」パームビーチ、フロリダ、アメリカ合衆国Nikon、D500、Ikelite、60mmマクロ、iso 250、f / 25、1 / 350、デュアルIkeliteDS160ストロボ

画像クレジット: Steven Kovacs

#20「死んだマッコウクジラからの血の川」ラファエル・フェルナンデス・カバレロ(スペイン)、「海洋保護」で3位

「死んだ動物を見るのはいつも悲しいことです。しかし、このマッコウクジラのように大きな哺乳類が死んでいるのを見ると、それは何とも言えないことです。」 「土地からのイメージは恐ろしいものでした。しかし、私がドローンを飛ばしたとき、状況はさらに衝撃的で劇的でした。マッコウクジラから、おそらく1マイル以上の、信じられないほど大きな血の川が流れていました。」バハカリフォルニアスル、メキシコ、スペインDji、Mavic air、iso 100、f / 2.8、1 / 230

画像クレジット: Rafael Fernandez Caballero

#21「表面近くのドゥール」ジャック・ベルトミエ(ニューカレドニア)、「コンパクト」で1位

「私はかつて川で釣りに行って、大雨の数日後に川床を高くし、大きな洪水を引き起こしました。流れは強いですが、植物、葉、枝を取り除いたフリーダイビングにはまだ実用的です。私たちの川で一般的なこのプレーンな新しいカレドニアのコイ(Kuhlia Rupestris)を示すたくさんの色。」ウエンギ川、ニューカレドニアSONY、RX100、ISOTA、広角INON UW-H100、iso 200、5.6、1 / 800、内部フラッシュ

画像クレジット: Jack Berthomier

#22「クラゲの豊富さ」Oleg Gaponyuk(ロシア連邦)、「広角」で3位

「2020年3月、私は2週間のダイビングのためにパラオに飛びました。私がそこにいたとき、Covid-19のせいで国境が閉鎖されたので、3か月後にしか帰国できませんでした。」 「良い時間でした。以前は50人に会えたダイビングサイトを一人で訪れました。」 「私はクラゲ湖に4回行ったことがあります。観光客が多いため、通常、シュノーケリングは45分続きます。しかし、私は一人だったので、3〜4時間泳ぐことができました。」 「最初のダイビングの前に、ガイドは私に言いました:湖の中心に泳ぐと、クラゲが見えます。中央ではクラゲが十数匹しか見つからず、動揺していました。」 「2回目はドローンを持って行き、すぐに湖全体を飛び回りました。ウィキペディアで読んだ200万匹のクラゲが、約500メートル離れた湖の遠端の岸近くに小さなグループで集まった。」 「私はカメラを持って泳いだ。本物のクラゲのスープになるまで、20分間ひれを使って作業しなければなりませんでした。そこで私はこのパノラマを撮影しました。」クラゲ湖、パラオキャノン、EOS 5D Mk 1V、ノーティカム、キャノンEF 8-15mm、iso 800、f16、1 / 125、8ショットパノラマ

画像クレジット: Oleg Gaponyuk

#23「Georgiosでのゴールデンアワー」Renee Capozzola(アメリカ合衆国)、「Wrecks」で3位

「このゲオルギオス難破船のスプリットショットは、紅海のアカバ湾沿いのサウジアラビアのネオムで撮影されました。 1978年、イギリス発のこの大型貨物船は、夜に浅い珊瑚礁に座礁し、大火事に見舞われました。現在、多くの海洋生物の人工魚礁として機能しているこの難破船は、船首側の水面の半分、船尾側の約80フィートの水中にあります。一部の地元の人々は、このサイトを「サウジタイタニック」と呼んでいます。この写真を撮るために、私は非常に小さな口径、12mmの非常に広い直線レンズ、低いISO、そして水中のサンゴを照らすためのストロボを使用しました。」 Neom、サウジアラビアCanon、5D Mark III、Nauticam、Canon 11-24mm、iso 200、f20、1 / 160、Dual Sea&SeaYS-D2

画像クレジット: Renee Capozzola

#24「SSヒスパニア」Kirsty Andrews(イギリス)、「British WatersLivingTogether」で1位

「私の見解では、英国には世界で最も優れたレックダイビングがいくつかあります。サウンドオブモールのSSヒスパニアは私のお気に入りの1つです。この難破船は本当に人工魚礁になりました。難破船は野生生物を引き付け、難破船と野生生物の両方がダイバーを引き付けます。金属のすべてのインチは、オレンジと白のイソギンチャク、海藻またはスポンジで覆われています。私の相棒は舷窓の列の上の上部構造を調査していて、私は戻って、このカラフルなシーンの中でスケール感を与えるためにできるだけ広く撮影しました。」サウンドオブモール、スコットランド、英国Nikon、D500、Nauticam NA D500、Tokina 10-17mm、iso 800、f11、1 / 80、Sea&Sea YS-110a x 2

画像クレジット: Kirsty Andrews

#25'Crab Affairs 'By Atanas Petrov(United Kingdom)、2位' British Waters Living Together '

「イギリスのウェイボーン沖の難破船であるSSロザリーでのダイビング中に、これら2つの茶色のカニ(Cancer pagurus)がプロペラシャフトの支持要素の1つにある溝を占めていることに気づきました。彼らはおそらく彼らのライフサイクルの重要な部分を完了しました-交尾、そして上の男性は彼女の外骨格が固まるまで下の女性を保護していました。広角レンズを使ってこの特別な行動を目撃し、捉えることができてうれしく思いました。これにより、周囲の環境の一部も含めることができました。」 SS Rosalie、Weybourne、England、UK(MBY)Nikon、D300、Subal ND7100、Tokina魚眼レンズ10-17mm、iso 200、f / 13、1 / 25、Dual Inon Z-240

画像クレジット: Atanas Petrov

#26「HoldTight」サンドラ・ストーカー(イギリス)、「BritishWatersCompacts」で2位

「水中写真の中で、私はいつも小さくて見過ごされていることに興奮しています。主にマクロに焦点を当て、被写体にできるだけ近づいています。去年の夏のこの日、コンディションは完璧で、穏やかな海、澄んだ海、そして素晴らしい水中の景色は、壮観な水中の牧草地をダイビングするようなものでした。ブートレースの雑草にしがみついている小さな茎のクラゲがたくさんいました。周囲の光は素晴らしく、長い靴ひもから太陽の光が差し込んでいました。このショットでは、通常よりもはるかに幅を広げ、周囲光を使用して小さな茎のクラゲのシルエットをほぼ描き、自然光の背景に対してその小さな形状を強調しました。」キンマリッジ湾、ドーセット、イギリス(MBY)キヤノン、G7Xii、イケライト、非、iso 125、F10、1 / 200、後方散乱ミニフラッシュ

画像クレジット:サンドラストーカー

#27'The Cut 'By Diana Fernie(Australia)、1位' Black&White '

「この写真はソロモン諸島のレルカットで撮影されました。幸運にもソロモンPNGマスターのライブアボードで10日間の旅行に勝ち、このサイトを再び訪れる機会を得てとても興奮しました。これらの海域をダイビングしたことで以前の2回は何を期待するかを知っていましたが、この構成に不可欠な要素としてエレガントなモデルが必要であり、私の直接の仲間は決してエレガントなものとして分類できませんでした!幸いなことに、私の薄汚いグループには美しいモデルの別の写真家がいました妻は完璧な被写体でした。彼女が夫のためにポーズをとったとき、私はなんとか生意気に彼女の写真を何枚か撮ることができました!!!」 Leru Cut、ソロモン諸島Nikon、D850、Isotta D850、Nikkor 8-15mm、iso 1250、f / 4.5、1 / 125、Inon Z330 X 2

画像クレジット: Diana Fernie

#28「グナヤラの混雑した島の航空写真」カリムイリヤ(アメリカ合衆国)、「海洋保護」で1位

「グナヤラ地域のパナマ沖の人が密集している村は、地球上の人間がどのように土地と空間を急速に消費しているかを思い出させる小宇宙の役割を果たします。グナの人々のほとんどは、これらの人口密度の高い島に住み、魚を捕まえ、近くの島々でココナッツを栽培しています。人間と自然との関係の重要性とそれを保護する必要性は、私たちの種を鳥瞰的に見て、私たちがどれだけのスペースを占めるかを見ると非常に明白です。私はこの地域に来ました。パナマは、グナの人々が着ている伝統的な服であるモラの作り方を撮影しました。ボートで待っている間、私はこの空中の視点を得て、海面で撮影するよりもイメージに大きな影響を与えるために、この島の上をドローンを飛ばしました。または水中から。」グナヤラ、パナマDJI Phantom 4 Pro、DJI Phantom 4 Pro、なし、20.7mm、iso 100、f / 2.8、1 / 500、なし

画像クレジット: Karim Iliya

#29「ヤエギス」川村圭吾(日本)、「ポートレート」2位

「日本のヤエギスは、探して見つけることができる魚ではありません。完璧な潮流が彼らを岸に近づけるとき、それはダイビングによってのみ遭遇することができます。私は20年間ダイビングをしていて、初めて会ったときにこの写真を撮りました。日本のヤエギスの幼魚は鏡のような肌をしていて、ガラスのように透き通った体をしているので、これらの特徴を明らかにするために後ろから照らすことにしました。」大瀬、日本キヤノン、5DsR、Zillion ZAP-5DsR、EF24-70mm F4L IS USM、iso 400、f / 22、1 / 200、Sea&Sea YS-D1

画像クレジット:川村圭吾

#30「タイムトラベル」マーティン・ブローエン(アメリカ合衆国)、「白黒」で2位

「メキシコの水中洞窟で、出口から水面まで数時間離れたところを想像してみてください。先史時代の地層で覆われた終わりのない迷路を飛び回り、古代文化の火から地面にある木炭を見て、8000年で絶滅した動物種の骨を見つけます。以前、そしてあなたの周りのすべては、それらの洞窟が氾濫した時のように保存されています。昔を別の時代にさかのぼるという内臓の感覚です。」 「この画像はそれを捉えようとしています。暗闇の中でダイバーをフレーミングする手付かずの地層を備えた先史時代の頭上の環境の険しい質感。終わりのないトンネルの深さと、光とモデルへのズーム動作によって与えられるタイムトラベルの感覚。そして、画像を単純化するための白黒での処理。」 “A claustrophobic feeling for some and of discovery and adventure for others” Cenote Chan Hol (Litte Hole), Mexico Sony, A7RIII, Nauticam NA-A7III, Canon 8-15mm at 15, iso 5000, f/5.0, 1/10 sec, Big Blue 33000 lumen

Image credits: Martin Broen

#31 'Rainbow Goby' By Manbd (Malaysia), 2nd Place In 'Compacts'

“When I was underwater with this Hairy Panda Goby, he was very shy so it took a long time for it to be comfortable before it popped it's head out. While waiting, I set up my coloured torches and align them to illuminate the coral, but not the goby. Then to produce a sharp picture of the goby I had to use another snoot with white light, so that it is recorded correctly and surrounded by all the colours.” Lembeh, Indonesia Olympus, TG4, Olympus PT-056, Inon, iso 200, f/5.6, 1/200, Big Blue Torch

Image credits: ManBd

#32 'Toward Shining Light' By Ryohei Ito (Japan), 2nd Place In 'Up & Coming'

“As we were mooring the safari boat in the lagoon at night, Manta rays came behind the boat to eat the plankton that gathered in the light of the boat so I put on my snorkel and fins and went into the sea with my camera.” “This Manta ray, which preys on plankton, repeatedly flipped in front of me and went deep into the water. The appearance of the giant dancing in front of me was a masterpiece. Watching the situation up close, I was absorbed in releasing the shutter. This photo was taken aiming at Mantaray rising from the depths toward the light on the surface of the water.” Maaya Lagoon , North Ari Atool, Maldives Canon, 5D Mark4, SEA & SEA MDX-5D MARK 4, EF8-15mm F4L fisheye USM, iso 400, f16, 1/200, RETRA FLASH PRO x2

Image credits: Ryohei Ito

#33 'Pelagic Stingray (Pteroplatytrygon Violacea)' By Isaías Cruz (Spain), 3rd Place In 'Compacts'

“This image was taken in summer, offshore from Bermeo, while doing a shark dive. Being sorrounded by 3 blue sharks, this pelagic ray appeared to check the bait. It was a very rare encounter, this animal was not been sighted before in this waters, and I too had never seen this animal before. It was going in and out from the bait, so I tried to get close to it calmly, then it come right to my dome and I took the photo.” Basque Country, Spain (MBY) Sony, RX 100 V, Nauticam NA-RX100V, Inon UWL-H100 + dome, iso 500, f/5, 1/160, x2 glowdive max lights

Image credits: Isaías Cruz

#34 'Resplendence – Black Browed Albatross' By Danny Lee , Tasmania (Australia), 3rd Place In 'Up & Coming'

“Whenever I see an Albatross I get excited! Their sheer size and beautiful features make them a joy to photograph. I have been working on a series of split shots of the various species of Albatross that visit Tasmanian waters for a few years now. Getting good eye contact as well as good feet symmetry is a challenge as they are generally quite shy Birds. I use a very simple inexpensive compact camera and do not use a wide angle dome or wet lens when taking these photos. The small 6cm flat Port on my housing may be small but works a treat in calm conditions. Getting the exposure settings right is the important part because the Albatross' feathers are so brilliantly white, and yet it can be reasonably dark underwater.” Bay of Fires, Tasmania. , Australia (MBY) Canon, G7x mark II, Meikon Canon G7x, N/A, iso 160, f/8.0, 1/125, Natural light only

Image credits: Danny Lee

#35 'Pontoon Island' By Dan Bolt (United Kingdom), 3rd Place In 'British Waters Living Together'

“Anchored in a sheltered inlet on Loch Carron, western Scotland, this floating pontoon is used by local fishermen to stow their gear when not being used. It's been there for some years and is now a floating island of life.” “The anchor lines are a vertical forest of seaweeds, ascidians ad fan worms, while the underside of covered with anemones and sponges.” “This was a very lucky shot, as it was taken during the only 15 minute period when the sun came out on a 7 day trip!” Loch Carron, UK Olympus, OM-D E-M1, Aquatica AE-M1, Olympus 14-42mm with Nauticam WWL-1, iso 640, f/16, 1/320, 2 Sea & Sea YS-D1

Image credits: Dan Bolt

#36 'A Striped Marlin In A High Speed Hunt In Mexico' By Karim Iliya (United States), 1st Place In 'Behaviour'

"This is a terrifying scene for the small fish, fleeing for their lives as a striped marlin hunts them. The slightest mistake means life or death. There are often birds hunting from above and sometimes a dozen other marlin and sea lions attacking from all sides. Marlin are one of the fastest fish in the sea, a terrifying predator for a small fish in the great blue desert. I went to Mexico to document these feeding frenzies but was not expecting such a fast paced hunt, almost too fast for my brain to process. For a brief moment, this scene unfolded before me and I had to rely on all my instincts and practice underwater to take this photo. I used natural light and stayed on the periphery of the bait-ball so as to try and minimize disturbance. Watching wild animals hunt is one of the greatest spectacles in nature." San Carlos, Baja, California, Mexico Canon, 1D X Mark II, Nauticam, 16-35mm f2.8L, iso 1250, f/5, 1/800, None

Image credits: Karim Iliya

#37 'French Angel' By Michael Gallagher (United Kingdom), 3rd Place In 'Portraits'

“I took this portrait of a gorgeous French Angelfish whilst scuba diving at the legendary Salt Pier in Bonaire in the Caribbean. Luckily for me, two key elements combined together so that I could snap this intimate portrait of one of my favourite fish – firstly, my subject was somewhat familiar with divers already and not afraid to face the camera, and secondly, I was able to exploit the shadows under the pier itself to create a dark background which helped highlight the exceptional beauty of this particular fish.” Salt Pier, Bonaire Canon, 5D3, Hugyfot, Canon 2.8f IS 100mm Macro Lens, iso 400, f16, 1/200s, 2 x Inon Z240 strobes

Image credits: Michael Gallagher

#38 'Stalkie On Bootlace Weed' By Dr Alex Tattersall (United Kingdom), 2D Placein 'British Waters Macro'

“A beautiful summer morning in mid- July, we left the beach and swam though beautiful clumps of bootlace weed in the high tide. Looking closer, we could see snails, shells, anemones and stalked jellyfish making their temporary homes among the weeks. Very peaceful moments.” Kimmeridge Bay, , UK (MBY) Nikon, D850, Nauticam, 105mm, iso 400, F11, 1/60, 2X Retra Flash Pro with bream restrictors

Image credits: Dr Alex Tattersall

#39 'Dream Ship' By Chien-Ting Hou (China), 3rd Place In 'Macro'

“When I dived at night and saw this jellyfish it looked very cute. It looked like an alien creature had appeared in front of me. It has a lot of tentacles so sometimes looks very messy. But I really wanted to take a picture of his tentacles that are vertical, so I waited for a while and finally took the picture, but when I replayed the picture, I found two bugs on it's body. They were like taking a spaceship to go traveling in space.” Anilao, Philippines Canon , 5D Mark IV, Nauticam NA 5DIV, SIGMA MACRO 50mm, iso 400, f/25, 1/200, INON Z-240

Image credits: Chien-Ting Hou

(出典)