自分の腸に耳を傾け、最終的に正しいことになった50人

人間が持っている超大国が1つあるとすれば、それは直感に違いありません。まず、10代の頃に近所の子供と一緒に夜を過ごしたとき、私たちのお母さんが真夜中に私たちをチェックするように呼びかけています。そして、パーティーから一人で歩くのは「気分が悪い」ということです。

直感が私たちを裏切ることもありますが、多くの場合、それは何が起こっても私たちを保護します。それはまた、私たちを驚くべきことに導く可能性があります。人生において、あなたはあなたにとって最良の道にあなたを導くことができるその本能に従うことを決心します。

しかし今回は、私たちの腸が誰にも言えないほど多くのことを教えてくれる実例を調べています。そして、人々がそれを信頼することを決めたときに何が起こったのか。 「あなたの最も背筋がヒリヒリする、骨が凍るようなものは何でしたか?「私はこの経験について悪い気持ちを持っていますか?」 Redditor Throwawaystheway1013に尋ねると、人々は素晴らしい経験を共有し始めました。

以下に、他の状況で別の言い方をしても、その気持ちを信頼することがどれほど重要であるかを示す最も興味深いものをいくつか集めました。

#1

不動産撮影をしています。ある日、私は一人で空き家で撮影していましたが、これはごく普通のことです。私は一人ではないというこの本当に不快な気持ちを持っていました。写真を撮り始める前に家全体をチェックしていたのですが、誰か他の人がいるような気がしました。気持ちがとても強かったので、グースバンプがあり、吐き気がしました。

私は小さな男ではありませんが、暗闇が怖い小さな子供のように感じました。気を楽にするためにすべての部屋を再確認することにしましたが、何も見つかりませんでした。クローゼット、バスルーム、寝室などをチェックしましたが、間違いなくそこにいたのは私だけでした。家の最後の部屋の撮影を終えたとき、誰かが私と一緒にいるというこの感覚は、私が最後の撮影をしたとき、私が家からほとんど全力疾走したほどの圧倒的でした。外に出ると気分が良くなりましたが、それでも不安を感じました。

私が家の正面の写真を仕上げていて、家の掃除人が良い仕事をしたかどうか尋ねたとき、不動産業者は私道を引っ張ってしまいました。見た目は良かったと言って、夫と一緒に家に入って上映の準備をしました。裏庭を撮影していると、後ろの窓から両方が目の隅にあるのに気づきましたが、第三者が一緒にいました。彼らは誰もいない一人で来たので、私は混乱しました。

私が引っ張って入ってくる前にハウスクリーナーが完成していなかったことがわかりました。彼女は入れ墨のある大きな男が家に入ってきてパニックになっているのを見て、キッチンのパントリーに飛び込んで隠れました。彼女が私が写真家であることに気付いた時までに、彼女が気まずくならずに出てくるには遅すぎたので、彼女はずっとパントリーにとどまりました。通り過ぎたときに目の隅から彼女を見たのか、香水を嗅いだり、呼吸を聞いたり、気づかなかったりしたのかどうかはわかりませんが、潜在意識は誰かがそこにいると私に叫んでいました?それは私が以前にそのような家の中にいて、その後面白い話をしたことのある中で最も不快でした。
撮影の大部分でヘッドホンをつけていたので、すべてをもっと意識していなかったのは100%私のせいでした。他の空き家と同じだと思っていたので、入ってすぐに音楽を聴いていて、変な気持ちになるまで止まらなかった。

画像クレジット: oppapi666

#2

私は、家の侵入がかなり残酷だった南アフリカに住んでいました。プロットで育ち、本館に隣接するフラットに住んでいました。ある夜、午前2時ごろにランダムに目が覚めたとき、何かがおかしいと感じた。

私は平らなドアを開けて外を見て、何かが起こっているかどうかを確認しました。その気持ちは落ち着かなかったので、ドレスを着て庭を散歩することにしました。私のアパートを出る前に、何かがドアから覗くように私に言いました、そして私がそうしたように、私は誰かが家の周りを歩いているのを見ました。

それから家に住んでいる姉に電話をしましたが、返事がありませんでした。それから私は義理の母に電話をしました、そしてしばらくして私の妹は本当に奇妙であると答えました。私は姉に、fを起こして家の中を歩き回り、庭に誰かがいたのでドアと窓が閉まっていることを確認するように言いました。彼女はそれを吹き飛ばそうとし続け、私が家の中に入ることができるように家のドアのロックを解除するとさえ言った。私は彼女にそれはばかげた考えだと言いました、そして私は外に出ていませんでした。通常、泥棒は武装していて危険であり、私は身を守るものが何もありませんでした。私の妹は私たちの電話中に息を切らしました。これは通常、怖がっているときに起こります。それで、本能から、私は彼女にすべてが大丈夫かどうか彼女に二度イエスと言うべきかどうか尋ねました。彼女は一度だけ言った。

男性のグループがすでに家にそれを作ったことがわかりました、そして、彼らは彼女に私のアパートを去るように私を説得するように彼女に言っている彼女の頭に銃を持っていました。数秒後、アパートの外にある自動ライトが点灯しました。それから姉に大丈夫だと言って寝るつもりだった。それから私は警察と警戒見回りに電話をかけましたが、それは私の人生で最も長い30分かかって現れました。

外で警察のライトを見たら、ゲートまで100mダッシュして、ゲートを開けなければなりませんでした。それから私は彼らに何が起こったのか、そして私たちは家を調査すべきだと話しました。みんなが入った場所が見つかるまで、私は彼らと一緒に周囲を歩き回りました。ベッドの上に毛布があるメインルームに着くまで、私たちは完全にゴミ箱に捨てられた家に入った。それから私は毛布を引っ張って、その下にいる家族全員が縛られて上半身裸でおびえているのを見つけました。これには私の1歳の姪が含まれていました。

私の本能がなかったら、彼らは私を殺すことを躊躇せず、おそらく私の家族にもっと悪いことをしたでしょう、彼らはすでに私の犬を毒殺しました。その夜、守護天使か私の肩越しに見ている何かだったに違いない。

画像クレジット: oJAY -_- JAY

#3

白いトラックに乗った3人の男性が私を追いかけているのに気づいたとき。ガソリンスタンドに引っ張ってから反対側に出るまで、最初は妄想的だと思っていました…そして彼らは私についてきました。それでも、私は過剰反応していると言われることに慣れていたので、警官に電話しませんでした。信号が止まるまで、住んでいた町とは反対の方向に運転を続けました。私はすぐに近所に向きを変え、ランダムなターンをたくさん取り、家に帰る前にもう少し車を走らせました。

画像クレジット: pnomsen

#4

私は朝の早い時間に家に歩いていました、男が野球のバットを持って私に近づき、私のそばを歩いていました。彼は「この夜に変人が出てくる」という奇妙な会話を始めました

彼は5ドルの請求書を地面に落とし、ローキーは私にそれを手に入れることをあえてします。

私はスピードを上げて彼から離れましたが、雰囲気は紛れもなく不気味でした。私はお金を受け取らなかった。

画像クレジット: SatoshiFlex

#5

ですから、これは私の友人の直感であり、私自身の直感ではありませんでしたが、確かに私たちの命を救いました。

10年前、1月か2月のいつか、私たちはシカゴのダウンタウンの外に立ってタバコを吸っていました。突然、どこからともなく、彼女はこの心配そうな顔をして、「私はこの場所が好きではありません。ここに来てください」と言います。この巨大な氷の塊が建物から落ちて、私たちが立っていた場所を正確に粉砕するのは、私たちが数歩(10フィート以内)を行ってから3秒も経っていませんでした。それは間違いなく私を押しつぶして殺したでしょう、そして彼女は私たちが動かなかった可能性が非常に高いです。

とても衝撃的だったので、にぎやかな通りのみんなが立ち止まって、私たちの口をじっと見つめていました。その後、ピンが落ちるのが聞こえました。それは正気ではなかった。私も同じように彼女を見たことがありません…彼女は方法がわからないと言いますが、彼女は間違いなくいくつかの第六感が起こっていました。

画像クレジット: InsomniacPHD

#6

お互いに友達ができた人が肌を這わせたことが2回あります。私はそれについて、別々の友人グループの両方に非常にオープンで、どちらの場合も同じ応答を受け取りました。なぜ私がそれらを特に好きではなかったのか説明できなかったので、それは私の目的を助けませんでした。

最初の男は子供を車に誘い込もうとして捕まり、逮捕されました。

2人目の男が児童ポルノウェブカメラサービスの勧誘に巻き込まれ、逮捕されました。

画像クレジット: dafante96

#7

ちょっとフレンドリー/ちょっとを同時に放った同僚は、どんな瞬間の雰囲気もスナップすることができました。彼は友好的であり続け、私たちの他の人たちとたむろしていましたが、私の距離を保ちました。男はちょうどオフでした。数年後、彼は公共交通機関で女の子に会い、彼女に彼の場所に戻るように話し、彼女と一緒に喫煙し、セックスをしました。彼女はある時点で目を覚まし、彼が彼女を襲ったと叫び始めました。彼女を黙らせるために、彼はそれから彼女を殺し、死体を切り裂き、ゴミ袋に入れ、そして死体を捨てた。古い同僚からリンクと詳細が送られてきました。

画像クレジット: ElReyDelMund0

#8

ジムから家に帰る夜遅くまで駐車中の車を通り過ぎた。中の人に気づきましたが、あまり考えませんでした。約10秒後に走りたいというこの狂った衝動に駆られたので、私は走ってから座って、脇道を車の後ろに隠れました。車が駐車場から、通りを下って、私の脇道を下って、きしむ音を立てて、それから、これらの人は私に出て来て、彼らが私を殺すつもりであると言って叫び始めました。彼らはハイビームをつけたままゆっくりと私を通り過ぎ、それから少し先に進んでからスピードを出しました。

私は自分が何を見たのか、その車で何が起こっていたのかわかりませんが、すべてが今日まで私を驚かせています。

画像クレジット: ノブドッグ

#9

私は12歳の頃、トロントのダウンタウンに住んでいて、夜遅くに通りの車の停留所から家に帰っていました。水泳の練習から家に帰っていたので、兄弟は両方とも街のさまざまな場所でホッケーをしていたので、私は一人でいました。後ろにいる2人の男に気づいたとき、彼らは私のスピードに合っていて、彼らが私の服について話しているのが聞こえました。私はかなりパラノイアだったので、あまり明るくない通りの反対側に渡って、彼らは実際に私をフォローしていました。彼らはいた。私の心はちょうど私の胃に沈みました。当時、近所を走り回っている強姦犯がいたのですが、私もそうですね、最近は東欧系の女性も行方不明になっていたので、走り始めました。全力疾走、また通りを渡るときは道路も見ていませんでしたが、12歳で大人の男性に追われて家から2ブロックのところにありました。彼らはどんどん近づいてきて、私は怖くて泣かないようにしようとしていました。保つ。ランニング。私は通りに曲がる角にいて、彼らの片方の手が手を伸ばして私の肩にぶつかるのを感じることができました。それからまた私の髪の毛で。彼はつかんで引っ張り始めました。私が悲鳴を上げる前に、私をつかんだ男は、通常は図書館の近くにキャンプしているこのホームレスの男に取り組まれていました。彼は私をつかんで共犯者を殴り始めた男に座り、私は怖くて混乱しました。ホームレスの男が「RUN KID!DO N'T STOP RUNNING!」と叫ぶまで、私はただそこに立って泣きました。そしてそれは私をギアに追いやったので、私はお尻を家に運び、両親が家に帰るまですべてのドアと窓がロックされ、電気が消えていることをトリプルチェックしました。私たちは警官に電話しましたが、私の近所の警官はすべて腐敗しているか無能でした(そのため、連続レイプ犯は捕まえられませんでした。警官は東ヨーロッパの女性の誘拐と人身売買に関与していたと思います)。何でもする。

私たち(両親と私)は数日後にホームレスの男を見つけ、彼に感謝するために食べ物や物を提供しました。私たちは少し話をしましたが、彼がカナダ軍から退役したことと、戻ってくることにうまく適応していないことがわかりました。私はその後約1か月ほど彼に会い、こんにちはと言いました。もしあれば、ジュースボックスか予備の交換を彼に渡してください。しかし、私の両親は別の都市で彼の家族を見つけて彼らに連絡しました、彼らは来て彼を連れて行きました。私の両親はまだ彼と連絡を取り合っています。ゆっくりと進み、多くの後退がありましたが、彼は今本当にうまくやっていて、私は彼にとても満足しています。もし彼がいなかったら、私はその夜にr @ pedされていただろう、悪くはないにしても、彼がそこにいたことにとても感謝している。また、それ以降は午後6時を過ぎても一人で外出することはできず、親戚、友人の親、家族の友人など、水泳チームからの乗車は常にありました。

編集:私は編集するつもりはありませんでした、私は私がIRLの人々と実際に話すことができず、去ることができないという私に起こったトラウマ的な経験を共有するためにここに来ました、しかし私はたくさんのDMとそこにある方法についてのコメントを得ました人身売買はなく、人々は私の近所の連続レイプ犯に関する情報を見つけることができませんでした。そして、トロントは私が説明した方法よりもはるかに安全だと多くの人が考えています。

人身売買はカナダでは大きな問題であり、カナダのメディアによって報道され報道されている以上のものです。それは通常、組織犯罪に関連しており、私の近所には組織犯罪がありました。女性は行方不明になり(そして今もなお)、警察は彼らが行方不明であることを確認するだけでした。彼らは、警官がそれに乗っていると人々が考える理由の一部である、多くの、またはまったく調査しませんでした。

連続レイプ犯と同じことですが、彼らは何もしなかったとしても、あまり調査をしませんでした。警察がレイプ犯を捕まえることを本当に気にせず、被害者を非難することは、世界中で本当に一般的です。

私が成長している間、私の近所は本当に高い犯罪率を持っていました、そしてそれは近所の警官が気にしないので多くの暴力的な犯罪が報告されることはありません。近所は取得し始めました

画像クレジット: lolf * ckno

#10

博士号を取得しているときに、中央ヨーロッパ大学のサマースクールプログラムに参加して、非常に価値のあるコースを受講する機会が与えられました。コースを受講するための完全な奨学金や無料の宿泊施設なども提供されました。本当に素晴らしい取引です。

帰る予定の2週間前、彼氏にその時、行かないようにと言われました。そして、私は、WTFの頭脳のようでした、これは一生に一度の機会です。しかし、「行かない」という気持ちはどんどん強くなっていきました。それで、私はそれをすることに愚かであると感じて、コースから撤退しました。

出発予定の翌日、元気な母が病気になりました。 1週間後、彼女は昏睡状態になり、1週間後、私たちは生命維持装置をオフにしなければなりませんでした。彼女の葬式はその1週間後だった。私は彼女の最後の目覚めの瞬間に離れていただろう。

画像クレジット: Awkward_Dog

#11

お父さんがおかしな気持ちになったとき(心臓に問題があり、心臓発作を起こしやすい)、犬の散歩をしていました。何度か電話をかけましたが、彼は応答しなかったので、私は逃げ出し、彼は前に倒れました。心臓発作のすべての初期の兆候を示すソファの。私は救急車に電話をかけ、彼に基本的な治療を施しました。救急隊員が到着した後、私が後でいたら彼は死んでいただろうと彼らは言いました。

画像クレジット: allhickup336

#12

私は出会い系サイトで出会ったこの男と話していました。私たちはまだ直接会っていません。彼は尋ね続け、かなり強引でした。何かが私にそうしないように言った。私は彼と話すのをやめた。

2か月後、彼は女性を誘拐したとして逮捕されました。彼らは彼女を彼の故郷の状態で見つけました。彼はもともと南下出身で、現在は北上に住んでいます。

画像クレジット: ladyj1182

#13

湖で友達とキャンプ。湖の向こうのパーティーに行きました。この湖には、まばらに、小屋やキャンプ場がありました。

私たちのほとんどは酔ってしまい、時間を忘れてしまいました。私たちが去る頃には、それは暗く、ボートを湖の向こう側に戻すための光はまったくありませんでした。私たちがしていることが危険で愚かであることを知っていたので、私はすでに限界に達していた。しかし幸いなことに、この話はボートの事故に関するものではなく、非常に不気味な体験です。

私たちは迷った。私たちはその湖でキャンプ場を探すのに約8時間を費やしました。私たちがそれを見つけたと何度も信じて、ボートを降りて、私たちが他の誰かの所有物にいることに気付く前に、またはただ森の中をさまよっている。

不気味な寒さはどんどん悪化していきました。分離しているような気がしました。多分私達全員が死んで、今この湖に出没する精霊であるように私は感じました。私たちは皆、このようなことを感じ、それについて話すことに自分自身を興奮させました。今では燃料がなくなり、鉱石を使用していました。暗闇を見つめながら目を汚す。

ついにテントを見つけました。夜はとても疎外されていたので、私は本当に怖かったので、テントを開けようとしていたので、自分のコピーがすでにそこにありました。または、本物の私がそこにいるようなものです。私は自分がコピーであるように感じました。こんなに身も凍るような「間違い」を感じたことはありません。しかし、私たちは最終的に勇気を出し、もちろんテントは空でした。でもその気持ちは決して忘れません。

画像クレジット: Iomena

#14

みんなのグループがやって来たとき、私と私の友達はバスを待っていました。ある人は私たちに1ドル(私たちが彼に与えた)を要求し、それから彼らはただチャットを続けました。

彼らは完全に素晴らしかったが、私たち3人全員が本当に悪い気持ちでした。彼らは私たちが彼らとパーティーに来たいかどうか私たちに尋ねました、私たちはああ、ありがとう、家に帰らなければならないと言いました。

一週間後、その人の一人が新聞のトップページにいました。彼は誰かを刺したために刑務所から釈放されたばかりで、その夜再びそれをしました。

画像クレジット: lorealashblonde

#15

私はインヨ国有林内で一人でバックパッキングをしていました。キャンプを設定したばかりで、この湖を越えて樹木限界線の上を歩いていました。この牧草地を約4分の1マイル歩いた後、私の首の毛はまっすぐに突き出始め、すぐに寒気がしました。理由はわかりませんでしたが、腸の反応でキャンプに戻ることができました。翌朝、車に戻る途中で、レンジャーが私に注意するように頼みました。その地域でマウンテンライオンが目撃されました。内部アラームが鳴った理由がわかったと思います。

画像クレジット: Trav-Nasty

#16

これは80年代後半でした

朝2時ごろ帰宅して歩いて帰りました。通りの向こう側を反対方向に歩いていると、見事に着飾ったドラッグクイーンがショーをやることから明らかに家に向かっていた。後ろには6人の酔ったチャドがいた。エネルギーはただ「オフ」でした。それで私は通りを渡り、彼女のそばを歩いて、こんにちは私の名前は炎のような泡だと言いました、そして私はあなたを家に連れて行きます。私たちは腕をつなぎ、彼女の場所に戻った。チャドが失礼なコメントをし、ずっと脅迫している。悲しいことに、翌日、「ゲイの村」(この地域の非公式な名前)でいくつかのバッシングがあったという報告がありました。

私が家に帰ったのは、彼らが亡くなるまでの25年間の私の友人でした。私の父は、タフなイタリア人で、ビビを絶対に愛していて、仕事の後に彼女の乗り物を家に帰すことがよくありました(彼はミュージシャンだったので、遅い時間もありました)。実際、私の父が病気になったとき、彼女は来て、私の母が彼の世話をするのを手伝いました。そして、ビビが完全なドラッグで彼の葬式に来たと主張したのは私の父でした。この6ft2のアイルランドのドラッグクイーンが私の父をどのように知っているのか誰も理解できなかったので、私たちはずっと笑いました。私の父は本当にねじれたユーモアのセンスを持っていました。彼らは両方ともしました。

話の教訓-何かが間違っていると感じた場合、それはおそらく

#17

ある日仕事をしていて、ボトルを手に取った。それは「間違っている」ように見えました。それから私は見上げました、そして私のビジョンのすべてはそれが歪んだ楽しい家の鏡のスタイルであるように見えました。何が起こっているのかわかりませんでしたが、何かが非常に間違っていることは知っていました。友達に病院に連れて行ってもらいました。妻に電話して、大したことではないように聞こえるようにしようとしましたが、病院に行きました。一週間が経ち、その日から昏睡状態になっています。それから出てくる確率は低く、彼らは私を手放すべきかどうか彼女に尋ねました。それは2017年1月10日でした。私は確かに今いくつかの障害がありますが、人生は素晴らしいです。

ちなみに、もしあなたが米国に住んでいるなら…年の初めに救急治療を受けないようにしてください…それはひどいことです。

画像クレジット: miked4o7

#18

私のものではありませんが、私の母のものです。 2004年に、彼女は自分自身と9歳の私がインドを訪問するためのフライトを予約しました。クリスマスに。

私たちは空港に着き、彼女はパニック発作を起こし始めました。彼女は閉所恐怖症なので、飛行機に乗りたくないと思ったのですが、怒鳴っていたので立ち去ることにしました。私は9歳でニンテンドッグスに集中していたのでちょっと却下しましたが、数年後に彼女に聞いたところ、彼女は行くことについてこの「邪悪な気持ち」を持っていると言いました。

津波に巻き込まれていたことがわかりました。

画像クレジット: kwenthryth

#19

ロンドン。テロ攻撃の日。私の親友と私は約15分前にロンドン橋にいました。私はHeebiejeebiesを手に入れ、私たちは去らなければならないと言いました。だから私たちはしました。

もう誰も私のピーターがうずくようなことを推測することはありません。

ETA2017攻撃

画像クレジット: LitttleSm45H

#20

私がフォークランド諸島に住んでいたとき、私の家族と私は、私たちだけがそこにいたかなり離れた地域/島に旅行することがよくありました。島自体は、デッドドロップの崖と歩き回る海の生物(アザラシ、ペンギンなど)でかなり危険でした。

すべてが屋根裏部屋にある私たちの寝室。

ある夜、私は本当に気分が悪かった。眠れなかったので階下に行きました。お尻のゾウアザラシが正面玄関に押し込まれ、侵入しようとしました(彼がドアに頭突きをしているように聞こえましたが、完全にはわかりません)。結局、クジラが浜辺に打ち上げられ、すべてのスペースを占めていたので、すべての海/陸の生命が私たちの小さな家にやって来ました。

私はとても怖かったので、物事は大規模でした

画像クレジット: わさびわさび

#21

私の話ではありませんが、私の最高の仲間の1人は1996年にタスマニアを訪問しました。彼らはポートアーサーを訪問する予定でしたが、彼女の母親はひどい腸の感覚を持っていたので彼らは行きませんでした。マーティンブライアントはその日そこに35人を殺した。

画像クレジット: crammyandelman

#22

食料品を買うために歩いていて、買い物リストで私のガールフレンドからのメッセージを期待していました。私の携帯電話から幻想振動を感じ、それを確認するために少し立ち止まり、すぐに私の頭があったはずの私の目の前の通りにグレープフルーツの大きさの氷の塊が砕けました。

画像クレジット: ToxicosisJones

#23

ある週末の朝早くパニックになって目が覚め、電話をチェックしました。まるで悪夢から目覚めたようで、棘やうずきを感じ、心臓がドキドキしていました。私が夢を見ていなかった場合を除いて、眠りから覚め、戦うか逃げるかモードになりました。数時間前の朝の早朝に送られた私の親友からの不審な感傷的なテキストを見つけました。彼の家に駆け寄り、彼の名前を呼んで彼の鍵のかかっていない正面玄関に歩いて入った。彼は最悪の試みをした。彼がまだ生きていたことを神に感謝します、しかし私は彼が別の試みで成功しなかったのに十分に介入することができました。彼は今日素晴らしいことをしていて、ちょうど彼の修士号を終えて、現在医学部にいます。

画像クレジット: pinkawapuhi

#24

私は大学の共通の友達の周りでいつも不快でした。具体的なことは何もありませんが、彼がいるときはいつでも、髪の毛が私の首の後ろに立っていました。彼は十分に友好的でしたが、いつも気分が悪くなりました。昼食時に彼の隣に席しか残っていなかったとき、私は一人で食べに行きました。彼は一度私に抱擁を与えました、そしてそれは死んだクモに触れるようなものでした、私はその後嫌な思いをしました。

彼は性的暴行の申し立てのためにキャンパスから停止されることになった。

画像クレジット: manlikerealities

#25

私はロサンゼルスに住んでいますが、ロサンゼルスのダウンタウンは夜に最適な場所ではありません。

私は2015年の夜遅く、あまり明るくなく、とても空っぽのダウンタウンのエリアにある薬局に行きました。車も人もいません。メインストリートの建物を駆け下りるのはほんの数人です。

遅く、午後11時頃、診療所はちょうど閉まりました。私は一人で出てきて、車に向かって歩き始めました。私はおそらく車から200フィート離れていて、通りの向こう側に集まったこれらの男たちを見ました。車の近くを歩き始めたとき、彼らは明らかに何の役にも立たなかったと感じました。それで私は車に向かって少し速く歩き始めました、そして男の一人が「なぜあなたはそんなに速く歩いているのですか?」と叫びました。そして彼らは私に向かって歩き始めました。

答えて一時停止するのではなく、車に向かって走り始めることにし、ロックを解除して乗り込みました。車を始動しているときに、彼らは私の車の後ろに駆け寄り、私が車を降りたとき、そのうちの1人が斬りました。私のバンパーの後ろをナイフで、彼らは「あなたがそれらの白人の男の子の本能を得たのは良いことだ」と叫んだ。

時々それは文字通り1秒の問題であり、それを止めないという重要な決定を下すことは私の命を救った

画像クレジット: pcbradle

#26

最も影響を受けたのは、私の体のすべてが病気の友達に会いに行くように私に言っていた時でした。彼らは癌と診断されていて、見栄えは良くありませんでしたが、前回話したとき、彼らは通りかかっていました。私は机に座って歯を食いしばって、それから「それをやりなさい」と言って、仕事からボルトで止めました。人でいっぱいの家で、彼らが通りかかったとき、私だけが彼らと一緒でした。

画像クレジット: Teacher_too

#27

結婚式の前日で、とても安全な近所を散歩しました。ヘッドホンを入れて、音楽を大音量で再生しました。長い通りのあちこちに車が駐車していた。この近所の家は比較的広い土地を持っているので、家の間にいくらかのスペースがあります。通りの途中で、少なくとも5分間駐車していた車にたどり着きました。合格すると、20代前半の男性が4人、おそらく5人いることに気づきました。何も考えていませんでした。私はおそらく50フィート以上歩いて、このひどい気分になりました。私は振り返って、彼らが文字通り私の後ろにいるように車に忍び寄っていたのを見つけました-私のヘッドフォンが入っていたので車の音は聞こえませんでした。庭は約5軒下にあります(土地の大きな区画なので、少し離れていました)。私は彼らにそれを予約し、私が彼らと一緒に待つことができるかどうか尋ねました。年上の男は車に行き、彼らが何をしているのか尋ねると、彼らは隣人の一人のために庭仕事をするためにそこにいると言い、彼らが今駐車している家(彼らが持っていた家ではない)を指差した前に座っていた)。男は彼らに、彼らを信じていないので、ハイキングをするか、警察に電話するだろうと言いました。その男は、彼らが以前前に座っていた家は、町の外にいた隣人の家だったと私に言いました。家が5軒ほどあったので、私が駆け寄る前に、このカップルは車や私に気づいていませんでした。私はよくその事件を振り返り、振り返らざるを得ないほどのひどい気持ちにならなかったと強く感じます。そのカップルが私がすぐに見つけられるように前庭にいなかったら、別の結末があったでしょう。この話とその時の私の結婚式の前日に。

画像クレジット: mmohaje

#28

英国の田舎道はかなり狭く、ブラインドベンドがたくさんあります。私は車線を運転していて、道路の真ん中で、ヘルメットを着用せず、完全にブラインドベンドに向かっているサイクリストが目の前にいました。私は突然、車がその曲がり角の周りを揺れると、サイクリストにぶつかって彼を私の車に固定するだろうと思いました。それは「最終目的地」のビジョンのようなものでした。他の車の音も見えませんでしたが、この事故をとても鮮明に思い浮かびました。

私はすぐに休憩をとって、ホーンを鳴らして引っ張った。かわいそうなサイクリストの男は身をかがめて生け垣につまずいた。ほんの数秒後、何人かのばかげたティーンエイジャーがブラインドコーナーから急いで出てきて、私たちをインチ単位で逃しました。もし私たちがまだ道にいたら、この男はサイクリストをまっすぐに通り抜けて私の車に乗り込んだでしょう。

サイクリストが私を落ち着かせるためにやって来たところまで、私は完全にびっくりしました。あまり覚えていませんが、「あなたは死んだ」と何度も言っていたのは知っています。私はまったく宗教的な人ではありませんが、それは私が何らかの神の介入を信じるようになった最も近いものです。

画像クレジット: Hot_potatoos

#29

高校卒業後、小さな町のストリップモールにあるビデオレンタル店で働きました。私たちは遅くまで開いたままで、9時頃以降、ストリップの他のすべてのビジネスは閉鎖され、ビーコンのように点灯した私の店を除いて、ストリップモールは暗くなりました。また、シフトの最後の2時間は店が財政的に苦しんでいたので、クローザーだけがそこにありました。私はいつも誰かが私たちを奪おうとするのではないかと心配していました。私は19歳の女の子でした​​、それはこれまでで最も簡単なスコアだったでしょう。しかし、あなたが知っている、私はちょうど続けました。

とにかく、店の裏にはアパートがあるので、なじみのある常連さんがいました。彼らは駐車場を通り抜けてモール内のさまざまな場所に行くので、手を振ったり入ったりして挨拶したり、ただ閲覧したりすることは珍しくありませんでした。のんびりとした場所でした。

ある夜、私は店を閉めていました、そしてもちろん私は一人で、ティルを閉めて店を掃除していました。私は前を歩いて、常連だった2人の男が鍵のかかった入り口の反対側に立っています。彼らは微笑んで手を振って、こんにちはとかを口にしています。私は手を振って働き続けます。私は彼らが何もしていないことに気づきました。ドアのすぐ外で、ただそこに立って話しているだけです。私が去る時が来ました、私のすべての仕事は終わりました。たぶん30分くらい経ちましたが、カメラに映っている人たちが、閉店しているだけの駐車場でぶらぶらしているのが見えます。夜の11時半くらいで、すべて閉まっています。私はこれらの人たちに本当に精通していましたが、私の車にたどり着くには彼らを通り過ぎなければならなかったでしょう。安全に遊ぼうと思っただけです。彼氏(今は夫)に電話して、変な気持ちで来店してもらえると言ったところ、無事に車に乗れるようになりました。彼が引き上げるとすぐに彼は出て店に歩いて行き、二人の男に挨拶し、私を待っています。男たちは振り返り、店の後ろのアパートに歩いて行きます。変だと思ったのですが、家に帰って忘れてしまいました。

約1週間後、町の公園でジョガーを誘拐しようとしたとして逮捕されました。当時彼が持っていたバッグには、ロープ、ダクトテープ、ナイフが入っていました。大きなニュースでした。ああ、また彼は以前、町の歴史的な小屋を焼き払ったとして逮捕されました。それは何年も前のことです。彼が一緒にいた男は登録された性犯罪者でした。その夜、心の奥底に感じがなかったらどうなるのかと考えて震えてから15年くらい経ったのではないでしょうか。

TLDR:私が仕事をしているのを見ている常連客は、レイプ犯を企てていることがわかりました。

画像クレジット: krwrn89

#30

マクドナルドで一晩のシフトを管理している、ちょうど私と店の別の男が午前2時頃。ボンネット(ボンネット)が一致しないビートアップしたフォードファルコンが駐車場に転がっているのに気づきました。一人の男が飛び降りて、すぐにカメラの場所と中にいる人の数を探し始めます。これはすぐに私の疑いを引き起こしますが、私はすべてがクールなふりをして、通常どおり彼に仕えます。彼らは車に乗り込み、食べ物を手に入れてから車を走らせたので、彼らは不気味になっていたに違いありません。

彼らが明確になったら、私は警察に電話し、ナンバープレートと車両の説明とともに何が起こったのかを彼らに話しました。数時間後、警察がやって来て、フォードを引っ張って、1キロの覚醒剤といくつかの半自動式小火器が搭載されているのを見つけたと言いました。後で彼らは別のカップルがその夜遅くに私たちを奪うために場所を偵察することを認めました

画像クレジット: samuelson098

#31

数年前、グループや友達と私はクラブに出かけました。この一本のバーに入ると、ドアに足を踏み入れた瞬間、恐怖を感じました。私の体のすべての細胞は私に「そこから地獄を出せ!」と言っていました。それで約20分後、何かが本当に気分が悪いと友達に確信させたので、私たちは家を出て家に帰りました。

翌日、クラブについてのニュース記事がありました。 There had been a shooting on the street in front of it and the people who had committed the shooting had been inside the club while we were there.

Image credits: 100aliens

#32

When my kids went to bed, I used to go out to the barn where I had a bottle of whiskey stashed. I'd have a drink and ponder the day, think about my late wife, and attempt to decompress.

I suffered heavily with PTSD. Add to that, the recent loss of my wife, the stress of raising 2 children that didn't really know me, and intense pain from severe burns I had received before leaving the Marine Corps – it's safe to admit that I was extremely suicidal.

One particular night, I wrote out a long letter to my family, letters to my children, and placed them along with my will, financial documents, etc., on the kitchen table. I went out to the barn with a .40 caliber pistol and had every intention of getting drunk and eating a round. I was as low as I've ever been in my life.

All of the sudden, my dad walked into the barn. He lived 2 hours away, and we hadn't spoken in a couple of weeks.

He picked up the handgun, cleared it, dropped the magazine without a word. I asked him what he was doing there at 1030pm, and he said: "I had a bad feeling. Lets talk."

That's the one and only time I've ever seen my dad cry. That's the only time we've ever spoken in detail about our individual horrors of combat.

My dad saved my life that night, and I've made sure to live my life in such a way, as to make him proud of everything I do.

#33

In my early twenties I woke up one day with a feeling of absolute dread I could not explain. Called my mom to come over and then called my boyfriend to come drive back home (he was on his way to work). I lost my ability to speak during that second phone call and the whole right side of my face started tingling.

I thought I was having a stroke in my early twenties and I was going to die.

Turns out that was to be my first ever migraine with aura with aphasia. When the headache started an our later I wanted to die.

#34

Riding my motorbike in the Himalayas, blind corner up ahead…sudden overwhelming sense that I had to get from the middle to the edge-side of the road…massive truck that was going way too fast came about six inches from taking me out. Totally would have pancakes me…further round the bend my riding buddy had stopped and was looking back with sheer terror on his face.

#35

I was working as an interpreter for a researcher in one of the most active volcano in the world. At around 16:00, i have a really really bad feeling. I felt so restless, at that time I was around 5km from the peak, and i stayed in the last village before the mountain.

Everyone in that village were already evacuated. There were only journalists, photographers, camera person for tv stations and some locals. They all told me to chill, i remember when i decided to leave the area, they were still smoking and drinking coffee and some were eating instant ramen. It was so quiet and calm but i felt so restless.

I left the village at around 16:15. Just few minutes after 17:00, the mountain erupted, sending lava and pyroclastic flow sweeping the whole village.

All of the guys were k*lled instantly.

It still gives me chill until now.

#36

When I was a really struggling poor college student, I lived a few miles away from campus where buses didn't frequently go, so I got very familiar with walking the city. Lots of poverty there so I ended up pretty often in conversation with the homeless.

I'd say 80% of them are just gonna chit chat then ask for money, which I often didn't have but I'd part with a few bucks here and there if they were nice. Some would hassle and be mean about it.

One time though, a guy was hassling me near a burger king when I wasn't carrying any money at all even, sorry man. He grumbles and I walk off. It's late afternoon in the dead of summer, I cross the street and to me he's already old news. Then I hear shouting, look over and it's him yelling at me from the burger king, but now he's got his hood up. I continue on my way, I'm used to it. As I'm walking though I just get this horrible anxious feeling, and start thinking I need to go to campus immediately where it's well lit and safe. I look over my shoulder a few times and don't see him so I think I'm being kind of a wuss. I pick up the pace anyway.

Eventually I go out of my way and reach campus, not even needing to do anything there. After like 30 yards I turn around and see that dude from the burger king standing exactly at where I was when I entered campus property looking dead at me. Just standing there perfectly framed between the trees, hands in his hoodie pockets with the hood pulled tight to hide his face.

#37

I had just gotten off a train. I was riding alone and the train arrived in my station at dusk. Train station was already closed, and the conductors went home. So we are waiting outside. I walk overall with the other passengers, but it is very clear I am alone. This man starts to follow me, as people disappear, he is lurking closer and closer, and is starting to scope where I am headed. Already, when I got off the train I got a BAD VIBE from this guy. He wasn't really well dressed, he was just sort of at the train station, wasn't any of the passengers. This man is in his mid-forties or so, and at the time of the incident I had just turned 22. Everyone was gone, sun was going down. He comes very close to me, and starts to try to talk to me. Asks me if I am saved by Jesus. Tries to ask me things. I step away move to a totally different bench, he moves with me. I am taking to my mom on the phone because she was picking me up, trying to ignore him. He is coming closer to me, continuing to talk. About what? I don't know, to be honest I was in shock. Now within reaching distance, and even hug distance, he is right on my trail. My mom had just pulled up in literally as I am making my way into a more lit area and I walk towards the car. I get in, you think he would have known me as close as he was to me when I got in the car. As soon as the door shut though, he stared at me. Intensely as he could. I will never forget those eyes. I didn't have anything to defend myself, and if my mom never arrived, I would have been in really bad shape. Reported him to the Amtrak police.

#38

was about 15, took my youngest sister on a quad bike ride through some bush tracks in a "shack community". we get to the bottom of a large /, steep hill on the outskirts where I felt i had to stop for some unbeknownst reason. not even 5 seconds after i stop under the hill another quad bike flew over us. the guy landed, hit the brakes and slid into the bushes, jumped off and ran over to us visibly shaken. apologizing profusely. he'd been annoying the rest of the community for a couple weeks with many complaining he is driving the tracks too fast and is being dangerous and reckless. well after this incident he started to drive a bit slower.

my parents nearly lost two children that day. I didn't tell them about it until i was in my late 20's.

(Quad bikes are now illegal within that township for unrelated reasons)

#39

Nothing bad actually happened, but… I was 12 or 13 and taking horse-riding lessons. I'd usually be in a class with 2 other girls but this week neither of them were there, no big deal. There was new male instructor who'd take my lesson. Instead of using the rink?(I forget what they're called) by the stables, we go to the one 5 mins ride away up on a hill, surrounded by trees. I thought it was a bit weird seeing as the usual one was free.

On the ride up, he asked me if I had a boyfriend, if I liked boys, and I'd I liked other 13 year old boys. I was really shy back then and just sort of said that I didn't have a boyfriend, and shrugged off the other questions.

When we get to the rink, he makes a big deal of my stirrups not being adjusted properly, and although I was pretty experienced and knew them to be fine, he kept readjusting them for me, touching my thighs a bit too much while explaining the position they need to be in. Now normally that's nothing sinister in horse riding, but I just had a bad feeling and must have been looking uncomfortable and too quiet because he said “you can tell me anything. Anything that happens up here will be our secret,” then he asks me about boys again.

I said the stirrups are fine and I'm ready to start the lesson. I'm going to sound deluded here, but at that very moment, the horse I was on, normally a stubborn old bugger who barely wanted to move, stomped his foot, took off and started walking round the rink, behaving like an angel for the entire lesson, and on the walk back down to the stables, he kept stopping whenever the instructor got too close, and gave little warning “air bites” when he did.

I didn't say anything but the instructor was gone the next week.

#40

Okay I have 2 of these but the first is why I'll always trust my gut. When I was little I always used to sleep over at my cousins house who had an awesome wooden bunk bed that I would sleep on the bottom bunk. When I was 7 I went over for another sleep over, we aye Chinese food with my aunt and uncle then me and my cousin stayed up late playing video games before going to bed. When I was little I used to fall asleep right away and sleep deeply. My family still jokes that not even a car going through the house could wake me up. Anyways sometime after I've fallen asleep I wake because I have this ridiculous feeling that I HAVE to roll over. I didn't want to because I was comfortable and sleeping how I normally do in the middle of the bed with my foot hanging off. I kept arguing with what felt like myself over rolling over until finally I did. But apparently it wasn't enough because then I had the urge to literally cuddle as tight as I can against the wall. Since I had already rolled over I figured why not. As I'm trying to press myself as hard as possible against the wall the bunk bed collapses and a broken metal bar goes straight through the bed where I had been sleeping. I was stuck, somehow unharmed, in that little space against the wall until my uncle could cut me out. My cousin had fallen from the top bunk when it collapsed but was also unharmed.

Next happened when I was 16 in the summer. I grew up in a super small town and used to walk or bike everywhere with my dog, and I was usually alone. I had the day off from work so I took a book and walked with my lab 4 miles to one of my favorite lakes and laid down at the beach to read a book and tan while my dog played in the water. After a few hours of being there I noticed a roudy group of guys, one who looked a bit familiar. It was a week day so there was only me, my dog and a fisherman at the landing with these guys. I tried to ignore them but noticed they kept looking over at me a whispering to each other. Then my dog who usually will stay in the water the full time I'm there came over and laid in between me and this group. I got a bad feeling from them and decided to cut my day short and go home. I grabbed my stuff and started to walk out of there like nothing happened and this group starts to follow me. Not only do I have a bad feeling but I can tell my dog is freaked out because she keeps looking behind me and growling. This group is getting louder behind me and somehow keeping up with me which is a feat because I'm a fast walker so I know they're doing this on purpose. I'm trying to think of a way out of this situation knowing in the middle of the week I won't get much help from neighbors and no ones really around so then I start to think on the one kid that looked familiar and it suddenly hits me- I know him. So I suddenly spin around and address him by name and tell him I used to change his diapers which causes his friends to burst out laughing. I allow them close enough to walk with me to try and take control of the situation and ask him about his family and brother. They ask me what I'm doing that day and I still feel super creeped out and my dog still won't come near us so I lie and say my brother is just up the road and I'm going to meet him. And I throw in that I'll hang back and let them walk ahead because my dog is clearly uncomfortable which I lie again and tell them she was abused by a man and hates men. They say they are going back to the beach and turn around and leave. One year later I hear about a gruesome murder the next town over. This kid and his friends broke into his 75 year old grandpa's house, robbed him and brutally beat and tortured him to death. The kid I knew was only 14, the friends he was with ranged from 16-23. I don't know if they were planning on doing anything to me that day but I will always trust my gut and have since.

#41

My sister and I were house-sitting for our grandparents. I woke up and she was gone, and I just somehow knew. I just had that bad feeling. So I texted her and texted her until she finally answered. My older cousin had convinced her to go riding in the mountains with him with alcohol. He got drunk, got her tipsy.

I had woke up and texted her in the middle of getting sexually assaulted. Our parents didn't even know she was gone. He was only letting her text back so I wouldn't think anything was amiss. But we were able to talk vaguely enough for me to help by pretending to be sick. If I had woken up a little later, I wouldn't have a sister anymore. If I just hadn't gone to sleep and left her alone, she wouldn't have gone through that.

She's in therapy and I still have trouble sleeping and waking up, I have terrible anxiety anytime we're apart. Trust your gut guys.

edit: holy hell i didn't expect this to actually be seen by anyone. normally i just lurk. thanks for all the upvotes everyone, we're fine and live two and a half hours away from all that now. there was never any criminal case because we didn't have any evidence against him. still, thanks for all the concern

#42

New years eve many years ago, gf and I went to spend the night at our former roommates new place. They were a gay couple back before it was as accepted as it is today. An hour before midnight I felt a crazy urge to go home and started a fight about it with my gf cause she wanted to stay like we planned. I won the argument and got my way and we left in such a hurry that we forgot our blankets and pillows. Couple hours later in the middle of the night someone came by and set their house on fire and both friends died. I'm still f*cked up about it today cause I know that someone came by that night wanting to buy some kind of pills off one of my friends and was quite rudely turned away. I wasn't paying attention enough to see their face so idk who it was but I know it in my bones that's the guy that did it.

#43

Now I don't remember this, but my mom does very vividly as you can imagine.

When I was three she and her friends were getting ready to go out to the bar in the next city over. My mom being super young when she had me was often out on the weekends with friends so this wasn't unusual at all. However, on this night I, a usually super well mannered kid, threw the biggest tantrum of my life. Screaming at the top of my lungs, throwing myself around, throwing things, etc. because she was leaving. She was super mad because she couldn't leave me with the babysitter like this, especially since she felt something was wrong because this was VERY unlike me as a child. Her friends left and she stayed home with me, still pretty pissed off at toddler me.

The next morning she and I walked to my Grandmas house to use the phone (no cell phones yet), she calls her friend's house to hear about the night and her friends mom answers. They had been trying to get a hold of my mom all night, as there was a horrific car accident. All of my mom's friends except for the driver had passed away. Had she gone, there is no way she would have survived in the car.

Still haunts me to think about this day. My mom never really recovered from it.

#44

For starters, I am in no way a believer of the paranormal. I wouldn't even call myself a skeptic. I straight up don't believe any of that stuff.

That being said, we have an old abandoned mental institution in my hometown that is low key infamous for ghost hunter shows (mostly YouTube based ones). Growing up there, you just hear so many stories about it and naturally us teenagers decided to go out there.

It's a big, 4 story (if you count basement) plantation style building in a field at the end of the road. Creepy trees all down the roadside too. It really does look straight out of a horror movie. The road is pretty long too, no lights, so it really builds up that suspense. Except…we went there multiple times and absolutely nothing happened, obviously, and we'd just walk around and check stuff out.

Except the last time I went. I don't know why, but on our tenth-ish visit to the building, every single person in my friend group got a gut wrenching feeling the second we stepped into the road and stared down it into the darkness. We walked about a hundred yards to the first gate and then I said, "Guys… something just feels off." I felt afraid. I felt like there was a very intense evil waiting at the end of that road. I felt like there was someone watching me from the inky darkness that I couldn't see. Every single one of my friends said they felt the same way. We packed it up and left.

A few weeks later, my friends went again but I refused to go. I'd been there and done that and the experience I had had last time was unsettling enough for me to call it quits. They went and they had a ton of very weird sh*t happen to them, including recording what was almost certainly a squatter, running across the floor above them.

Nothing too crazy ended up happening but, to this day, I have never felt a presence like that.

#45

I was working on a turtle conservation project in Cyprus several years back. It's a remote beach, out of the way, and the middle of the night.

We've got a nest that's hatching, and all the hatchlings are collected into a bucket. They're kept in the centre for a year, then released with a much higher chance of survival.

Anyway, I've got the full bucket of turtle hatchlings, and they need to get back to the centre. It's a 20 min walk in the pitch black along the beach. There's some other nests looking promising, so the other volunteers stick around as I head off.

About halfway along the beach, my head torch dims massively. The batteries are nearly dead. Well, suddenly this beach is much spookier than it was before. Then I hear a noise in the dunes.

I look over, and in the dim light of my torch I see nothing. Then a pair of bright, shining eyes appears at the top of a dune. I can see the silhouette of the dune against the stars, but I can't see the shape of the thing with the eyes.

Then they start moving down the dune, they don't move like a human, definitely an animal of some sort. As they get closer these bright white eyes start shining more and more, until I can finally see a huge black shape around them.

My knees have locked, I couldn't move if I wanted to, and I couldn't outrun the thing anyway. At this point, I accepted I was about to die.

Finally the monster approaches close enough that I can see it in my tiny bubble of dim glow. It's a dog. That is not a comfort at this point.

The thing was a huge black Alsatian, but had Husky eyes. If it had been a pet dog, it would have been stunning. But it isn't. It's one of the half starved feral dogs that live wild. The thing is more then half my height, and is probably desperate for food. Then I remember that one of the reasons turtle hatchlings do so badly here is that the dogs dig up a lot of nests. I'm basically carrying a bucket of kibble to this monster.

Human brains being what they are, and me being in actual peril of my life for the first time, I decide that, if I'm here to do conservation work, there's no way this beast is getting my hatchlings.

What you've got to appreciate is the timescale over which this is happening. This enormous beast of a canine is running at me, my circle of light only goes about two meters out, so it's fractions of a second.

And I shout at the beast. I don't recall what, I don't know if it was even words. I might have barked at it, but by sheer luck it worked. The thing turned tail and sped back into the dunes.

The rest of the walk back to the centre took far less than the usual ten minutes, and the hairs on my neck were prickling the entire time. I was waiting to hear galloping paws and feel teeth around my throat, but I made it back without incident.

After that, I always had spare batteries for my torch in my bag, and we walked the beaches together, not alone!

#46

I was walking home from my bus stop one day, listening to music on my headphones, off in my own little world. The battery died halfway home, and suddenly I heard a guy walking behind me, talking about how he can never get women to talk to him. I sneaked a peek over my shoulder, and he was not only alone, he had also got off the same bus. And was twice my size. So he had been following me for about three or four blocks, apparently trying to get my attention. There was no one else around. So, I kept my headphones on, despite lack of music, and just started walking faster. Then he started singing “speak to the girl. You got to, you got to speak to the girl” over and over again, getting louder and louder the further ahead of him I was. I wasn't sure what to do. If I went home, he would know where I lived. So, I turned a corner towards where there would be more people around, with him still following me, and ducked into a pub. When this creep followed me into the pub, I ran up to the bartender, and begged him to pretend we were friends and keep me company until the creepy guy left. The bartender came around the bar and gave me a big hug, and made a fuss over me until the creep went away and I stopped being quite so shaken up. Not all heroes wear capes.

#47

We were visiting the hometown of my room-mates, which I was VERY unfamiliar with. They were directing me around town, just having a look around when the hair on the back of my neck was just "BAM" and I got the chills. I looked over and my room-mates were exchanging knowing looks. They told me we had just passed a park that was infamous because a bunch of child murders had taken place there in the 1950s. A homeless guy had set up a "home" in a cave in the park and murdered a dozen kids or more by the time the cops figured out what he was up to. They had directed me past the area as they wanted to see if I could "sense" it. HOLY CRAP could I. This was in Monterey, CA. if anybody is familiar. I don't know of the actual incident but that place FELT evil like I have not experienced before or since.

#48

Not sure if it counts but I work in a bar in Southern California and while I was pouring a beer during the day shift I had this very weird feeling about an earthquake happening. Nothing was shaking or anything…I just got this weird image of everything coming down briefly.

7 hours later the shift is over and I'm at home on the couch watching TV (completely forgot about earlier) and WHAM massive earthquake hits and knocks a ton of shit down in my apartment.

Creepy to me!

#49

It was about 9 or 10 in the evening and I was heading home from a really bad date. It was a ten minutes walk from where I was to my home and I stopped by a red light and waited. It was in the middle of the week and on the way from my date to the red light I've met like one person, so there wasn't a lot of people out. From nowhere I got a really bad feeling and I KNEW that someone was watching me. I turned around and there was a man right beside me, he stood just a bit to close. He saw that I've seen him an started talking about how nice the summer rain was. I ignored him and started walking, although the light still was red. He started walking to. I speeded up for a bit, so did he. My fight, flight or freeze immediately hit and from nowhere I stopped walking. He was caught off guard and took a few more steps before he stopped too. He asked me why I stopped and I almost yelled at him that I didn't want to speak to him, that his behaviour is freaking me out and told him to keep walking. He started to argue and I yelled “just go”. He started walking slowly. I stood still, watching him as he walked. The feeling in my stomach didn't leave, it actually was getting worse. He stopped by a bus stop and for a second I breathed out. He was waiting for the bus. Well.. just next to the bus stop was an alley, a really dark alley and behind it a dark parking lot.

He stared at me while he stood there, he was waiting for me. I tried to contact a friend, no answer. I hid behind some construction materials and on the third try I managed to contact a friend. She wasn't home and couldn't help me. She asked if there was anyone else there and I said no. Eventually there was a man and two women walking by. She told me to tell them what's happening.

During this time, the guy hadn't stop staring at me for a second. When I walked up to the group to ask if I could walk with them. He suddenly started walking away. I was right, he was waiting for me.

I walked with the group for a bit but they were turning left at the next red light and I was going the other side. I thanked them for helping me.

We walked our separate ways and within seconds the guy showed up again. I froze completely and fortunately the group caught it and ran over to me. The guy saw them, turned around and walked away. They walked me to my doorstep and I thanked them over and over again. I am 100% sure that he planed on doing something horrible to me. I am forever thankful for these 3 strangers who might have saved my life that night.

#50

So this was during a holiday in the mountains. We had been staying at a place surrounded by big beautiful red wood trees, and we had decided we'd go to the snow on the second day, me my wife and our two kids, aged 2 & 6. The morning was spent travelling from the house to the car, packing things in the boot, and on one trip I heard a thud/crack type noise, like the sound of someone kicking wood. But I didn't see anyone around, so continued loading the car.

So we're all in the car now, in the drive way, and my wife realises we forgot the sunscreen. She grabbed the house keys, got out of the car, and ran into the house. While she was gone, I just had a thought: "I should move the car back. It's too close to the gate, I should move it back so she can get back in"

It makes no sense. She got into and out of the car by herself, so there was enough space. But at the time, I followed the thought, and moved the car back, not very far, less than five metres.

And then shortly after putting the car into park I saw the big redwood tree, whose trunk at its base was around 150cm diameter, taller than a two story house, coming crashing in front of me. The trunk landed right in front of the car, and a brand landed on top of the bonnet and shattered the windscreen. I got out of the car and saw the red wood tree had essentially split at ground level. It demolished the neighbours cast iron fence, and cut off power to multiple homes as it fell. And the bulk of the tree trunk landed right at the centre of where the car had been, until a few minutes previously parked.

We still check the trees whenever we park now. and I'll recognise that thud/crack noise now if I ever hear it again.

(出典)