私の18枚の写真は、福島原発事故の不気味な余波を示しています

2011年3月11日福島県でした。地震が発生し、津波が巻き込まれ、原子力発電所が崩壊した日。

私は廃墟の世界の探検家です。私は物事を崩壊させるときに私たちが残したものの残骸を探します。私は悲しい物語と暗い歴史を持つ多くの場所を探索しました。忘れられた世界を記録しようとすると、忘れられた場所を探検するときに、さまざまな感情を経験します。文脈を持って写真を提示するために、私はそれぞれの場所の物語に没頭します。これは幸せなパートナーシップである場合もあれば、辛い過去を明らかにする場合もあります。

2019年に被災した福島を訪れたときの圧倒的な感動には、何の準備もできませんでした。事故から10年経った今でも、その日の傷跡は残っています。

私に最も影響を与えた1つの話をあなたと共有したいと思います。私が福島で探検したいくつかの場所の中で、私の心に残る場所があります。

詳細: obsidianurbexphotography.com

#1学校は海の正面からわずか数百メートルのところにあります。スポーツホールの床は、放棄されてから10年で崩壊しました

廃校になった体育館に立っていると、ほんの数百メートル先に太平洋が見えました。私が訪れたときは美しく穏やかでした。 2011年3月11日、スタッフは勇敢な決断をしました。津波警報サイレンが鳴ったとき、プロトコルはそれらが内部にとどまるように命じました。津波の壁が彼らを守ってくれるはずだと考えられていました。何らかの理由で、おそらく直感的に、スタッフは代わりに避難することにしました。彼らの決定は間違いなく82人の学生と15人のスタッフ全員の命を救った。この日、津波が護岸を突破し、学校を襲った。

他の多くの学校が止められない津波から逃れられなかった、もっと多くの物語がはるかに悲劇的な終わりを迎えたと私は思わずにはいられませんでした。

#2このアーケードは暗くて空になり、コイントレイと紙が床に散らばっています

#3スーパーマーケットのほとんどは暗いですが、長い天窓が店の正面を照らしています

#4この放棄されたスーパーマーケットの中の空気はかび臭くて古かった

#5家や車を飲み込む自然、人々が逃げたときに残されたものを見ることができるすべての場所

#6ここにあるアーケードマシンは、私の子供の頃のお気に入りのアニメデザインを特集しています

#7日本の葬儀車、「霊気社」と呼ばれ、古いディーラーの前庭に忘れられた

#8シボレーインパラSsは、所有者が戻ってきた場合でも実行されるように見えます

#9製品とごみが床を覆い、一部の地域では杭が膝の高さに達する

#10生意気な日産パオが小さな茂みの後ろから覗く

#11福島で探検したもう一つの廃墟のパチンコホール

#12スイーツとスナックはまだ棚とラックに並んでおり、長い間販売期限を過ぎています

#13棚のすべてがほこりや汚れの層で覆われています

#14廃屋はいたるところにあり、そこに近づくことは禁じられています

#15この廃墟となったパチンコホールはかつては活動の中心だったでしょう。パチンコは人気のある日本のアーケードゲームです

#16福島の再居住が始まると、おそらくこれらのゲームホールは再び生き返るでしょう。

#17この廃校は津波が襲う直前に避難し、誰もが無傷で逃げる

#18ターマックにひびが入り、この廃車ディーラーで雑草がいたるところに生えている

(出典)