写真家が「クレイジーキャットレディー」のステレオタイプをなくすために猫と一緒に女性を撮影する(30枚の新しい写真)

ニューヨークの写真家BriAnne Willsは、猫の養子縁組を奨励し、「クレイジーキャットレディース」のステレオタイプを明らかにするプロジェクトを作成しました。彼女は写真シリーズで女性とその愛らしい猫の仲間を捕らえます。彼女は彼らの美しい関係を描いているだけでなく、彼らがどのように出会い、その後彼らの人生がどのように変わったのかについての写真も教えてくれます。一部の女性は、猫がより幸せで感情的に安定するのを助けたと共有しています。彼らの仲間が彼らの命を救ったと言う人さえいます。

このシリーズは「女の子とその猫」と呼ばれ、Instagramでは45,000人を超えるフォロワーがいます。このシリーズについてどう思いますか?養子縁組の猫を飼っている場合は、下のコメント欄でストーリーを共有してください。お気に入りの写真に投票することを忘れないでください。退屈パンダに関するBriAnneに関する以前の投稿をご覧になりたい場合は、 ここここここ 、およびここをクリックしてください

詳細: Instagram | girlsandtheircats.com | フェイスブック

#1ウィリアムズバーグのホリーとカブトムシ

「私は一生ずっと猫を非常に恐れていました。友人の猫の1人が気に入るまで、私は完全な猫の女性になりました。私は猫を採用することを決心し、完璧な子猫を見つけるために無数の時間を費やしました。 。私はようやく「その人」と妹を見つけ、ペンシルベニア州の小さな町に2.5時間運転して彼を迎えました。私たちは森の中の老朽化したトレーラーに引き上げ、歯のない女性が電源を切られて迎えられました。彼女の手形を支払わなかったため。

彼女は病気の動物をかくまっていて、自分で「飼育した」と言っていました。私たちのより良い判断に反して、私たちはウェブサイトから完璧な子猫を見てみました。その子猫は、病気で、台所の床にある段ボール箱の中に隠れていた猫ではありませんでした。彼女は彼女が認定されたブリーダーであり、子猫はどこにも見つからなかった「受賞歴のあるショー猫」2匹から生まれたと主張した。私はそこから抜け出したかったのですが、私はこの子猫を見て、私が彼から離れると彼が死ぬことを知っていました。

数回の試行とその後の数回の引っかき傷の後で、私は野良猫を拾い、私はその女性に彼女のお金を渡して去りました。動物駆除を呼び、状況を伝えました。私たちはすぐにノミの薬を購入して適用し、家に着くまでに彼の隣にノミの死んだ指輪がありました。彼はまた、白癬、条虫、回虫の治療を受けました。彼は非常に野蛮で、誰も彼に触れさせません。私は状況全体にとても動揺していましたが、私は彼の世話をしなければならないことを知っていました。

数週間の治療の後、彼は強くなり始め、彼は食事をしていて、ゆっくりと私は彼を愛撫し始めることができました。私は彼が今まで持っていた唯一のお母さんだと気づきました、そして彼もそうだったと思います。それ以来、私たちは完全に切り離せませんでした。彼は彼らが彼に会った瞬間に誰もが彼に恋するようにさせ、彼は最も驚くべき性格を持っています。彼は5月に7歳になります。彼は私にとって世界で最も完璧で貴重な存在であり、長年にわたって私をとても幸せにしてくれました。カブトムシはいつも私の唯一のものです。」

画像クレジット: girlsandtheircats

#2 GGデファイブとギズモ

「ギズモはより社交的な猫です。彼は信じられないほど賢くて食欲があります。ギズモが袋を開けてすべてを食べる方法を見つけるので、私は冷蔵庫でおやつを隠さなければなりません。彼はラップ猫でもあります。ギズモはほぼ費やしますできれば私の膝の上で一日中。彼は他の人の膝の上に座るのが好きですが、彼らの膝の上に枕が置かれている場合に限られます。コスモの方がずっと楽で、膝の上に座るのは好きではありませんが、ペットのために何でもします。彼の頭の上に置くと、「イルカダイビング」がペットの手に届きます。彼は最も大きな鳴き声で、いつでも愛される準備ができています。彼は、尿路閉塞を含むいくつかの健康上の恐怖を経験し、一度誤って食べたことがありますイブプロフェン(それは信じられないほど危険です!)ですが、ストレスの多い獣医の訪問中でも、巨大な恋人でした。

私は自宅で仕事をしているので、猫の同僚として男の子を連れて行ってくれてとても感謝しています。在宅勤務は、それなしではとても孤独になると思います。それはしばしば誰かが私の机の上で寝てキーボードの上を歩こうとすることを伴いますが、私は12歳の巨大なジンジャーマフィンなしではどうしたらいいのかわかりません。」

画像クレジット: girlsandtheircats

#3マギー・フレレン、デイジー、そしてバンディット

「私は子猫を探して避難所に行きました。私はいつもより古い救急隊を連れて行って自分で治療する時がきたので、私は子猫を飼ったことがありません。しかし、私が避難所に行ったとき、私は生後6か月の盲目の猫であるBanditを見つけました。誰も彼を欲していなかった。心が痛くなり、子猫を探していたのに連れていきました。彼のいない人生を想像することはできませんでした。彼は毎日私の心を溶かします。時々私は泣きます。私はお互いを見つけて、彼が盲目であるので人々が彼を追い越したのでとても幸せです。彼は世界で最も特別な少年です。彼は見ることはできませんが、母親は知っています。私が彼を手に取るとすぐに、彼は私の腕のゴロゴロと折りたたまれ、夜はいつも私の腕に寄り添う彼の方法を見つけます。

私は彼女が4歳の頃にデイジーになりました。私はマサチューセッツ州の農村に住んでいて、彼女は友達のママの猫でした。母は離婚したばかりで、デイジーや彼女の相棒であるスクーターを飼うことができなくなった。それで、私は彼らが避難所に行くのを避けるために彼らを両方とも連れて行きました。幼い頃の猫ルーが16歳で亡くなってからほんの数か月後のことです。デイジーはマサチューセッツ州でリスや鳥を狩る外で素晴らしい生活を送っていました。彼女は文字通りそれら全体を飲み込むでしょう! (それは悲しくて印象的でした)最終的に、彼女は獣医のところに行き、FIVを持っていると私に知らせました。私は荒廃しました。どういう意味かわかりませんでした。私は獣医で専門家と会い、コミュニティボードに参加したところ、デイジーはかなり普通の生活を送ることがわかりましたが、彼女は怪我や感染を避けるために中の猫でなければなりません。それは私たちにとって長い間厳しい調整でした。毎日、彼女は泣きながら窓の画面を引っ掻き、こっそりと忍び寄ろうとしました。

結局、ニューヨークに戻った後、彼女は偽のマウスとレーザーポインターで遊んでいる彼女の単純な生活に慣れました。彼女は今から7年間FIVと一緒に暮らしており、すべてのテストは素晴らしいものになっています。彼女は最高の猫であり、私の親友です。彼女は私とすべてを過ごしてきました。 10の動き、複数のパートナー、分裂、死。彼女のいない生活は想像できませんでした。彼女が11歳であり、時間がより早く来ることがわかっているので、私はそれについてもっと考え始めています。」

画像クレジット: girlsandtheircats

#4アイーシャ・アワダラとアレクサンダー大王

「アレクサンダー大王(アレックス)は面白いです。彼は通常、ゴージャスな長い髪の黒の毛皮のような綿毛ですが、最近夏の暑さのために手入れされており、エイリアンやライオンのように見えます。驚くべきことに、私は彼を見つけた1年以上前に廃車の駐車場で野良猫と一緒にぶら下がっているRed Hookの通り。私は仕事から数週間かけて家に帰る途中に彼を追い越しました。彼はいつもとてもフレンドリーで熱心で、あまりにも美しすぎて注目されていませんでした。長い間路上で。

猫のコロニーの地元の給餌係は、最終的に私に、以前の飼い主が彼を捨てたのを見て、彼を家に連れ戻すように勧めたと私に言った。アレックスは常に笑いと混乱の源です。彼は深く深いニャーとおかしなぎこちないストライドを持っています。彼は私を抱き上げて赤ちゃんのように抱かせてくれます。それは私に多くの喜びをもたらし、猫の中で最も活動的であり、常に遊んでいることを要求し、キャッチするために印象的なバク転をします彼のおもちゃ。

あなたが彼の目を見ると、そこには多くはないように見えますが、次の瞬間、彼は天才的な方法でキャビネットに入り、最も重い本を選んで棚から取り出し、朝食の時間に私を起こします。彼の猫の「兄弟」は彼と愛憎関係にあり、まだ完全に彼を把握していないようです。アレックスはいつも愛情を求める人ではありませんが、いつ彼にそれを押しつけても気にせず、夜私の足の真上で寝るのが好きです。私は彼を「犬の猫」だと思っています。私はこのユニークな小さな男が大好きで、彼が私の人生に入ってくれてとても感謝しています。」

画像クレジット: girlsandtheircats

5位カレンとサンサ

「2016年7月にアッパーウエストサイドの養子縁組イベントでサンサに会いました。当時、私は特別なニーズのある子供たちと一緒に仕事をしていて、特別なニーズのある猫を養子にしたいと思っていましたが、サンサが落ちることは知りませんでした。その時点でそのカテゴリに。イベント中のすべての猫の中で、私の目は空のように見えるケージに引き寄せられ、内側の猫は不安に苦しんでおり、以前の飼い主によって無視されて放り出されていたことが説明されています。

ケージは空ではなかったことがわかりました-彼女は単に猫のベッドの下に隠れていました!私は彼女に会う前に、私は彼女が欲しかったことをすぐに知りました。ボランティアにサンサを採用することに興味があると言ったとき、彼女は猫のベッドを外しましたが、驚いたことに、彼女は異なる色の目と足の指を持っていることがわかりました!彼女はひどく栄養失調でした(1.5歳で5ポンド)。

夫と私は養子縁組書類に署名し、2日後に彼女を家に持ち帰りました。彼女が帰宅したとき、彼女は背中が制御不能に「ロール」し、その後尾を攻撃するという非常に奇妙な行動をとっていることに気づきました。彼女は最終的に、不安障害とも考えられる発作のような障害である猫の知覚過敏症候群と診断されました。彼女の症状を改善するための治療法を見つけるのは、長くてやりがいのある旅でしたが、私たちは彼女を助けるために何でも、あらゆることを試みたいと思っていました。イーストビレッジの総合的なペットの第一人者にも相談しました!何年もの投薬と多くの涙の後、彼女のエピソードは現在、毎日のCBDオイルで制御されており、彼女はすべての投薬から離脱しました。

彼女はまだ不安を持っていますが、彼女は再び信頼し、愛することを学びました。彼女が初めてラップ猫になると決めたとき、初めて私たちを運んでくれたとき、そして初めて私たちと一緒にベッドに寄り添ったとき、私は泣きました。特別支援が必要な猫の世話は簡単ではないかもしれませんが、私の人生で最もやりがいのある旅であったことを皆さんに知ってもらいたいのです。」

画像クレジット: girlsandtheircats

#6リンジーとフランキー

「2015年、コンサートから家に帰った後、酔っ払ったドライバーに殺されそうになりました。私のPTSDはひどいもので、本当に暗い場所にいました。いつも猫が欲しかったし、猫を飼うことで何か笑顔になるかもしれないと思っていました。それで、私のボーイフレンドと私は猫を救助するよう申請しました。

採用プロセスは長くてイライラしました。 2歳で以前の養子縁組から戻ったばかりの猫についてのメールを受け取ったとき、私たちはあきらめようとしていました。私たちはそれに最後の1ショットを与えて、この猫、フランキーに会いに行くことに同意しました。私たちは子猫にとってディズニーランドのような里親の家に歩いて行きました。私が目にしたのは、巨大な檻の中のこの小さなトラ猫だけでした。私は彼女を愛撫するために歩いて行き、すぐに恋に落ちました。彼女はこの90歳の喫煙者の鳴き声で私に向かって鳴き声を上げ、ペットを増やすために少し興奮したホップを私の手に与え始めました。契約が成立し、3日後に彼女は家に帰った。彼女が私のアパートの周りで何日も小さなホップをしたことを私は誓います—まるで彼女が彼女の新しい人生に感謝していたように。 ⁠⁠

フランキは私の胸の下で眠るのが大好きです。私は間違いなく彼女の好きな人です。彼女は女王であり、他の3匹の猫を含め、誰もがそれを知っていることを確認します。彼女の御馳走は彼女の前に持って来られて提示されることになっています、それは彼女の食事と同じです。彼女は抱かれることを嫌いますが、座った瞬間にあなたの膝の上をジャンプします。フランキはまだこれらの小さなホップをしている、そして彼女が私の腰にぶつかるのに十分高くジャンプしたと私は誓う。時々私は彼女をそんなに愛することが私の魂を文字通り傷つけていると冗談を言います。⁠⁠お互いを救ったと思いたいです。彼女が私を救ったことは知っています。」⁠

画像クレジット: girlsandtheircats

#7 Jen Hsiehは現在クイーンズ州アストリアに在住のプロダクションマネージャーです。

「最初に人間が亡くなり、2匹目の家で他の猫にいじめられた後、私たちは12歳の平らな顔の猫のおじいちゃんであるババを最初に私たちの生活に迎えました。彼は大きすぎてキャリーキャリアに収まらなかったため、2人目の人間の車が到着して降ろしたとき、ババは前部座席の床に丸まっていました。私たちは枕カバーを介して彼をアパートに密輸しました。彼は最初の2週間をクローゼットの奥に隠れました。ババが珍しい姿を見せたとき、私のボーイフレンドと私は彼の足の音で自動的にフリーズし、彼のすべての動きを私たちの目(そして私たちの電話)で追跡し、彼の小さな顔に浸りながら彼を怖がらせないようにしました。

現在、ババは私のすべての動き(特にバスルームに入る)を追う最大の恋人であり、熟練した抱擁です。一方、ジェフゴールドブラムは1歳を少し超えていて、家族の遊び心のある赤ちゃんです。ジェフは養子縁組のために獣医のオフィスに着陸したイーストハーレムで見つかった孤児でした。数か月後、彼の仲間の孤児たちは皆、ジェフを見過ごしながら新しい家を見つけました。彼にとって幸運なことに、私のボーイフレンドと私は彼に私たちのシステムにいくつかの飲み物を入れて訪問しました。私たちは「OMG HE'S SO CUTE HE'S THE BEST YAS」を何度も繰り返した後、小さな男を採用するというほろ酔いの決定をしました。今、私は彼が夜に私の顔に不都合に丸くなっていない限り、眠ることができません。子供の頃、私はペットの責任や交際はありませんでした(魚は別として、寿命が短いために、感情に執着しないように学ばなければなりませんでした)。

したがって、これらの毛皮のようなナゲットに非常に必要な家を提供することは、そのような大きな変化をもたらしました。私はより無条件に愛し、忍耐力に取り組むことを学びました-真剣に、1匹の猫が倒すことができる植物の数-だけでなく、私と私のボーイフレンドはババとジェフゴールドブラムを一緒に世話することによって私たちの関係を強化する方法を与えられました。」

画像クレジット: girlsandtheircats

#8キーラ・バートンと彼女の子猫

「南フロリダで育ったとき、私たちはハムスター、ウサギ、犬を飼っていました。カルビンは私の最初の飼い猫です。オリエンテーションのクラスを通じて子猫の世話をする方法を学びましたが、正直、直接の経験、そして仲間の救助者からのメンタリングは最高の教師です。私は養子縁組カウンセラーとしての役割を通じて、猫が自分の永遠の家を見つけて育てるのを愛しています。また、TNR(trap / neuter / return)認定を受けており、コミュニティの猫の避妊と去勢に情熱を傾けています。⁠⠀⁠⠀

アドボカシー活動のきっかけとなるインスピレーションとなるカルバンに感謝します。私は人々に、寄付、育成、養子縁組、またはボランティア活動を通じて地元の救助グループを支援することを奨励します。」

画像クレジット: girlsandtheircats

#9サミーラットリオスとラスムス

「彼の陽気なふざけた態度は別として、ジュマンジのアニマトロニクスライオンのこのミニチュアバージョンは恋人です。彼は私を取り巻くあらゆる否定的な空間を満たし、額から額まで、足を私の腕に巻き付け、彼がそれを支払われているかのように寄り添います。毎晩彼は隠れていて、私たちの間に押し込まれています。彼は62歳の男性のようにいびきをかく彼は常に私にくしゃみをしますが、私は彼を同じように愛しています。彼はいくつかの猫が持っている態度を持っていません。私の顔を彼の腹に向けると、彼はそれを愛しています。彼の老後も、彼はまだ彼の尻尾で遊んでいるのが気になります。ラスムスは一人でいるのを嫌い、常に人間の交際を切望します。彼はムンクと共存しますが、彼はそうではありません彼に慰めを求めてください。

私たちは最近ダラスからポートランドに引っ越しました、そして私達がゆっくり荷造りをしている間に、ラスマスは彼の心を失っていました。私は彼の顔の表情をとてもはっきりと読むことができました。です!ハプニング!注文はどこですか?!?」また、その移動中に、ムンクの「このボゾはA)里親ではなく、B)私たちと一緒に来ることを私に伝えるつもりですか?」という面白くない表現を読むことができました。ラスムスとムンクを人間だと考えると、ニールサイモンのフェリックスとオスカーを想像します。これらの2人だけが、朝刊を一緒に読んでパーラーで昼寝をし、夜に出かけて怪しげなジャズクラブが一緒になり、1人はパイプをパフし、もう1人は小さなグラスのシェリーを育てます。どちらも頑固すぎて別の人と会話することはできませんが、絆の間には暗黙の合意が存在します。 ⁠⠀⁠⠀

私は年老いた猫を飼っていて、その年の世話をするのが大好きです。確かに彼らの個々の食事の必要性とサプリメントのレジメンは私の税金を申告するよりも多くのステップがありますが、彼らが提供しなければならない交際は、高齢者が幼児と対話するのを見るのと同等であるとしか言えない感じです。彼らは私の赤ん坊ですが、それでも私が守っているような知恵を持っています。私のオレンジ色のカワウソの子犬と灰色のアザラシの子犬は一緒になって私の人生に大きな喜びをもたらし、私の小さな赤ちゃんのギジェットが私たちの心のすべてに永遠に鳴り響いていることを知っています。」

画像クレジット: girlsandtheircats

#10ケイトリンとアジャ

「私は20歳のときに里親の家からAjaを養子にしました。誰かが彼女のくずをモンタナの厳しい冬に外に捨てたところ、彼らは凍りつきそうになりました。私はほとんど彼女の兄弟を家に連れて行きました。彼は外に出て、ぽっちゃりして愛らしいです。Ajaは恥ずかしがり屋でした。ソファの下に隠れています。私は下を覗き込んで、彼女の小さな小さなピクシーの顔を見て、彼女は私に小さなヒスを吹いて、目を明るく広く見ていました、そして私は恋に落ちました。私のように、Ajaは非常に独立していますが、愛情深いです。そして、彼女の考えを表明することを恐れていません。

彼女が2歳のとき、私たちは家の火事になりました。私はすべてを失い、私も彼女を失ったと思いました。消防士は彼女が尽きるのを見ましたが、彼女が煙を吸い込んだのか、それとも彼女が戻ってくるのかはわかりませんでした。私は毎日焼け焦げた家に戻り、彼女に電話をかけ、3日目に彼女の広い緑色の目を見て、彼女の暫定的で希望に満ちた鳴き声を地下室から聞いた。彼女は迎えに来るのが嫌いですが、彼女は私の腕にまっすぐ走って行き、私は彼女を抱き締めてすすり泣きながら彼女の爪を私の腕に掘り、すすり泣きました。⠀⠀

私が新しい家を探していたとき、彼女は何ヶ月もの間私と一緒にサーフィンをしていました。彼女は私たちの人生全体の新しい場所、新しい人々、そして一般的な激動と格闘しました。私たちが一緒にいた友人の一人は毎朝彼のベッドを作って、アジャはこの完全に作られたベッドの真ん中でしこりになるまでカバーの下をくぐっていました。彼女は時々一日中そこにいた。 ⠀⠀

当時の生活は非常に不安定で、精神的健康に苦しんでいました。彼女にふさわしい構造と快適さを彼女に与えることができなかったので、彼女は私の足に戻ることができるまで両親と一緒に行きました。その間、彼女と私の父は結びつきました。彼は昼寝のために横になり、彼らの毎日の昼寝の儀式のために彼の腹に登るとき、彼女は家のどこからでも何とか感じました。彼は私が電話したときに彼女が私の声を聞くことができるように彼女を電話にかけることを強く主張しました。 Ajaは13歳です。彼女はまだ恥ずかしがり屋で、まだ迎えに行くのが嫌いですが、私たちのベッドのカバーの下で穴を掘り、私または私の婚約者と昼寝をするのが大好きです。」

画像クレジット: girlsandtheircats

#11アシュリー・ジェイン・マイヤーズと彼女の子猫

「約1年前のある晩、私はブルックリンの友達と集まりに向かって歩いていました。この小さなピーナッツがどこかから私たちのところに駆け寄り、私の魂を見つめながら、うっすらとニャーと鳴きました。私はどこに行ってもキティ猫を魅了するオーラの贈り物で生まれたらしい。この小さな男は空腹で貪欲だった。 (私が今知っているのは彼の性格だけです)近くに家がなく、彼が誰かのものであるかどうかを確認するためにノックするドアがないので、何かがわかるまで彼の世話をするのが最善であると判断しました。

彼は社交的で友好的でしたが、汚れていて耳に小さな傷があったため、しばらく通りにいるようでした。私は他の人に、彼が一緒に来てもいいかどうか尋ねて、彼を含めることに満足していた。私たちは途中で公開市場に立ち寄り、彼にいくつかの缶を与えました。私たちは、あたかも彼がずっと私たちの友人であるかのように、私たちの腕の中に新しいゲストを連れて目的地に向かいました。私は私の小さな毛玉、イザベラをちょうど取り込んだところです。 (彼女は私以外の人を恐れており、ママが彼女に作った新しい小さな帽子で素晴らしい写真を撮る機会を逃したため、写真にはありません)。

また、私はこのアパートにペットを飼うことを許可されていなかったし、当時の私のルームメートは別の猫に満足していなかっただろう。それで、その夜彼と絆を築いた私の思いやりのある友人は、私たちがそれを理解する間、彼を約1週間連れて行きました。私の友人は、彼のバンドであるMystery Lightsと一緒にツアーに出なければならないまで彼を引き留めていたので、彼のgfは、全員が途中で彼と恋に落ちたにもかかわらず、彼女がもう彼を保つことができなくなるまで彼を受け入れました。それで、私は彼を連れて行き、残りは歴史でした。」

画像クレジット: girlsandtheircats

#12エイミー・ミルズとウォルター

「私の大きな16ポンドの黒い子猫ウォルターは、2013年に生後6か月のときに私の人生に気づきました。当時救急動物と一緒に働いていたバンドメイガンのミーガンは、地下鉄にいて、段ボールを持った子供に出会いました。子猫を追い出そうとしている箱。箱の中にある小さな黒い毛皮の球を見た後、永遠の家が見つかるまで家に連れ帰りました。彼は他の3匹の猫と大きな素敵な猫と一緒に時間を過ごしましたサルジという名前の犬。私はウォルターに会うために立ち寄った、それは一目で愛でした!彼はとても小さかったのですが、そのようないたずら好きな性格で、小さな吸血鬼のように見えました。 :彼を仰向けにして腰と肩をこすると、彼は足を伸ばし、お腹をこすります。⁠⠀⁠⠀

ウォルターと私はすぐに結束しました。私が彼を家に連れてきた瞬間から、彼は信じられないほどフレンドリーで遊び心がありました。当時、私はガールフレンドと一緒に住んでいて、彼女は家の中で新しい子猫に興奮していない別の大きくて年上の猫を飼っていました。ウォルターは彼を(遊び心のある方法で)恐怖に陥れましたが、最終的に彼らはお互いに我慢し始めました。彼女と私が別れた後、彼女は大きな猫を連れて行き、ウォルターはアパート全体を広げて楽しむことができました。 ⁠⠀⁠⠀

ウォルターが彼のように大きくなるとは思いもしませんでした。正直なところ、他の友達の猫を見に行くまで、彼がどれほど大きいかさえわかりませんでした。私は非常に背が高いので、彼のサイズはちょうどいいと思います。私たちはどちらもとても大きいです!彼は一般的にとてもフレンドリーで、遊び心があり、愚かな猫です。食べ物が関わっていなくても、彼は非常に大声で叫び、とてもおしゃべりです!長年にわたり、彼は喜び、愛、そして快適さの絶え間ない源であることが証明されています。彼は注目の的であることが大好きだと思います。彼はしばしばニャーと鳴くので、私は彼を迎えに行くか、彼をかわいがるか、または彼と一緒に遊びます。彼はまた新しい人に会うのが大好きです。新しい人が入ってくるとすぐに彼がやってきて、挨拶して注意を求めます。」

画像クレジット: girlsandtheircats

#13ブレーンナ・マッゴーワンとラゴ

「自分の猫を採用する準備ができているとは思いませんでしたが、姉がLagoに関するInstagramの投稿で私にタグを付けたとき、見事な3歳の長い髪のシャムが買いだめの状況から救い出されたとき、彼女が私のために意図されていたのを知っていました。数週間後、母の日に私が正式に彼女を養子縁組にしたのと同じように、私は彼女を必要なだけラゴが必要であることが判明しました。⠀Turn

私を信頼することを学ぶ一週間後、ラゴは開花しました。彼女は私に軽食を求めて怒鳴り、私が彼女のおもちゃのネズミを空中に投げて跳ねて跳ねさせ、腹こすりのために伸ばす間、お尻を小刻みに動かすのが大好きです。彼女は私がとても孤独に感じていた時に親友になりました。彼女は人生の一人猫として一番幸せだと思った。それは彼女が私の妹の猫であるフィンに出会ったときに変わった。私は去年の夏のリースの間に彼らと一緒に引っ越し、その後ニュージャージーからアトランタに引っ越しました。ラーゴが友達を作るのが大好きだったのは明らかだった。私の引っ越しの前日、私はだらしない、無計画に剃った黒い子猫をポコノス通りから救出し、彼をオリと名付けました。⠀⠀

ストレスの多い14時間のドライブの後、LagoとOliを分離し、それらを配置して寝ようとしました。彼らはこの考えを非難し、絶え間なく互いに叫んだ。私は彼らがお互いを見てもらうことは害がないはずだと考えました。彼らはすぐに仲良くなりました。ラゴは彼を育て、毎日彼に水浴びをさせ、彼に室内の猫の道を見せました。ラーゴはまだ家の生意気な女王であり、5秒ごとにコアラスタイルに取り組むときにヒスとスワットを使って彼を自分の場所に置くことを恐れませんが、抱っこやお風呂の時間で最も甘いです。オリが咲くと、彼はかわいい奇妙な小さなモンスターになります。彼の癖のいくつかは、朝に起きて彼のおもちゃの春と一緒にフェッチをプレイすること、泡を観察するためにウォータークーラーの上に登ること、そして私の掛かっているキッチンライトでバッティングすることを含みます。⠀⠀

LagoとOliは、困難な時期やメンタルヘルスの問題に対処するのを助け、恐怖や痛みの時に喜びと快適さを提供し、楽しい時間を甘くしました。私の妹と@happyhomesincが私の赤ちゃんを私の人生に連れて行ってくれたことに限りなく感謝しています。」⠀

画像クレジット: girlsandtheircats

#14ダナ・ボイヤー

「私たちは家に帰ったときにやりたい儀式があります。私はソファに横になり、彼は私に飛び乗って、ペットや狂人のようなゴロゴロのために私の胸に寄り添います。私たちは彼が十分になるまでそのように滞在し、それから私は私の一日を続けることができます。それは私が考えることができる仕事日のセラピーの最高の終わりであり、私たちが「こと」をしなければ、私がそれをする時間を作るまで、彼は私を追いかけます。

誰もがこれを言うと確信していますが、彼は正直言って私の一番の友達です-私がラフな日を過ごしたとき、私が気分が悪いとき、または私が寝るとき-私が考えることができるすべては彼と一緒にベッドに入ることです。彼は、ペットが不便だったり迷惑だったりする場合でも、ペットを連れてきて飼うことについてとても教えてくれました。それは非常に根拠のある経験であり、私は一種の彼に夢中になっています。」

画像クレジット: girlsandtheircats

#15サンセットパークのエメリアとオリーブ

「私はセラピー猫としてオリーブを採用しました。私の父は病気で、ペットを飼うことが私の人生のストレスの多い時間に多くの愛と慰めをもたらすことを知っていました。オリーブは子猫として虐待され、皆を怖がっていました(私を除いて) !)。私たちはすぐに一緒に良かった。

恥ずかしがり屋の子猫の名前を決めることができなかったので、たくさんの独創的なアイデアをガラガラ鳴らした父親に電話をかけました。彼が「オリーブ」を提案したとき、私はすぐにそれが彼女のかわいい性格に完全に合っていることを知っていました。彼女は今でも気まぐれですが、恋人でいつも好奇心旺盛で愛情があります。私のお父さんは1年後に亡くなりました。彼女の名前を少し覚えていることを知って安心しました。」

画像クレジット: girlsandtheircats

#16ヘザーニューバーガーとフィン

「私は彼女が4週齢のときにフィンに会いましたが、まだ明るい青い子猫の目がありました。私は大学の先輩で、彼女は母親に見捨てられ、ニューヨーク州オーロラの馬小屋に住んでいました。養子縁組のために他の子猫がいました、しかし私たちはすぐにお互いに落ちました。⁣⠀⁣⠀

彼女は若すぎて一人ではいられなかったので、すぐに授乳の問題を引き起こしました。⁣⠀腕、指、または彼女の好きなもの-唇-それは問題ではありませんでした。私の肌について何かが家のように感じられたに違いありません。⁣⠀⁣⠀

彼女はこの行動のほとんどから成長しましたが、フィンは私の口に舌を入れたがるのをやめませんでした。彼女が私が大学で男の子にキスをしているのを見て、それが人々がお互いに愛情を示す方法であるに違いないと思ったからだと思いたいのですが、私にはわかりません。多分それは彼女が誰であるかだけです。

一緒に暮らしてから2年後、フィンは左脚に野球サイズのしこりを発症しました。獣医はそれを線維肉腫と診断し、その種類の癌のため、脚をすぐに取り除く必要がありました。彼女の手術の支払いを支援するために、チーム@PineBoxRockShopは、友人が音楽を演奏するBeneFINNを運営するのを助け、私たちは$ 1,200以上の資金を調達しました。⁣⠀⁣⠀

残念なことに、手術の費用は最終的に$ 4k近くになりました。その後、なぜそうしたのかと多くの人に尋ねられました。 「あなたはとても良い猫の飼い主です」と彼らは言うでしょう。しかし、私の心には本当に選択肢はありませんでした。あなたが愛する人と一緒に住んでいて、彼らが助けを必要とするとき、あなたは彼らを助けます。それはいつも私にとって非常に単純な決断のように感じました。」

画像クレジット: girlsandtheircats

#17ベイビーサラ

「覚えている限り、猫は絶対に大好きです。夢中になっているところはわかりませんが、「エジプトのキティキャットサンデー」という子供の頃は、架空のバンドがいました。私の夢は有名なロックスターになり、ホームレスの猫でいっぱいの邸宅を建てることでした。家族が猫を訪ねてペットを飼うのを許さない友達は誰でも歓迎します。これはまだ夢ですが、おそらく有名なロックスターになるためのボート…⠀⠀⠀⠀

数年前、私はひどい鬱病と闘っていました。過去の心的外傷からのPTSDは、私が生きたいというすべての欲求を失うところまで私に打撃を与えていました。私は自分の人生のコントロールを取り戻すために、セラピーとしての養育を始めました。私が落ち込んでいるとき、猫のプリンセスが生きている理由だと知っていました。彼女は私を愛し、私を必要としていました。育てることは、動物と私のコミュニティを助けるために、私が必死に必要とする目的を与えました。私が彼らのためにそこにいなかったら、誰も彼らを養ったり、彼らに彼らの薬を与えたり、彼らの世話をしたりすることは誰にもないだろうと私は知っていました。救助動物がどれだけ助けになったかを見た後、私が救ったすべての猫について、私のような別の悲しい少女が以前の里親の1人を養子にして、彼女にも生きる理由を与えると考えました。安っぽく聞こえますが、「だれが誰を救ったのか」というスローガンが大好きです。私が1匹の猫を助けたとは思わないので、彼らはすべて私を助けてくれました。⠀⠀⠀⠀

育成の私の最も好きな部分は、そのようなさまざまな人格に会い、彼らの進歩を観察することです。私は、24時間ケアが必要な若い新生児の子猫と、特別な1対1の付き合いが必要な野良猫の子猫をたくさん使っていました。それは信じられないほど疲れる仕事であり、恐怖の猫に繰り返し身を任せて、恐らくあなたは殺し、それらを食べて、遠吠えやひっかき傷の怒りで固執して食べようとしていると考えているでしょう。彼らがあなたを愛し、彼らを助けるためにそこにいることを彼らが理解するまで彼らと一緒に働き続けるには、多くの粘り強さが必要です。 6週間前に死の床にいたり、絶え間ない恐怖を抱いていた幸せで健康な猫と寄り添うことほど、やりがいのあることは考えられません。」

画像クレジット: girlsandtheircats

#18 Jas AnokyeとFiggaro

「猫の女性としての私の役割は、私が3歳くらいのときに始まりました。私の子供時代は、私の祖母と一緒にガーナに住んで過ごしました。初めて女性の力を紹介したママには、ジョセフィンという名前の猫がいました。オレンジ、白、黒の縞模様のジョセフィンは3本の足と明るい緑色の目をしていました。ジョセフィンが大好きでした!彼女の最初の思い出は、アクラのママの庭で遊んだことです。私はいつも小さな子供だったので、ジョセフィンと私はほぼ同じサイズでした。

私がネコのエネルギーと本当につながったのはこれが初めてでした。 2014年、私の母であるPatienceはLupusとの戦いの後に亡くなりました。彼女は手術を受けた後、頭を抱えていたので、突然彼女を失ったことは、今でも、そして今でも非常に苦痛です。私の母は幼い頃に映画を見たので、大人になり猫をあまり好きではありませんでした。彼女はガーナで一緒に育ちましたが、13歳のときにアメリカに移住したとき、人間が猫を食べる猫についての映画を見ました。母が亡くなってから1年ほど経ち、再び夢を見るようになりました。 I dreamt I was in my childhood neighborhood, Cambria Heights, Queens, and was being followed by a black cat. When I finally turned around, I caught a glimpse of her features. Petite, big brown eyes — she reminded me of my mother. I turned to her and said "Mommy?" and she ran off, towards our house. It was then I decided, despite my mother's fear of them, I needed a cat companion.

The dream reassured me and offered a sign of my mother's approval. I adopted Figgaro in 2015, a few months after losing my mother. At the time, I had reached an artistic block and was finding difficulty getting back into my art practice. I had also recently moved to Flatbush and felt a sense of independence, curiosity, and anxiety. I needed a companion. Fortunately, one of my favorite jewelry boutiques @catbirdnyc held an adoption event with @aspca. I don't consider myself to be a publically emotional person #thugtears, but when Figgaro and I locked eyes for the first time I lost it. He's so handsome. Long whiskers, baby pink nose, thick white eyelashes, and bright green eyes. Such a pure connection. It was love at first sight.”

Image credits: girlsandtheircats

#19 Jessa Jordan And Gambit

“When I answered a re-homing message in an all-womxn stoner group on Facebook in 2017, I didn't know what I was in for. I'd never actually had my own pet for more than a few months at a time and I never had cats. With a grey coat and bright-eyes, he came to me a confused stray called “Zucchini.” I spent a couple days getting to know him and thinking up a new name before I settled on “Gambit”—yes, after the X-Men character because he too was a clever and charming brat.

I quickly learned that as a rescued cat with a feral past, Gambit is very skittish and doesn't like to change his routine but loves making friends with people, though not so much new cats or kittens. He loves live audiences but is super camera shy! He's extremely vocal and very happy to dip out according to his boundaries when he's done being petted and scratched or your belly rubs are too abundant. His favorite pastimes include sitting on our pillows and digging his claws into our scalps in exchange for breakfast; shredding the corners of the couch and snacking on the yellow tufts of foam as they fall out; slumping into any unsuspecting empty box and zooming across the room to chase anything from a ball of paper to a belt or tassel that hangs low enough for him to swat at it on your way up or down the stairs.

Even though his resting bitch face is unparalleled, he's also the most affectionate boy and loves a good snuggle on the bed or couch. Last spring, I found out that he'd survived a really gnarly UTI and as a result is extremely particular about his litter box—if it isn't pristine, he will pee in the most obnoxious places (no lie, the right back burner on the stove was his favorite revenge pee spot for a bit). We've lived in 2 basements, a house with 3 other humans and 2 dogs, and are now happily housed in a spot with my partner. I would do it all again to choose my bratty, handsome greyboy.”

Image credits: girlsandtheircats

#20 Allie Kw And Claude

"I had been wanting to adopt a cat for a long time, taking several trips to shelters. One night I was checking Craigslist to see if there were any adoption events in my area coming up. I saw a listing for a tiny, long-haired kitten who needed a new home because he didn't get along with the owner's other cat. I contacted the owner around 9 pm, thinking maybe I would go over the weekend to meet the kitten.

After learning both the cat and the kitten were incredibly distressed—they really didn't get along—I ended up going to the woman's home that same night. When I arrived, it was around 10 pm and the kitten was loudly crying and hiding under the bathroom sink. The owner scooped him up and placed him into my arms. I couldn't believe it, but he immediately began purring. He was underweight but had the longest fur, it was like holding a little fluff ball. I knew immediately that he was the kitten I was looking for. I named him Claude because he was like a little fluffy cloud. I'm happy to say that these two cats that didn't get along are now both living happily in their respective homes. Claude's previous owner said it was meant to be.”

Image credits: girlsandtheircats

#21 Sibba Hartunian And Huxley

"I decided to adopt a cat soon after I moved to New York in 2013. I had always wanted a big, lazy cat to cuddle and watch movies with. I was in for a rude awakening when I brought Huxley home from @nycacc. At almost 19 pounds, he may be considered big but he's definitely not lazy. He's part Maine Coon which is why he's on the larger side. Everyone's surprised by his size when they see him. I never really thought that Hux was particularly large until the Optimum guy came over to install the internet, who was actually really big himself (at least 6'2"), which is why I laughed when he walked in and literally squealed and said "that's a big cat!" I felt bad and offered to keep Hux in my room while he worked because he was clearly nervous around him.⠀

When I went to adopt him, my friends had warned that he might be scared and hide under the bed for a while, but that couldn't have been further from the truth. After opening his carrier, I turned around for a second and had already lost him. Within a minute of bringing him home, he was already exploring the top of the fridge. I think that the first encounter really set the stage for the rest of our relationship.⠀

He's definitely more dog than a cat. I've caught him drinking out of the toilet many a time. And once came home to a trail of chips (I had left out) from the kitchen to his bed… with a container of hummus at the end. He also has a taste for paper, which I discovered the time he ate my illustration work up before I even had a chance to scan it."

Image credits: girlsandtheircats

#22 Tiffanie Mccullough And Steen

"While working one day at a pet food specialty store, I get a call from a coworker, whose husband found a tiny white kitten in the headlight of his truck. She was frantic and panicked and asked if she could bring it to me. At first I thought, how can I take care of a kitten while working? Then she sent me a picture and I knew I had to help him. I set up a nursery area using a milk crate and some clean warm towels. My coworker graciously purchased a kitten bottle kit and kitten milk replacement so I was able to feed him every 2 hours.

Over the next few days we had a trap set to see if we could catch the momma cat. Unfortunately no other cats appeared in this area. Once I got the kitten home and in a proper foster set up. I just went into full kitten care mode. I even took the kitten to work everyday so that I could feed on schedule. One night while in bottle baby bliss. Bruce Springsteen's Dancing In The Dark came on. I promise you this kitten's wiggle ears were moving in tune with the song. So I decided to name him Steen. Bruce Trenton Springsteen to be exact (I know it's pretty awesome lol) Not exactly sure if he was a boy but nonetheless this kitten was a rock star. ⁠ ⁠

As time went on and Steen grew, I introduced him to my main cat Lenny, an all-black domestic shorthair, and also a former feral. Lenny was absolutely smitten with this kitten! They bonded so quickly and so fast. I truly believe their love for each other helped them both to grow in different ways. Once Steen's eye color officially set in. I noticed he had one blue and one green eye. Heterochromia is the term for it and not uncommon in white cats. Fortunately, he isn't deaf which can also be a factor in white cats. Steen is a ball of comedic and inquisitive happiness. His way to communicate is to chirp in different pitches depending on what he needs. I never imagined something so small and fragile, would change my life in such a monumental way."

Image credits: girlsandtheircats

#23 Tea Leigh Is A Hand Poke Tattooer And Musician Living In Brooklyn

"Mush came into my life when I met my partner. He had had the cat for about 6 months before I met him. They were living in their bachelor pad in Philly where mush had free reign of kitten terror. When we first met, I have to admit I didn't care for him and he felt the same way. He would fuck with me while I slept and refused to interact with me during the day. The love crept in slowly over time and eventually, he won me over, which was his plan from the jump, I'm sure.

The thing about Mush is he doesn't really care about us at all, we are just here to serve his demands. Food, pets, and A LOT of alone time. He is very lucky that he is as cute as shit. He's the only cat I know that hates toys and treats and he really isn't that curious. In fact, he's kind of dumb but in that really charming and cute way that has you saying "aw bless his heart" a lot. Eventually, after being in his life for about six months, he started waking me up in the morning by sitting next to my head, looking me dead ass in my eyes, and purring at his loudest volume. He has one of those machine guns purrs that is impossible to ignore or to fall asleep to.

He's also blind in one eye which makes his stare even more intense for some reason, so when he looks at you, you listen. Eventually, once I fed him every morning, he became OBSESSED with me. I realized cats were really badass at that point because any time I was sad he would sit next to me until I felt better. He is picky about when he shares his love, but he always knows when to do it at just the right time. I am blessed he's in my life and I secretly (not so secretly) think he's starting to love me more than his dad.おっと! I'm pretty sure you can tell where he gets the name by these photos. Like a little ball of mush.”

Image credits: girlsandtheircats

#24 Anna Is An Artist Who Lives In Park Slope With Her Husband And Three Cats

“I have three cats, which I realize is dangerously close to being an animal hoarder. Fluffy, my first cat, had been owned by a homeless man and the social worker who checked on him promised she would find Fluffy a home. Fluffy has a big personality. He's bossy, always hungry, and very very social. He's even been a movie star, featured in my husband Alex's film Listen Up Philip. Two years ago Fluffy was diagnosed with cancer. We crowdfunded his treatment, and after many rounds of chemo, Fluffy rallied. He's a true hero. Smokey, my second cat, was acquired at a street fair. I wasn't in the market for another animal, but when I saw him in a wire cage that he couldn't stand in very well, with his huge, sad eyes, I had to have him. Smokey is one of the most affectionate animals I've ever met.

We call him “the hugging cat” because when you pick him up, he immediately flings his paws around your neck, kind of like a koala. We're also certain he comes from outer space. Smokey and Fluffy are a real dream team, they're both giant lazy lumps who get along like true brothers. Last September I started looking at Petfinder, which only has one outcome, right? The listing for Raffles (originally named Papa Bear, which makes no sense because he's quite small) had a single pathetic photo, in which he seemed bedraggled and stressed out. When I asked if I could see him, I was told he “didn't show well” and that they would just drop him off at my apartment. This seemed ominous, but I said yes because I like to tempt fate. And he was a wreck, emaciated and dirty and averse to being touched.

After a bath, and two weeks of food, however, he transformed into a happy white cloud of a cat. Raffles has a hilarious personality, very alert and curious. He challenges Smokey and Fluffy to be less set in their ways. The baby of the household, we call him “little jumpy” because he has lightning-fast reflexes (when he's not napping). Most recently we discovered he has a passion for nature documentaries and will sit for hours on high alert watching foxes, or penguins, or lions on TV.”

Image credits: girlsandtheircats

#25 Rose Smith And Lola

“Lola is a beautiful weirdo who is obsessed with water. She needs to be on you at all times with undivided attention, with her paws in your hand. Lola apparently has a great sense of humor too. I had a call with a cat psychic who told me Lola said 'I am very beautiful, so it is my job to keep things looking good around here.'

She also told the psychic she loves when I play happy music because it makes me happy, and she would like it if I took more pictures of her because she is very beautiful – and I truly believe she said that.”

Image credits: girlsandtheircats

#26 Sabina Mamedova And Clementine

“I call Clementine a trash cat. She was rescued during an awful snowstorm that hit the East Coast five years ago. There were over three feet of snow on the ground and blistering winds. For a few days I watched neighbors feed a small cat hiding between garbage cans right outside of our apartment building, And I grew increasingly worried as the snow kept falling and temperatures dropped.

No one seemed to want to bring the cat inside. Brooklyn strays and I go way back. I grew up in south Brooklyn and a running theme of my childhood was stray cats. I'd bring home at least one kitten each spring, or at least tried to. I have a soft spot for cats, and in quintessential Sabina, behavior ran out to bring the trash cat inside to ardent protest from my then-boyfriend.”

Image credits: girlsandtheircats

#27 Jessica Matlin And Janetta

"We welcomed Janetta home when she was 8 years old. It was pretty scary the first few months because she was overdue for a tune-up at the vets. She needed a lot of dental work, and she was so scared that she initially stopped grooming her beautiful coat—she matted up badly. The vet recommended a lion cut to get back to basics. Of course, we couldn't take her to a standard-issue groomer. Janetta was too fussy for that sort of thing, and instead, she required a couture styling service at the vet's, complete with a soothing medicated bath.

Feeling refreshed, she became more comfortable with every step. Ever a little lady, Janetta was born in Moscow and carries herself like a proud and regal character, but at the same time, she lets these moments of silliness slip. One moment she's perfectly poised—paws together, head upright, waiting for a handful of Friskies Wild West Party Mix—but other times she acts like a little kid in the way she paws for attention. I work from home, and she's always padding around the desk, lounging across my keyboard, and nuzzling the monitor. Eventually, she settles in and enjoys the tap of the keys and the heat from the laptop.

We say Janetta is a cat of many looks. I say she's like Madonna in that way. Sometimes she looks like a baby with huge eyes, chasing toys and enjoying a long paw massage, and then other times she is unknowable: She sits at the top of her cat tower with one leg outstretched, her fluffy tail swinging, and her eyes looking somewhere far away. I think she's thinking about Russia. Janetta and I have our own secret language. When I sneeze, she does the strangest thing: She opens her mouth and lets out this odd staccato, crackling sound that lasts for a good five seconds. She only does it when I sneeze, not when anyone else does. I think she's worried about me. I've Googled this countless times—using every combination of words—but I've never heard of this phenomenon. Guess it's just our thing.”

Image credits: girlsandtheircats

#28 Bethany Watson And Loki

"Loki is my little soft-hearted boy. If he was a high school student, he'd be the Goth poet who sits alone at lunch and writes sad songs with a quill pen while listening to Modest Mouse.

He just wants to be held against my chest all the time and is definitely the kitten who soothes my heart after a long day. I can't imagine life without either one of them now, and I'm so grateful we all found each other."

Image credits: girlsandtheircats

#29 Cat Willett And Edgar

“10 years ago I was helping a friend shop for a coat in my hometown mall. I've admittedly always been more of a dog person, but as we passed by the ASPCA storefront, something caught my eye. Sprawled out on a shelf in the window was a little fox-like, orange creature with bright green eyes.

He had super long whiskers that touched the floor as he slept, and tufted cheeks with red eyeliner markings. Was it a little fox? A fluffy alien? I had to find out. We made eye contact, and the next thing I knew, the staff were giving me the scoop about this new friend. "We call him Ogre because he's so mean…" "He just attacked a little boy who touched his tail…" "We've had a lot of issues with him, we just have to warn you…" "We think he's the runt of the litter because he's so tiny and scrawny…" "He's been a stray for a while so he has ear mites and is on medication…"

So, I signed the paperwork, named him Edgar after Edgar Degas (there was something quite French about his style), and took him home with me. Within a month or two, he grew to the size he is now to my utter surprise. He must be part Maine Coon because he weighs over 20lbs and is quite large.”

Image credits: girlsandtheircats

#30 Devin And Her Kittens

"I first started fostering in June 2017. A friend who fosters dogs reached out to me because the rescue she was working with was going to be rescuing cats for the first time and they were in desperate need of fosters. I took two calico sisters and had them for a couple of weeks until I eventually found them homes with my co-workers. ⠀⠀ ⠀⠀

Not too long after that, my mother unexpectedly passed away. It was life-altering for me. I stopped eating, lost a lot of weight, stopped participating in things that I really enjoyed. I was a wreck, emotionally, and physically. My therapist and I began talking about ways to get my life back on track and make my life feel meaningful again, and one of the things she suggested was volunteering with animals again since she knew how much joy and comfort they brought me.⠀⠀ ⠀⠀

Five months after my first fostering experience, I decided to try again. Since I had met the @brooklynbridgeanimals foster parent who I adopted my cat Salsa from and had previously volunteered at @catcafebk while it was still a pop-up location, I felt good about fostering with them.⠀⠀ ⠀⠀

After filling out a foster application, a couple of weeks later someone came to perform a home visit to make sure my home was kitten-safe and to drop off a couple of six-week-old kittens for me to take care of for the next couple of weeks. Fostering helped pull me out of the deep, dark hole that I was in after my mother passed away, and gave me something to be responsible for. It gave me a sense of purpose. These little helpless balls of fluff were depending on me to keep them healthy, fed, and safe.⠀⠀ ⠀⠀

So far, I have been the foster mom of 14 beautiful kittens. My current fosters are three tabby siblings named Lather, Rinse, and Repeat. It's so rewarding to see them grow up from little roly-poly balls covered in kitten food and dirt, into healthy, spunky young cats. And it's even more amazing when you get to see them grow and thrive in their new permanent homes. In my life, there have been few experiences as rewarding as fostering."

Image credits: girlsandtheircats

(出典)