人は「私を怒らせる鳥の非包括的リスト」を編集します、そしてそれは陽気に無意味な読みです

鳥は空を舞う豪華で壮大な生き物であり、夢を見続けることは決してないことを思い出させます。しかし、あなたがゴーディのような人なら、彼らはこの世界の他の誰もこれまでにないようなあなたを怒らせるだけです。

2か月前、最も人気のあるTumblrブログの1人の背後にいる人が投稿し 、深刻な問題を抱えているすべての鳥をリストしました。ドラキュラオウムから秘書鳥まで、ゴーディは陽気に彼らの嫌いなところを説明しました。 (そうではない)驚くべきことに、多くの人々が同意した。この記事の時点で、リストにはTumblrに関する88Kを超えるメモがあり、他の多くのプラットフォームで再投稿されています。一人一人に、私は推測します。

画像クレジット: Danny Ye / shutterstock

ドラキュラオウムは、ニューギニアでのみ見られるペスケオウムの愛称です。しかし、その独特の美しさのために、鳥は密猟者の標的になりました。ドラキュラのオウムは、儀式用のドレス、肉、飼育されているペットの鳥の取引に使用される羽のために狩られています。しかし、その問題はそこで終わりません。森林破壊と生息地の喪失も、オウムの個体数の減少に寄与しています。

これらの理由により、 ドラキュラオウムはIUCN絶滅危惧種のレッドリストで脆弱と評価されています。

画像クレジット: Olaf Oliviero Riemer

キングハゲワシは中南米で見られる大きな鳥です。これらの鳥は気流に乗って滑り、エネルギーを節約しながら、森やサバンナで死んだ動物の死体を探します。しかし、彼らの食習慣のために、彼らは生態学的ニッチを満たし、腐敗した遺体を処分することによって病気の拡大を防ぐのを助けるかもしれません。

鳥の名前は、このハゲワシが人間と神々の間でメッセージを運ぶ「王」または「主」であった古いマヤの伝説に由来すること示唆する人もいます。

画像クレジット: Charl Stols Photography

画像クレジット: Derek Keats

Jacanaは、長い脚、つま先、および爪を持つカラフルな水鳥です。伸ばすと、超長いつま先は、体重を広い範囲に分散させ、浮遊植物、特にユリのパッドの上を歩くことができます。

散歩しているとき、Jacanaはしばしば水の上を歩いているように見えます!これは、イエスの鳥の愛称を得ました。

画像クレジット: hiyang.on.flickr

画像クレジット: Jin Kemoole

ハシビロコウは熱帯の東アフリカの大きな沼地に住んでおり、下駄の形をした手形にちなんで名付けられました。この大きな鳥は、カメ、魚、若いワニも食べます。恐ろしい音?そうですよ。しかし、 それはまた機関銃の音を鳴らすので、そうです…そう、ハシビロコウ?

画像クレジット: Kitty Terwolbeck

この鳥 、南アメリカの古代インカ帝国によって支配された同じ生息地の一部を占めています。それはおそらく男性と女性の両方に見られるその威勢のいい白い口ひげで最も有名です。

画像クレジット: Tony Hisgett

TemminckのTragopanコックは非常に明るい色の鳥で、白っぽいドットで覆われた赤とオレンジの豊かな羽を揺らしています。それは黒に囲まれた青い顔をしており、絶対に信じられないほどの膨脹可能な濃紺のラペットと角があります。

Temminckのトラゴパンは、インド北東部、中国中部、ミャンマー北部からトンキン北西部の山の向こう側にあります。 とりあえず、IUCN絶滅危惧種のレッドリストで最小懸念として評価された、広く一般的な種であることを祝いましょう。

画像クレジット: scooperdigital

画像クレジット: Rudi Luyten

秘書はタカとワシに関連する大きなアフリカの鳥です。頭の後ろにあるクイルのような紋章が18世紀の書記に似ており、ペンをかつらに押し込んでいるため、その名前が付けられました。しかし、この略奪する鳥は別の特徴的な特徴を持っています—メイクアップモデルが殺すであろう長くて目立つまつげです。

それはまた絶対に野蛮です。秘書の鳥の主な食べ物はヘビであり、トカゲ、バッタ、ネズミ、鳥の卵が補われています。徒歩で、またはペアで、またはグループで、狩猟によって連絡を取り合う狩りをします。彼らはヘビを地面に打ち付けたり、はねたりして、時には空から落とすことでヘビを殺します。

画像クレジット: swabianne

インコは、複数の属に属する多くの小から中サイズのオウムの1つで、一般に長い尾羽を持っています。ただし、これは完全に別の誰かの尾である可能性があります。

陽気なリストについて人々が言っ​​たことは次のとおりです

(出典)

Facebookへのコメント