人々は彼らが引っ張った復讐の60の素晴らしい行為を共有しています

どんなメロドラマやリアリティ番組にも名前を付けてください。そうすれば、それは確かに復讐に捧げられた筋書きのひねりを持っているでしょう。そして、それは驚くべきことではありません。人々は、攻撃されたり、虐待されたり、社会的に拒絶されたりしたと感じたときに、復讐を求めるように動機付けられます。

私たちの一部は、それが私たちにある程度の閉鎖をもたらすと考えており、別の部分は感情的な解放を必要とし、残りの部分は私たちの尊厳または身長を回復したいという深い衝動を持っています。そうは言っても、復讐は人々が期待するほど報われるとは限りません。結局のところ、それはリスクを伴う可能性があり、主に自制心の欠如に宿っています。

しかし、人々が「目には目を、歯には歯」であるかのように行動する動機を実際に確認するには、実際の例を見る必要があります。 「 あなたの最高の復讐の瞬間は何でしたか? 」はAskRedditで誰かに尋ねました、そして人々は彼らの話を告白しました。私たちは、復讐の本質そのものを振り返らせる、以下の最も興味深く、示唆に富む答えのいくつかを選択しました。

#1

11歳の時、12歳の男の子にいじめられました。彼は毎日私の昼食から物を盗みました。私はそれにうんざりして、それについて何かをすることに決めました。ある日、ランチに超唐辛子を持ってきて、本当にワクワクしているふりをしました。案の定、少年がやって来て、私の手からそれを奪い、彼の口にそれをポップします。

彼は事実上痛みで爆発した。床の周りで身もだえし、熱を処理することができません。

私は落ち着いて彼を見て、冷たい水を一杯飲むと非常に役立つと彼に言いました。彼はそうしました。これはすぐに痛みを100倍に拡大しました。

彼は二度と私から食べ物を盗んだことはありません。

私は何も後悔していない。

画像クレジット: i_am_not_a_numberr

#2

私の母を6年間虐待して殴打した男を打ち負かした。 7年後、彼女はまだわかりません。

画像クレジット: cklly2013

#3

私の元婚約者は結婚式の1週間前に私に出て行った。

私は後に素晴らしい女の子と結婚し、はるかに裕福になり、子供をもうけようとしていました。

その間、彼女はまだ両親のアパートに住んでいて、積極的にオンラインでデートを探していると聞きました。

最高の復讐は彼女なしで*より良い*生活を送ることです、そしてそれは私がしたことです。

画像クレジット: ass_munch_reborn

#4

とことん楽しんだので、これが思い浮かびます。

ある日、私は私道に雪を吹きかけていました。妹の友達の男が近づいてきて雪玉を投げつけてくれます。それから彼はそれを「あなたはそれについてどうするつもりですか?」のように見せました。と笑いながら、「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

お前?私が押しているこの大きな雪上移動装置を見ませんか?

彼を完全に雪で覆うのに数秒しかかからなかった、そして彼の顔の敗北の表情は素晴らしかった!

画像クレジット: anon

#5

私の弟を選んでいた野球のいじめっ子のグループに、スネイプがダンブルドアを始めたばかりだと気付いた後、ハーフブラッドプリンスでダンブルドアを殺したことを伝えました。

画像クレジット: TwoKingz

#6

ユタ州モアブにある恥ずかしがり屋の修理店が私たちの車を台無しにし、近くの国立公園で立ち往生しました。私たちは彼らに車を牽引するように呼びかけ、要求しました、そして彼らが私たちを連れて来ると言っている間、彼らは決してしませんでした。私たちがパークレンジャーと話をしたとき、彼らはその店に非常に精通していました。町で最大で、ひどい評判でした。

私たちは新婚旅行で、ほとんどの旅行者が想像するよりも多くの時間を手にした。私たちは店に行き、全額返金を要求しました、そして彼らが拒否したとき、私たちは自家製の抗議のサインで2日間私たちのキャンプチェアの縁石の前に座りました。地元の人たちからのサポートに圧倒されました。地元の人たちは、私たちと警笛を鳴らし、手を振ったり、立ち止まったり、おしゃべりしたり、彼ら自身の恐怖の話を共有したりしました。所有者は私たちに警官を呼んだが、冗談は彼にあった!私たちはすでに抗議する警察に通知しており、そうすることで私たちの権利の範囲内でした。

結局、店主は私たちのお金をすべて返金し、返金しても町を出る準備ができているかどうかわからないと言ったとき、目に見えて苦しんでいました。最終的にはそうしましたが、BetterBusinessBureauと私たちが見つけたすべてのレビューサイトに苦情を申し立てる前ではありませんでした。彼らはすでに商工会議所から起動されていました。

私たちは結局、素晴らしい地元の整備士と友達になり、素晴らしい話をすることができました。正義が提供されました!そして罪悪感のない。

画像クレジット: セレニダード

#7

ミニ冷蔵庫の秘密の隠し場所から生き残っている間、私は下剤をすりつぶし、それですべてのキッチン冷蔵庫の食べ物を汚して、7人のルームメイトのどれが私の食べ物をすべて食べているかを調べました。

誰がやったのか知りました。非常に、非常に迅速に。

画像クレジット: DefconDelta88

#8

レーダー探知機から誰かを降ろすための運転が途絶えました。駐車場に座っている警官を見た。友達を降ろして帰りました。いくつかのa*sが私を追い詰めている方法全体。制限速度は40、私は45をやっていて、彼はとても近くにいるので、彼のヘッドライトが見えません。

私たちは交通サークルに行き、彼は私を右側に追い越そうとします。私はスピードを上げて、彼は試み続けました。私たちは彼を肩に乗せて約80-90を打ちました。丘の頂上に来て、警官が反対側にいることを私は知っています。私はブレーキを踏んだ、そして彼は丘の上を飛んだ、40で90をしなければならなかった。

私は警官を駐車場から出すために立ち止まりさえしました。多くの。満足。もの。これまで。

画像クレジット: Jacknife_Johnny

#9

**私ではなく母…**

私が9歳のとき(今は26歳です)、両親は本当にひどい離婚を経験しました。簡単に言えば、私の父は私たちの地域の著名な公人と非常に公的かつ長期的な関係を持っていました(私たちは彼女をデビーと呼びます)。まったく説得力がありません。彼女は私の家族を解散させた女性にたった一つのことをしました…

私の母は看護師で、離婚してから約6か月後、私たちの地域の医療会議に出席していました。部屋の中を歩いていると、パネリストの一人が夫と一緒に寝ていた女性であることがわかりました。ショックを受けたが、いつもコントロールしている母は、静かに部屋の正面に歩いて行き、デビーの前に静かに座った。現在、デビーは10年以上家族の友人であったので、私の母は彼女の育成と不幸な問題に親密に精通していました。彼女が学部で英文学を専攻していたことを思い出して、私の母は赤いシャーピーを取り出し、彼女が持ってきたノートブックに非常に大きな["A"](http://en.wikipedia.org/wiki/The_Scarlet_Letter)を描きました会議。彼女はそれを振り返り、デビーに直接向き合い、一言も言わなかった。デビーは目に見えて動揺していました、そして彼女が話す時が来たとき、何か驚くべきことが起こりました:彼女はカチカチ音をたて始めました。ほら、私の母はまた、デビーが大きなストレス下にあるとき、かなりの言語療法と人前で話す経験にもかかわらず、彼女がけいれんして吃音を始めたという状態にあることを知っていました。彼女はそれが彼女のスピーチを損なうほどひきつらせ、そして彼女は彼女の部分を急がなければならなかった。彼女が終わったとき、私の母は静かに彼女のノートを閉じて、女性に微笑んで、そして部屋から出ました。彼女は一言も話さなかった。それは彼らがお互いに見た最後でした。

** Tl; dr:読んでください、私のお母さんは悪い人です。**

画像クレジット: Snufaluffaloo

#10

これは小さいように見えるかもしれませんが、これまでに行った中で最も満足のいくものでした。私が中学1年生のとき、私は私を嫌い、迷惑になることを楽しんだジャークの後ろに座っていました。毎日、彼は椅子にもたれかかって私の机の前に何度も何度もぶつかりました。もし私が何かを書き込もうとしていたとしたら、彼はそれをさらに難しくするでしょう。それで、ある日、私は十分だと判断し、レッスンの途中で彼は再び始めました。それで私は待っていました、そして彼が私の机を激しくノックしようとして彼の椅子を速く後ろに傾けていたとき、私はそれを引き戻しました。彼の後ろに私の机がないので、彼の椅子は真上にひっくり返り、彼は激しく地面にぶつかった。クラス全員の笑い声の下で彼が「あなたb***h」とささやき、先生が起き上がるように彼に叫んだことを今でもはっきりと覚えています。彼が床から私を見上げたとき、彼の顔の表情はショック、恥ずかしさ、そして純粋な怒りの混合物でした。ろくでなしは二度と私と一緒にf****dすることはありません。

画像クレジット: walkingdisaster3

#11

Netflixのすべてのデバイスからサインアウトしました。それは彼女を表示します…

画像クレジット: Packabowl09

#12

高校生の中に、私にとって完全なa*sだった男が2年ほどいました。私は雑誌を介して正確な復讐をすることにしました。私は学校の図書館に行き、手に入れることができるすべての女性誌と、PsychologyTodayやArchitecturalDigestのようないくつかの奇妙な雑誌から購読カードを取り出し、彼の名前と住所をカードに記入し、「請求書」をチェックしました。後で私」

私は彼が数ヶ月後、彼が注文したことのないこれらすべての雑誌をどうやって手に入れ続け、それがイライラしていたのかと不平を言っているのを耳にしました。

スコア。

画像クレジット: LGXboxDewNissan

#13

午前2時頃に家に帰る。私の前にある2台の車。1台は明らかにもう1台の車に苦労しています。彼を寄せ集めます。彼を断ち切る。窓が開いて、彼は他の男を飼いならすと叫んでいます。私は光に追いつき、怖がっている年配の男性(70歳以上)がこの子供に口頭で口説かれているのを見る。今、私は完全に冷静で、警官が職場の駐車場の後ろにたむろしていることを知っています。ふふふ。 (彼らは休みの時間に警備員でした)

私は彼にパンクの注目を集め、彼は私に嫌がらせを始めます。あと1マイル。私を冒涜する..私を断ち切ろうとしている。

私は駐車場に引き込みます、彼は続きます。後ろにむち打ち、うん、警官がいる。ライトが点灯する。私たち二人は引っ張られます。他の男が叫んでいて、私は何が起こったのかを30秒間説明するだけです。私はその日の善行をしたように現場を去ります。

TL / DR:老人が嫌がらせを受けるのを防ぎ、警官が引っ張って適切な人を逮捕します…

#14

元は私をだまし、引っ越しましたが、時間の経過とともにゆっくりと引っ越しました。つまり、私はまだ彼女のものをたくさん持って暮らしていました。彼女の服のいくつかはクローゼットの中に残されました。私はすべての袖から小さな小さな角を切り落としましたが、ほとんど目立たないほどです。あなたはそれに気付くためにあなたが狂気になっていると思わなければならないでしょう…しかし、再び、時間の経過とともに、各袖は…ややずれて見えました。彼女は最終的にそれについて数ヶ月後に私に尋ねました。私はすべてを否定した。私は何も後悔していない。

#15

私が12歳のとき、理由は不明ですが、誕生日パーティーで子供が私を殴りました。 4年後、その子供はプレーオフで彼の学校のピッチャー(そしてその点で非常に優れたピッチャー)になりました。私は他のチームのためにプレーしていました。 0-3で試合を開始した後、次のラウンドに進むために彼のサヨナラホームランを打った。子供は実際にマウンドで泣き始めました。その瞬間よりも大きな笑顔をしたことはないと思います。まだ大学の私のアパートにボールを持っています。

画像クレジット: french_prince

#16

私は教授です。何年も前に、私は1つのコースに、不正行為をしていると強く疑った小さな集団の学生がいました。散在する証拠は、彼らが私のテスト内容について事前に知っていたことを示唆していました。私は生徒にテストのコピーを保管させず、学期ごとにテストを書き直しているので、これは不可解でした。私は、彼らが不正行為をしている可能性が最も高いのはコピープロセス中であると判断したので、最初にその可能性をテストすることにしました。

コースの次のテストが近づいてきたとき、私は前学期のテストをコピールームに餌として残しました。次に、新しいバージョンのテストを書き直し、テスト日に疑惑を提起しないように1ページを同じに保ちますが、それ以外の場合は質問を完全に修正します。テストの朝、別の部門のコピー機で新しいコピーを作成しました。

案の定、テストを採点したとき、私の詐欺師はすべて1ページ目の質問で満点でしたが、その後のすべての質問をさまざまな程度で爆撃しました。それらはすべて、最初の2つのテストの「A」から問題のテストの「D」と「F」になりました。これらのパターンだけでは、気密な学術的誠実さの容疑の十分な証拠にはならないでしょうが、私が彼女にテストコピーを提示するために電話をかけたとき、そのうちの1つはグループ全体と計画をあきらめました。彼らは元学生労働者から私の学部のコピールームにアクセスでき、数時間後に定期的に立ち寄って、コピーされる山の試験を盗んでいたことがわかりました。

結局、それは「F」グレード、複数の停学、そして1回の退学で行政に大きな懲戒処分を引き起こしました。これは、銃に恥ずかしがり屋の大学が学生を追い出すことについての真の珍しいことです。詐欺師たちは彼ら自身のペタルによって持ち上げられ、私は他の多くの人が見逃していたよく組織されたグループを捕まえたことで、私の仲間の間で教授のストリート信用に合格するものを手に入れました。

** TL; DR:大学で正しい餌を使ってアカデミックな詐欺師を捕まえました。正義が提供されました。**

#17

私は彼女のクラスに失敗し、私の卒業生総代のスピーチに成功しないことに対処する必要があると私に言った先生を呼びました。私の人生で最高の「吸う」瞬間。

#18

パーティーに遅れて…でもここに私のものがあります

高校時代、親友の一人が別れた翌日に元カレと付き合い始めました…たまたま16歳の誕生日でした。それで、あちこちで私は彼女の甘い16を台無しにすることに決めました。どうすればいいのかわからなかった。

3か月早送りします。彼女は贅沢な誕生日パーティーを計画し、大きなパーティーの準備のために金曜日に学校からフッキーを演じました。これが私のチャンスでした。私は学校のみんなに、彼女はインフルエンザにかかって、パーティーを延期していると言いました(それで彼女は学校にいなかったのです)。私たちは隣人だったので、みんながそれを買いました。

翌日、彼女はすべてを飾り立てて、大きな賃貸ボールルームで彼女の甘い16パーティーに到着しましたが、パーティー全体を母親と妹と過ごすだけで、1人も現れませんでした。

振り返ってみると、それはひどくて意地悪でしたが、16歳の女の子にとって、私は彼女が神聖な女の子のコードを破ったと感じました、そしてそれは決して大丈夫ではありません

TL; DR:誕生日の誕生日は全世界を悲しませます

画像クレジット: reading_is_sexy

#19

私の最初の「本当の」ボーイフレンド(私たちは手をつなぐだけでなくキスをしました)は、私が高校の新入生だったときに別の女の子にキスをし、彼女のために私を捨てました。彼女は彼にガールフレンドがいることを知っていたが、積極的に彼を追いかけていたので、私は彼ではなく彼女を非難した。 (分かった分かった。)

早送り4年:私は大学全体でバレーボール選手でした。オフシーズンには、市の女子リーグと男女共学のリーグでアウトサイドヒッターとしてプレーしました。私のチームは、なじみのある顔で新しいチームを演じました。彼女は私(別の高校)を認識しませんでしたが、私はすぐに彼女を認識しました。私のチームのセッターは私に素晴らしいセットを与え続け、私はちょうど私のショットを待って、ネット上でボールを叩き続けました。最後に、彼女は後列にいて、私のセッターが私をセットアップしました。私はボールを打ち、ボーイフレンドのスティーラーがヒットに足を踏み入れました。それは彼女の足で跳ね返り、まっすぐに彼女の顔に上がりました…そして彼女の鼻を壊しました。

#20

数年前、ヨハネスブルグのアパートに住んでいました。ブロックは主に年配の人々と私や私の妻のような少数の若い働くカップルで構成されていました。彼らは一般的に早く袋にぶつかりました。場所は午後10時以降は遺体安置所のようでした。数人の男が私たちの下の場所に移動するまで。夜明けまでそれを大騒ぎするパーティータイプ。誰かが不平を言うと、彼らはすぐに脅迫するでしょう。アパートの所有者は男の父親の一人だったので、彼らは追い出されることを恐れていませんでした。
ある夜、真夜中頃、彼らはクラブに行くために何人かの仲間と女の子とフックアップしました。彼らは道路の外にいて、話したり、叫んだり、女の子が叫んだりしていました。ベッドラム。最終的に彼らは出発します。私は激怒しましたが、元々の90ポンドの弱虫であるため、無力感を覚えました。
それから私は机の引き出しに瞬間接着剤のチューブを思い出しました。
私は彼らのアパートに行きました。そこには正面玄関を保護する深刻なセキュリティゲートがありました。接着剤ノズルをゲートロック(頑丈なボルトロック)に入れ、吸盤を絞って乾かしました。
数時間後、ベッドに横になって、パーティーハーディーズが戻ってくるのが聞こえます。彼らが去ったときと同じ取引-彼らが車をこぼしてアパートに向かうとき、騒ぎの地獄を作ります。その後、沈黙。
後で私は彼らがトイレの窓を壊してそのようになってしまったと聞きました。もちろん、ガールフレンドはそれを持っていなかったので、仲間と同じように、彼らは盗聴しました。
翌日、彼らはトーチランプを使って鉄製のケーシングから錠を切り取る錠前屋に入らなければなりませんでした。これにより後ろのドアが損傷したため、ゲートとドアの両方をバスルームの窓と一緒に交換する必要がありました。これらの骨頭にはこれらすべてのお金がなかったので、アパートを所有していたお父さんは咳をしなければなりませんでした。彼はとても腹を立てていたので、ルームメイトを追い出しました。それ以来、それは建物の中で最も静かなアパートでした。

#21

私が16歳のとき、私は恋に落ちた後、基本的に他の誰かをファックすることを決心した女の子に心を痛めました。私は数年後に彼女に会いました、そして彼女は私が失ったのと同じくらい多くを得たようです(80ポンド)。すっごくいい感じ。

#22

これはそれほど素晴らしいことではありませんが、私は病院の支店向けにITがハードウェアをセットアップするのを支援する請負業者として働いていました。ほとんどの人は簡単に仲良くなりましたが、正式なITトレーニングを受けていないのは私だけだったので、請負業者の1人が私をバカのように扱ってくれました。それは私がすでに理解している非常に単純なことの毎日の説明でした。

「わかりました、ceedubs2。USBを正しく挿入する方法を知っていますか?*笑*そうです。まあ、わかりました。でも、忘れてしまった場合に備えて、お見せしましょう。」

おい、私たちはこのエゴトリップb******tのための時間がありませんでした。私はただ口を閉じたままにして、契約期間中、a*sをオフにしました。

数か月後、私は同じITチームに再雇用されました。彼らは私にその夏に私たちが持っていた以前の請負業者を調べて、私たちのプロジェクトを手伝ってくれる請負業者を選ぶことを望んでいました。誰が雇われなかったと思いますか?

#23

100の多肢選択式の試験中に、私はすべての回答を元の試験ページに書き込み、スキャントロンシートに間違った回答に色を付けました。初日から私をコピーした女の子は、私たちの最終点の30%に相当するこの試験に合格するつもりだと思っていました。彼女は私のスキャントロンの答えのほとんどすべてを調べてコピーし、次にいくつかを推測してそれを渡し、冬休みに向けて出発しました。

私は古い答えをすべて消し、正しい答えを入れて、それを渡して、去りました。私は71/100を取得し、そのクラスをかろうじて通過することができました。火曜日に彼女が私のロッカーに銃を持っているのを見ると、彼女が何を手に入れたのかがわかります。

#24

私の元は、猫を盗んだり、家に帰したりすることについて繰り返し彼女に立ち向かったことで、彼女が私に警官を呼ぶと言ったので、私は家に帰って彼女に警官を呼びました。その後、彼女が私の猫をどうしたかを知りました

#25

最近これを投稿しましたが:

簡単に言えば、私が友達だった子供は、一晩で3回ボールを打った。それから彼は私を「おしっこ赤ちゃん」と呼び、私の顔に顔を出しました。彼は私に半振りで私をひるませようとした。私はひるまなかったが、代わりに私が持っていたすべてのもので彼に頭突きをした。彼の顔から血が流れ出て、彼の鼻を押しつぶした。額の中央に小さな切り傷があり、顔に一本の血が流れていました。私はf*****g精神病に見えたが、ひどい。また、そのデビッドをありがとう。

#26

私は中学校でたくさんいじめられました。なぜなら、あなたが知っている、中学校だからです。私は静かで気取らない、ちっぽけな女の子で、先生たちと仲良くして、いつも宿題をしたり、質問に答えたり、何とかしてくれました。

クラスのある日、この子供は私に(彼の)ものを投げつけてくれています。とにかく、いつものこと。しかし、先生が背を向けたとき、私はこの子供の顔に消しゴム(彼が投げたものなら1つ)をむち打ち、彼の額の真ん中で彼を殴りました。彼は一瞬唖然とし、それから私を困らせようとします。 B *** hは、a)消しゴムであり、2)私がそのようなことをするとは誰も信じていなかったため、s**tを実行できません。

私の日を作りました。

#27

私は数年前に中東の国に住んでいました。素晴らしい場所ですが、この地域の人口の50%は20歳未満であるため、道路は10代と20代前半のダッチバッグで覆われています。文化の宿命論は、彼らがすでに彼らのホルモンによってプログラムされているよりも、若い男をさらに無謀で無責任にします。

それで、まれなにわか雨の後、高速道路は前方に浸水します。深さ18インチ。トラフィックは少なくとも1マイルバックアップされ、浸水したパッチに到達するのに15分かかります。誰もが腹を立てています。それから私は10代のdouchebagsでいっぱいの2台の車が私の後ろの道から右側の肩の人々を通り過ぎるのを見ます。母*f**** r *、*その*馬**tの言い訳はありません。

最終的に彼らは私がいる場所に到着し、洪水が道路を横切っている50ヤードの範囲に到達するときに*ちょうど*私を追い越します。そして、あなたはそれを知りませんか?そのうちの1つは左端の車線に交差し、もう1つは深海を避けるために右の車線にとどまります…中央の車線…

そして、あなたはそれを知りませんか?彼らの窓はロールダウンされています…

私はトヨタランドクルーザーにいます-素敵な大きな4WD。それで、彼らが彼らの小さなアクションボーイのホンダで水の中を這い回っている間、私はそれをf ** kし、真ん中の車線の深いものを通して彼らの間でそれをガントすることにしました。

私の前輪からの波は約6フィートの高さで、両方の車の窓から20ガロンの水を入れなければなりませんでした。完全に。 F*****g。湿性。それらのすべて。厄介な都市の雨水流出を伴う。 BUUUAAAAHAHAAHAHAAAHAAA!

もちろん、彼らが水をきれいにした後、彼らは私を追いかけ、叫び、呪いましたが、私はただ私の電話にいるふりをして、彼らを無視しました。結局、彼らはあきらめ、(私は願っていますが)私が彼らと同じようにせっかちで利己的であり、偶然に彼らを馬鹿にしていたと思いました。

私の人生で最も満足のいく復讐。

#28

中学で嫌いな先生がいて、同じくらい嫌いでした。ある日、教室の雑誌の1つに彼の住所が掲載されていることに気づきました。私はそれを書き留めて夏休みまで待ったので、それはそれほど疑わしくないでしょう。私はBordersに行き、たくさんの雑誌購読の挿入物を手に入れ、別の学校に通った親しい友人に彼の情報を記入してもらいました。後で請求書を確認して発送しました。翌年学校に戻ったとき、彼は私を疑っていたとは言えましたが、それを証明することはできませんでした。彼と一緒に授業がなくなったので、私は幸せでした。

#29

私の上に住んでいるチェーンスモーカーは、私の後ろのパティオでたばこの吸い殻を投げます。私は彼にそうしないように頼みました、そして彼はただ私を無視しました…それで彼がパーティーを開く毎週金曜日に、私は騒音苦情を呼びます

#30

私の友人のローマンは、真新しい光沢のあるバイクを購入したばかりでした。私たちはそれを近所の周りで回っていて、私の女性の家に立ち寄りました。私たちは自転車を彼女の大きなポーチに置いたまま、中に入った。 5分も経たないうちに外に出て、友達の新しいバイクがなくなっていました。私たちはすぐに私の車に飛び乗って、ユージーンで自転車を探し始めます。約1時間後、私たちはあきらめて、最後に中央バスステーションをチェックしたほうがいいと思いました。案の定、私の友人の自転車とステッカーがすでに取り外された状態で16年(大体)ありました。私たちは引っ張って彼に立ち向かいました。彼は、自転車が溝にあるのを見つけて、すぐにそれを返したと言いました。友達が発煙してこの子供を上下に見上げている間、私は自転車を車に乗せていました。私たちが出かけようとしているとき、彼は「私にf ***** gジャケットをください!」と叫びます。彼は子供に彼が着ていたジャケットを彼に与えさせました。それは自転車を盗んだことに対する罰です。結局口紅を見つけました。いくつかの珍しい自撮り写真やその他のランダムなものがポケットに入っているカメラ。頑丈なカーハートジャケットでしたが、今でも友達が使っています。

#31

私の大学のルームメイトには、彼が招待する大ざっぱな友人がいました。決勝戦の前の週末に教科書が盗まれました。私は本屋に行ってその本を見つけました。私はまだ本の中でブックマークとして使用したノートカードを持っていました。私はルームメイトの友人にテキストを送り、彼がお金を返さない限り、本屋は告訴するつもりだったという話を作りました。彼は電話で告白し、お金を稼ぐために彼の場所で彼に会うように私に言いました。

私がそこに着いたとき、彼はボンを吸っていました。お金を取った後、私は彼の頭にボンを注ぎ、二度と私の場所に来ないように彼に言いました。

#32

4年生の体育館で、私は1つのクラス期間で、ハートブレイク、復讐、勝利をすべて発見しました。

授業が始まる前の瞬間、私が変だったので「彼氏」が私を捨てました。そこで私は不信と悲しみの中に座った、そして彼は何も起こらなかったようにただ走り回った。私たちは反対のチームに配置され、私たちの間の隔たりを大きくするだけでした。

今、私はおそらくスポーツで最悪の人であり、ウィッフルボールも例外ではありません。バットが手に重いオレンジ色のラバープレートに足を踏み入れた。元はピッチングしていて、外野のみんなに声をかけました

「これについては心配しないでください、彼女は何も打つことができません。」

恥ずかしかったです。私は悲痛でした。ほとんど、私は腹を立てていました。私は何も言わず、彼がさりげなく腕を振り返るのを見ていた。ボールがグリップから飛んでくると、彼の目はキラキラと輝いて、私に向かって気を配っていた。私はバットを上げて、わずかな力で振りました。ウィッフルボールは鈍いプラスチックのWHACKで私のバットに出会った。次に、ウィッフルボールがExのボールにぶつかりました。私は彼が床にくしゃくしゃになって泣き叫ぶ山を見た。私が基地を走り回っている間、私のチームは私を応援し、私が家を片付けたときにハイファイブで私に挨拶しました。

美しかった。

#33

私の友人は、私が夢中になっている特定の女の子と一緒に真剣に私を三輪車に乗せていました。理由を聞いたところ、彼は「最高の男が勝つかもしれない」という公正なゲームだと言ったので、彼に別の適切なパートナーを見つけることにしました。私は好みに合わせて「ゲイ」と入力したomegleに行き、私のキクを欲しがっているたくさんの素敵な中年男性に会い、彼らに彼を与えました。彼は「パパに会わせたい」と思っているロバ、d ***、44歳の男性の写真を受け取りました。私の目には、正義はきちんと提供され、ぼろきれはありませんでした。

#34

私がチアリーダーだったとき、私たちはフロリダへの旅行を計画していました(英国から)いくつかのトレーニングをして素晴らしい休日を過ごしました。私はフライトの整理を担当し、すべてのフライトを一緒に購入した場合、返済しても大丈夫かどうかをみんなに尋ねました。ええ、私は知っています、悪い考えです。

とにかく、一人の女の子が新しい仕事を始めたので行くことに気が変わったのは言うまでもありません、そして私たちが行く直前に、私は彼女の母親(私たちは20代でした)から彼女が決して同意しなかったという手書きのメモを受け取りました彼女に代わって飛行機を予約した私にとって、彼女は行かないことに決めたので、私にお金を払う義務はありませんでした。

彼女の自宅の住所がわからなかったので、私は少しパニックになりました。彼女は私の電話やメールをすべて無視してしまいました。私は彼女を法廷に連れて行きたかったのですが、そうするためにはあなたは書類を出すために彼らの住所を持っていなければなりません。

何年もの間、人々が彼女の住所を知っているかどうかを尋ねたり、友人に彼女の住所を教えてもらおうとしても成功しなかった後、私は一晩中起きて、彼女がどこに住んでいるかを知る方法を考えました。

文字通り一晩中かかりましたが、なんとか彼女のhotmailアカウント、次に彼女のPayPalアカウントをハッキングして、彼女の自宅の住所にたどり着きました。 (私は彼女の口座からお金を受け取ることができたかもしれませんが、私はこれを可能な限り本ごとにやりたかったのです…)

彼女は母親と一緒に法廷に出廷し、Facebookの写真を使用して、私が彼女のチケットを使用して他の誰かを彼女の代わりに連れて行ったことを証明しようとしました。私は、航空券が譲渡できないことを明確に述べた航空会社の条件の印刷物を持って来ました。

判断は迅速でした。勝利は私のものでした。

#35

いつも私のs**tにいたJr.Highに子供がいました。いじめっ子ではありませんが、d******dの2つの部分とb***hの1つの部分だけです。常に私をトローリングし、話をしている私を追いかけます。もう片方の頬を回してみましたが、うまくいきませんでした。

高校に早送りして、私たちは両方ともレスリングチームにいます。私は彼の上の1つの体重別階級のようです、それで私達はたくさんの密接な接触を持っています、そして彼はまだad**kでした。

ダブルレッグテイクダウン。その頭を空中にすくい上げ、マットを彼と一緒にへこませた。コーチは腹を立てて、練習後に私に余分な有酸素運動をさせました。本当に良いと感じました。

#36

私はこれを何度も行いましたが、これが最新の話です。

それで、私は数人の友人と聖なるものと一緒にこのロードトリップから戻ってきました…帰りにプリティライツのショーがありました!だから私はすぐに入手可能な最も安いチケットを購入しました。それは4つのパッケージで提供されました。チケット1枚あたり40ドルかかりましたが、額面価格は55ドルでした。とにかく、そのうちの2人は私の友人のところに行きました、そして失う時間なしで(ショーは2時間で始まりました)、私はそれのために60ドルを求める広告をクレイグリストに投稿しました。

メッセージが届くまで、そう長くはかかりませんでした。男は私にテキストを送って、チケットの支払いのために会場の前で私に会うことに同意しました。私たちが会ったとき、私がチェックしなかったので、それは一種の私のせいでした、しかし彼は私に20ドルをショートさせました。激怒しました。ギリギリの最前列のチケットであなたを引っ掛ける誰かをどのようなc**tが引き裂くのですか?

だから…私は彼の電話番号を持っています。すべての休日のために私は待ちます…感謝祭、クリスマス、新年。私は彼が彼の仲間や家族と一緒に遊んで、楽しい時間を過ごしていると思うのが好きです。次に、人口の多い都市(サンフランシスコ、ニューヨーク、デトロイトなど)でクレイグリストにアドオンを投稿します。カジュアルな出会いはm4mで、次のようになります。

「最初のc**kを吸うことを探しているバイキュリアスのイケメン」

「c**kの写真を123-456-7890に送ってください。最もセクシーなものを選びます」で終わる説得力のあるメッセージを入れました。

私は慈悲深いので、一日待って、それを降ろします。

TLDR:男は私を引き裂きました、私は彼が毎休日何百ものd**k写真を送られることを確認します。

#37

それで私の祖父は運転していて、明らかに酔っ払った男が岩を投げてフロントガラスを粉々にした。私の祖父は彼に話しかけ、「あなたが私にあなたの実数を教えてくれれば、私はあなたにフロントガラスの半分だけを払わせるか、私たちは何かを理解することができます」と彼に言いました。男は彼に偽の番号を与えることが判明した。一年後、私の祖父はパーク&ライド(相乗り)から男を迎えに行きました、彼はたまたま彼のフロントガラスを粉砕した男です。彼らは高速道路を運転していて、男は彼を認識していません。彼は失礼で電話で話している。私のおじいちゃんは彼の電話を見るように頼み、それを窓の外に投げ出します。男はびっくりして、私のおじいちゃんは「私を覚えていますか?」 。それから彼は彼を車から降りさせた。

#38

私が4年生のとき、私は彼が暑いと思っていた子供にたくさん押し付けられました。私は両親に話しました、私は私の先生に話しました、彼らは先生と校長に話しました…..無駄です。それで、ある日、彼は階段で私の靴の後ろを蹴って、それを飛び出させて落下させました。私は振り返って彼をお腹に殴ります。彼はキールオーバーし、次の踊り場まで約5〜6段の階段を転がり落ちました。私は困ることさえありませんでした、そして彼がまだa ***** eであるにもかかわらず、彼は二度と私に触れることをあえてしませんでした。

#39

わかった。私には2人の兄がいます。長男はいい人です。真ん中はモンスターです。彼は覚醒剤を加えたフェロンです。彼は私の家族を20年間拷問してきました、そして私は彼に公然と挑戦することをいとわない唯一の人として、as**ultの矢面に立たされました。

彼は私の母の結婚指輪、私の祖母の車、そして私のテレビを盗んだ-いくつか例を挙げると。
私の家族は彼を彼らの生活に戻すためにもう一度試みることに決めたので、私はそれに続いた。

2013年のクリスマスです。想像もできない最高の休日のお祝いです。すべては順調です。 -ミドルブラザーは、お祝いの2日後にプレゼントを集めるためにドアを歩きます-ストライク1。
真ん中の兄弟はドアを歩いているときに薬の袋を落とします-ストライク2。
兄は兄の改修を批判し、祖母にお金を無駄にしたと言います。 -ストライク3。

帰りの車の中で。誰かが旅行を節約できるように、一緒に町に戻るのが最善だと判断します。真ん中の兄がパスポートをくれと言ってきました。私は「いいえ、それはできません」と言います。中兄弟は、私が10代のときに、クラブに入るために彼のIDを借りたという魔法の物語を作り上げています。嘘。私はしませんでしたし、しませんでした。彼はパーティーに参加するためにそれが必要だと言います。彼は300ポンドと35であり、いかなる状況でもカードに入れられることはありません。

Middle brother differs to his standard method of persuasion and starts yelling and is getting increasingly loud and argumentative.
I tell him that it is illegal and that it would be very bad for him if he gets caught.

There's a line somewhere between asking and demanding something of someone – he crosses it. My heart races like it used to when I was a boy. When he used to follow my friends and I and beat the s**t out of us with his friends. I remember him pulling me out of a lake where I almost drowned. But it's not him anymore. The brother I knew is gone and there's a total stranger directly behind me demanding **the symbol of my liberty**.
Strike f*****g four.
I tell him that if he mentions my passport again on the ride home, I will crane the steering wheel into a snowbank and beat him to within an inch of his life.

I hear 'Give me your passport' in the voice of a man I don't know, from a face I don't recognize. Blood and adrenaline surge from my heart faster and more rapidly than I have ever felt. We pull into a parking lot, I open my door and wait patiently until that f*****ga*****e works up the courage to fight me.

He steps out and yells something I don't hear. I tell him that I'll give him one more chance to get back in the car without saying a word about my passport ever again. He says 'passport' with a wily grin and expects me to be the same cowering boy that I used to be. The same kid who loved him and adored him and wanted nothing else but to be just like him.

I connect the quickest and hardest fist I've ever thrown against another person directly onto his chin. Blood spurts out of his mouth with the second blow. He hits me twice above and below my right eye. I completely lose my s**t and wail on the left side of his face until it is a broken and bloody ruin.

If you're reading this, middle brother – F**k you.

Edit: You bet your a*s I felt no guilt.

#40

Very petty, but a major victory for me.

In elementary school (1st – 7th grade where I live), I was bullied by this girl. I was tiny, red haired, braces and glasses, with low self esteem, of course I was a target. She was just fat and entitled. She gave me numerous concussions and loose teeth and some emotional scars which made me apply for a secondary school in another district (my parents were a bit surprised when they got the letter about my being admitted, but that's another story).

I went on to be accepted in one of the more prestigious public high schools in my area (again, I have no idea how this works outside Norway). Met her one day at the end of the second year. She had put on *so much weight* and was on her way home, four take-away bags in hand, to her parents' place. I lived on my own, and was out jogging, at my skinniest, that day.

My revenge was being nice to her. She had failed everything, and could only get into the lowest priority high school. I was in the highest priority. She had gained so much weight, and I was skinny and felt beautiful. She bought kilos of take-away, and I was out running. *And I was so nice and compassionate*. All those years of bullying… I just felt sorry for her.

#41

When I was a kid I had acne. My dad was very misinformed and didn't really want to inform himself. he was one of those people who just figured anyone who had acne was "just dirty" and that things like chocolate and pizza would cause acne. He would make comments when he saw me eating things etc. saying that that's why I had acne, he didn't really realize they were hurtful. This is all despite the fact that he was paying for me to see a dermatologist and get prescription medication so he knew damned well I was doing what I could to get rid of it.

Well, one night he got on my case about eating some chocolate. I got after him and told him he didn't have any idea what he was talking about and that if he wanted to open his mouth then maybe he should do some research, my mom backed me up.

Well, the next morning I was up eating breakfast. I had poured some milk and right before drinking it realized that it was bad to the point of being chunky. I just set it aside with the intent of dumping it out after I finished eating. Well, he came downstairs and mad some smartass comment (not being mean, just trying to be funny) and grabbed my milk without asking. I just had this flashback memory to the night before and rather than stopping him I kept my mouth shut.

He ended up dry heaving into the sink and then I told him that next time he should be nicer and I would have warned him. I was laughing pretty hard (we actually get along pretty well, this was just a blind spot that he had).

Did I feel bad? Not really, even if it wasn't intentional he was being pretty hurtful. That being said, to this day I can't drink any milk until I've smelled it several times so I think I've been punished.

#42

My friends ex. She was quite the b***h and deserved to be dumped, she treated my friend like s**t and saw him as nothing more than a pair of lips. After they broke up she refused to talk to us. Fast forward 2 months she's still a bit bitter at most of our group with the exception of me. She wanted me. So she asks me out. That's when we came up with a brilliant plan. In order to put as much distance between her and me, along with making her feel extremely uncomfortable, we decided that everyone would just so conveniently be at the movie theater when we were on our date, this included her ex and his current gf. The look on her face when she was essentially flash mobbed and completely ignored for the night was priceless.

#43

Canadian air cadets, summer camp, got picked on and things stolen from by one other cadet with issues for duration of the camp. Was allowed to go buy sundries at a local Pharmacy once a week. On final day of camp we did precision parade drills for friends, family, dignitaries, etc. Sort of like graduating from boot camp. A formal event where we were expected to be at our best. Swapped the contents of a package of [chiclets](http://en.wikipedia.org/wiki/Chiclets) for a package of Feen-a-mint (laxative gum). Sure enough bully takes the gum as I opened the package in front of him. Awhile later we are called up for drill. Since it was hot and in full uniform if we experienced exhaustion or were about to faint we were to drop to one knee and wait till we taken out of formation. He and one other guy dropped to one knee part way through. I don't know if he s**t himself but I like to think he did.

#44

My Senior year in college my housemate went from being my best friend to a cold hearted a*****e who was mean to my dog. So I peed in his mouthwash.

#45

I was at a house party with some friends in like, 2009 I guess? I don't quite remember, I was hammered.

People were taking turns on the pong table, like you do, and this super trashy looking, s**t faced broad comes in and demands that we start playing flip cup, which is the most idiotic game of all time. Nobody paid any attention to her demand so she went around in a circle and pointed right in the face of everyone at the table in turn saying "you're a pussy, you're a pussy, you're a pussy, and you're a pussy!" We later learned that this chick had done her first porno that week and thought she was hot s**t, had been acting like a prima donna for days.

Anyhow, my friend was playing pong at the time, and he's a nice fella, so he says something to the tune of "There's a few people waiting for pong still. Can you wait like fifteen, twenty minutes?"

She SLAPS him in the face. He yells "what the f**k is wrong with you?" She is streaming curses at him, and goes to get her boyfriend. One of the guys on the table pulls me and my friend outside and tells us to just chill for a few minutes, that this girls boyfriend is jacked, a cokehead, he lives here and he'll probably beat the s**t out of us/throw us out of the party.

So while we're "cooling off" I see my opportunity. I climb in to the empty kitchen and p**s into the half full gallon jug of orange juice on the table, then climb back out the window.

次は何が起こる? This b***h walks in to the kitchen with her boyfriend who is FUMING, pours herself a screwdriver, downs it.

Me and my buddy took two unopened twelve packs of beer from the patio and bailed.

#46

Back in the summer of 09 me And my girlfriend were going pretty strong, anyway I found out she was f*****g this guy on the side. She admitted it and said she was sorry an I dumped her.
Anyway I didn't know the guy but it remembered his name, one night at a party a few months later I got introduced to a guy I thought was him, I slyly worked out it was him. I'm not a guy to hold a grudge generally but this was something else. I didn't want to do anything to him but when I walked into a bedroom to take a phone call and there he was passed out drunk on the bed.
I didn't know what to do but I knew I had to good an opportunity to pass it up. I was pretty drunk at the time but the first thing I thought of was to take a Dump on him. I passed it off as a stupid idea but I couldn't think of anything else so I went with it. So I went with it. I left the party just after and I haven't seen or heard from him since. Not a day goes by I don't think about it. Needless to say I haven't told anyone about this in real life. I'm not sure but is say vengeance was a dish best served sh**ty.

#47

This is more petty revenge but yeah.

A few years back, my 15 year old cousin was staying over at my place which I shared with my boyfriend at the time. Her parents were on vacation in Cuba for a few weeks. While she was with us, we had to make ALL of her food. She couldn't cook and waited for me or my boyfriend to come home, otherwise she would only eat chips or popcorn. She wouldn't even make a sandwich.

One day, she updated her Facebook status which was a whiny complaint about how bored she was(she had free rein to go out) and how weird I was. I guess she forgot I have her on Facebook. It really pissed me off since I made all of her meals and tried my best to keep her company.

That night, when I was making her a turkey sandwich, I took my revenge. I used the end slices of the bread loaf to build the sandwich and the bitter white part of a romaine lettuce leaf. I also put too much mayo on it.

She ate that sandwich. And she had a look of annoyance on her face.

But there was nothing she could do.

B***h.

#48

When I was a kid (probably 4 or 5 years old) I was watching Dumbo with my neighbor. The "elephants on parade part" was scary as all hell to me back then, and I peed my pants. My neighbor told *everyone* in my Pre-K class and would not stop calling me the "pants-peer" for weeks. Finally, one day I slept over at her house and took a pair of her pants out her closet, put them on, and peed in them. I woke her up to show her, and that's the story of how I became the two time pants-peer.

TL;DR got revenge on a girl by putting her pants on and peeing in them.

#49

I posted this somewhere else a long time ago, but here it goes:

I was in the Navy. I was in Basic Enlisted Submarine School with shared barrack rooms. I had two roommates who for a lack of a better term, sucked. They were dirty, they never cleaned and they just smelled bad all the time, oh, and also they NEVER woke up on time for anything. Every week during room inspections we failed. Terribly. I ended up getting so annoyed with them because we started to get into a lot of trouble that I plotted the revenge to show the inspectors that it wasn't me and it was my two soil-sack roommates. Every 4 or so days everyone stood duty. One weeknight I had duty and I waited for the exact time that I was a roving watchstander in the barracks to pull off the trickery. I pissed in a ziploc baggy and placed it in my friends freezer prior to my watch and there I had it, a sheet of p**s-ice. I walked up to my room 60 minutes before inspection, knowing my f**ktard roommates wouldn't be up, and slid this sheet of p**s-ice under the door into the middle of the room. And you may ask why I didn't just open the door as it was my room? Because I didn't want to take the chance of waking one of them up during my covert operation. The inspectors came around and sure enough, oops, I forgot to wake up for my roommates like I did everyone else on the floor. Amidst the may-lay of the inspector banging on the door, them trying to get dressed and them both very confused and shuffling through the p**s, all hell broke loose. The inspector had those s**tf**ks standing at attention leaning over to smell the huge puddle realizing it was p**s in the middle of the floor. The face he made when he made that realization was something I will never forget. He lost it. Those two got in a ton of trouble and since I was on watch they lifted all punishment on me finally realizing it was them the whole time. I don't feel guilty at all. I never did, I never will.

tl;dr Roommates were dirty, I made them dirtier with frozen p**s.

Edit: I forgot how to words.

#50

An old post of mine :

I used to go to a public high school where the majority of students were low to middle class Italian origin kids of immigrants (90% +). Tough going to say the least. When I was in high school I used to get bullied by a guy called Renaldo. We had a few scraps, either verbally or fisticuffs over the years. I was always the type of guy who wouldn't take other people's s**t and while others balked at giving me a hard time particularly when I went through puberty and became one of the tallest, largest guys in school he somehow always managed to give me a hard time. It was a tough time but in a way, I paid my dues early and learnt from a stern father that if people punched you, you punch back and you punch harder and you'll know if they are men or not.

As luck would have me, Renaldo ended up in the same college I went to and he always managed to somehow, someway be a little s**t to me. What made things worse is that we fell for the same girl, Andrea who eventually became my girlfriend of over 4 years. Everyone knew he had feelings for her and that it killed him she was with me and not him. He always tried to “seduce” her with random calls and emails, being the son of a wealthy father who owned his own construction company, that he had nice cars, lots of money, a bunch of s**t that I didn't have and over the years worked hard to earn coming from a low income family that was having problems making ends meet.

He was a constant issue the first year of my relationship and we had several conflicts,

Years later, after college and shortly after I broke up with Andrea, I received an e-mail from him out of the blue. I never corresponded with him (Facebook didn't exist back then) and he went out and told me in an epic letter which went far too long, swore at me in excess and used terrible English (no wonder he never finished college and dropped out to work with daddy). Basically it was a "No one liked me in college and to F off".

I haven't seen him in well over 2 years, nor did we have any real friends in common. As a way of keeping my cool, nor did I want him to have the satisfaction to get me mad, I never responded to his emails (he sent several).

However, I couldn't let his taunting go without consequences.

So I went online and Googled his name. After searching around a bit I easily found a complete profile of him regarding his career, where he worked and what type of work it was. His father passed away recently and he now owned his father's business and had a team of employees working for him. I spied a bit more and hung onto the address of his place of employment for several weeks while I plotted.

One day, I proceeded to go into a local sex shop and I purchased the largest, fattest, floppiest black dildo that I could find along with some KY and I went home, wrote a special note for him and put it along with the big fat black dildo and KY and boxed it in a standard box that couldn't be traced back to me and sent it priority mail that required for him specifically to sign.

The note read, "Since you have so much time to search out people that never gave as**t about you to begin with, I figured you'd have enough time to go f**k yourself with this!"

One of our mutual acquaintances dropped me an email a few days later. This acquaintance worked for Renaldo during his "internship" and apparently the package arrived while they were preparing to head out for a team lunch on a Friday and he was very excited to get the box opened since Renaldo thought it was something he ordered online that he was expecting and would "make it a good weekend" and he opened it in front of a number of co-workers and instead of whatever he ordered he pulls out….a giant black floppy dildo.

Priceless…

#51

This isn't as clever or conniving as some on here but it still ranks as the number 1 top spot for my best revenge moment. I was 13 and was reclining on a beach chair. This boy about my age and his younger friend, who I'd known for about a week, were standing behind me and kept messing with the chair and wouldn't stop when I asked them to. Him and his friend were classic little bratty, redneck children (the younger one had a rattail mullet, relevant for later) and the entire time I'd known them they were spouting off about how the boys were doing this but the girls couldn't do that because they were girls, stuff like that. The last time they messed with my chair I stood up, spun around and looked the bigger one dead in the eye and told him he'd better stop. He looked right at me with a smirk on his face and asked, "What are you going to do about it?" As soon as the words left his mouth I punched him dead in the eye and grabbed the younger kid's rattail mullet and yanked it so hard he fell to the ground. Then I sat back down. Both started crying almost immediately and didn't mess with me again. Eight years later and it's still the best feeling of revenge I've ever had.

#52

I just posted this in another thread the other day, but it's pretty relevant here too so I figured I'll share.

I was probably like 10 years old at the time. So this b***h girl was a friend of my b***h cousin's, and I was stuck at her house for the day. I took a dead leaf and a dandelion (as pictured) and told her to hide the leaf somewhere on her, and I would use the dandelion as a magic wand to find it. So I'm pretending to scan her body looking for it when I make my way up to her mouth. I stop at her mouth and I'm like, "Open your mouth". She cocked this smug-a*sb***h smirk that was made 100 times better when I jammed the dandelion down her c**t gullet. She's crying, my cousin's crying, I'm getting yelled at by grown ups, and the whole time I was just soooo satisified.

I didn't get in any trouble with my parents because they knew how this girl had been giving me s**t for a long time.

#53

I like to get revenge by making all of a person's dreams come true without them.

Once I dated a girl who told me about all of these life goals she had. Go on a road trip with no predetermined destination, go night swimming in a lake int he middle of nowhere, etc etc. Whenever i suggested we go do one of those things she had an argument that is was not sensible at the moment but would be when she finished school, secured a job, and so on.

She dumped me, and I got my revenge by doing all those things as dates with other women. To my knowledge she has still done none of them.

I met a guy who always wanted to start his own coffeeshop, but he started spreading malicious rumors about me and i lost a lot of friends. One friend i did not lose however had a line of a coffeeshop that he needed someone to get going for him.

I was working in student life at a university and but heads with one of the other program directors who was very demanding with his participants. show up at X time and do not leave your seats until I say, and so on. When students complained I tried to talk to him about it and he basically told him I had no idea what I was talking about I had no seniority and i should leave his students alone.

So I just started another program which became successful and made his redundant. Got promoted ahead of him.

Why would you take revenge that makes the world worse for someone else, when you can make it better for yourself?

#54

I found out my gf was cheating on me, so I moved out. I kept my copy of the apartment key for a while after, and I'd go over when she wasn't home and pass small but worthwhile amounts of urine into her collection of shoes and swirl the toilet with both toothbrushes by the bathroom sink.

#55

Caught my ex cheating on me with another guy. I took all her pants in a half size.

#56

I was in the locker room in high school gym class, hiding in the back because I had to call my mother about something ASAP. Just as I'm listening to the recording, this kid who had been a longtime bully to me came over and started taunting me with his usual threats. As I was leaving the message, in which I did not want him taunting me in the background, I kicked him as hard as I could. I aimed for his stomach, but he reacted and somehow managed to get himself kicked in the balls instead. He looked at me in shock and amusement and ran away. I managed to finish the message without faltering once.

Not long after this I happened to be at the DMV with the same kid and both of our fathers, both of us testing to get our permits. I passed. He failed. *Extra* karma, b***h.

#57

I got in a fight with one of my "friends" when I was about 12 or so. We were in a heated argument and I decided enough is enough so I picked up some seaweed with a stick from the nearby creek and threw that s**t on her head.

*Oh sweet justice*

#58

I know this will get buried but here goes… My step sister is a spoiled brat, and loves to p**s me off. So she's making fun of me in front of her boyfriend, making him laugh at my expense. I took the Beefy Five Layer Burrito I was eating and f*****g pelted her smug little face with it. She was cleaning sour cream out of her ears for days. I got my sweet cheesy justice.

#59

My girlfriend's college roommate last year started out pretty cool but eventually turned really bi***y and petty for god only knows what reason. Stuff like using my girlfriend's stuff without asking, being generally rude and OH YEAH HAVING SEX IN MY GIRLFRIEND'S BED AND ON HER DESK MULTIPLE TIMES. She bragged about it to other people on the floor and then told *really* bad lies to us about it. (ie "Why are the covers moved?" "Uh, I vacuumed." "The covers weren't touching the floor and the floor is still dirty." "…") Soooooo among one or two other things…I came in my gf's mouth one night and she spit it into Cunty McBadliar's brand new bottle of face wash. We never told her about it, we just laughed to ourselves quietly every time she took a shower. That bottle lasted her the whole rest of the year too. No regrets, she deserved it.

#60

A guy cut me off on the freeway, so I followed him home and s**t on his lawn.

(出典)