ヴァーキーによる古典芸術の35の面白い現代編集

デジタルアーティストのVarkeyは、古典的なアートワークとポップカルチャーをつなぐ素晴らしいアートマッシュアップとコラージュを作成しています。このクリエーターは、covidの封鎖中にアートの旅を始め、Instagramで成功を収め、作品を共有しています。

彼は世界中から1万人以上のフォロワーを集めています。下にスクロールして彼の作品を見てください!

詳細: Instagram

#1

画像クレジット: Varkey

編集を行うというアイデアがどのようにして生まれたのかについて、アーティストは次のように述べています。「封鎖が始まったばかりの2020年の初めに、ウクライナ文化省のポスターに出くわしました。いくつかの有名な古典絵画の登場人物にマスクと手袋をはめていました。私はすぐにこのアイデアに夢中になり、そのようなことをしたかったのです。」

#2

画像クレジット: Varkey

#3

画像クレジット: Varkey

「私は28歳の安全技術者です」とVarkeyは自己紹介します。 「私は古典芸術、歴史、地理が大好きです。クリエーターやアーティストとしての経歴はありませんが、昔からクラシックアートが大好きでした。」

「私は絵を見るたびに、21世紀に描かれた場合にその絵がどのように見えるかを想像しようとします。また、それをポップカルチャーと関連付けようとしています。」

#4

画像クレジット: Varkey

#5

画像クレジット: Varkey

彼が創造的なブロックに直面したことがあるかどうか尋ねられたとき、アーティストは次のように述べました。しかし、古典芸術はいつも私の気分を明るくします。私は麻酔医です。美しいものを見るのが好きです。ブーグロー、カール・ブロッホ、ヴィダ・ガボールの古典絵画よりも美しいものは何ですか?とても面白くて皮肉っぽい友達がいるので、話しかけるとアイデアも浮かびます。」

#6

画像クレジット: Varkey

#7

画像クレジット: Varkey

「メフメット・ゲレンは私にとって大きなインスピレーションでした。彼のすべての作品が大好きです」とバーキーは言います。 「今では独特で個性的なスタイルを作るのは難しいですが、私たち全員に聴衆がいるので、それは問題ではないと思います。私は主に満足のためにやっているので、あまり考えていません。何かを作成するときはいつでも満足感を感じます。そうです、人々が私がやっていることを評価するときはいつでも、それをやり続けたいと思います。市場があれば、将来的には商品や版画として売りたいと思っています。」

#8

画像クレジット: Varkey

#9

画像クレジット: Varkey

#10

画像クレジット: Varkey

#11

画像クレジット: Varkey

#12

画像クレジット: Varkey

#13

画像クレジット: Varkey

#14

画像クレジット: Varkey

#15

画像クレジット: Varkey

#16

画像クレジット: Varkey

#17

画像クレジット: Varkey

#18

画像クレジット: Varkey

#19

画像クレジット: Varkey

#20

画像クレジット: Varkey

#21

画像クレジット: Varkey

#22

画像クレジット: Varkey

#23

画像クレジット: Varkey

#24

画像クレジット: Varkey

#25

画像クレジット: Varkey

#26

画像クレジット: Varkey

#27

画像クレジット: Varkey

#28

画像クレジット: Varkey

#29

画像クレジット: Varkey

#30

画像クレジット: Varkey

#31

画像クレジット: Varkey

#32

画像クレジット: Varkey

#33

画像クレジット: Varkey

#34

画像クレジット: Varkey

#35

画像クレジット: Varkey

(出典)