レジ係がIDを切り取った後、顧客は不平を言って罪悪感を感じ、インターネット上の人々は彼女がそれを持っていたと言います

優れたカスタマーサービスは、とてもスムーズで邪魔にならないため、ほとんど気付かないものです。それが本当にどれほどプロフェッショナルであったかを完全に理解するのは後になってからです。しかし、悪いサービス?それはあなたが呼びかけ、後で同僚とうわさ話をするようなものです。

RedditユーザーのSensitive_Positive37は、地元の食料品店のフレンドリーではないレジ係と慣らし運転を共有しました。彼女は、彼らが外国人であることを認めている間、それがアメリカのものだったので、redditorの運転免許証が本物であるとは信じませんでした。これは、従業員がIDカードを破壊した劇的な瞬間につながりました…そして、後に解雇されました。

誰も持ち物を破壊してはいけませんが、Sensitive_Positive37はそれでも結果について罪悪感を感じていました。あなたは彼らがレジ係のマネージャー、親愛なるパンダと話すように頼むことによって正しいことをしたと思いますか?手に負えなくなる前に、どのように状況を拡散させたでしょうか?全文を読み、以下にあなたの評決を与えてください。

レジ係は、外国から来た顧客に対して非常に専門的でない行動をしたために解雇されました

画像クレジット: ミッドナイトビリーバー(実際の写真ではありません)

画像クレジット: Sensitive_Positive37

Redditは圧倒的に、Sensitive_Positive37は、単に上層部に苦情を申し立てたいと思っていたとしても、レジ係を解雇したのは間違いではないと述べました。彼女が仕事を失うことになったのは、従業員の態度、思い込み、そして無謀な行動であり、誰かが彼女の行動について彼女を呼んだという事実ではありませんでした。

優れたサービスは、一部は常識に依存し(つまり、人々のIDカードをランダムに半分にカットし始めない)、一部は適切なトレーニング受けることに依存しています。すべての従業員が顧客とのまれな状況に対処する方法を知るのに十分な仕事の経験を持っているわけではないので、これの前にいくつかのガイダンスを得ると、問題を悪化させるのではなく解決するのに役立ちます。

レジ係がもう少しオープンマインドで、少し疑わしくなく、最初にマネージャーと話すのに十分謙虚でさえあれば、この状況全体を回避できたはずです。

一部の人々が偽のIDカードを使用していることを否定する人は誰もいません。しかし、米国で生まれたのではないという理由で偽の文書を持っていると非難することは、一部の人々が持っている固有の偏見を示しているにすぎません。

正直に言うと、小売業だけでなく他の分野でも成功している従業員は、顧客を支援するためにさらに努力している従業員です。それは、すべての人を王のように扱うことを意味するわけではありません(失礼で資格のある顧客もたくさんいることを私たちは知っています)が、常にプロフェッショナルであり、あなたが彼らから期待する敬意を持って他の人を扱うことを意味します。

ここに本物の笑顔、 そこ優しい言葉、そして問題を解決する意欲がすべての違いを生みます。はさみを休憩室に置いておくことを忘れないでください。

ほとんどのredditorsは、物語の元のポスターがレジ係のマネージャーと話すことによって何も悪いことをしなかったことに同意しました

レジ係がIDを切り取った後、顧客が不平を言ったことに対して罪悪感を感じている投稿、インターネット上の人々は、彼女がそれが来たと言ってBoredPandaに最初に登場しました。

(出典)