コロナウイルスに感染した女性が爪を「Soooooo Bad」にする必要があるため、マニキュアの検疫を破る

爪を完成させる必要があるときは、爪を完成させる必要があります。そして、あなたが潜在的に致命的なウイルスを運んでいて、その過程で他の人にそれをさらしても問題はありません。彼らは知りません。少なくとも、最初はそうではありませんでした。

これらすべてが、不吉なSFドラマのように聞こえる場合は、悪い知らせがあります。それはフィクションではありません。

Rogue Menai SalonのネイルアーティストであるTaylor氏は、恥知らずな女性が、コロナウイルス陽性のわずか2日後にマニキュアを施し、家に帰ったときにCOVIDフリーであることを認めたと語った。

ウイルスにさらされたと聞いて荒廃したテイラー氏は、業界内の人々に安全を保つように促すためにクライアントと行ったテキストによる会話のスクリーンショットを共有しました。あなたのクライアントがまだ彼らの心を失っていないかどうかあなたは決して確信することができません。

画像クレジット: Nenad Stojkovic(実際の写真ではありません)

「それらのメッセージを受信することは非常に悲惨でした」とテイラーはアリュールに語りました 。 「他人の安全を真剣に考えていない人がいると思うのは憂慮すべきことです。」彼女は、スクリーンショットを投稿して以来、同様の事件を経験した美容サービス業界の他の人々から連絡を受けていると述べています。

ワシントンでは、州のガイドラインによると、ネイルサロンを含むパーソナルサービスプロバイダーを探しているすべての人は、「サービスプロバイダーの場所に到着する前に、COVID-19の兆候や症状をセルフスクリーンで確認する必要があります」。

画像クレジット: roguemenai

テイラー氏は、クライアントを適切な当局に報告したと語った。 「私はこの状況を適切に処理するのを助けるために彼らに任せています。」しかし、その間、彼女は仕事ができず、仕事もできません。

「2週間の検疫後、クライアントを再開できることを願っています。私の最初の懸念は、クライアント、家族、友人の安全です-何よりもまず」

人々はそのニュースを聞いてショックを受けました

(出典)