この日本人アーティストは、通常の野菜や果物を、美しすぎて食べられないアートに変えます(30枚)

あなたと私にとって、リンゴはただのリンゴであり、トマト…あなたは論理を理解します。しかし、日本のアーティスト、佐藤朋子にとって、それらは繊細なアートで満たされる準備ができている空白のキャンバスです。

ほら、朋子は2004年にタイを訪れ、伝統的なタイの彫刻工芸品に恋をしました。彼女はその技術を学び、京都に戻り、木工から果物や野菜の彫刻に移行しました。

今日、朋子は普通の食べ物を複雑な食用の彫刻に変えています。美しい装飾品、対称的なパターン、この世のものとは思えない形、すべて手作業で作成されたものは、朋子の驚くべきスキルとユニークな才能を表しています。そして、そこにスイカがあったら、どんなに美味しくても、後悔して食べてしまいますが、ともこさんの手に渡ったものでしょう。

詳細: Chu-Sin.com | Facebook | Instagram |ツイッター

#1

画像クレジット:佐藤朋子

#2

画像クレジット:佐藤朋子

#3

画像クレジット:佐藤朋子

タイ語でkaesalukとして知られているフルーツカービングは、極度の献身、繊細さ、細部へのこだわりを必要とする芸術形式です。どんな果物や野菜も、きゅうり、リンゴ、イチゴなどの熟練した果物彫刻家の手によって芸術作品になることができます。最も人気のある選択肢の1つはスイカです。これは通常、層状の花、立体的なバラ、複雑な花びら、さらには繊細な白鳥に刻まれています。

果物の彫刻は唐の時代に中国で始まり、西暦618年から906年まで続いたと一般に信じられています。今日、これらの食用の芸術作品は、文化的および伝統的な儀式で使用されるだけでなく、家庭、ホテル、レストランでも見られます。

一方、タイでは、果物の彫刻はそれ自体が芸術と工芸品です。最初のスイカの彫刻は、14世紀に支配されたスコータイ王朝にまでさかのぼります。

#4

画像クレジット:佐藤朋子

#5

画像クレジット:佐藤朋子

#6

画像クレジット:佐藤朋子

伝説によると、1364年のプラルアン王の治世中、ナンノッポマート夫人は、いかだが祭りの中で他の人たちの間で目立つことを望んでいました。そこで彼女は花をテンプレートとして取り、それを野菜に彫りました。彼女はまた、花の中に座るために小さな鳥を彫りました。彼女のスキルはプラルアン王に非常に感銘を与えたと言われているので、彼はすべてのタイの女性がそれを習得するべきだと決めました。

最近、果物や野菜の彫刻が主流になり、西洋の聴衆に届きました。豪華な料理、結婚式のディスプレイ、豪華な装飾に広く組み込まれています。

#7

画像クレジット:佐藤朋子

#8

画像クレジット:佐藤朋子

#9

画像クレジット:佐藤朋子

#10

画像クレジット:佐藤朋子

#11

画像クレジット:佐藤朋子

#12

画像クレジット:佐藤朋子

#13

画像クレジット:佐藤朋子

#14

画像クレジット:佐藤朋子

#15

画像クレジット:佐藤朋子

#16

画像クレジット:佐藤朋子

#17

画像クレジット:佐藤朋子

#18

画像クレジット:佐藤朋子

#19

画像クレジット:佐藤朋子

#20

画像クレジット:佐藤朋子

#21

画像クレジット:佐藤朋子

#22

画像クレジット:佐藤朋子

#23

画像クレジット:佐藤朋子

#24

画像クレジット:佐藤朋子

#25

画像クレジット:佐藤朋子

#26

画像クレジット:佐藤朋子

#27

画像クレジット:佐藤朋子

#28

画像クレジット:佐藤朋子

#29

画像クレジット:佐藤朋子

#30

画像クレジット:佐藤朋子

(出典)