「私はまだ彼らがエイリアンではないと完全に確信しているわけではありません」:61回人々が他の人々の家を訪れ、彼らのライフスタイルにショックを受けました

誰かの家を訪ねると、彼らについて多くのことを知ることができます。多分彼らは彼らが訪れた数十カ国からの壁に美しい芸術を持っています。おそらくあなたは彼らが4匹の犬に会った後に彼らが動物をどれだけ愛しているかを学ぶでしょう。あるいは、友人の子供の頃の夢は、彼らがあなたに贅沢な家庭料理を用意した後、プロのシェフになることであったことに気付くかもしれません。誰かの家の環境がそれらについてあなたに話すことができるものの無限のリストの中に、奇妙な生活習慣も含まれています。

先週、RedditユーザーのSaltyOpinionNo1Asks4 がAsk Redditコミュニティに連絡を取り、他のユーザーが初めて誰かの家を訪れた後に学んだ最も衝撃的で驚くべきことを尋ねました。回答には、癖、ひどい習慣、動揺する家族のダイナミクスに関するコメントが殺到しました。そのため、以下に読むための最も興味深い回答をいくつか集めました。最も説得力のある答えに賛成してください。友人や家族の家を訪れた後に衝撃的なことを学んだことがあるかどうかをお知らせください。次に、人々の家のゲストをフィーチャーした別のBored Pandaの作品に興味がある場合は、次にこのリスト確認してください

#1

私の友達は「キットカットが欲しい?」と言っていました。確かに言った。彼はキャンディーバーの包装を解き、それを皿の上に置き、チョコレートがウエハースから溶けるまで電子レンジに入れました。私はびっくりして、電子レンジは必要ないと言った。彼はショックを受けたように見えて、「あなたはそれらを生で食べますか?!」と言いました。

画像クレジット: billyslits

すべての家族が少し違った生活をしていることは周知の事実です。彼らの食生活、毎晩の日常生活、子供たちと過ごす時間、ペットの数など、子供たちを際立たせるのは、2つの家族がまったく同じではありません。文化的な習慣のように、ライフスタイルの習慣に違いを生み出す可能性のある要因はたくさんあります。アウトドアシューズを履いてスウェーデンの家に足を踏み入れると、ホストがその場で心臓発作を起こす可能性があります。しかし、あなたが米国で同じことをした場合、あなたのホストは気付かないかもしれません。世帯によって異なります。

このリストの回答は、驚くほどひどい生活習慣から、懸念される機能不全の行動まで多岐にわたります。友人、家族、デートの家を訪ねると、何に直面するのかわかりません。心を開いたままで、あなたが奇妙だと思うものについて彼らを判断することを避けるのが最善です。しかし、それは私たちが彼らの家が彼らについて何を言っているかを密かに分析し、インターネット上でその情報を共有することができないという意味ではありません…

#2

彼は彼と彼の兄のために床に汚れた古いマットレスしか持っていませんでした(私はかつて彼を家に連れて帰りました、そして彼の兄弟はそこで女の子を叩いていました、非常に厄介です)、彼の独身の母親はタバコを吸っていました、臭いはひどいですそして彼らの食事は、3ドルの電子レンジの食事で、毎食、3つの冷凍ナゲットと1ダースのフライのようになります。彼がいつも友達の家にいる理由と、彼がやってきたときに私のベーグルを全部食べてしまう理由を突然理解しました。最初は母を悩ませましたが、私が彼の家について彼女に話した後、彼女はええ、彼が望むすべてのベーグルを彼に与えるようでした。彼の父について一言も聞いたことがない。彼は今、一人でずっとうまくやっています。

画像クレジット: Lachigan

#3

私は大画面テレビを配達し、完成した地下室に持ち込みました。部屋は明らかに、照明とビデオカメラがすべて背景のあるベッドに面しているプロのポルノのために設定されました。

画像クレジット: jim45804

一部の心理学者によると、私たちの家は本当に私たちについて多くを語ることができます。棚に並んでいる本から壁に掛けられている写真まで、私たちの生活空間は私たちの個性を直接反映している可能性があります。 『 Snoop:What Your Stuff Says About You 』の著者である心理学者のSam Goslingによると、「人々は、自分自身を見ているように他の人に見てもらうことができれば、より幸せで生産的になる傾向があります。」彼は、誰かの居間にスノーボードや楽器を展示して、ゲストに何が重要かを示していると述べています。ゴスリングは人々の空間を分析し、彼らの性格を評価する専門家ですが、明らかに人々が持っているものが少なければ少ないほど、彼の仕事は難しくなります。

近年、ミニマリズムや近藤麻理恵のコンマリ法の台頭により、身の回り品を一掃する傾向にあります。これらのアイデアは極端なものにすることができますが、混乱を減らす意図は悪いアイデアではありません。 アリゾナ大学のキャサリン・ロスター教授によると、物理的な混乱は「自分の空間における幸福感、安全性、自己同一性と直接的な負の関係を持っています」。さて、誰もが混乱と見なされるものについて独自の定義を持っているかもしれませんが、一般的に、それが多すぎるのは健康的ではありません。あなたの生活空間はあなたが居心地が良く、それがあなた自身のものであるように感じることを可能にするべきです、しかしそれは確かにストレスを引き起こすべきではありません。

#4

私の元両親に初めて会った。入って来て、壁には何もありませんでした。アートも写真もありません。壁全体がむき出しで、素敵なパネルなどは好きではありません。通常の中流階級の家の塗装の壁のように、何もありませんでした。カウンターには何もありません、コーヒーテーブルには何もありませんコーナーテーブルには何もありませんでした。それはすべてただ空でした、私はまだ彼らがすべてのエイリアンが適合しようとしているのではないことを完全に確信していませんでした。

画像クレジット: 自信がある-Lack5153

#5

彼は皿洗いをしているときに誤って皿を割ったのですが、彼のお父さんは彼に向かって叫んだり、殴ったり、彼や何かを地面に落とすと脅したりしませんでした。彼のお父さんが最初に言ったのは、私の友人に彼が怪我をしていないか尋ねることでした。衝撃的ではないはずですが、私にとってはそうでした。

画像クレジット: ghosts-go-boo

#6

70年代の少年の頃、学校の家の友達を訪ねました。

それは私が今まで住んでいたどの家とも違ったにおいがしました。それは主に私の両親の友人の家と私の親戚の家でした。

なぜ違う匂いがするのか理解する前に、何度か訪れました。

家の誰もタバコを吸っていません。

画像クレジット: Feels2old

あなたの家はあなたが気付かないうちにあなたの性格の側面を与えているかもしれません。ベストライフはあなたの家があなたの性格について明らかにすることができるもののリストを公開しました、そしてそれらのいくつかはあなたのパートナーまたはあなたの友人の心への素晴らしい洞察を提供するかもしれません。どうやら、散らかった靴下の引き出しを持つことは、実際には詳細志向の個人の商標です。ヘレン・フィッシャー博士は、「ビルダータイプは、通常、整然としていて、慣習的で、ルールを尊重し、細部に気を配っていますが、靴下の引き出しが最も汚いことがわかりました」と述べています。この現象の提案された理由は、これらは生活のあらゆる部分を整理することに非常に関心があり、靴下の引き出しのようなものをきちんと保つことはそれほど重要ではないということです。フィッシャー博士の説明に完全に一致する人として、私はこの理論を確認することができます。私の人生の他のすべてが完全に整理されなければならないのに、なぜ靴下の引き出しが散らかっていても構わないのか、私はあまり考えたことはありませんでしたが、彼女の仮説はチェックしています。

#7

15/16頃、初めて友達の家に泊まり、彼と私が部屋でコンピューターゲームをしていると、母親が彼の名前を叫ぶのが聞こえました。

彼は私が見たことのない真面目な顔つきで私に向き直り、寝室を出る前に「ここにいてください」と言った。

何度か大声で墜落する前に、彼が父親の名前を叫ぶのを聞いた。

その日、私は彼の父親が彼の若い兄弟を肉体的に暴行することに酔うことを知りました。彼は15/16f***** g歳で、この成長した男性と思春期前の愛する人との間の唯一のものでした。そして、それはとても普通だったので、彼の母親が彼の名前を呼んだとき、彼は何が起きているのかを知っていました。彼の母親は、彼女が彼を必要としていることを知っていました。彼は、彼が何をするためにそこに出かけるのかを知っていました。

その後、たくさんのことについて非常に正直な議論をしました。彼は少し年をとったので、それが彼に強制されたときよりも適切な時期にこれらの問題に取り組み始めました。彼の父は助けを求めました、そして彼らは今や愛情深くそして支えとなる家族です。

私はよくその夜(そしてその後のいくつかの夜)について考えます。私がなりたい男について考えるとき、私がその15歳の男の子のように成長したいということを知っている人々の間で秘密ではありません。そして、20年以上経った今でも彼を私の親友の一人と呼んでいるのは幸運です。

** tl;dr**幼なじみが虐待的な父親と一緒に暮らしていたことがわかりました。

画像クレジット: theturingtestの失敗

#8

家全体で、完全に服を着て、配置され、ポーズをとられたマネキン。テレビを見るためにポーズをとって、ダイニングテーブルに座って、ワイングラスなどを持っていました…非常に奇妙です。

画像クレジット: NotWorthSaving

#9

私が中学1年生のときに友達の家に行き、彼らのお父さんがドアから入ってくるのを聞いて、走って友達の寝室に隠れました。彼女は私を困惑させて追いかけ、出て来て私の父に挨拶すると言いました、彼はついにあなたに会えることに興奮しています。お父さんの周りに子供たちが集まっていて、7人の子供たちがいて、お互いに会えて嬉しかったのを見てびっくりしました。彼は子供たちをすくい上げていて、彼らはそれぞれ彼らの日から一つのことを彼らに話しました、兄は彼に彼の数学の宿題を手伝ってくれるように頼みました….彼はそう言った、ちょっと待ってください。それから私に来て、こんにちはと言って、本当に興味を持って、私についてのいくつかのちょっとしたことを学びました。

私はお父さんが部屋に入ってきて、子供たちが離れるのではなく彼に向かって走るのを見たことがありません。彼は一滴のアルコールを飲まなかった、そして彼が彼の息子が彼がしていることを理解していると確信するまで彼が彼の数学で長老を助けている間彼の膝に少なくとも1つの小さなものを持っていた。

私は家に帰って、兄弟たちに彼らは奇妙な家族であり、お父さんはいい子だと言いました。私は12歳で、健康な家族のダイナミクスがどのようなものかわかりませんでした。怒鳴ったり、叫んだり、恥をかいたりすることはありませんでした。そして、私は彼らが奇妙だと思いました。

画像クレジット: Ema630

美しい庭を保つことは、明らかに誰かが幸せであることのしるしでもあります。 Gardener's Worldの調査によると、庭を持っている人の80%は幸せであり、90%は庭が気分を高めるとさえ言っています。花や野菜を植えても、すべての問題が解決するわけではありませんが、太陽の光を浴び、地球とつながり、日々をもう少し楽しくする絶好の機会です。

あなたの心理学への洞察を与えるかもしれないあなたの家のもう一つの部分はあなたのベッドです。あなたが毎朝作られたきちんとしたベッドを持っているならば、あなたは定期的にジムに行く可能性が高いです。きれいに作られたベッドは、誰かが仕事を楽しんでいるプレゼントでもあります。おそらくこれは、自分たちの生活に満足している人々が生活空間をより整理された状態に保つためか、毎朝仕事に行くことを恐れていないときにベッドを楽にするためです。

#10

少しだけ裕福だと思った人の家に行きました。彼らはギガが豊富で、ただ生活し、服を着て、より控えめに行動したことがわかりました。彼らは、外見はアッパーミドルクラスのように見えたが、内面はビリオネアの夢精のように見える4ベッドルームの家を持っていました。あなたは彼らの家族がとても裕福であるとは決して想像しなかったでしょう。

画像クレジット: メガパフレンジャー

#11

恥ずかしがり屋の町のあまり恥ずかしがり屋のない場所で育ちました。私は下層階級よりも貧しい人々の話をしています。私たちは数少ない中産階級の一人です。私は本物のスラム街にある友達の家に寝て行きましたが、彼らのトイレが壊れていて、家の裏にあるバケツに腰を下ろしているのを見つけました。

画像クレジット: Independent_Role3352

#12

私の学校の友達はウェールズの農場に住んでいました。初めて一周したとき、玄関から入っていくと羊が階段を駆け下りました。また、アガは生き続けるのに苦労していたため、生まれたばかりの子羊が暖まりました。

画像クレジット: got_got_need

クローゼットをきちんと整理しておくのですか、それとも混沌とした土地ですか?どうやらそれが少し混乱している場合は、過去に固執しすぎている可能性があります。ジェニファー・バウムガルトナー博士によると、「ノスタルジアは空間を一掃することをほぼ不可能にする可能性があります。」彼女は、「スピード除去」を行うことをお勧めします。タイマーを設定して、スペースを空けるために、使用しなくなったものや不要になったものを20分間収集します。思い出すのは素晴らしいことですが、クローゼットの床を見ることができ、靴を履くたびに一番上の棚に詰められたものが転がり落ちるのを恐れずに暮らせるのも素晴らしいことです。

#13

誕生日のために友達に行きました。彼らは料理をしないのでテイクアウトを注文していると警告されました。そこに着きましたが、皿も鍋もフライパンもありませんでした。眼鏡はありません。コーヒーカップはありません。文字通りなし。食器棚は、Pictionaryゲームや、いくつかのバッテリーや予備の電球など、ランダムなものでいっぱいでした。使い捨てプレート。プラスチックのスプーンとフォークでいっぱいの引き出し。

画像クレジット: Nobody_Wins_13

#14

大学院の教授がいて、かなり冷静な男のようでした。たぶん、少しきれいにされた古いヒッピー。彼/彼の妻/他の学生や教職員と夕食のために彼の場所に行きました。

リビングルームに2つの完全にキット化されたセックススイングを設置しました。かっこいい、かっこいい、かっこいい。

画像クレジット: froggerslogger

#15

私が小さい頃、新しい隣人を引っ越してもらいました。彼らは韓国人でした。彼らは最初は英語をまったく話せず、双子の娘は私の兄のクラスにいました。学年の終わりまでに、彼らの英語は私たちの他の人たちとコミュニケーションを取り、実際に遊ぶのに十分なほどまともでした。

彼らは私をたむろするように誘い、彼らのお母さんはおやつを作っていました。彼女は私にある種のサツマイモと一緒にご飯を手渡した、そして双子の一人は韓国に戻って、彼らが一日に食べなければならなかったすべてであると私に言った、そして今彼らは軽食のためにそれを持つことができた。

その時私はそれを理解するには少なすぎましたが、彼らは*北朝鮮*韓国人でした。彼らの成長はひどく妨げられ、彼らが米国に到着した後、彼らは本質的に見知らぬ人と一緒に引っ越してきました。何年も後に母にそれについて話したとき、私はそれについて学びました、どうやら彼らを連れて行った人々は韓国の教会の一部であり、半定期的に北朝鮮の難民を受け入れました。

画像クレジット: BICSb4DICS

あなたが自分自身をパーティーの人生だと考えるなら、鮮やかな色のドアとあふれている冷蔵庫は死んだプレゼントかもしれません。パントンカラーインスティテュートのバイスプレジデントであるローリープレスマンは、「玄関のドアを鮮やかなピンクや黄色に塗る人は、人生は楽しいはずだと言っています」と述べています。家を混ぜるのがもっとエキサイティングなので、家の典型的なカラーパレットに固執しない人もいます!彼らが頻繁に楽しませているならば、これらの個人はまた、完全にストックされた冷蔵庫を持っているかもしれません。いつもパーティーを開いたり、友達を招待したりしようとしている外交官は、たくさんの食べ物を手元に置いて共有する可能性があります。彼らはまた、食料品の買い物の際に面白くてエキサイティングに見えるものを購入する「想像力豊かな買い物客」かもしれませんが、それらのアイテムは自発的な集まりに常に役立ちます。

#16

私は仕事でこの女の子に会い、本当にクリックしました。同じ年齢の子供がいたので、彼女は私たちを遊びの日に招待してくれました。最初に-彼女の家は、より嫌なレベルで、絶対に汚いものでした。中には居たくなかったので、草が生い茂った裏庭や蚊の避難所に出かけることを提案しました。第二に、彼女は子供たちと話すだけでなく、いつも叫んでいました。彼女が怒っているのか、単に指示を与えているだけなのかを区別するのは困難でした。子供たちはちょうど彼女を調整しましたが、私のものはおびえていました。二度と、二度と。

画像クレジット: TuesdayWednesdayMe

#17

幼い頃(4 / 5yo)、友達の家に行って、家の大きさにびっくりしたのを覚えています。彼女のお父さんは高等裁判所の裁判官でした(そして彼らはプールも持っていました!イギリスで!!)

私は家に帰ってすぐに、彼女の「温室は自転車に乗るのに十分な大きさでした!」と母に話しました。

「自転車に乗るのに十分な大きさ」は今や家族の表現になっています。

画像クレジット: phoenixfeet72

#18

中学生だったので、12歳くらいかな?私ともう一人の友人がもう一人の友人の家を訪れています。彼らのお父さんは私たちを招待し、すぐに私たちに「ねえ、あなたはみんな来てポルノを見たいですか?」と尋ねます。私と友達はお互いを見て「WTF?」丁寧に断ります。子供がまったく気にならなかったので、それがどれほど不思議なことだったか、私は今でも考えています。

画像クレジット: SMG329

私たちについて多くを語るのは、私たちの家の物理的な側面だけではありません。このリストの多くの例が示すように、私たちの家で他の人、家族、ゲストをどのように扱うかについても、非常に洞察に満ちています。誰もが訪問者に「家にいるように」と言うところまで行くわけではありませんが、誰もが快適に過ごせるようにするのは良いことです。たとえば、Redditの回答者の1人は、家族全員が怒鳴りながらコミュニケーションをとっている友人の家に行くことに言及しました。これは彼らをやわらかい口頭の家族の人としてストレスを感じさせました、しかしその場合、彼らは怒りからではなく、ただ聞かれることを叫んでいました。子供たちを怖がらせるために子供たちに怒鳴るということになると、それは決して実際のコミュニケーションではありません、 とローラ・マーカム博士は言います。幼い子供は泣いて反応するかもしれませんが、年長の子供はただ釉薬をかけたように見えるかもしれませんが、両方ともシャットダウンして聞くのをやめます。そして、それは彼らの将来の健全なコミュニケーションスキルを開発するために彼らを刺激することは決してありません。

#19

彼らは彼らのbdsmライフスタイルについて非常にオープンでした。それ自体が物事です。しかし、あなたが夕食に行くときとは異なり、ケージの中に性奴隷がいて、いたるところに大人のおもちゃがあります。

画像クレジット: クリーニング-意味

#20

数年前、彼女の家族に初めて会うために私の元の家に招待されました。入って来て、彼女の母、妹、そして甥から抱擁を得ました。お父さんから握手と肩をたたく。

これらすべてが私を完全に失望させ、突然、自分の家に戻ってきた愛情がいかに少ないかに気づき、誰かのことを気にかけていることを示すのに十分なことをしているのかどうか疑問に思いました。

しかし、あなたたちは愛情を示し、それが褒め言葉、肉体的、手紙、または安っぽいジェスチャーのいずれであっても、人々に彼らが愛されていることを知らせます。 (PSでも気味が悪いことはありません!)

画像クレジット: RepresentativeStooj

#21

セントラルヒーティングとエアコンが10歳くらいになるまでは知りませんでした。友人の家で寝坊し、その騒音と天井の通気口に戸惑いました。そして、そこにいることは奇妙に感じました、あなたが行ったところはどこでも同じ温度でした。家では、メインのリビングエリアと夏のファンに薪ストーブがありました。

画像クレジット: Scnewbie08

怒りからの怒鳴り声が正常化すると、子供たちはそれが欲求不満を伝える唯一の方法だと考えて成長します。子供たちは両親の叱責に鈍感になり、健康的なコミュニケーションの例を見たことがないので、将来の子供たちを同じように扱うので、それは終わりのないサイクルになる可能性があります。マーカム博士は、子供たちに到達するのにより効果的で、心理的ストレスを引き起こさないようにする、叫ぶことの代替案が常にあると述べています。子供をさらに動揺させることなく子供の注意を引くことができる1つの応答は、ユーモアを使用することです。 「親がユーモアのセンスで反応する場合でも、あなたはあなたの権威を維持し、彼らをあなたと結びつけ続けます」とマーカム博士は言います。その上、親として、あなたはあなたの子供を笑わせるために後で罪を感じることはありません。悲鳴についても同じことが常に言えるとは限りません。

#22

初めて家に足を踏み入れたときは、まるで黒い部屋に足を踏み入れたかのようでした。壁に色の斑点が見えましたが、家の壁は基本的に焦げた色でした。当時はあまり考えていませんでしたが、ある時は退屈で一人で、焦げた壁をよく見て、焦げていないことに気づきました。

MOLDでした。男はカビがはびこっている家に住んでいました。家に帰ったとき、私は今までで一番長いシャワーを浴びて、そこで服を洗いました。放射性地域に足を踏み入れたばかりのように感じました。

画像クレジット: AbsurdFormula0

#23

私は夜を過ごしていました、そして、彼女のお父さんが入って来て、私たちに就寝時の話をしました。誰もが父親のために精神病質者を持っているわけではなく、時には父親が子供を愛しているという理由だけで子供のために何かをしていることに気付いたのは初めてでした。

画像クレジット: F ** k_you_Reddit_Nazi

#24

高校の友達の家に招待されたとき、彼の両親は私のように裕福ではないことを知りました。彼の家は家ではなく、複合施設でした。彼らは本館、プールハウス(彼が住んでいた場所)、カシータ(彼の姉が住んでいた場所)、そしてクラブハウスを持っていました。

彼らは8台の車のガレージとヨットのガレージを持っていました。ああ、それだけでは不十分であるかのように、彼らは家の前を流れる水路を持っていました。つまり、f**k跳ね橋に正直な橋がありました。

画像クレジット: アマルガム

このリストのいくつかの物語は、友人が彼らの家庭生活を見た後に直面していた闘争に気づいたことに言及しています。友人が虐待的または怠慢な親と一緒に住んでいたか、貧困線以下で生活していたか、または利用できる資源がはるかに少ない国から来たかどうかにかかわらず、これらの経験は確かにそれらを共有した人々にとって目を見張るものでした。これらの状況についての1つの肯定的な点は、これらの人々が困っている友人に気づいたら、実際にそれについて何かをすることができるということです。あなたの隣人の両親が彼らの家族のために十分な食料品を決して買わないことをあなたが知らないとき、あなたは残りのピザの箱であなたの友人を家に送ることを考えないかもしれません。しかし、誰かの家に招待されることで、彼らが何を扱っているかについての洞察が得られ、必要なときにあなたがより良い友達になることができます。

#25

正常でした。それが私に衝撃を与えたものです。私は4人の兄弟がいる2ベッドルームのアパートで育ちました。私の父だけが有料の仕事をしていました。私たちは落ち込んだピットブルを食べ、朝食にはプレーンチェリオス、時にはハニーナッツしか食べませんでした。また、ミルクやおやつをもらう前に尋ねなければならず、通常はそれを食べたり、テーブルで飲んだりしなければなりませんでした。裏庭はありませんでしたが、外で遊びたい場合は、階下のアスファルト駐車場に行きました。それは間違いなく最悪の生活条件ではありませんでした、私たちは頭と食べ物の上に屋根がありました、しかしそれはそれほど快適でもありませんでした。

私が初めて友達の家に行ったとき、それは彼らが所有していた実際の家で、寝室が3つありました。彼は訓練を受けたゴールデンレトリバーと2匹の猫を飼っていました。彼は自分の部屋を持っていたので、特に映画のポスターや好きなものを貼ることができたので、私にとって最大のショックでした。私たちは彼の部屋でおやつを食べ、ミルクを飲みました。私の居間にあった私のものとは異なり、彼のゲーム機もそこにありました。彼には姉と2人の両親がいて、全員が仕事をしていました。彼には巨大な裏庭がありました。何よりも朝食にクレープを食べました。

できれば毎日訪れていただろう。家に帰ると、自分の住んでいる場所がいかに窮屈で、犬がどれほど悲しいかを実感しました。私たちは最終的に私の犬を彼女の妹と一緒に暮らすために送りました、そこで彼女は走るために前庭と裏庭を持っていました。彼女は今とても幸せです。数年後、私たちはより大きなコンドミニアムに移動し、より小さな犬を手に入れました(まだピット)。ですから、私たちはより良くやっています。

画像クレジット: YungNigget788

#26

おそらく埋葬されますが、ここに行きます。

私は、湖の海岸線安定化建設プロジェクトの検査に使用しています。私はこの1つのプロジェクトを数百万ドルの新築住宅で行いました。 (所有者は、既存の百万ドルの邸宅を取り壊した後、新しい邸宅を建てました。)

とにかく、プロジェクトはもうすぐ完了し、安定化プロジェクトを承認しなければなりませんでした。私がそこにいると、ゼネコンは私が家の内部を見たかどうか尋ねます。私はノーと言いました、そして彼はあなたがこれがナッツである原因を見なければならないことをよく言いました。

家は3階建てで、最下階に屋内/屋外プールがあります。中層階には、リビングエリア、2つのベッドルーム、そして大きなバスルームがありました。下の屋内プールにはガラス張りのビューイングエリアもありました。

3階はとても開放的で、通路しかありませんでした。通路は2つの中層階の寝室と浴室に通じていました。ベッドルームとバスルームの上には、下のベッドとバスルームのバスタブの上に大きなビューイングプラットフォームがありました。

家はわざと建てられたセックスハウスでした。所有者の妻は書類に署名するために現れ、彼らがラスベガスからストリッパーで飛んでいると言ってパーティーに引っ越しに私たちを招待しました。

画像クレジット: Painkillerspe

#27

中学生の時、友達がポールアックスを手に取り、寝室の天井に数回叩きつけました。私の友人が彼自身の乾式壁にパッチを当てることができるので、彼のお父さんは気にしません。彼のお父さんはいつも酔っていて、子供たちがうるさすぎない限り、子供たちにやりたいことをさせました。

画像クレジット: inkseep1

私たちは皆、現実の世界で自分自身の最高のバージョンを描くのが好きですが、自分の家の快適さの中で実際にどのように行動するかを見ることほど親密なことはありません。友達を招待することは、より緊密な絆を築くための素晴らしい方法ですが、そのような状況で衝撃的な何かを見ることは、私たちの記憶の中で本当に際立っています。このリストの残りの部分を読んで楽しんでください、そしてあなたが最も驚くべきと思う物語に賛成することを忘れないでください。次に、友人の家で特に驚くべきことを目撃したり経験したことがある場合は、コメントでお知らせください。私たちはあなたの個人的な話を聞いてみたいです。

#28

姻戚は物事を捨てませんでした。必ずしも買いだめではありませんが、それほど遠くはありません。家の周りにたくさんの*s**t*を山積みにしておいた。正直なところ、人々がそのように生きているかどうかはわかりません。それは私を生理学的に不快にします。

画像クレジット: AmigoDelDiabla

#29

反対の経験。

私は友達の家に行って、彼の両親が買いだめであることがわかりました。本当に悪いように。家は通常、天井に触れる大量のがらくたの山を除いて装飾されていました。山の間に各部屋への小さな道がありましたが、それ以外はどこでもただのがらくたでした。

別の時、私はエアガンパーティーのために仲間の家に招待されました。私は以前誰かの家でエアガンパーティーに行ったことがあり、また通りで遊んでいると思っていました。私たちが遊ぶためのフルフィールドを備えた3階建ての邸宅に引き上げられました。彼の家にはエレベーターがあり、私たちと同じくらいの大きさのゲストハウスがありました。野原は馬に乗った姉のためだったが、彼女は私たちにそれをパーティーに使わせてくれた。男はいつも私と一緒に謙虚でクールで、彼の家族が裕福であることを決して許しませんでした。

画像クレジット: Scageater

#30

高校時代の私の親友は、一年中クリスマスツリーを置き去りにし、クリスマスの1週間前にクリスマスツリーを交換するだけの、買いだめの両親と一緒に暮らしていました。彼らは昨年のプレゼントをほぼ一年中暖炉に置いていきました。それは私の家よりも良かったので、私はちょっと適応しました。

画像クレジット: usarina16

#31

9歳か10歳くらいの時、学校の友達と一緒に泊まりに行きました。私の父は、あるラウンドアバウトで彼のお母さんを知っていたように感じますが、彼は適度に手入れの行き届いたダブルワイドトレーラーで彼のお母さんと継父と一緒に住んでいました。これは90年代後半のことでしたが、それでも子供には境界がないようで、代理人としては、そこにいる間はほとんど境界がありませんでした。私は主にビデオゲーム(PS1だと思います)をプレイするために行きました、そして私たちは主にバイオハザード2を何時間も続けてプレイしました。比較的怖い内容、当時の私にとっては血/流血。ジャンクフードはすぐに手に入りやすく、家でもジャンクフードを食べていたのですが、自分の家でいつ食べられるかについてはルールがありました。彼らはまた、トレーラーの部屋の1つを、ホッケーの試合が終わって帰宅するのを見ただけの20歳くらいの子供に貸し出しました。ジャンクフードと暴力的なビデオゲームを食べた後、私たちは居間に墜落し、翌日、彼の義理の父がトレーラーのデッキから彼のリボルバーを撃つことを申し出て目を覚ました。私はこれまで銃を撃ったことがなく、それは私にとって少し騒々しくて怖かったです。

その価値のために、子供(私の友人)は過去10年間刑務所に出入りしてきました。

画像クレジット: _TheRealKennyD

#32

私が3年生のように、学校で新しい子供だったとき、私はそれを打ち負かして友達になったのを覚えています。私は彼の家に行きました、そして彼はすべての甘いそして加工された軽食を持っていました。カプリソーネ、ポップタルト、冷凍庫のピザ、シェフのボヤルディー、ダンカルー、あなたはそれに名前を付けます-これらはすべて、多かれ少なかれ子供たちに販売されているブランドのものです。私は非常に田舎で育ちました、そして私の母は私たちが新鮮な果物と野菜を持っていることに固執しました、彼女は地元の農産物市場の頻繁な買い物客でした。私たちはおやつを持っていませんでした(最も一般的なのはアイスクリームとポテトチップスでした)が、誰かの家がいっぱいになっているのを見て、私が今見ているように、基本的にコマーシャルは私に衝撃を与えました。

画像クレジット: danielstover

#33

私は非常に裕福な家族で育ち、通常は非常に裕福な家族から来た他の近所の子供たちと付き合っていたので、中低層の家族がどのように生活しているかについてはかなり素朴でした。サマーキャンプで「線路の向こう側」から別の子供と仲良くなりました。ある夜、彼の家で寝てしまいました。彼の母親が仕事をしていて、朝仕事に行かなければならなかったこと、そして彼が兄と妹と寝室を共有していたことに驚いたことを覚えています。
彼がお母さんにアイスクリームをもらえるかと尋ねたのを覚えています。彼女の答えは「すみません、私たちはそれを買う余裕がありません」でした。
それらの言葉が私の甘やかされて育った10歳の脳から地獄に衝撃を与えたと彼のお母さんが言った、私はパニックを感じたことを覚えています。

画像クレジット: eathatflay86

#34

ここでの回答のいくつかと比べるとおそらく穏やかですが、私は米国北部出身です。私は今南部に住んでいます。私にとってショックだったのは、人々がお互いの家に足を踏み入れ、自動的に冷蔵庫を開ける方法でした。私たちはそこではそれをしません。

あなたの家族、つまり血の家族でない限り、私たちはそれをしません。初めて見たときは失礼だと思ったので、本当に変だと思いました。皮肉なことに、ここにいる人々は私がそれをしなかったのは奇妙だと思っていました。

編集:タイプミス

画像クレジット: Dismal-Opposite-6946

#35

私の両親は教会のこのカップルと友達でした。私たちは彼らをビルとマーサと呼びます。彼らは私たちのようなホームスクーラーだったので、私の母は、ある日、マーサが私の姉と私を彼女の子供たちと一緒に家庭教師にすることを決めました。

ビルには、テレビや本についていくつかの奇妙なルールがありました。マーサと子供たちは、PBS(公共放送ネットワーク)以外のテレビチャンネルを視聴することを許可されていませんでした。彼らは、聖書といくつかの聖書をテーマにした童話以外の本を読むことを許可されていませんでした。そして、3人は午後7時までにベッドにいなければなりませんでした。また、彼らは白パン以外のパンを食べることができませんでした。しかしビルは、彼が望むものは何でも食べて、読んで、見ることができました。

今、私たちのお母さんのルールもf ****されましたが、ビルのテレビのルールは本当に私をループに投げ込みました。その家族も家で靴を履いていました。主にカンボジア人と韓国人の周りで育ったので、私は本当にそれを期待していませんでした、そして、私はほとんど急いでいました。

画像クレジット: mtthellspawn

#36

妻と私が最初に付き合って真剣になったとき、私は彼女の家族の行事に行き始めました。私が初めて彼女のいとこの家に行ったのは…変だった。彼らは、VHSポルノコレクション全体をテレビの横に開いた状態で座っていました。私の妻はそれを無視し、彼女が子供の頃からそこに座っていると言いました。彼女のいとこには私たちと同じくらいの年齢の子供がいたので、それはそれをさらに奇妙にしました。

画像クレジット: bangersnmash13

#37

ソルトアンドペッパーシェーカー。どこでも好きです。すべての部屋に積み上げられた箱の宿でいっぱいの部屋のように。すべての壁には、ディスプレイでいっぱいの棚が並んでいます。彼女のお母さんは彼らにひどい執着を持っていました。

画像クレジット: waystinthyme

#38

私は週末を8人の男の子の末っ子である友人と過ごしました。私はとても口頭の弱い家庭の出身で、10人全員が怒鳴りながらコミュニケーションを取ります。 Now they were a loving household and there was no abuse going on, but until that point in my life, really the only time someone yelled in my presence was when someone was in danger, or someone was very very angry, and here these guys were screaming at each other to get a slice of pizza. I understand, when there's 10 of you, 9 of you boys, you have to yell to get heard, but my internal danger meter was set to 11 all weekend.

Image credits: cold08

#39

When I was a kid in the mid-1970s my parents rented a house in Stockbridge for the summer.

So I became friendly with some kids up the road, who invited me to dinner. So I went over and there were maybe 5 kids, the two parents and me. So the parents put out the food, then everyone dropped their heads, held hands and started saying thanks or whatever you call a pre-meal prayer.

That sort of caught me off surprise. As a kid from a completely non-religious family from NYC it was something I had never seen before, other than on the Waltons or Little Hoyse on the Prarie.

There was also the time I was dating a girl in HS (1980s). I went by her house, and her mom answered the door in a teddy. She looked good but I was caught off-guard. Turns out they were swingers and were headed to some party.

Honestly the latter seemed less odd to me than the former.

Image credits: GooseNYC

#40

NOT at a friend's house, but I once took a couple guys I didn't know all that well to get lunch because this one guy's car wasn't running so he couldn't drive, and on the way back he wanted to stop by a friend's house to pick up something.

We all ended up going inside and it turns out this friend (an immigrant from Poland, I think) had an altar to Hitler in his living room. Like, an actual altar, with a photo of Hitler and Nazi flags and Nazi effects and fresh flowers and whatever. It was the craziest thing I had seen till then.

Image credits: internet_commie

#41

Not all families eat dinner together. As a kid i would eat dinner with my family we would all gather around a table and eat, we did the have tv on in the background so mom and dad could listen to the news. Other than that we would eat and talk. First time I went to my friends house I sat at their dining table and my friend said “what are you doing? Let's go back up to my room and eat” I looked at his mom for what felt like a minute before she said yes go ahead. It was strange and to this day I find it strange some families don't eat together.

#42

I went to a friend of a friend's house after a few at the pubone night. Walked in the house and it was bare. No walls, no real flooring, the kitchen was a random sink and there was two chairs to sit on. There was also a stereo and funky lighting to go with the literal bones of the house.

After some time I really needed to pee but I had been trying my best not to have to use the bathroom. I mean, who knew if there was even walls?

Finally went and omg, it was like walking into a presidential bathroom suit. The tiles, the lighting, the bidet, stained glass window – it was the best bathroom I have ever seen

Asked my friend a few days later what's up and she said that that the were doing really well in life, bought the best house on the best street, started renovations then got bored. Decided to use thier money on holidays and other fun things

#43

This is really minor but when I went to a friend's house, as soon as I walked in I took off my shoes and left them by the door. But my friend didn't. I was so confused! It turns a ton of people wear their shoes inside, in their homes. Its still weird for me to this day.

#44

I went over to my friend's house for the first time and was surprised to find out that her parents would argue in front of everyone, including me. They had no self control when it came to that. In one instance I was actually involved in one of the arguments and had to calm her step-mother down. It was really weird for me to see that since my whole childhood whenever anyone came to my house my parent would act normal and never argue in front of guests. I just found it really strange since I am not an adult, and still a teenager, and my friend is too. I shouldn't be included in arguments about you cheating on each other ?

#45

I was dating a man and when we went back to his place everything just looked off. It was really nice and stylish but didn't look like “him” or his style if you know what I mean. I didn't say anything the first night, but after a few visits it finally bugged me enough that I had to ask. I thought maybe it was his ex wife's stuff but nope, when he bought his place he bought all the previous owner's furniture and decor along with it. He did not choose a single thing in the entire place.

#46

no soap in the bathroom. You're telling me that you poop, wipe your butt, don't wash your hands, and then cook or eat food. Never hung out with that person again

#47

This isnt really shocking but I was surprised as a kid. One time I went to a friends house where most of the house was sparkling, it smelled wonderfull and it was extremly neat and clean, not a single piece of dust or dirt. However when I walked into their bedroom I was surprised at just how messy it was, it wasnt only messy clothes and items on the floor, there was dust everywhere and plenty of dirt build up. And it was the exact same for all of the other siblings rooms. I guess that I just found it weird the entire house was spotless exept for the bedrooms.

#48

For a project in middle school we had to make a video about something, can't remember been years now, and my friend at the time, said we can do in downtown in our town. It was a group project too, so my mom dropped off me and another friend downtown to meet the rest of the group. We filmed a bit but then we needed something so we had to friend's house, I'm gonna call her J, since her house was the closest but she didn't want us to go to her house and ask if my mom could pick us up to go to my house instead.

My house was the biggest and I did have lots of things but my parents couldn't pick us up as they were busy and the walk to my house was too far away. Not to mention it was hot as f**k, plus we weren't even done filming so we had to go back to downtown. So we had to go to J's house but J was always persistent I never go to her house, she always came to my house. I was curious so when we arrived there, J only wanted me to come inside to get what we needed. When I entered the house I was hit by old laundry detergent smell and cats, then I saw the piles and piles of things around the house. Things were literary stacked on top of each other. There's so much stuff in the house and there was barely any room to walk around and it was dark as hell. I met her mom who was on the computer with stuff around her, and saw how dirty and obese she was. There was like 7 cats laying around and J quickly got what we needed and left.

She made me to swore to not tell the others what I saw and I felt bad since it explains some of her issues (the other reason is her mom was controlling, highly strict, yet neglectful never letting her do anything or go out) and why her clothes smelled weird and had tons of cat hair on them. J always looked disheveled when she came to school every day and why she never told about her home life. It was the first time I ever saw a hoarders house.

Image credits: KhaoticKris

#49

One of our wealthiest friends (also one of the sharper dressers) lives in a house with no furniture. He has a few camping chairs around his kitchen counter and his bedroom is a mattress in the ground with different piles of clothes around.

He irons every outfit before he puts it on.

#50

A sex dungeon in the basement of my neighbours. They are goody two shoes who are very religious. To look at them you'd think they are prudes, but from what I saw they are the complete opposite. I stumbled upon their sex dungeon when both bathrooms they had were in use and I really had to go. The wife said I could use their washroom they had downstairs. As I was walking in their basement I thought I saw a sex swing out of the corner of my eye, so I stopped and saw that this, with a lot of locks on the door, was open. So naturally my curiosity forced me to snoop and wow… all I can say is they aren't prudes after all.

#51

So I never had the fraternity experience during college. I stayed at home with my parents while studying for my degree. One day I get invited to visit some friends up north at another university. They lived in a frat house and said it was cool to crash at their pad. So I thought “hell yeah this gonna be fun”.

Upon arriving, I was greeted with the most disgusting frat house you have ever seen. There was trash EVERYWHERE. So much so to the point that you couldn't even see the floor. It was like a sea of trash. The kitchen had massive stacks of dirty plates and dishes on the counter and in the sink.

And for the cherry on top? It was INFESTED with rats. I tried sleeping at like 1am and you could just hear rats darting across the floor in the living room and rummaging through the cabinets in the kitchen.

I was like “nope, I'm out”. Grabbed my sh*t and just dipped out. I got lucky because I knew another good friend of mine who lived about 15 minutes away. Hit him up and explained my situation and he was like “dude, get out of that HELL HOLE and come stay with me. We'll smoke some weed and you can crash on my couch”. I took an Uber over to his place and the sense of relief when I got to his pad was unreal haha. I'm eternally grateful to that mfer

#52

The first girl I dated while in college had her own house (which I thought was super awesome considering she was only 2 years older than me). It was absolutely filthy. Not just garbage everywhere but just random stuff laying around and zero organization. She was definitely a hoarder. We broke up after about a month but a few years later hooked up again and her house was waaay better. I'm glad it wasn't a permanent thing for her.

#53

i always noticed going over to my old friends house how much unity you kind of felt walking in. like it was a genuine home,i grew up with a really abusive/neglectful mom and everything was so different it felt uncomfortable in a way.

they had really nice stuff,he had both parents,pool,dirtbikes,food/snacks/drinks,nice car,decorations and pictures,smelled nice,etc etc and i remember the most awkward thing i felt was just sitting at the table and eating with them cause it was really foreign to me and i almost felt interrogated but realized everything was fine sooner or later. same with breakfast,i got a really bad stomach ache the next day from eating so early cause i hadn't eaten breakfast on that schedule in YEARS (and still dont eat it), it felt weird but nice. his mom didn't like me though lmao

#54

All the lights of the house were red, because some astrologer told them it was good for them.

#55

I remember I went to visit a Somali family who had basically furnished their home like a typical Somali house? They had a house with 2 bedrooms but all rooms incl the living area where matresses on the floor, all around the walls with like ethnic plaids, nice carpets everywhere, no tables or beds to be seen. It didn't look cheap (so money didn't seem to be an issue).
I asked my friend where they slept?? She explained they just choose a spot, take a blanket out of the build in cabinets and sleep there.
So nobody had a bedroom, they just slept wherever they liked.
And to eat they would take a plaid (again from the build in cabinets they had in every room) and just spread it on the floor and eat there.
Their clothes? Also all in the build in cabinets.

Image credits: SnooComics8268

#56

Not me, but my gf at the time, we were around a month into officially dating.

I took her to my grandmother's birthday and introduced her to my family, mind you we were around 30 people and not everyone showed up, grandma was turning 80 and was healthy as a horse.

On the way back (left early since she had a curfew and it was a 40 min drive) she started crying, and not just weeping but full on bawling her eyes out. When she calmed down she told me she never knew that so many people could gather for a festivity and actually got along in a lovingly and respectful way, her family is very broken, her mom and grandmother were/are pathological liars, which made her family the "black sheeps" within ber family, and the rest of them are just a**holes (few exceptions tough), so every festivity for them was composed of discussion turned fights, people who are not on speaking terms with eachother, enduring back handed comments, etc.

I am lucky to have a big family who cares about eachother and are always eager to help out, and now she has that also.

#57

I was invited to a friend's home, the entire house was rotting, molding and basically falling apart, but when I entered his room everything was fancy, high tech and expensive.
This family was treating thier child like a God but literally letting thier house rott apart.
I still don't get it

#58

Went to my friend's house when I was like 9 was playing hide and seek, went into a forbidden parents room cause it's only cheating if you get caught.

The wall had pistols rifles swords and other cool as f**ks**t I stood in awe and then left without ever mentioning it to my parents, eventually they showed me it themselves but my god was that a core memory for me.

Also for context I live in the UK so this is mad rare for us.

#59

Went to a third world country to visit my best friends family. It was not as expected..

I had known my friend for over 12 years. They often spoke about the difficulty of their origin story – growing up in a developing country, the disadvantages they experienced, poverty, etc. It was a cornerstone of their identity and I never had any reason to question it. In our late twenties we planned a backpacking trip though Central America, and decided at the last moment to make a stop over in their home country, El Salvador.

The first memory that stands out was seeing a very large building – 15 floors or more – with their families surname on it. I was like “woah that's cool. You share a name with some massive company or something?” .. hours later we crossed a bridge that also had the family name.. then entered a gated community with the family name .. and that's when I found myself in a massive compound with multiple family homes, vehicle, staff and security.

It was an incredible realization that not only did my friend *not* come from poverty, but in fact grew up in elite privilege in an otherwise poverty-stricken country. I couldn't really place how uneasy my friend has seemed over this entire trip until I saw it all layer out in front of me. Boy oh boy did we have a lot to talk about on that trip..

#60

It's pretty tame in comparison to the rest of these stories, but it took me like three visits to my friend's house before I realized they didn't have any mirrors. Still not sure if it's a deliberate choice or what the deal is, but it's kinda weird to me.

#61

I went to a rich person's house and everything needed to be spotless and clean and there was even plastic wrapping on the couch??? Like wtf you don't like sitting?

(出典)