「住みたい場所」のInstagramアカウントで共有されている、夢のように現実になりすぎている40軒の家

あなたが大都会の生活を送っているなら、高額なスタジオを借りたり、アパートを仲間の大人と共有したり、食器棚サイズのアパートに身を寄せたりするのがどんな感じか知っているでしょう。地球上でますます多くの人々が、10平方メートルほどの小さなアパートとして知られる小さなスペースに住んでいることに気付くのも不思議ではありません。東京、誰か?

したがって、この忙しい世界で少し閉所恐怖症を感じ始めている場合、このInstagramアカウントは新鮮な空気の息吹として来ます。本当にどこかに存在する魅惑的な場所の美しいコレクションを提供するアカウント「どこかに住みたい」へようこそ。 KattySchiebeckインテリアデザインスタジオの創設者であるRubenOrtizとKattySchiebeckによってキュレーションされたこのアカウントは、インテリアデザインファンや美的に楽しいものを高く評価する人にとっては本当の楽しみです。

ページで共有されている最も美しい投稿を下にスクロールして、住みたい投稿に賛成票を投じてください。

#1

94歳のAgnesKasparkovaは、チェコ共和国の彼女のアートギャラリーにある小さな村に転向しました。

画像クレジット:どこかに住みたい

#2

画像クレジット:どこかに住みたい

#3

画像クレジット:どこかに住みたい

私たちの惑星地球は息を呑むような場所でいっぱいです、あなたはおそらくそれらすべてを旅行するために一生を必要とするでしょう。しかし、あなたがちょうどそれをすることに決めたとしましょう。どこから始めれば?それを計画する方法は?何をすべきか、そしてもっと重要なことに、すべきではありませんか?これらは、片道航空券を購入する前に考慮すべきいくつかの質問です。

一方、Big 7 Travelは、私たちを驚かせてはならない世界のトップ50バケットリストの目的地のリストを発表しました。 「白い砂浜は今でも多くの人にとって必見です。活気に満ちた都市も多くの人々のバケツリストに登場しています」とBig7Travelのコンテンツ責任者であるClayton-Leaは言います。実際、自然に美しい景色と世界的に有名なランドマークを持つ国がトップになりました。リストの目的地の22%には白い砂浜があり、52%は象徴的な都市です。

#4

画像クレジット:どこかに住みたい

#5

画像クレジット:どこかに住みたい

#6

画像クレジット:どこかに住みたい

バリは地球上で最も人気のある50のバケットリストの目的地のリストを上回りましたが、いくつかの旅行のピックはあまり期待されていませんでした。 「トップ10のリストには、期待される夢の目的地がたくさんありますが、リストにはいくつかの驚きがあります。たとえば、ブータンのパロバレー、またはコンゴのヴィルンガ国立公園です」とClayton-Leaはコメントしました。 「これは、グリッドから抜け出す必要性に対する大きな欲求を示しており、ソーシャルメディア(およびVirungaの場合はNetflix!)がこれらの素晴らしい場所の言葉を広める責任があると想定することしかできないと思います。」

#7

画像クレジット:どこかに住みたい

#8

画像クレジット:どこかに住みたい

#9

画像クレジット:どこかに住みたい

退屈なパンダは、家族旅行ブログ「 Wanderlust Storytellers 」の連続旅行者および作成者である、JoleneとAndrzej Ejmontに連絡を取り、これらの場所のいずれかを訪問するミッションに着手した場合に役立つヒントを見つけました。旅行中に物事が計画に反することがよくあるという秘密はありません。しかし、物事が計画どおりに進まない場合でも、気分を良くするための最善の方法は、特定の目的地にいるときの「バッファ時間」を事前に計画することです」と、Ejmont家は私たちに語りました。 「たとえば、ローマに3日間探索する場合は、安全のために4日間予約してください。それでも問題が解決しない場合は、カクテル、チョコレート、アイスクリームが常にあります。」

#10

画像クレジット:どこかに住みたい

#11

画像クレジット:どこかに住みたい

#12

画像クレジット:どこかに住みたい

さらに、GPSなしで旅行や車を雇う場合、細部はほとんど重要ではありませんが、間違いは簡単ですが、それは確かにあなたの旅行を酸っぱくする可能性があります。 「携帯電話の地図よりもGPSに頼るほうがはるかに優れています。その場合、携帯電話で受信がないかどうかは問題ではありません」とAndrzej氏は述べています。

#13

画像クレジット:どこかに住みたい

#14

画像クレジット:どこかに住みたい

#15

画像クレジット:どこかに住みたい

彼らの意見では、人々は最近旅行の経験が一般的であるかどうかを尋ねられたとき、Ejmont家は間違いなくそうだと言いました。 「人々は、ますます多くの旅行者の少ない目的地にゆっくりと冒険し、かつてないほどの旅行を経験しています。」

「もちろん、これは旅行に対する理解を深め、副作用として、寛容、謙虚さ、思いやりでますます多くの魂を豊かにします」とAndrzejは私たちに語りました。

#16

画像クレジット:どこかに住みたい

#17

「『スコラタワー』は17世紀に建てられ、ラスペツィアによって海に42フィート以上の高さがあります。#イタリアこのタワーは、もともとジェノヴァ共和国上院の防衛システムの一部として設計されました。」

画像クレジット:どこかに住みたい

#18

画像クレジット:どこかに住みたい

最近の傾向のように思われる一人旅について尋ねられたとき、Andrzejは一人旅は他に類を見ない冒険に満ちていると言いました。 「旅行への情熱を失い、どんな道に出ても、誰に会っても、心を開いて…間違いなくそれ自体が冒険です。」

#19

画像クレジット:どこかに住みたい

#20

画像クレジット:どこかに住みたい

#21

画像クレジット:どこかに住みたい

#22

「バルセロナのリセウ大劇場の聴衆は2292の植物で構成されていました。弦楽四重奏団は、2292の医療従事者に寄付される前に、鉢植えの植物にプッチーニを演奏しました。」

画像クレジット:どこかに住みたい

#23

画像クレジット:どこかに住みたい

#24

画像クレジット:どこかに住みたい

#25

画像クレジット:どこかに住みたい

#26

画像クレジット:どこかに住みたい

#27

「エデンの庭園」

画像クレジット:どこかに住みたい

#28

画像クレジット:どこかに住みたい

#29

画像クレジット:どこかに住みたい

#30

画像クレジット:どこかに住みたい

#31

画像クレジット:どこかに住みたい

#32

画像クレジット:どこかに住みたい

#33

画像クレジット:どこかに住みたい

#34

画像クレジット:どこかに住みたい

#35

画像クレジット:どこかに住みたい

#36

画像クレジット:どこかに住みたい

#37

画像クレジット:どこかに住みたい

#38

画像クレジット:どこかに住みたい

#39

画像クレジット:どこかに住みたい

#40

パリ

画像クレジット:どこかに住みたい

(出典)