「はい、でも」:アーティストは、社会がいかに矛盾しているかを示す一連の皮肉な漫画を描きます(22枚の新しい写真)

1年も経っていませんが、ロシアのアーティスト、アントン・グディムがBored Pandaに戻ってきました!今日の記事では、「YES、BUT」シリーズの彼の皮肉な漫画をもっと共有したいと思います。アントンは、不条理、皮肉、そしてダークユーモアの達人です。彼のイラストは現代社会のばかげたことを完璧に捉えており、私たちが普通に受け入れているものをからかっています。

アントン・グディムは、彼がInstagramで共有している風変わりな短いパネルの漫画で主に知られており、現在100万人以上のフォロワーがいます。彼の最新のプロジェクト「YES、BUT」はトピックが似ていますが、スタイルが異なります。これは、他の作品とは異なり、アントンが2枚のパネルの漫画しか投稿していないためです。しかし、だまされてはいけません!それらは短いですが、これらの漫画はそれほど影響力がありません。イラストは、消費主義、人々の行動、エコロジーなどのトピックに触れています。ユーモアと皮肉のプリズムを通して、それはアントンが現代社会を描写する方法です。

詳細: Instagram | patreon.com | gudim.threadless.com |インスタグラム

#1

画像クレジット: _yes_but

アントン・グディムは覚えている限りずっと絵を描いてきました。しかし、彼の職業は芸術とは何の関係もありません。数学の才能があり、エンジニアとして働き始めたので、工業大学を卒業しました。アントンはキャリアを通じていくつかの転職をしましたが、何かが足りないと感じていました。その時、彼はドローイングに戻りたいと思ったが、「より形成された世界観を持って」いることに気づいた。

#2

画像クレジット: _yes_but

#3

画像クレジット: _yes_but

アントンのアイデアは、日常生活を観察することから生まれました。アーティストが以前のインタビューで述べたように、彼は何年にもわたって何かに気づき、常にアイデアを探すように自分自身を訓練してきました。彼は不条理なシュールなスタイルを形成しているので、アントンはそのプリズムを通して世界を見ています。 「これは退屈と戦う方法です。通常の環境で何か新しいものを見ることができます。」

「私はわざと何もしていません。人々の生息地で彼らを見るためにカメラを持った「サファリ」に出かけることはありません。私はただ自分の人生を生きています。そして私の人生は日常業務とソーシャルネットワークの両方です。 「YES、BUT」プロジェクトを始めたとき、文字通りどこでもこのフォーマットの例に気づき始めました。だから私はただ生きてメモを取ります。」

#4

画像クレジット: _yes_but

#5

画像クレジット: _yes_but

「YES、BUT」コミックを作成するというアイデアは、2016年にアントンにもたらされました。このフォーマットは、人々が生活の中で多くの矛盾とどのようにうまくやっていくかについての考察に触発されました。アーティストは、一部の人々の行動が非常に矛盾していることに気づきました。したがって、この「しかし」が登場しました。 「実際、このフォーマットは期待の破壊、つまりかなり標準的なユーモラスなテクニックですが、署名は「はい、しかし」すべての異なる状況を1つの「テンプレート」の下にもたらし、それがどれほど包括的であるかを示しています。」

#6

画像クレジット: _yes_but

#7

画像クレジット: _yes_but

アントンが作品を改善するためにしばらくしてから作品に戻る必要があると感じているかどうか、私たちは興味を持ちました。アーティストは、1つの作品を終えた後、彼の心が新しいアイデアのために解放されるため、各作品にあまり時間をかけないようにしていることを共有しました(これは彼のクリエイティブのメインエンジンです)処理する。

「3〜4年前に作品に戻って少し修正することもあります。絵を描くスキルは向上していますが、しばらくの間は関連性のあるアイデアが残っているので、プレゼンテーションの観点からいくつかのアイデアを洗練させて、できることを示したいと思います。しかし、何年も経っても修正を必要としない数字もあります。」

#8

画像クレジット: _yes_but

#9

画像クレジット: _yes_but

他の人からも提案されたアイデアを実現しているかと聞かれたところ、厳格なルールはないと答えた。 「私は定期的にメモを取り、そこから将来の絵のアイデアを得ることができます。Instagramの親しい人やフォロワーからいくつかのアイデアが提供されます。アイデアが私に良いと思われる場合は、喜んでそれを絵に翻訳しようと思います。」

より多くの「はい、しかし」漫画を特集した以前の投稿を見たい場合は、ここをクリックしてください。アントンの古い作品を見つけることができ、ここでここではここではここではここではここここ

#10

画像クレジット: _yes_but

#11

画像クレジット: _yes_but

#12

画像クレジット: _yes_but

#13

画像クレジット: _yes_but

#14

画像クレジット: _yes_but

#15

画像クレジット: _yes_but

#16

画像クレジット: _yes_but

#17

画像クレジット: _yes_but

#18

画像クレジット: _yes_but

#19

画像クレジット: _yes_but

#20

画像クレジット: _yes_but

#21

画像クレジット: _yes_but

#22

画像クレジット: _yes_but

(出典)