「あなたが完全な見知らぬ人と過ごした中で最も親密な瞬間は何ですか?」 (65話)

親切な言葉、必要なときの抱擁、そして共感のピンチは、誰かが落ちているときに笑顔にし、物事が最も暗く見えるときに支えられていると感じるために必要なすべてです。結局のところ、私たちは皆人間ですが、私たちがしていることを何でもすることに忙しくしているので、時々それを忘れます。しかし、減速したり、頭の外に出たりすると、困っている見知らぬ人に気づき始めることがあります。助けが必要かもしれない見知らぬ人。私たちの救いの手。

Redditに関する一連の正直で、感情的で、魂を癒す投稿で、 インターネットユーザーは、見知らぬ人と最も親密な瞬間を共有しました。投稿は心と魂のためのチキンスープのようなものです、親愛なるパンダ、そして私たちは彼らがあなたを暖かくして、今日少しだけ親切になるようにあなたを刺激すると思いました。これがインターネットのために作られた種類のコンテンツです!

下にスクロールして、心温まるストーリーをご覧ください。 、あなたの最もに触れたものをupvoteあなたはそれまで感じている場合は、コメントにあなた自身の物語を共有し、そしてイギリスの心理と優しさの利点について退屈パンダのインタビューを読んですることを忘れないでくださいシルバネベス

#1

ハリケーンカトリーナが発生したとき、私はヒューストンに住んでいて、FedExKinkosで働いていました。年上の女性が、オンラインで投稿したいと思っていた行方不明の息子の写真を持ってやって来ました。彼女は実際にコンピューターを使用する方法がわからず、写真をスキャンしてアップロードする方法も確かにわかりませんでした。私たちは社内の面でかなりバックアップされていたので、私は彼女をセルフサービスのコンピューターにセットアップし、すべて自分で行いました。私は彼女に写真のコピーをスキャンして焼き付け、彼女が望む場所にオンラインでアップロードし、彼女が写真を投稿する他の場所を見つけた場合に備えて、私が行ったすべてのことを彼女に説明しました。彼女は非常に感謝していた。

約2か月後、母親が息子を見つけるのを手伝ってくれたことに感謝したいので、彼女は息子を連れてきました。抱きしめた。私は泣いた。私の人生で最も親密な見知らぬ瞬間。

画像クレジット: mizmac85

#2

去年のクリスマス、加齢に伴う健康上の問題で犬のロッコを倒さなければなりませんでした。私は一週間前に彼を腐らせた。彼の最後の日、私は彼を地元のドッグパークで最後の散歩に連れて行った。彼は大きな男で、135ポンドの純粋な愛でした。私たちが散歩を始めたときに最初に見たのは、ロッコの頭の大きさすらない小さな小さな犬を飼っているおばあさんでした。もちろん、ロッコは挨拶をしに行き、私は彼がとても優しいことを女性に安心させるために声をかけました。彼女は微笑んで、心配していなかったと答えました。
私たちの犬がお互いを知るようになると、私たちはおしゃべりを始め、彼女は美しくて素晴らしい犬のロッコが何であるかについてコメントしました。私は彼女に感謝し、悲しいことにそれは彼の最後の日であり、私は彼をその日の後で眠らせなければならなかったと彼女に話しました。彼女はすぐに涙を流し、そのような思いやりで私を見て、私を抱きしめることができるかどうか尋ねました。私は同意し、私たちは二人とも涙を流していました。

その後、彼女は犬があなたの人生にどれほどの違いをもたらすかを知っていて、夫が亡くなるわずか2週間前に、犬がいなかったらどうやってそれを乗り越えたかわからなかったと私に話しました。この時点で、私は再び泣いていて、彼女に抱擁を与えることができるかどうか尋ねました。そこで私たちは立って、2人の完全な見知らぬ人が抱き合って泣きました。私はその女性と、私が最も必要としたときに彼女が私に見せてくれた真の愛と思いやりを決して忘れません。

画像クレジット: UncausedShadow

#3

それは私の11年生の学校間ダンスでした。私は今言えることはパニック発作であり、トイレに退いた。親友が私を連れ出そうとしましたが、私は去ることができませんでした。私は彼女に戻って行くように言いました、そして私は大丈夫でしょう。

別の学校の女の子がやって来て、私が明らかに苦しんでいるのを見ました。彼女は私に何が悪いのか、私が大丈夫かどうか尋ねませんでした。彼女は私のドレスが大好きだと言って、それについて私に尋ねました。それから彼女は私に彼女について話し、私たちは学校について、そして私たちが卒業したときに何をしたいのかについて話し始めました。彼女の友達がやがてやって来て彼女を見つけ、彼女はさようならを言った。とても気分が良くなったので、外に出て友達に加わりました。

私は彼女の名前を知らなかったし、彼女がどの学校に通ったのか覚えていないが、私は彼女にとても感謝しており、彼女が素晴らしい人生を送っていることを願っている。

画像クレジット: punkynomie

r / AskRedditsubredditのRedditoru / Pielefのスレッドは多くの心に触れました。これらの物語を読んでいるときに笑わないようにするのは非常に困難です。なぜなら、彼らは私たち全員の根本的な何かに触れているからです。

メンタルヘルス財団は、その核心において、他人に親切にすることで私たちが気分が良くなると説明しています。 「他の人を助けることは、私たちのサポートネットワークを改善し、私たちがより積極的になることを奨励することもできます。これにより、私たちの自尊心が向上する可能性があります」と彼らは説明します。

さらに、利他主義は帰属意識を生み出し、もしあれば孤立感を減らします。近所の人や困っている見知らぬ人を助けることで、地域社会とのつながりを感じ始めることができます。

#4

かつて、私の犬が生後わずか数ヶ月のとき、私たちは散歩に出かけ、壁にもたれかかっていたこの男を通りで通り過ぎました。私の犬は立ち止まり、動揺することを拒否しました。彼女は私を見て、その男を見上げ、それから私を振り返り、尻尾を少し振った。だから私は「こんにちはと言いたいですか?」と言いました。そして彼女はその男に向きを変え、足を彼の膝の上に置きました。念のために言っておきますが、私の犬は人が好きではありません。彼女は本当に恥ずかしがり屋で、見知らぬ人に近づきません。そのため、彼女が交流したいと思ったのにはちょっと驚きました。男は腰をかがめて、1、2分彼女をかわいがった。それから、彼は立ち上がって私を見て、ありがとうと言いました。彼が泣きそうになったように、彼の顔の表情はとても傷つきやすかった。それは一年以上前のことで、たまにその人のことを考えています。彼はかわいい子犬を数分間撫でてくれてとても感謝していて、私の犬は彼がそれを必要としていることを知っているようでした。

画像クレジット: specificshadeofblu

#5

ある時、地下で別のロンドン市民とアイコンタクトをしたことがあります。

私は自分の人生でそれほど罪悪感や恥ずかしさを感じていません。

#6

私はごく最近、ひどい、死んだはずの自動車事故で手を折った。到着した州警察は、私の明示的な許可があっても、私のIDを財布から取り出すのを手伝うことをほとんど拒否しました。ましてや、車から降りるのを手伝うこともできませんでした。それからヴァンスがいました。

ヴァンスはAAAの普通のレッカー車の運転手でした。彼が私の車に揺れ、目と鼻が蛇口のように走っているとき、彼は私を車から降ろすのを手伝ってくれると申し出た。彼の口調は共感に満ちていて、兵士にはひどく欠けていたものでした。彼は私がドアを開けるのを手伝ってくれて、私がただ腕を必要としていたけれども、私を車からすくうことを申し出ました。彼は私を腰の周りでつかみ、私が必要なだけ彼に寄りかかることができると私に言いました。彼が車から私を助けてくれたとき、私たちの顔は感動的でした。

ヴァンスは彼の義務を超えて行きました。消防士や警察官がこれをやっているとは二度と思いませんが、レッカー車の運転手が私に一時停止を与えました。

ヴァンスありがとう!

画像クレジット: OnAMoose

「他の人、特に自分よりも幸運でない人を助けることは、物事を見通しに入れ、あなたをより前向きに感じさせるのに役立ちます。あなた自身の優しさや感謝の気持ちを意識することで、幸福感、楽観主義、満足感を高めることができるという証拠がいくつかあります。良いことをすることは、あなた自身の状況についてより前向きな見通しを持つのに役立つかもしれません」とメンタルヘルス財団は書いています。

さらに、親切な行為は伝染性です。まあ、ある意味で。優しさを目撃したり、優しさを受け入れたりするとき、私たちは利他的である可能性がはるかに高くなります。要するに、優しさは優しさを生むのです。

#7

寒い冬の日、私が音楽監督をしていた教会の前の階段にホームレスの男性が座っていました。練習のために建物に入るドアのロックを解除すると、男が震えているのに気づき、特に貧弱に見えました。それで私は彼を中に招待し、教区のホールの台所で彼のために食べ物を修理しました。彼に食べ物、コーヒー、クッキーを与えた後、私は大きな違いに気づきました。また、教会の残骸の販売には、彼にぴったりの重い冬のコートと帽子があったので、私はそれを彼に渡しました。彼が出発したとき、男は私に暖かい笑顔を与え、続いてクマの抱擁をしました—私が決して忘れない瞬間。

画像クレジット: Back2Bach

#8

私はかつて飛行機の中年の女性の隣に座っていました。初めての飛行で、おかしくなりました。私は離陸、着陸、そして飛行中のわずかな乱気流の間、彼女の手と腕を握りました。普段は気の利いた人ではありませんが、当たり前のように感じました。

画像クレジット: cheezydan

#9

私はマンハッタンにいて、s ** cideを実行するためにたくさんのOTCピルを購入していました。私は薬局の外に出て、ボトルの1つを開けましたが、それを落とし、ピルは歩道のいたるところに行きました。ホームレスの女性がやって来て、どういうわけか何が起こっているのかを知っていました。彼女は私をつかんで、「これらすべての薬を飲まないでください。これをしないでください」などと言い続けました。彼女は私に薬を渡してもらい、餃子に投げました。彼女が私が何をしようとしているのかをどうやって知っているのか分かりませんが、彼女はおそらくその夜私を救ってくれました

画像クレジット: nm5678

英国の心理療法士Silvaは、Bored Pandaに、人間には2つの反対の本能があると説明しました。それらの1つは、優しさと利他主義に直接関連しています。もう1つは、生存と自分自身を守りたいという願望に関係しています。

言い換えれば、私たちは常に援助の手を貸すべきかどうかの賛否両論のバランスを取っています(それが何らかの形で私たちに裏目に出るかもしれないことを恐れているからです)。

#10

私は20代半ばの男で、Uber / Lyftを運転しています。ある時、本当に忙しい夜、私がギャラクシーパンドラステーションのガーディアンズをプレイしている間に、若い女性が私の車に乗り込みました。 「アメリカンパイ」が登場したとき、私たちは簡単な楽しみを交換していました。今は、乗客と一緒に歌ったり、歌が苦手なため、一般的に歌ったりしていません。しかし、私の車に乗っているこの若い女性は、歌に合わせて歌い始めました。 1、2節後、私は参加することにしました。それから彼女は私のオフピッチの歌と調和し始めました。私が彼女のホテルに引っ張ったとき、歌はすぐに終わりました、私たちは再び最小限の楽しみを交換し、そして私たちの別々の道を進みました。彼女の名前や顔すら覚えていませんが、参加するのに十分なランダムジャムセッションを確かに覚えています。

画像クレジット: tmos540

#11

高校に戻って、私はダウンタウンの街で学校旅行をしていました。突然手が肩をたたいたとき、私は最後の煙を照らしていました。振り返ると、6 "5 300ポンドの黒人男性が涙を浮かべて私に寄りかかっているのが見えます。泣き叫ぶ吃音を通して、彼はこれまでで最も政治的な声で「すみません、タバコでお困りですか」と尋ねます。

この時点で、私は文字通り最後のものに火をつけただけだと彼に話し、彼は私に理解のうなずきを与えて立ち去ります。彼の悲しそうな顔が私の禾芸芸術を壊したのを見て、私は友達にそれぞれ煙を出すように言いました、そして私はこの男に追いつくためにおそらく2ブロック離れて走ります。すぐにこの男は笑顔で噴火し、これまでで最も暖かい抱擁の後に何度も何度も私に感謝します。なぜ彼が泣いていたのかはわかりませんが、その日はお互いにとても感謝していたことは知っています。

#12

10歳か11歳の頃、外で弟と妹と一緒にスプリンクラーで遊んでいました。私たちの家の前で自動車事故があり、黄色のVWバグの女性が運転手側で骨抜きにされました。

彼女の鎖骨は壊れて突き出ていて、動脈を切っていました。私は助けようと走りました(私が推測するカブスカウト、この時点で私が何ができると思ったかはよくわかりません)そして彼女は明らかに非常に取り乱して私の手をつかみ、手放しませんでした。私は彼女の手を握りながら彼女が血を流して死ぬのを見ました、そして彼女の名前を決して知りませんでした。

画像クレジット: ShrimpinGuy

セラピストは、親切で利他的であることが私たちに利益をもたらす理由と、私たちがこれらの行動に駆り立てられる理由をいくつか挙げました。

「親切であることは、私たちに目的意識を与え、自尊心を高め、気持ちの良い脳内化学物質を放出するので、私たちにとって良いことです」と彼はBoredPandaに語った。

#13

ヨーロッパから州に戻って飛んでいました。約14時間のフライトでした。私は健康上の問題を抱えており、フライトの終わりに向かって私は非常に病気になりました。非常に高熱があり、震えました。私のボーイフレンドは私の左側にあり、私の右側には空いている席があり、その席の隣には彼女が完全なスカーフを着ていた中年のイスラム教徒の女性がいました。体調が悪くなって頭を上げることができなくなったので、空いている席に横になり始めました。私のボーイフレンドは彼の毛布と私のもので私を覆いました。飛行機の毛布を使ったことがある人なら誰でも、それが基本的にシートであることを知っています。この女性がなぜそうするのか知っていますか?何の連絡もなく、彼女は私に毛布をかけ、私が眠りにつくまで私の背中をこすりました。彼女が私の背中をこすり始めたとき、私はとても激しく泣きました。彼女は病気で助けを必要としている子供を見たお母さんでした。確かに私は20代ですが、病気のときにお母さんが背中をこすりつけることに匹敵するものはありません。彼女がいなかったら、その飛行を生き延びられなかっただろうと思います。私は彼女に感謝しようとしましたが、彼女は英語を話しませんでした。しかし、それが私にとってどれほどの意味があり、それが私にどれほどのことを教えてくれたかを彼女が知っていることを願っています。

画像クレジット: skeletoorr

#14

14歳の時、家族と一緒に道端のレストランにいて、入った瞬間から別のテーブルで同年代の女の子とアイコンタクトをしました。食事をしている間、私たちの目はちょうど会い続けました、そして、私は私の家族の誰もが言っていることに本当に集中することができませんでした。私たちがその場所を去ったとき、私は外の肩越しに見て、最後にもう一度彼女の目に会いました。母が私を車に呼ぶ前に、私はそれを10〜15秒間保持しました。私はまだ時々彼女のことを考えています。

画像クレジット: BuguOs

#15

私は道を尋ねていた見知らぬ人と一緒に車に乗り込み、彼に道を示すことができました—後から考えると、少しナイーブで、お勧めしません。私たちは一日中一緒に過ごすことになった。私は劣等感を含む私のすべての問題について彼と話しました。彼は心理学の学位を持っていたので、私にいくつかの役立つヒントをくれました。その後、私たちは一種の友達になりました。完全な見知らぬ人があなたの「友達」よりもあなたのことを気にかけることがあるのはおかしいです。

画像クレジット: Tramelo

「明らかに、それは他の人にとっても良いことです。ですから、優しさは実際、私たち人間が自然に駆り立てられるものです」と専門家は、私たちが他の人に対して親切に行動するように固く結ばれている方法を共有しました。

ただし、落とし穴があります。私たちは他の人間を助けたいと思う傾向がありますが、見知らぬ人にも警戒しています。 「優しさの感覚は私たちの生存モードと競合しているので、人間として、私たちは優しさ(腕を開く)と保護(腕を閉じる)の間で矛盾して生きる傾向があります」と彼は言いました。

#16

私は数年前にバス停にいました。知らなかった女の子が誰かに悩まされていた。彼は非常に強引で、彼女は彼を告げるのに苦労しました。私は歩いて、彼女が私が長い間会っていなかった友人であるかのように行動しました。彼女はすぐにそれを持って行き、私たちはその男から離れましたが、彼はホバリングしました。それで、私たちはその行為を続け、まるで古い仲間が追いついているかのように会話をしました。私たちが話した10分間で、この女の子と彼女の人生について多くを学びました。私は彼女が彼女のバスに乗ったことを確認しました、そして男は姿を消しました。二度と彼女に会ったことはありませんが、彼女がまだ元気であることを願っています。

画像クレジット: cutehulhu

#17

私は私の大学の周りでこの男を見たので、まったく見知らぬ人ではありません。しかし、ある日、教室の外で授業の合間に待っていて、首の周りのストラップに指輪物語の指輪のような指輪をつけていました。

この男は通り過ぎて、指輪をダブルテイクし、それを見て、「1つの指輪ですべてを支配し、1つの指輪でそれらを見つける」と言います。

本能的に、私は「一つの指輪でそれらすべてを持ってきて、暗闇の中でそれらを縛る」と答えました。

彼は私をハイタッチして歩き続けました。当時私の隣に立っていた友達が、私をドークと呼んでくれましたが、彼はただ嫉妬していたと思います。

これも2002年頃だったので、以前はクラーク2でもほぼ同じことが起こりました。

#18

ここに以前のEMT。私がCPRを行ってから5分後に祖父が脈を取り戻した家族と一緒に泣いたことを覚えています。残念ながら、彼は脳の損傷を乗り越えられませんでしたが、彼らは彼らに別れを告げる機会を与えてくれて私にとても感謝していました。

画像クレジット: Skavis18

利他主義と優しさを発揮できるのは人間だけではありません。種が人間と同じレベルの意識を持つことさえ必要としない生物学的利他主義の場合があります。

言い換えれば、利他主義は必ずしも利他的であるために親切な意図を必要としません。しかし、複雑な社会構造は、より多くの優しさの例につながるようです。

#19

車に向かう途中で一度鍵を落としました。男が歩道を通りかかったとき、私はちょうど自分の歩みをたどり始めたところだった。彼は私の注意を引くために私に小さな「ねえ」をくれました、そしてためらうことなく、私の鍵を私に投げました。飛行中、「ありがとう」と言って、一気に鍵を握り、運転席に座りました。それはとてもスムーズで楽でした。あの男、私のヒーローにいいね。

画像クレジット: kissLarryBirdsbelly

#20

私が公衆トイレにいたとき、非常に妊娠中の女性が2人の若い娘と一緒にそこにいました。どちらの女の子も洗面台に手を伸ばすことができず、母親は妊娠しすぎて手を上げることができませんでした。私はお母さんなので、申し出ました。私は女の子たちを一人ずつ持ち上げ、それぞれが手を洗って乾かしてから、お母さんに送り返しました。

画像クレジット: bubblegum1286

#21

私は数年前に海外に住んでいましたが、クリスマスに家に帰ってから「新しい」国に戻ったとき、空港バスが町に入るのを待っていました。

私がそこで待っていると、私の年齢(〜20)の女性がやって来て、空港バスへの道を知っているかどうか尋ねてきました。彼女はとても話しやすかった。バスは約50分で、とても深く話をすることができ、とても自然に感じました。それから町の中央駅に着き、お互いの目を見てキスをした後、お互いによく願い、別々の道を進みました。何年も経った今でも彼女のことをよく考えていますが、彼女の番号など何も受け取らなかったのは痛いです。彼女の名前はカチャです。

しかし、これが特別な理由かもしれないと思います。ランダムな国の2人の見知らぬ人が、運命によって1時間共有し、親密な物語を共有し、私が前後に経験したことのない方法でつながりを感じています。彼女は私のソウルメイトだったのかもしれませんが、その場合はまた会えると確信しています。

画像クレジット: sqarin1

「吸血コウモリは定期的に血液を逆流させ、その夜に餌を与えられなかったグループの他のメンバーに寄付し、飢えないようにします。多くの鳥の種では、繁殖ペアは、巣を捕食者から保護し、幼鳥を養うのを助ける他の「ヘルパー」鳥から幼鳥を育てるのに役立ちます」とスタンフォード哲学百科事典は動物の高度な行動のいくつかの例を共有しています。

「ベルベットモンキーは、仲間のサルに捕食者の存在を警告するために警報を鳴らしますが、そうすることで彼らは自分自身に注意を引き付け、攻撃される可能性を高めます。」

#22

この白髪のヒッピーの女性が私を上下に見上げて言ったとき、私は通りを歩いていました。そして彼女はそうしました。それは強くて愛情深い抱擁でした。それから彼女は言った、「多くの人々はあなたが彼らのために強くなることを必要としています。だから、続けてください。」そして、彼女は用事を実行するために行きました。結局のところ、私の家族はす​​ぐにいくつかの困難な時期を経験しました、そしてそれは苦労でしたが、私は彼ら全員のためにそこにいました。そして今、数年後、誰もがうまくやっています。

画像クレジット: BulbousAlsoTapered

#23

年配の女性の手で手探りされることを除けば、最も興味深い瞬間は、数年前のある悲しい土曜日に酔っ払った人に会ったときでした。

私は落ち込んでいて、ダウンタウンをただひたすら歩き回っていました。ビールを飲むのをやめ、この酔っぱらいは完全にろ過されずに私に近づいてきました。彼は「私は解雇され、友達は誰も私を元気づけに来ませんでした。ビールを飲みながら文句を言いたいですか?」と言います。私は同意し、落ち込んでいました。

この男は町中のバーテンダーを知っていたことがわかりました。私たちはバーからバーへ行き、あらゆる種類の優遇措置を受けました。無料の飲み物、素晴らしい席、そしてたくさんの景品。この男は地元のスポーツパーソナリティだったことがわかりました。アシスタントコーチだと思いますか?

ノート;私は魅力のない太った男です。この男は子供と結婚していた。ロマンチックな関係はまったくありませんでした。彼はただ話をするために仲間が必要でした。

私たちは一晩中ぶらぶらしていました、そして彼は実際に私に良いアドバイスをくれました。私たちは驚くほど多くの共通の関心を持っており、すべてについて話しました。夜の終わりに、私たちは番号を交換し、彼が新しい仕事を得るために移動する必要がなければ、もう一度やり直すと言いました。悲しいことに、私は彼に二度と会いませんでした。彼が大丈夫だといいのですが。

新しい友達に会い、すぐにすべてのフィルターを削除する別のタイプの親密さがあります。ユニークでした。

#24

私が11歳のとき、私の犬は車にぶつかり続けましたが、このとても素敵な女性は立ち止まって両親と連絡を取り、私が大丈夫であることを確認しました。私はとても激しく泣いていて、両親がそこに着くまで、彼女は私を彼女の肩に泣かせてくれました

画像クレジット: mrkingchicken

この利他的な行動は昆虫にも及びます。 「社会性昆虫のコロニー(アリ、ハチ、ミツバチ、シロアリ)では、無菌労働者は一生をかけて女王の世話、巣の建設と保護、餌の採餌、幼虫の世話をします。そのような行動は最大限に利他的です。無菌労働者は明らかに自分の子孫を残さないので、個人的な体力はゼロですが、彼らの行動は女王の生殖努力を大いに助けます。」

#25

ちょうど週末に結婚式に行きました。夕方の初めに部屋の向こう側にいる男を見つけて、私が長い間感じていなかった何かを感じました。ある時点で彼と話をするようになり、私たちは夜中ずっと笑って過ごし、彼の部屋に戻ります。今、私は2年以上誰とも寝ていません。過去のトラウマのためにセックスをするのが怖すぎたので、現在は精神的外傷療法を受けています。私は基本的に私の人生の物語全体に悩まされ、それは私が彼と一緒に寝るのに十分快適に感じて終わった。とにかくそれは一夜限りのスタンドで、彼が私が夕方と夜についてしたのと同じように感じたのではないかと思います。彼は一晩でどれだけ私を助けてくれたかわからないでしょう。久しぶりに誰かと親密になりました。それがどのようなもので、どれほど優れているかを思い出させてくれました。

画像クレジット:適切なマム

#26

大学卒業後、私は日本で一年間、第二言語としての英語を教えていました。休みの日、奈良の街を見に行きました。駅で観光案内所で道順を聞いていたところ、気が付く前にボランティアのツアーガイドに引っ掛かってしまいました…サービスを提供してくれました。

私たちは彼女が私を連れて行くことになっていた指定されたツアーを捨てることになりました、そして私たちはその日のために奈良の周りでただ間抜けになりました。

#27

バスのクリープから女の子を救った。私はガソリンスタンドの中にいて、彼がすぐ外のバス停で彼女を殴っていて、明らかに近づきすぎていて、彼女はまったく彼の中にいなかったのを見ました。バスが来たとき、私は出て行って彼らと一緒に乗りました。彼は彼女の笑のすぐ隣に座ることを確認した。私は歩いて古い「ああ、ちょっと(ここに名前を挿入してください)を引っ張りました、お元気ですか?などなど」それから私は、「私の友人」の隣に座れるように、その男が動いてもいいかどうか尋ねました。私はかなり大きな男(6'6 "340lbs)なので、やりたいときにかなり威圧することができます。彼は引っ越し、私は彼がバスを降りるまで彼女と一緒にいた。彼女は私に感謝し、それから私はバスに乗ってガソリンスタンドに戻り、車で家に帰ることができました。それ以来彼女を見たことがない

#28

アムステルダムにいる間、夕方遅くに自転車専用車線でヒッチハイクをすることにしました。かっこいい男が立ち止まって、30分のところにある私のホステルに私を乗せてくれました。夜勤から戻ってきた、病院の外科医である偉大な男。いいおしゃべりでした。 :))

#29

ウォルマートの前にいるホームレスの女性が、私が思うに10ドルの食料をかき集めようとしていたので、私に1ドルを要求しましたが、私は彼女に私が持っていたすべての物理的なお金である7ドルを与えました。彼女は一人からたくさんのことを受け取り、抱擁のために腕を伸ばして幸せでした。私は彼女に抱擁を与え、彼女の幸運を祈り、それから私の日について続いた。ホームレスの人たちがそのように生きているのを見るのは悲しいことです。私はできる限り助けようとしています。

画像クレジット: SalemWitchBurial

#30

彼が自殺した後、彼の葬式で私の米海兵隊の兄弟の1人の母親を抱き締めます。私はこれまで彼女に会ったことがありませんでしたが、彼女の息子は私の兄弟でした。

#31

バルセロナで仕事に行く途中(数年間海外で働いていた)の飛行機に乗っていたこの年配の女性は、飛行機に乗ったのは初めてで、明らかに緊張しているように見えたので、離陸は最悪だったと言いました、その後、昼寝をするか映画を見るだけで、彼女は私が彼女の手を握ることができるかどうか私に尋ねました、私は害を見ていないと同意しました、彼女は飛行の残りの間私の手を離さなかった、私は手を握りましたこの見知らぬ人は、すべてのエグゼを合わせたときよりも長く続きました。

画像クレジット: Gorilla-Samurai

#32

クラブがどれほど親密であるかはわかりませんが、赤いドレスを着た女性が私にアイコンタクトをとったとき、私はダンスフロアにいました。私たちはお互いに微笑んだ、彼女はやって来た。言葉は交わされませんでした、私たちはただお互いに踊り始めます。彼女は私の腕の中に行き着き、彼女が私の顔を愛撫するために手を伸ばすと、彼女の曲線美の体の隅々まで感じます。結局、私が唖然としたエクスタシーとしてしか説明できないことで、私は彼女の名前が何であったかを尋ねます。

「それは問題ではありません、私たちは二度と会うことはありません。」

彼女が私を見て答えを処理しているその瞬間、私はまだその中にいる間、この瞬間を最大限に楽しむことに気づきました。彼女が私が今考えたことを正確に知っているかのように私たちはお互いに微笑んで、私たちはさらにいくつかの歌のために踊ります。彼女の友人がやって来て何かを言うと、彼女は私に向き直り、「あなたは素晴らしいです。私はそれが好きでしたが、私は私の友人と一緒に行かなければなりません」とささやきます。目の前で人が叫ぶのがほとんど聞こえない部屋で、その日がはっきりと聞こえた。彼女は私にキスをしました、そして確かに、彼女が群衆の中に姿を消したのと同じように、私は二度と彼女に会いませんでした。それでも時々彼女のことを考えてください。

画像クレジット: SpurnDonor

#33

私は全く見知らぬ人と一緒にスキー場にいました。どういうわけか、私たちはそれぞれの信仰についてほとんどすぐに話し始めましたが、奇妙さや厄介さを感じることなく、まったく冷静な方法で話し始めました。男はそれから彼がかなり荒いパッチを通り抜けていて、結果としていくらかの魂の捜索をしていたことを認めました。私は慰めを申し出て、彼が望むなら開くように彼に勧めました。それは私が内向的であるため、私には性格がありません。

それで、私たちがスキーリフトに座ったときに会ったばかりのこの男は、開いて、彼の苦労についてすべて私に話しました。ほとんどすべてが非常に個人的なものだったので、私は彼が言ったことを繰り返しませんが、彼は本当にそれを荒くしました。それのいくつかは彼のせいでした、と彼は認めました、しかしそれのほとんどは彼のコントロールの外にありました。彼は最後に涙を流し始め、涙を拭き取るためだけにスキーゴーグルを外さなければなりませんでした。頂上に近づくと、彼は私に聞いてくれたことに感謝し、ゲレンデにあるレストランからの無料のホットチョコレートのクーポンをくれました。

私は彼が経験したことで幸運を祈って、彼がこれをやり遂げるために彼の中にそれを持っていた優れた人のようだと彼に言いました。彼は再び私に感謝しました、そして私達は両方とも別れました。二度と彼に会ったことはありませんが、彼の状況が良くなることを心から願っています。

画像クレジット: Willshaper_Asher

#34

顧客が私にフィストバンプをくれに行きました。私はハイタッチをしました。私たちはちょっとそこに立っていました、私は彼の拳を手に持っていました

画像クレジット: cyainanotherlifebro

#35

普段はここに潜んでいます。これが私の最初の投稿で、おそらく埋もれてしまうでしょうが、このイベントは私の人生観を大きく変えたので、皆さんと共有したいと思いました。

大学の最初の週に、私は新しい人々に会い、親友を作ることにとても興奮していました。その夏はとてもトラウマ的な経験をしたので、新たなスタートを楽しみにしていました。私はいつも社交的で、これに問題を抱えたことはありませんでしたが、何らかの理由で、ホールで出会った人とはクリックしませんでした。私は完全に場違いだと感じ、私ができるあらゆる社会的活動に身を投じることによってこれと戦った。しかし、それはうまくいきませんでした。面白くなかったり、面白くなかったり、好感が持てなかったりしたのは自分のせいだと感じました。プレドリンクでは完全に見えなくなったので、誰もアイコンタクトをしないと思っていたのを覚えています。この記事を伝えるのは難しいですが、私は必死に感じ、人生でこれまでに感じた中で最も落ち込んでいました。

外に出て一人で家に帰るだけの場所を感じた別のくだらない夜の後、朝、私は外に座って母に電話をし、私がどれほど孤独を感じたかについて涙を流しました。数分後、この女性が私に近づき、メモを手渡して、私の肩を軽くたたいて去りました。そのメモには、彼女の名前と大学で働いていた場所で私が大丈夫だと彼女が望んでいたこと、そして私が望むなら彼女に会いに行くことを彼女は単に言っていました。

私は彼女に会いに行きました、そして、彼女は全く見知らぬ人でしたが、すべてについて彼女に心を開きました。彼女はとても親切で、自分の難しい経験も私と共有してくれました。何度か彼女に会いに行ったのですが、状況が良くならないうちに大学を中退してしまいましたが、決して忘れません。彼女は私が完全に自尊心を持っていなかったときに私に希望を与え、私が悲しそうな人に出くわすたびに同じことをするように私に刺激を与えました。

私の小さな行動が影響を与えないと感じるときはいつでも、私は彼女を覚えています、そしてその日の彼女の小さな行動が私の人生をより良く変えた方法:)

#36

私はセブンイレブンで長蛇の列を作っていました、そして私の後ろの老人の黒人女性は私の髪を編んでハミングし始めました。彼女が終わったとき、私はありがとうと言って、私の購入を残しました。

画像クレジット: throwitallawayyy2016

#37

これがどれほど重要かはわかりませんが、私は中国でパスポートを紛失し、狂った捜索の日の途中でこの中国人の女の子に会いました。私は一日の残りを彼女と過ごしました、彼女は本当に彼女についてのすべてを私に話しました、そして彼女は私のために警察に通訳して私のために少なくとも8時間私と一緒にいました、彼らに電話して私たちが警察署に行き着いたとき私と一緒にいました。彼女は私にも食べ物を買ってくれました。私もすべてのお金を失い、何かがあると主張したからです。夜の終わりにようやくパスポートとすべてのものを見つけたとき、私は涙を流し、彼女をとてもしっかりと抱きしめ、彼女はただ私を慰めていました。私はそう言いませんでしたか?」彼女は間違いなく私が今まで出会った中で最も親切で寛大な人の一人でした。私は彼女に飲み物を買い、おやつを叫び、家に帰りました。二度と彼女に会ったことはない。おそらく決してそうはならないでしょうが、私は彼女が元気であることを願っています。

私もその日ロシア人の男に助けてもらったが、私は知っているだろう

#38

ホテルの部屋を他の3人の見知らぬ人と共有することになったときのことを覚えています。私が法科大学院にいてニューオーリンズに戻っていたとき、私の飛行機は霧のためにバーミンガムに迂回しました。私たちは一晩滞在しなければならず、誰も本当に何をすべきかを知りませんでした。私は他の3人の学生時代の人々(2人の男と1人の女の子)と一緒にホテルのロビーにいることに気づき、お金を節約するために一緒に二段ベッドを作ることにしました。それは楽しい夜になりました—私たちは酒を飲み、食べ物を食べ、話し続け、そして私たちは皆無邪気に眠りについた。翌朝、私たちは飛行機に乗りましたが、二度と彼らから連絡がありませんでした。

Image credits: carlieweasley

#39

Endoscopy. Had a chat with a chap about Game of Thrones who was looking at my intestines through a camera shoved up my ***hole.

Image credits: Togethernotapart

#40

I'm a guy in my early 20s. I was at a bar and someone stole my jacket during the winter in Chicago. I was standing at the train stop freezing in -5 degrees F and a started talking to a girl standing next to me that went out without her jacket and was also freezing. We ended up riding the train together and she told me she wasn't from Chicago and was staying with a friend. She ended up spending the night but we didn't do anything sexual. Just chatted about our lives and fell asleep. She woke up and had to get back to her friends to catch her flight later that day. I still think about it as a random intimate experience

#41

I politely said to a man in the post office “excuse me sir there is a line,” he replied “f**k you, you stupid b****” I broke down in tears after he left, I was having a very very bad day. The lady in line in front of me turned around and hugged me while I cried, told me he was mean and that it would be ok. I still get a little choked up thinking about her kindness in that moment.

#42

i was on the subway & some girl who seemed to be from a 3rd world country seemed curious so when i was putting my earphones on, i gave her an earbud & we listened to my music together

#43

I was on a country rail trip when this woman next to me who looked like she hasn't slept in a week fell asleep on my shoulders. I didn't want to wake her up but I was in a weird position that put strain on my back and neck. But I endured a painful hour and a half because I'm guy who respects a good nap.

#44

I just spent 5 days in NYC for vacation. At a bar on Fridaynight before my friends and I attended a show in Williamsburg we stopped in at a random bar, where I started chatting up the cute hostess. We had good chemistry and continued to talk while my friends enjoyed their drinks. As we left, I got her number.

We met in Soho on the first 70 degree day of the year, not a cloud in the sky. After going into too many stores we couldn't afford, we meandered our way to Washington Square, where we spent our last 2 hours together laying in the sun and talking about our dreams, lives, and aspirations and we laid side by side while she read me her favorite passages out of the book she was almost finished with.

Then I walked her to her train and kissed her goodbye.

It's possible, if not likely, that we may never see each other again, but I'll never forget the way the sun felt on my skin and the way her soft reading voice made it feel like we were the only two people in a crowded park on a beautiful day in New York.

#45

At a free improv class, a warmup exercise where you had to add on to a chain of sound effects and hand shakes with your partner repeatedly, in rhythm. Required a lot of eye contact, and a surprising amount of vulnerability, because it was rather silly. Also a ton of laughs.

Dancing Dan. If you're out there, I wish I knew your real name.

#46

The summer before middle school I was at a friend's party and it went on for a while and near the end I was outside by the fire laying on a hay bale and this girl a grade below me I knew her name but never talked to before just came over layed down next to me grabbed my hand and we just layed there looking at the stars it was amazing. Thinking logically it seems pretty weird she'd do that but for some reason it felt super comforting.

#47

About ten years ago or so I got happy drunk with one of my roommates and we hung out on the porch. A couple guys passed by and we started talking to them because one looked familiar (they lived nearby so I'd seen him walking home before). They were headed home for some drinks so we stupidly joined these random strangers that we'd been having conversation with and they made us grilled cheese (I think? Maybe it was Mac and cheese) while we drunkenly discussed things like religion and Jesus and ourselves (I'm not really religious, just grew up that way and like listening to what people believe). And then we went home.

It was nice.

#48

Went to get a couple slices of pizza from the place close to my house. The dude repeated "2 slices for you, right?" and i just nodded then saw him put 4 slices in the bag and handed it to me.

So yea, got 2 free slices when we both agreed i asked for 2.

#49

I once got stuck in an elevator for 4 hours with 3 other people. It was a tiny elevator as well with standing room only.

By the end of it we were all leaning on each other in a big circle holding each other up.

#50

I went to NY for New Year's and forgot to pack my anti-depressants. I was there for 4 days. On the way back home, I decided to watch The Color Purple on my phone. I was already a bit on edge having not had my meds, and I was just openly sobbing, watching the movie. The woman next to me kept silently reaching over and patting my hand. It was so sweet!

#51

Today is the 24th anniversary of me forgetting to do my taxes on time. I ran with my documents to the downtown Denver tax office and found a crowd of equally irresponsible people. Once the crowd and I had acquired the forms we needed, we scattered off to fill them out. I found myself sharing a pen with a young woman, doing our taxes together, on the hood of her car. We helped each other, line by line, go through our pathetic financial documents. We parted ways and I never talked to her again.

#52

There's this thing called "eye contact experiment", which is getting more and more popular the last few years. Mostly events conducted on squares where lots of people are present, just to sit down and share eye contact. It's only an "experiment" in view of the fact that you hold eye contact with the other person (in that case complete strangers also attending the event) over a prolonged period (a minute is always recommended just as a guideline, but of course it can be any duration. my longest shareed session was about 30 minutes). Aside from that, eye contact is one of the most primal, natural and intimate means of communication, which is what makes prolonged eye contact so special. What starts to happen can be quite unbelievable. First of all, due to focussing and holding one's view on the same spot, mild hallucinations can occur, for example seeing animals' faces or fictive creature's faces in the facial expression of the other person. At the same time, through the constant exchange and reaction microexpressions in the face and the body posture (or vibes if you will) of the person you're facing, interpersonal communication is enhanced to an enormous extent, as if the energies on multiple levels between you and the other become increasingly synchronized. The boundaries between your personalites blur, and facets of your ego even are dissolved temporarily, the more intimacy one allows in sheer eye contact. Just like in meditation (but with it's positive side effects scaled up multiple times), you start recognizing and feeling patterns (of thought, emotion, behavior, etc.) as a shell covering yourself, while at the same time your perspective on the human counterpart becomes more and more open, non-judgmental, empathic, etc. Knowing when to stop occurs at a sudden moment, and always consensually.

I've had about 20 of these experiences with complete strangers by now, and every time it was beyond intimate. It would be great if more people would be aware of the "concept" and the benefits of eye contact, and if it wouldn't appear creepy to just walk up to somebody and ask to share some eye contact.

#53

When I was a kid, maybe 9 or 10, my sister and I were walking through Harlem (the nice part) and I had completely tripped and fell on the sidewalk, busting my lip. I started to bleed and my sister only 17 at the time started to panic. A woman passes us by and asks if everything is okay, and eventually helps us. Luckily she lived in the basement apartment of the brownstone I had fell in front of. She and her husband who was home with their 3 year old proceeded to bring out a first aid kit, and even a glass of lemonade. We thanked her profusely, and went on our way home. Still warms my heart to this day.

#54

Once I was waiting for a bus to take me from home to university and there was this older guy at the same bus stop. For whatever reason the app which tracks the bus location in real time wasn't really working so the both of us kept sitting there thinking it would arrive any moment (it didn't show up for at least 40 mins). While waiting we struck up a conversation and he said he had never seen me around the area before (I had just moved to that suburb about a month prior).

He told me he'd been living there his whole life and when he found out how old I was, casually mentioned that a few years before I was born, some guy sneaked a machete and some guns into the local shopping plaza and went on a murder spree before holding a gun to a woman's head and forcing her to escort him out of the area in her car. By the end of his rampage the police had started to arrive and when he realised there was no way out of the plaza without getting caught, he simply apologised to the woman, stepped out of her car and shot himself in the head in front of her.

Turns out the woman was this bus stop guys school teacher and he knew a few of the people that died. He told me the entire aftermath of the police investigation into the killer and a bunch more testimonials of people he knew that witnessed it first hand. Almost felt like I was there too with the detail he went into.

It seems somewhat odd because in the twenty something years since this horrific event, the suburb has become increasingly more Korean in population and is now more known for froyo chain stores and kbbq that imagining a white gunman here is so out of place.

#55

I had a man pull me aside at an agility dog show (I was a 'leash runner' volunteer) and asked me if I would run his dog, as he had an injured knee, and felt bad that his dog wasn't able to run to its content. His willingness to throw the competition to make sure his dog could have fun, and a newbie could get some experience melted my heart. We were only one point away from qualifying :3

#56

A theatre exercise in which one person lies on the floor looking up, and the other kneels near the first's head and touches their forehead/face. You then have to keep eye contact for a full minute.

Also, upopular opinion: one night stands are not intimate in the meaningful sense of the word.

#57

New year's about 8 years back I think. In the city beyond pissed fireworks are done and gone people are just walking around singing and hugging each other. I lose my friends as I got distracted I fall in with some people they are really nice and help me get to the train station where I was meeting my friends again.

#58

A woman wearing Completely white makeup with black lipstick gently caressed my arm as i passed her on the street. Not sure if i should be freaked out or simply ok with it lol.

#59

I already posted this to a different thread… I ran out of money and walked into a bakery and pretend I don't speak English… it was late and I was hoping they'd have some leftover food…. asked in a very bad English if they could maybe give me something to eat (I had some change in my pocket so I gave her)… the girl that was working was really cute and just smiled at me and gave me the best slice of pizza I've ever had.

Image credits: Manfrea_Bolgen

#60

I was at a mixed nude sauna across from Amsterdam Central Station at night,and went out to the roof top patio when it was snowing. It was quiet,above the crowds, and a slender Dutch girl came out next to me. We were both warm and steaming from the saunas,looking down. We never said a word. Also,at another mixed sauna there,walking through the showers a fit girl got hit with burning hot water and she jumped backwards and we bumped bare butts. I kind of whispered "sorry". Sounds like a sexual fantasy until it happens IRL.

#61

Gay male here, kind of NSFW-ish, but i was at the subway and it was super crowded, and i had this man right in front of me, and whenever people went to pass, he moved his body all over mine, and kept staring right at my eyes, no faces, no moaning, not a single word, just him (every now and then) pressing his body to mine and looking right at my eyes.

I felt a strange connection with him, but he got off the subway and i never saw him again.

#62

Flying home a few years back we land at Newark only to find out the final leg of our trip was cancelled due to weather. We were only about 200 miles from our destination which would have been about a 45 minute flight. The weather was fine at the moment and we probably could have made the flight just fine but the airline wasn't taking any chances. Since the flight was cancelled due to weather they wouldn't give us hotel vouchers. We were re-booked onto the flight in the morning.

I didn't want to spend 15 hours in the airport. I decided to go rent a car and just drive home. I'd get my checked luggage tomorrow since it would be put on the re-booked flight. I was on the phone with my wife telling her what I was doing when I noticed this older lady quite upset about the situation.

I'm not usually one to speak to strangers or go out of my way to help someone I don't know. But something about the situation sparked something in me. I told her I had rented a car and had space available if she wanted to ride with me. She was really grateful and said yes. Then, as we're headed out of the airport we see a couple that was on our previous flight just sitting on the ground looking totally defeated. So we offered for them to join us, which they accepted. The 3+ hour drive home was r

#63

I got into some girl's car by accident. I was driving a rental and she had an identical car parked in the same lot. She immediately saw the problem and was cool about it. That lead to a 15 minute convo.

#64

Was on a plane, the turbulence was getting pretty rough, plane dropped a little bit. The left arm rest was already occupied by the passengers hand but I grabbed it anyway out of fear. It stayed that way until the turbulence stopped which was like two seconds and then I immediately took it away. She didn't say anything and neither did I.

#65

Talking to this girl at a music festival. It was sunrise and everyone had been up all night. Someone was playing s**tty cover songs around the bon fire. We didnt know eachother but we were talking about love and other silly stuff. At one point she let me take a deep smell of her hair. It was intimate.

(出典)