YouTuberは、はるかに小さく、薄いPS5Slimを作成しました

ソニーには、PlayStation 2やPS4などのモデルの場合と同様に、コンソールのスリムバージョンをリリースしてきた歴史があります。前作に比べて巨大なPS5は2年近く前のものであり、YouTuberのMatt Perks(別名DIY Perks)は自分の手で問題を解決し、世界初の(非公式の)PS5Slimを作成するためにサイズを縮小しました。

厚さ2センチのPS5Slimは、元のPS5の白黒Wi-Fiルーターの設計と比較すると銅板のように見えますが、他のコンソールのスリムバージョンは元のコンソールの美学と一致していました。これは、完全なビデオで見ることができるように、DIY Perksが、彼のコンソールが可能な限り細いように見えるという要件を確実に満たすために、いくつかの部品を取り除く必要があったためです。

PS5がそもそもそのようなリバイアサンコンソールである主な理由は、 CPU冷却ヒートシンクと電源装置のためです。DIYPerksは、銅シートを備えた水チャネリングシステムに置き換え、RAMとVRMの温度を42と27にしました。オリジナルのPS5よりもそれぞれ1度低くなっています。これは費用のかかる戦略でしたが、コンソールの残りの部分が銅線であり、ディスクドライブのない小さなDVDプレーヤーに似ていることを正当化し、PS5DigitalEditionのスリムバージョンにしました。

DIY Perksは、内部電源の代わりに、TVモニター(場合によってはTVスタンド)の後ろに隠れるように設計された外部電源ブリックを構築して、PS5Slimが電源ケーブルで自立しているように見せかけました。電源アダプタの片側が転倒してコンソールへの空気の流れを遮断し、コンソールが過熱してマザーボードを揚げ、ゲームがフリーズしたとき、それは災害になりました。ありがたいことに、DIY Perksは、損傷したマザーボードをD-Brandsから送られてきたPS5のマザーボードと交換することで、再び機能させることができました。

PS5は、不足に終止符が打たれるものの、人々がそのまま手に入れるためのとらえどころのないコンソールです。それでも、PS5Slimはすぐに売りに出されることはありません。ビデオは人々に彼ら自身のPS5スリムを構築することについての考えを与えるかもしれなくて、そしてうまくいけば、ソニーにそれ自身の公式バージョンを作るように説得するかもしれません。