XiaomiがAppleを抜いて3番目に大きなスマートフォンメーカーになる

スマートフォン事業は競争が激しい。 4つの巨大企業が、デバイスの出荷に関して常にトップの座を争っています。 IDCのレポートによると、SamsungがHuaweiをすり抜けて世界最大のスマートフォンメーカーになったため、今や新しい会社が王位に就いています。

しかし、Appleが3位から脱落したため、これだけが動きではありません。 Xiaomiが介入し、iPhoneのメーカーをペグで4番目の位置にぶつけました。

世界最大のスマートフォンメーカー

レポートによると、サムスンは22.7パーセントの市場シェアで印象的な8,040万台を出荷しました。 CanalysCounterpointの両方のレポートは、Samsungがスマートフォンのトップメーカーであることも示しています。つまり、さまざまなレポートがその立場に異議を唱えることはありません。

Huaweiは、中国の出荷量が15%減少したことから、西側市場の減少だけでなく、同社にとっては少なからず懸念されています。売上を軌道に戻すには、1台の電話だけが大きく爆発する可能性があるため、会社がリバウンドできるかどうかを確認するのは興味深いことです。

そして、Huaweiが落ちている限り、Xiaomiはさらに速く爆発しています。 IDCのレポートによると、Xiaomiは前年比で42%の成長を遂げました。これは、ランキングでAppleを上回る可能性があることを示しています。状況がこのように続けば、Xiaomiが今年の第4四半期までにHuaweiを2位に座らせることは非常によくわかります。

Appleはいつもより遅くiPhone12を発売した。新しいiPhoneのリリースは常に売り上げを大幅に増加させるため、それは確かに会社に打撃を与えました。その結果、同社の販売台数は前年比で500万台減少し、2019年第3四半期と比較して11%減少しました。IDCは、iPhone 12が完全に発売されれば、Appleが回復すると予想しています。

全体として、Samsungは市場シェアの22%、Huaweiは14%、Xiaomiは13%、Appleは11%でした。2020年第3四半期のリストをまとめると次のようになります。Oppoが8%市場シェアのうち、Vivoが8%、Realmeが4%、Lenovoが3%、LGが2%、Tecnoが2%、その他すべてのメーカーを合わせて13%でした。

興味深いことに、スマートフォンの総売上高は前年比で大幅に減少しました。 2019年第3四半期の売上高は、3億8000万ドルでした。 2020年には、3億6,560万人に達し、全世界での売上高は約1,500万人減少しました。

選択は常に良いことです

どの種類の電話を使用していても、スマートフォンの世界で成功を収めている企業がたくさんあることを知っておくとよいでしょう。より多くの電話メーカーが私たちにより多くの選択肢を与えてくれますが、それは決して悪いことではありません。