Windows11でクリップボードの履歴を表示する方法

Windows 11には、クリップボードマネージャーが付属しています。クリップボードにコピーしたアイテム(テキスト、画像、ファイル)の長い履歴を保持できます。履歴は、すべてのWindowsデバイス(Windows10およびWindows11)間で同期できます。

Windows11でのクリップボードの履歴

デフォルトでは、1つのアイテムをクリップボードにコピーできます。これは、コピー/貼り付け機能を備えたすべてのデバイスに当てはまります。 Windows 11のクリップボードマネージャーは、有効にする必要がある別の機能です。デフォルトのクリップボードで動作します。唯一の違いは、コピーしたアイテムの履歴を表示し、シングルクリックで再度コピーして貼り付けることができることです。

Windows11でクリップボードの履歴を有効にする

Windows 11でクリップボードの履歴を有効にするには、次の手順に従います。

  1. Win + Iキーボードショートカットを使用して設定アプリを開きます。
  2. 左側の列から[システム]タブに移動します。
  3. 右側のペインで[クリップボード]を選択します。
  4. クリップボード履歴スイッチをオンにします。
  5. これでアイテムのコピーを開始でき、アイテムが保存されます。

Windows11でのクリップボードの履歴

Windows11でクリップボードの履歴を表示する

有効にすると、クリップボードの履歴からいくつかのアイテムを呼び出すことができます。コピーしたアイテムのリストを呼び出すには、Win + Vキーボードショートカットをタップします。クリップボードの履歴が開きます。

アイテムのピンアイコンをクリックすると、上部に固定されます。頻繁に貼り付ける必要があるものに対してこれを行います。通常のCtrl + Vキーボードショートカットを使用してアイテムを貼り付けることができます。

Windows11でのクリップボードの履歴

アイテムの右上にある[その他のオプション]ボタンをクリックし、削除アイコンをクリックすると、履歴からアイテムを削除/削除できます。

注意の言葉

クリップボードの履歴を有効にしたら、クリップボードにコピーするものについて注意する必要があります。通常、クレジットカード番号などの機密情報をクリップボードにコピーする場合は、他のものをコピーするかクリップボードをクリアすることで削除できます。クリップボードの履歴では、これだけでは不十分です。クリップボードの履歴ウィンドウに手動で移動してアイテムを削除する必要があり、それについて注意を払う必要があります。

結論

クリップボードの履歴をデバイス間で同期することを選択した場合は、Microsoftアカウントをシステム、および履歴を同期するシステムに接続する必要があります。この機能はオプションであるため、ローカルアカウントを使用していて、クリップボードの履歴を同期したくない場合は、Microsoftアカウントの追加をスキップできます。

Windows 11でクリップボードの履歴を表示する方法の投稿は、 AddictiveTipsに最初に掲載されました。