Windows10でWerfault.exeエラーを修正する方法

プログラムの起動に失敗すると、「Werfault.exeアプリケーションエラー」ダイアログボックスが表示されます。 werfault.exeのクラッシュなど、このエラーには多くの理由が考えられます。これらのクラッシュにより、アプリケーションがランダムにシャットダウンしてエラーが発生する可能性があります。

ほとんどの場合、werfault.exeエラーは非常に簡単に修正できます。以下は、werfault.exeエラーを修正するために使用できるいくつかの方法です。

Werfault.exeとは何ですか?

Windows 10は、連携して動作する数十のプログラム、ルーチン、およびツールのコレクションです。これらのプログラムやルーチンの中には、バグやその他の問題が原因でランダムなクラッシュやエラーが発生することがよくあります。

Werfault.exeは、これらのクラッシュに関するエラーレポートを収集し、Microsoftに送信するWindows10エラー報告サービスです。

werfault.exeがMicrosoftに送信するエラーレポートは、会社がバグを修正し、システム全体の安定性を向上させるのに役立ちます。 Werfault.exeは、手動で問題の解決を試みることができる修正も提供します。

1.コンピュータを再起動します

Windowsの問題に対する最も簡単な解決策は、コンピューターを再起動することです。コンピュータを再起動すると、werfault.exeを含むすべてのWindowsツールが終了して再起動します。これにより、ほとんどすべてのランダムなプログラムのクラッシュを修正できます。

2.ドライバーを更新します

障害のあるドライバーは、werfault.exeエラーの主な原因の1つです。 GPUなどの重要なコンポーネントのドライバーが正常に機能していない場合、「Werfault.exeアプリケーションエラー」など、さまざまな問題が発生する可能性があります。

したがって、すべてのハードウェアドライバーを更新します。

まず、 Windowsキー+ Iを押します。 [設定]パネルが開いたら、[更新とセキュリティ]をクリックします

次に、[オプションの更新を表示]を選択し、利用可能なドライバー更新がある場合は[ダウンロードしてインストール]をクリックします。

または、それぞれの管理アプリケーションを介して個々のコンポーネントを更新することもできます。

たとえば、AMDはハードウェアコンポーネントとともにRadeonソフトウェアを出荷しています。 Nvidia GPUには、Nvidiaコントロールパネルが付属しています。これらのアプリケーションを使用して、ドライバーの更新をインストールおよび削除できます。

つまり、新しいコンポーネントを使用している場合でも、信頼できる古いコンポーネントを使用している場合でも、製造元の最新のドライバーを使用していることを確認してください。 Driver Booster 8のようなプログラムは、ドライバーを簡単に更新するのに役立ちます。したがって、古いドライバーを実行する理由はありません。

ドライバを更新してコンピュータを再起動した後、次の解決策に進む前に、エラーが解決されたかどうかを確認してください。

3.Windowsを更新します

Windowsは常に改善されています。マイクロソフトは、セキュリティアップデートとバグ修正を毎月プッシュしています。これらの更新は、システムの安定性を向上させ、プログラムのクラッシュを減らすことを目的としています。これらのアップデートを定期的にインストールしないと、バグやセキュリティの問題が発生します。

したがって、Windowsを定期的に更新することが重要です。 Windowsキー+ Iを押して、[更新とセキュリティ]をクリックします。利用可能なアップデートがある場合は、それらをダウンロードしてインストールします。

4.コンピュータをスキャンしてウイルスを検出します

ウイルスはアプリケーションファイルに感染する可能性があります。多くの場合、ファイルが破損し、プログラムからアクセスできなくなる可能性があります。これにより、プログラムがクラッシュし、場合によってはwerfault.exeエラーが発生します。

したがって、コンピュータに脅威がないことを確認する必要があります。これを行うには、 Windowsキー+ Iを押します。 [設定]パネルで、[更新とセキュリティ]をクリックしてWindowsUpdate画面を開きます。

次に、左側のパネルにある[ Windowsセキュリティ]を選択します。次に、[ウイルスと脅威の保護] 、[スキャンオプション]の順に選択します

最後に、[フルスキャン]> [今すぐスキャン]を選択します。

Windowsは、システム全体のスキャンを実行して脅威を特定します。スキャンが完了したら、脅威となるファイルをすべて削除し、コンピューターを再起動します。

再起動後、エラーがなくなったかどうかを確認してください。

5. WindowsSFCスキャンを実行します

Windowsシステムファイルチェッカー(SFC.exe)ツールは、破損したシステムファイルがないかOSをスキャンします。ツールは、修復が必要なファイルを見つけると、それらを修復します。破損したシステムファイルは、「Werfault.exeアプリケーションエラー」の原因の1つです。

まず、[スタート]メニューの検索バーで[コマンドプロンプト]を検索し、[最適な一致]を右クリックして、[管理者として実行]を選択します

次に、 sfc / scannowと入力し、Enterキーを押します。スキャンには数分かかる場合があるため、しばらくお待ちください。コマンドプロンプトを閉じないでください。

スキャンが完了すると、Windowsは破損したファイルがある場合はそれを修正しようとします。最後に、コンピュータを再起動して、エラーが修正されたかどうかを確認します。

スキャンで破損したファイルが見つかったが、Windowsがそれらを修復できない場合は、修復ツールを使用して破損したシステムファイルを修復してみてください。

6.Werfault.exeを無効にします

何も機能しない場合は、werfault.exeを無効にしてみてください。ただし、werfault.exeを無効にする方法を確認する前に、このオプションは最後の手段としてのみ使用する必要があることに注意してください。

サードパーティのアプリケーションプログラムに加えて、Windowsはwerfault.exeを使用してエラーを追跡し、修正を提案します。これを無効にすると、Microsoftは問題を記録して修正を開発できなくなります。これにより、問題が本来よりも長く続く可能性があります。

その免責事項が邪魔にならないように、 Windowsキー+ Rを押し、 services.mscと入力して、Enterキーを押します。これにより、Windowsがバックグラウンドで実行するサービスのリストが開きます。リストを下にスクロールして、 Windowsエラー報告サービスを表示します。

次に、 Windowsエラー報告サービスを右クリックし、リストから[プロパティ]を選択します。 [スタートアップの種類]で、ドロップダウンリストをクリックし、[無効]を選択します

最後に、[適用]をクリックすると、werfault.exeが正常に無効になります。

werfault.exeを無効にすると、ほとんどすべてのwerfault.exeアプリケーションエラーが修正されます。ただし、エラーが続く場合は、Windowsの新しいコピーをインストールするしかありません。

Werfault.exeは、更新を無視する人々に出没するのが大好きです

OS、アプリケーションプログラム、およびハードウェアドライバーを最新の状態に保ちます。古いドライバーはwerfault.exeエラーの主な原因であり、コンピューター上のすべてを更新することを確約しない限り、それらは消えません。

また、更新することで、werfault.exeを無効にするなどの不必要に抜本的な対策を講じる必要がなくなります。

さらに、不明なWebサイトからプログラムをダウンロードしたり、ランダムなフラッシュドライブをコンピューターに接続したり、不明な電子メールを開いたりしないでください。ああ、マルウェアがないか定期的にコンピューターをスキャンすることを忘れないでください。