Windows10でビデオエディタを使用する方法

パーソナライズされたビデオを作成することは、友人や家族と思い出や特別な機会を共有するための素晴らしい方法です。市場には、作成に役立つ無料および有料のツールが多数あります。ただし、これらのツールは、特にマルチメディアの世界に不慣れな人にとっては、高価で複雑になる可能性があります。

幸い、Windows 10には、ビデオ、コラージュ、またはスライドショーの作成に役立つソフトウェアが組み込まれています。このソフトウェアはシンプルで習得が容易で、短時間で楽しいビデオを作成するのに十分な機能を備えています。この記事では、この無料ソフトウェアの機能と簡単なビデオの作成方法について説明します。

Windowsビデオエディタのレイアウトを理解する

Windowsビデオエディタは、その有名な前身のWindowsムービーメーカーと比較すると、よりシンプルなインターフェイスを備えています。 Windowsの検索バーに「ビデオエディタ」と入力して[開く]をクリックすると、ビデオエディタにアクセスできます。エディターには、ビデオの作成中に頻繁に使用する4つの主要な領域があります。

  • ホーム画面:ファイルをインポートしたり、既存のファイルのバックアップを作成したり、エディターの設定を構成したりできます。 [写真]タブをクリックして、写真に簡単にアクセスすることもできます。
  • プロジェクトライブラリ:ビデオを作成する可能性のあるすべてのメディアファイルがここに追加されます。ノートパソコンやインターネットから画像や動画を追加できます。
  • ストーリーボード:編集するビデオと写真は、ビデオエディタの下部パネルにあるストーリーボードに追加されます。
  • プレビューペイン。 [再生]ボタンをクリックすると、ビデオをプレビューできます。

Windowsビデオエディタ入門

ビデオを作成する方法は2つあります。写真とビデオを選択すると、ビデオエディタがそれらをリミックスしてビデオを生成します。または、空白のキャンバスから開始して、メディアファイルを選択し、さまざまな効果を適用して、ビデオにテキストを追加することもできます。

Windowsビデオエディタでビデオを自動的に作成する方法

Windowsにビデオの支配権を与えたい場合は、Windowsにビデオを作成させることができます。

  1. ホーム画面で、[新しいビデオプロジェクト]の横にある省略記号をクリックし、[ビデオを作成する]を選択します
  2. 少なくとも2つのメディアファイルを選択し、ビデオに名前を付けて、[作成]をクリックします
  3. ビデオの意味のある名前を入力し、[ OK ]をクリックします。
  4. リミックスオプションを選択して、テーマ、音楽、およびエフェクトをビデオに自動的に適用できます。
  5. これ以上変更したくない場合は、[ビデオの終了]をクリックします。
  6. ドロップダウンリストからビデオ品質を選択し、[エクスポート]をクリックします。
  7. ビデオを保存します。

Windowsビデオエディタで空白のキャンバスからビデオを作成する方法

または、ビデオ作成プロセスを制御したい場合は、最初から始めることができます

  1. ホーム画面で、[新しいビデオプロジェクト]オプションをクリックします。
  2. ビデオの意味のある名前を入力し、[ OK ]をクリックします。
  3. プロジェクトライブラリで、[ +追加]アイコンをクリックして、ラップトップまたはインターネットから画像またはビデオをインポートします。
  4. 使用する画像を確認し、ストーリーボードの[配置]をクリックします。

ビデオWindowsビデオエディタを編集する方法

個々のファイルにテキスト、音楽、フィルター、または3D効果を追加することで、ビデオを強化できます。各画像またはビデオクリップにフォーカスする時間を設定することもできます。これらの効果を写真に適用するには、ストーリーボードのチェックボックスをクリックしてください。

Windowsビデオエディタでテキストを追加する方法

写真にテキストを追加したり、タイトルカードとして追加したりできます。タイトルカードは、ビデオのさまざまなセクションを紹介する楽しい方法です。

  1. ストーリーボードで、キャプションを挿入する前に写真を選択し、[タイトルカードの追加]クリックします。デフォルトでは、タイトルカードはビデオの冒頭に追加されます。
  2. タイトルカードを選択し、テキストを選択します。
  3. 右側のパネルでテキストを入力し、そのスタイルとレイアウトを選択します。背景色を変更することもできます
  4. タイムスタンプをドラッグして、テキストが表示される期間を設定します。 [シーク]ボタンを移動して、テキストのサイズと色を変更することもできます。
  5. [完了]をクリックます。

または、写真を選択して[テキスト]ボタンをクリックして、写真にテキストをオーバーレイすることもできます。

画像ギャラリー(2画像)

Windowsビデオエディタで音楽を追加する方法

Windowsが提供するデフォルトの音楽またはカスタムトラックをビデオに追加できます。現在、ビデオ全体に適用できるトラックは1つだけです。したがって、対話付きのビデオを含めると、聞こえなくなります。

サウンドトラックを追加するには、次の手順に従います。

  1. ホーム画面の右上で、[バックグラウンドミュージック]を選択します。
  2. 再生ボタンをクリックして音楽を聴きます。ビデオを音楽と同期させることができます。
  3. ラップトップから音楽ファイルを追加するには、[カスタムオーディオ]をクリックして[オーディオファイル追加]をクリックします
  4. [完了]をクリックます。

Windowsビデオエディタで3D効果を追加する方法

3D効果を使用して動画を生き生きとさせ、ルックアンドフィールを向上させることができます。 3D効果にアニメーションを追加したり、音楽効果の音量を変更したりできます。

  1. ストーリーボードで写真を選択し、[ 3D効果]をクリックします。
  2. 新しいウィンドウで、 3Dライブラリをクリックし、適用する効果を選択します。検索バーに入力して効果を探すこともできます。
  3. 適用する効果を選択します。
  4. [完了]をクリックます。

Windowsビデオエディターでフィルターを追加する方法

FacebookやInstagramなどのソーシャルメディアプラットフォームで使用できるフィルターと同様に、Windowsビデオエディターの任意の写真またはビデオクリップにフィルターを適用できます。

  1. ストーリーボードで、写真またはビデオクリップを選択します。
  2. [フィルター]をクリックして、フィルターを選択します。
  3. 再生ボタンをクリックて効果をプレビューし、[完了]をクリックます。

Windowsビデオエディタでモーションを追加する方法

モーション機能を使用して、画像をフェードインしたり、フレームからパンアウトしたり、上に傾けたりすることができます。

1.ストーリーボードで、メディアを選択します。

2. [モーション]をクリックして、エフェクトを選択します。再生ボタンを押すと、モーションをプレビューできます。

3. [完了]をクリックます。

関連:あらゆるプラットフォームに最適な無料のビデオ編集ソフトウェア

Windowsビデオエディタで他の機能を実行する

上記の機能に加えて、写真またはビデオクリップが最終的なビデオに表示される期間を変更したり、写真を囲む黒いバーを削除したりできます。

右上のパネルの省略記号をクリックして、ビデオのテーマを変更したり、プロジェクトを複製したり、ビデオのモードを変更したりすることもできます。

編集に満足したら、右上のパネルで[ビデオの終了]をクリックし、[エクスポート]を選択します。ビデオはラップトップに保存されます。 OneDriveにログインしている場合、ビデオは自動的にオンラインでバックアップされます。

簡単な動画の作成

Windowsビデオエディタは、基本的な機能を備えた便利なソフトウェアです。これらの機能について詳しく知りたい場合は、Microsoftコミュニティに連絡してください。ソフトウェア内にヘルプオプションはありません。より高度な機能を備えたソフトウェアをお探しの場合は、他の有料ツールを検討することをお勧めします。

Windowsビデオエディタの使用方法がわかったので、最初のビデオを作成して友達と共有してみてください。