Windows10でネットユーザーコマンドを使用する方法

WindowsはGUIベースのOSです。ユーザーは、新しいユーザーの作成やユーザーへのアクセス許可の設定など、複雑なタスクに使用できる使いやすいインターフェイスを利用できます。多くの複雑なタスクは数回クリックするだけで実行できますが、それらの多くはコマンドラインから実行できます。

ネットユーザーコマンド

Windows10にはたくさんのコマンドラインツールがあります。 pingツールなどの一部のツールにはUIがなく、コマンドラインからのみ使用できます。 Diskpartツールは、コマンドラインツールのもう1つの優れた例ですが、対応するGUIアプリ、つまりディスクの管理ユーティリティがあります。

ネットユーザーは、ユーザーがシステム上のユーザーアカウントを管理できるようにするWindows10のコマンドラインツールです。このツールは、メインコマンドの上に追加して変更できるあらゆる種類のコマンドとスイッチをサポートしています。

このツールは次の目的で使用できます。

  • 新しいユーザーを作成する
  • 既存のユーザーを削除する
  • ユーザーを変更する
  • ユーザーの権限を変更する
  • スーパー管理者のロックを解除する
  • アカウントの有効期限を設定します
  • サインイン時にユーザーにパスワードの変更を強制する

このリストは、ツールを使用できる目的のかなり長いものです。

ネットユーザーコマンドを使用する

ネットユーザーユーティリティを使用するには、使用するコマンドとそれらのコマンドの機能を知っている必要があります。開始するには;

  1. 管理者権限でコマンドプロンプトを開きます。
  2. ネットユーザーを入力し、Enterをタップします
  3. このコマンドは、システムで構成されているすべてのユーザーを返します。
  4. スイッチを使用してコマンドを変更し、他の操作を実行できます。
  5. ユーザーの情報を表示する
ネットユーザー[ユーザー名]

ネットユーザーの疲労

新しいユーザーを作成する

このコマンドを使用して、ユーザー名とパスワードを新しいユーザーのユーザー名とユーザーに設定するパスワードに置き換える必要がある新しいユーザーを作成します。角かっこは使用できますが、構文の一部ではありません。

ネットユーザー[ユーザー名] [パスワード]

ユーザーを削除する

上記のコマンドは、ユーザーを削除するように変更できます。

ネットユーザー[ユーザー名] / delete

ネットユーザーコマンドとスイッチ

ネットユーザーユーティリティには、サポートする多数のコマンドとスイッチがあります。完全なリストと、 Microsoftがリリースした公式ドキュメントでそれらが何をするかをここで読むことができます

それらを使用するには、次の一般的な構文従います。

ネットユーザー[<ユーザー名> {<パスワード> | *} [<オプション>]] [/ドメイン]  ネットユーザー[<ユーザー名> {<パスワード> | *} / add [<Options>] [/ domain]]  ネットユーザー[<ユーザー名> [/削除] [/ドメイン]]

角括弧は構文の一部ではなく、大なり記号でも小なり記号でもありませんが、アスタリスクとスラッシュは構文の一部であるため、削除しないでください。

結論

ネットユーザーユーティリティは、スーパー管理者ユーザーのロックを解除したり、非表示にしたりするのに最適です。ほとんどのユーザーは、GUIがユーザーアカウントを作成または変更するためのはるかに簡単な方法であることを知っています。ユーザーの有効期限が切れたり、ユーザーにパスワードの変更を強制したりするなど、一部の操作は、このツールを使用した方が管理しやすい場合があります。とにかく、ユーザーとそのファイルを削除してしまう可能性があるため、注意が必要です。

投稿「Windows10でネットユーザーコマンドを使用する方法」はAddictiveTipsに最初に掲載されました。