Windows DLLファイルとは何ですか?また、それらはどのように機能しますか?

ほとんどの人が「DLL」という用語に初めて遭遇するのは、DLLファイルが見つからないためにプログラムを開くことができない場合です。そして多分それはあなたにも起こったことです。

オンラインで簡単に検索してDLL関連の問題を修正することはできますが、DLLファイルとは何ですか。また、DLLファイルが見つからない場合、コンピューターはなぜそれを気にするのでしょうか。それでは、DLLファイルとそれらがWindows環境全体にどのように適合するかについての簡単な紹介から始めましょう。

Windows DLLファイルとは何ですか?

まず、「DLL」の意味を見てみましょう。イニシャリズムは「ダイナミックリンクライブラリ」の略であり、DLLファイルが何であるかをよりよく理解するには、コンピュータ用語で「ライブラリ」が何であるかをしっかりと把握する必要があります。

コンピューター上のライブラリーは、再利用可能なコードのコレクションです。ライブラリは、プログラマーまたは別のプログラムが何度も使用できる独立したプログラムです。

DLLファイルは、これらの種類のライブラリの特別な実装です。 DLLファイルには、他のプログラムが必要に応じて使用できる多数の関数、クラス、および変数が含まれています。

関連: Windows PowerShellとは何ですか?

ワードプロセッサを実行すると、コードがない特定のタスクを実行しなければならない場合があります。たとえば、ワードプロセッサで何かを印刷したいが、ソフトウェアがそれを行う方法を知らないとします。この場合、プログラムは、印刷機能を提供するために特別に構築された別のプログラムから命令を借用する必要があります。

そこで、これらのビルド済みライブラリが登場します。これらのライブラリは、プログラムで必要なときにいつでも作業内容を印刷できるように、必要なすべてのコードをワードプロセッサに提供します。このライブラリの概念は、モジュラープログラミングフレームワークに基づいています。モジュラープログラミングフレームワークは、プログラムが独自に実行できる独立したサブプログラムに分割されるソフトウェア開発の概念です。

しかし、これはどのように役立ちますか?

まず、単一のモジュールに加えられた変更は、そのモジュールを操作に使用するすべてのアプリケーションに反映されます。再利用可能なコードを記述してライブラリを作成する方法を使用していなければ、これは不可能でした。

第二に、ダイナミックライブラリはデバッグと微調整コードを公園で散歩させます。これは、異なるプログラムがまったく同じコードを使用してタスクを実行しているため、エラーや必要な変更を1つのコードで簡単に識別して修正できるためです。

DDLファイルが見つからないのはなぜですか?

DLLファイルの欠落は、主要なWindowsオペレーティングシステムでよくある問題です。プログラムを起動しますが、特定のDLLファイルが欠落していることを示すポップアップが表示されます。場合によっては、 Windowsの起動の問題が発生することもあります

DLLファイルが失われる理由はたくさんあります。それらのいくつかは次のとおりです。

  1. マルウェア感染
  2. 突然のシャットダウンによるDLLファイルの破損。
  3. 新しいソフトウェアによって編集されたDLLファイル。
  4. ユーザーによる誤った削除。

これは決して完全なリストではありませんが、これらがDLLファイルが失われる最も可能性の高い理由です。ありがたいことに、このエラーは、システムの復元、Windows Update、または最後の手段としての完全なリセットなどのWindowsトラブルシューティングツールを使用して簡単に解決できます。

DLLエラーを修正するために使用できる他の方法もあります。完全な要約が必要な場合は、Windowsでエラーが欠落しているDLLファイルを修正する方法に関するガイドを確認してください。

ダイナミックリンクライブラリは、Windowsオペレーティングシステムの重要なコンポーネントです。ダイナミックリンクライブラリがなければ、PCの起動が遅くなります。実際、Windowsオペレーティングシステムには、PCをそのように実行させるために連携する多くの関数とライブラリがあります。