Windows 11 は、拡張されたフルサイズのウィジェット ボードを探索します

開発者は、水曜日の時点で最新の Windows 11 プレビュー ビルドでウィジェット機能の新しい拡張ビューをテストする機会を得ています。

Microsoft は現在、 Windows 11 Insider Preview ビルド 25201を開発チャネルに展開しています。これには、ウィジェット機能の拡張ビューが含まれています。

Windows 11 Insider Preview ビルド 25201 には、ウィジェット機能の新しい拡張ビューが含まれています。

この機能は、画面の右上隅にある二重矢印アイコンで、ウィジェット ボードのサイズを広げて見やすくすることができます。アイコンをもう一度クリックすると、ボードが通常のサイズに戻ります。

選択したサイズ設定は、変更するまでデフォルトになります。 Microsoft は、ウィジェットの展開アイコンの横にプラス記号のアイコンがあるため、この機能をウィジェットの追加オプションと組み合わせて使用​​できることにも注意しています。

ウィジェット機能の拡張ビューは現在開発者レベルでしか利用できないため、Microsoft の Insider Preview プログラムの多くのユーザーはソフトウェアにアクセスできません。ベータ レベルに移行するかどうかは、開発者からのフィードバックに依存します。 Microsoft は、開発者が[デスクトップ環境] > [ウィジェット] の下にあるフィードバック ハブ (WIN + F) でフィードバックを送信することをお勧めします。

Microsoft は Insider Preview プログラムの開発者レベルを使用して、多くの興味深い機能をテストしています。 Windows 11 の Your Phone 機能の一部である最近のアプリ アドオンのように、ソフトウェアのパブリック ビルドに組み込まれることがよくあります。ただし、多くの場合、ベータから抜け出すことはできません。

7 月、Microsoft は Windows 11 Insider Preview ビルド 25163 で開発者に紹介しました。これは、Windows 11 のタスク オーバーフロー バー機能であり、MacOS のスタック機能と比較して多くの機能があります。オーバーフローにより、タスクバーに収まらないほど多くのアプリを開いている場合、それらは独自のセクションに保存され、画面の右下セクションにある省略記号アイコン (…) からアクセスできます。

魅力的ではありますが、Microsoft はコンセプトを前進させていないようです。