Windows 10に組み込まれている自動修正を有効にする方法

windows-phone-keypad

フローティングキーボードで入力すると、小さなタイプミスが修正されます。 PCの物理キーボードでは同じメリットは得られません。コンピューターはスペルミスのある単語を検出し、赤い下線が残ります。

しかし、あなたはあなたのPCで自動修正を得ることができます! 2つの異なる方法でWindows 10の自動修正を使用する方法を見てみましょう。

Windows 10統合オートコレクトを有効にする

2018年4月のアップデート以降、Windows 10には、ハードウェアキーボードであっても、独自の自動修正機能が搭載されています。これは基本的なエラーを検出するために使用できるシンプルなオプションであり、最初に試すのに適したオプションです。

これを有効にするには、 Win + Iを使用して[設定]を開き、[ デバイス]> [入力 ]を選択します。リストで、[ ハードウェアキーボード]セクションまでスクロールします。ここでは、カーソルの入力中スペルミスの単語を有効にます。

Windows 10を自動修正

これを実行した後、システム上の任意の場所にテキストを入力すると、Windowsは一般的な入力エラーを解決します。私たちのテストでは、これには、たとえば「teh」を「the」に、「errata」を「errata」に変更することが含まれます。

携帯電話のキーボードとは異なり、押したキーに基づいてどの単語を入力しようとしていたのかがわかりません。正しい単語の特定のタイプミスのみを修正します。また、「CApitalized」のように2文字が連続している、「sooon」のように余分な文字が追加されているなどのエラーは修正されません。

集中的な自動修正機能が必要ない場合は、これを有効にすることから始めて、それが十分に役立つかどうかを確認してください。さらに何かを探している場合は、2番目のオプションに切り替えます。

AutoHotkeyで自動修正スクリプトを使用する

AutoHotkeyは、あらゆる種類の目的に使用できる強力なWindowsスクリプトツールです。たとえば、システムコマンドをキーボードショートカットに割り当てたり、テキストを展開して数文字の大きなスニペットを入力したり、キーボードのキーを再割り当てしたりできます。

詳細については、 AutoHotkeyの紹介をご覧ください。ツールに慣れていない場合でも、AutoHotkeyで自動修正を使用する方法を説明します。

AutoHotkeyと自動修正スクリプトをダウンロードする

はじめに、 AutoHotkeyダウンロードしてシステムにインストールします。その後、ソフトウェアでスクリプトを使用する準備が整います。

幸い、自動修正を自分で設定する必要はありません。 このジムビアンコロオートコレクトスクリプトは2006年から存在しますが、タイプミスが実際に時間の経過とともに変化しないため、引き続き適切に機能します。そのページで、 Ctrl + Sキーを押してコンピューターに保存します。

デフォルトでは、WindowsからTXTファイルとして保存するように求められます。ただし、AutoHotkeyがスクリプトに使用するAHKファイルとして保存する必要があります。

[ 名前を付け保存 ]ダイアログボックスで、ファイル名の末尾にある.txtを削除して、ファイルが.ahkで終わるようにします。正しく実行すると、アイコンをファイルエクスプローラーで表示すると、Hが付いた空白のページとして表示されます。

ファイル名自動修正Windows 10 AHK

スクリプトをコンピューターの任意の場所に保存して、ダブルクリックするだけで実行できます。これを行うと、スクリプトは警告なしに動作を開始し、画面の右下のシステムトレイにAutoHotkeyアイコンを配置します。

ただし、自動修正してアプリを忘れた場合は、ファイルをスタートアップフォルダーに移動する必要があります。これにより、コンピュータを起動するたびに実行されるため、手動で起動する必要がありません。

これを行うには、ファイルエクスプローラーのアドレスバーにshell:startupと入力し、AHKスクリプトを挿入します。詳細については、Windows 10スタートアップフォルダーのガイドを参照しください。

自動修正スクリプトの表示

スクリプトを実行すると(そして常に機能させる場合はスタートアップフォルダーに配置すると)、コンピューターで入力した場所にかかわらず、自動的にテキストの修正が開始されます。これを利用するために必要なことはこれだけですが、スクリプトの機能に興味がある場合はスクリプトを表示したり、都合の良いときにスクリプトを変更してより良い結果を得ることができます。

スクリプトには、何百もの一般的なタイプミスが含まれています。統合されたWindows 10自動修正のように、正しい単語の特定のエラーのみを変更します。その内容を確認するには、 オートコレクトスクリプトページに再度アクセスしてください

AutoHotkeyオートコレクトスクリプトの概要

システムトレイのAutoHotkeyアイコンを右クリックして[ このスクリプト編集]を選択することもできます 。ただし、メモ帳でスクリプトを開くので、変更を加えるのは簡単ではありません。

別のテキストエディタを使用している場合は、スクリプトファイルを右クリックして[アプリケーションから開く ]を選択するか、選択したテキストエディタにドラッグして表示および編集します。

スクリプトを編集する

内部では、スクリプトがいくつかのセクションに分かれています。

デフォルトでは、スクリプトは「DUE CApitals」を解決しませんが、コードは存在します。 「AUto-Corrrect TWo COnsecutive CApitals」セクションのコメント行(最初と最後の/ ** /)を削除するだけで、そのコードがアクティブになります。

自動修正AHK Two Capitals

なんらかの理由でプライマリオートコレクトのエントリが気に入らない場合は、コメント行にセミコロン( ; )を追加してください。たとえば、デフォルトで行う「want」を「want」に修正したくない場合があります。後で行を復元したい場合に備えて、削除するよりコメントを付けることをお勧めします。

下部に、タイトルが付いたセクションがあります。このポイントより下のすべては、ユーザーがショートカットキーWin + Hを介してスクリプトに追加したものですここで、独自のオートコレクトエントリを追加できます。リスト内の他のアイテムの外観を簡単にコピーできるため、フォーマットは単純です。

以下を使用します。

 ::typo::correction 

たとえば、「windows」の「winodws」を修正するには、次のように入力します。

 ::winodws::windows 

手動で追加することもできますが、オートコレクトスクリプトを使用するとさらに便利になります。コンピューター上の任意の場所でエラーを強調表示して、 Win + Hを押すだけですこれを行うと、ポップアップが表示され、上記の形式を使用してエラーと修正を指定できます。 [ OK]クリックして、以下のセクションに追加します。

ショートカットキーショートカット

この領域の上に、 あいまいなアイテムのセクションがあります 。ここで、著者はいくつかの修正を収集しましたが、それらは有用である可能性がありますが、必ずしも明確ではありません。次にコメントされます。

たとえば、「aparent」と入力すると、「apparent」または「a parent」が修正されます。必要に応じて、行を下部のユーザーセクションに移動し、右側に正しいエントリを入力します。

したがって、「aparent」を「apparent」に修正する場合は、次の行を移動してを削除する必要があります。

 :aparent::apparent, a parent 

ユーザーセクション自動修正AHK

最後に、変更後は必ずファイルを保存してください。それ以外の場合、効果はありません。

スクリプトを一時停止して閉じます

オートコレクトスクリプトがしばらく実行されないようにする場合は、システムトレイでそのアイコンを見つけて右クリックします。 スクリプト一時停止を選択して、再開するまで実行されないようにします。スクリプトが実行を続けるホットキー の一時停止はWin + H (およびその他のホットキーが設定されている可能性がある場合)を無効にします。

AutoHotkeyスクリプトシステムトレイ

このスクリプトリロードすると、何かがクラッシュした場合に役立ちます(通常は発生しません)。最後に、[ 終了 ]をクリックして、再起動または再実行されるまで自動修正を停止します。

コンピュータのどこでも自動修正

これで、Windows PCで自動修正を使用するための2つの優れたオプションがあります。どちらのオプションも完璧ではありませんが、追加の作業をせずに一般的な入力エラーを簡単に検出して修正できます。 AutoHotkeyオプションはカスタマイズ可能なため、最も一般的な入力エラーを修正するように構成できます。

さらにタイピングのヘルプについては、 最高の文法チェッカーのいずれかを試してください。

記事全文を読む: Windows 10に組み込まれた自動修正を有効にする方法

(出典)