Westinghouse、PolkAudioがRokuTVReadyプログラムに参加

Rokuは本日、「TV Ready」認定プログラムにいくつかの新しいパートナーを追加することを発表しました。これは、Rokuデバイスとテレビ間の接続を簡素化し、基本的にそれらをうまく連携させるのに役立ちます。 2022年初頭にTVReadyに参加したのは、ポークオーディオとウェスティングハウスで、これらはElement、JVC、Pheanoo、Philips、Hisense、TCL、SoundUnitedなどに参加しています。

TV Readyプログラムにより、「A / Vおよび家電企業は、Roku TVに接続したときに、シームレスなセットアップ、単一のリモート操作、および画面上のホームシアター設定への簡単なアクセスをサポートするためにオーディオ製品を簡単に拡張できます」とRokuは述べています。プレスリリース。プログラムに参加することで、パートナーはソフトウェア開発キットにアクセスできるだけでなく、認定へのより迅速な道を歩むことができます。

低価格のRokuストリーミングスティックとワイヤレススピーカーに加えて、Rokuは他のメーカーと提携して、Rokuオペレーティングシステムを使用するテレビやサウンドバーを製造しています。 TV Readyプログラムは、Roku以外のデバイスが、Rokuブランドのデバイスと同じように機能し、単一のリモコンからすべてを制御できるようにするのに役立ちます。

11月3日の時点で、Rokuは世界中で約5,640万のアクティブなアカウントを持っており、2020年の第3四半期から約23%増加しています。

RokuInc。の製品戦略担当バイスプレジデントであるMarkElyは、プレスリリースで次のように述べています。 「シームレスなホームシアター体験を顧客に提供することに関心のあるサウンドバーメーカーでも、Rokuのワイヤレスオーディオテクノロジーを統合したい場合でも、Rokuを使用すると、メーカーはRokuテクノロジーを簡単に利用して、顧客が愛する優れた使いやすい製品を提供できます。 。」