WazeのようなレポートがAppleMapsに登場

iOS14.5のAppleMapsは、WazeやGoogleMapsに見られるものと同様の新しいクラウドソーシングレポート機能を取得しています。アップデートが一般公開されると、ユーザーは道順を取得するときに、ルートに沿った事故、危険、速度チェックを報告できるようになります。

Appleは、iOS 14.5にアップグレードした後、マップに最初に道順をリクエストしたときにポップアップするスプラッシュ画面でこの機能を宣伝しています。以前のバージョンのマップアプリには事故報告機能がなかったため、これは間違いなく新しい機能です。

スマートフォンでのGPSナビゲーションに関しては、 GoogleマップとWazeの両方クラウドソーシングによるハザードレポートを普及させています。それを念頭に置いて、Appleのマッピングサービスがついに独自の同様のレポート機能を取得しているのは素晴らしいことです。

この機能はいつ使用できますか?

マップでハザードレポートを見つけたRedditのポスターによると、iOS14.5またはiPadOS14.5が必要です。両方のアップデートは現在、Appleの登録開発者とパブリックベータテスターに​​よってテストされています。一般の人々が行く限り、これらのアップデートが春に一般公開されると、マップのレポートインターフェイスを試す機会が得られます。

関連:ブラウザでAppleMapsを使用する方法

iOS 14.5は、Appleの物議を醸しているApp Tracking Transparencyポップアップなど、追加機能をミックスにもたらします。その他の新機能には、 Apple Cardを家族共有する機能、新しいPlayStation5およびXboxSeries Xコントローラーのサポート、マスクを装着したままApple WatchでiPhoneのロックを解除する機能、メッセージテキスト爆弾から保護する新しいセキュリティ機能が含まれます。 、 ほんの少し例を挙げれば。

Appleマップで交通事故を報告する方法

途中で見た危険を報告するには、マップの詳細が表示されているマップ‌インターフェイスを上にスワイプして、下部のトレイに新しい[レポート]ボタンを表示します。次に、「事故」、「危険」、または「速度チェック」アイコンを押して、Wazeなどのアプリと同様の正しい交通イベントを報告します。それが有効な状況、ノートの中以外では使用すべきではありませんので、「あなたの場所は、無確認画面に自動的にフラグをタップマックルーマーズ

関連: CarPlayの仕組みのクイックガイド

新しいレポートインターフェイスは、マップのCarPlayエディションでも利用でき、Siriデジタルアシスタントを通じてMacRumorsが発見しました。たとえば、「He​​y Siri、ここにスピードトラップがあります」、「Hey ‌ Siri‌、事故があります」などの方法でうまくいきます。

ライバルマッピングアプリの交通情報

ライバルのマッピングアプリは、ここ数年、事故、スピード違反取締り、危険などをクラウドソーシングしてきました。 Googleマップでは、ユーザーは事故、危険、速度チェック以外の追加の交通イベントを報告することができました。たとえば、Googleマップでは、衝突、車線の閉鎖、停車中の車両、工事、道路上の物体を報告することもできます。

また、Wazeでは、通行止め、警察、建設などを報告できます。 Wazeのクラウドソーシングレポートは、Googleのサーバー上のユーザーレポートを集約し、道路沿いの交通イベントを送信するように人々を動機付けるポイントシステムが付属しています。 Appleはまだそのシステムがどのように機能するかを詳述しておらず、その新機能がどのようにプライバシーを保護するかを明らかにしていない。