VR トレーニング プラットフォームが外科医を助ける 8 つの方法

仮想現実 (VR) は、単なるエンターテインメントではありませんでした。企業がデータの処理、通信、学習などのためにテクノロジーに依存しているため、その実用的なアプリケーションはビデオ ゲームをはるかに超えています。医療トレーニング、特に外科手術は、他の産業よりも多くの恩恵を受けています。

VR のおかげで、外科医は関心のあるさまざまな分野で遠隔トレーニングを行うことができます。バーチャル エクスペリエンスは非常に高度であるため、認定機関でさえ有効な実践と見なされています。ここでは、VR テクノロジーが手術トレーニングのためにすでに行っていることの内訳を示します。

1. 手術理論

SyncThinkSurgical Theaterなどのソリューションは、診断や解剖学的表現などの特定のニーズに焦点を当てています。同時に、データや読み物からリアルな操作まで、すべてを 1 か所にまとめた VR プラットフォームを見つけることができます。

現代の医療における VR アプリケーションの主な利点は、外科医が各セッションから得られる知識の量と質です。利用可能なコンテンツの範囲は、医学理論を吸収するためのより多様で楽しい方法があることを意味します。

誰もが同じ方法または同じペースで学習するわけではないため、この単純な利点は、医師だけでなく患者にとっても実際に人生を変えるものです。さらに、外科医を教育するだけでなく、明確でインタラクティブな 3D コンテンツは、手術の準備を整えることもできます。

2. 外科手術

実践的なレベルでは、VR は印象的なツールを提供します。 FundamentalVRなどの主要な外科トレーニング プラットフォームを見てください。まず、現在は整形外科と眼科でシミュレーションを行い、製品や手順を宣伝するために専用のデバイスを使用しています。

その仮想プラットフォームを特別なものにしているのは、実際の感覚を模倣する外科医のためのフォース フィードバック ハプティクスの完成に重点を置いていることです。さらに、臨場感あふれるサウンドとビジュアルで没入感を最大化します。

これらのシミュレーションを十分に実行すると、筋肉の記憶、技術知識、およびあらゆる種類の医療状況に精通することだけを改善できます。このような強力なトレーニング体験は、絶え間ない革新の結果です。

技術の融合と教育方法は、開発者にとって特に興味深いものです。ビデオ、ホワイトボード、データ分析、メッセージングなどのツールを組み合わせて、すべての仮想演習をよりインタラクティブで啓発的なものにします。

関連:フォースとハプティック フィードバックはどのようにしてゲームをより没入感のあるものにしますか?

3. 手術室と教室でのチームワーク

外科手術には通常、複数の人が必要であるため、仮想トレーニングが役立つもう 1 つの重要な能力は、他の人と協力することです。

VR テクノロジーにより、世界中のユーザーとコラボレーションすることができます。さらに良いことに、各メンバーが高品質のハプティック ギアを持っている場合、その体験は関係者全員にとってより効果的です。セッションを観察するだけでも非常に教育的であり、トレーニングの一環として完全に受け入れられます。

実際、学習にはチームワークが必要なので、FundamentalVR や類似の多層プラットフォームでは、ユーザーがさまざまな方法で対話できるように最善を尽くしています。たとえば、オンライン レクチャー、スタディ グループ、またはチューターとのミーティングを設定して、パフォーマンスについて話し合うことができます。

4. データベースに基づくエビデンスによる改善

一般に、デジタル テクノロジの開発者は、可能な限り最も役立つイノベーションを実現するために多大な努力を払っています。このようにして、データ分析とその利点が、外科トレーニングに最適な VR プラットフォームに組み込まれるようになりました。

彼らは、成功と失敗から手の安定性と目の調整に至るまで、セッションで行ったすべての動きに基づいて情報を収集できます。これらの詳細は個人アカウントに記録され、調査して改善点を見つけることができます。

洞察に富んだデータ分析が可能であることを考慮して、収集される情報の量、詳細、および効率を向上させるために進歩が行われています。 AI とディープ ラーニングは重要な要素であり、その進歩は医療と密接に関係しています。

5. 複数のデバイスを使用する

すでに述べたように、より多くの技術を組み合わせることは、仮想的な手段を介した外科医のトレーニングにとって、徐々に実現する夢です。この部門での便利な成果は、どのデバイスからでもデータに簡単にアクセスできることです。

つまり、VR ヘッドセットでトレーニングし、進行状況を記録して、同じデバイス、PC、タブレット、またはスマートフォンからファイルを開くことができます。

しかし、目的はそれよりも野心的です。たとえば、開発者は、スマートフォンを観察したりチャットしたりするのと同じくらい効果的にトレーニングできるようにしたいと考えています。

当分の間、VR 手術トレーニングにおけるクロスプラットフォーム アクセシビリティには、主にナビゲーション、コミュニケーション、およびパフォーマンス追跡ツールが含まれます。これは、その上に構築するための優れた基盤です。

6. 間違いから学ぶ

Osso VR が指摘するように、手順を繰り返し、スキルを測定することで、外科トレーニングの学習曲線を短縮できます。つまり、VR ツールを使用する訓練生は、知識と筋肉の記憶をより迅速かつ生産的に構築できます。何よりも、彼らは実際の状況に備えています。

興味深いことに、間違いを犯すことは学習プロセスの一部です。ユーザーは、仮想シミュレーションでさまざまな動きを試して、実際の患者を心配することなく、何が起こるかを確認し、結果に対処することをお勧めします。

バーチャル リアリティは、基本的に、外科医が自宅と職場の両方で、自分の職業を詳細に調査するための安全で快適な環境を提供します。

7. 自信の構築

これらすべての演習のポイントは、研修生が自分自身を信じるのを助けることです。これは優れた外科医にとって不可欠であり、 Journal of Surgical Education に掲載された 2019 年の研究のような研究で明らかです。

個人的な期待、スキルの開発、フィードバック、協力的な環境が、内外に影響を与えるいくつかの要因であることがわかりました。最終的に、外科医は、十分な練習と励ましがなければ、自分の専門分野で優れた能力を発揮することはできません。

VR とそれを支援する手術機関は、これらすべてのニーズをカバーするよう努めています。医師の健康が最優先事項ですが、医学と技術が常に変化しているという問題もあります。したがって、トレーニング プロバイダーは、医療専門家が何にでも備えられるようにすることが不可欠です。

8. 外科的認定

最後に、VR 手術トレーニング プログラムの基準は、認定要件を満たすのに十分高いことがよくあります。研修生の理論と技術スキルの仮想アプリケーションから収集されたデータは、正式な資格にカウントされます。

これは、American Academy of Orthopaedic Surgeons (AAOS) や Royal College of Surgeons of England (RCS) などの機関が、専門的な経験の有効な情報源として VR を採用しているおかげです。

この業界で VR テクノロジーが進化すればするほど、当局からより認知される可能性が高くなります。

デジタル技術がどれだけヘルスケアをサポートしているかを知る

VR は、特に現代社会の重要な部分への貢献に関して、注目に値するテクノロジーです。外科医のトレーニングに関しては、複雑なスキルを伝達し、ユーザーのパフォーマンスを分析し、専門家をオンラインで集めることができます。そして、それはヘルスケアのためにできることのほんの始まりに過ぎません。

しかし、VR は人々の幸福に投資する唯一のテクノロジーではありません。スマート ガジェットやモバイル アプリは、睡眠や心拍数の追跡から健康維持まで、あらゆることに対応できます。カジュアルなユーザーでもプロのユーザーでも、あなたに合ったものが見つかります。