UbuntuLinuxの仮想マシンにmacOSをインストールする方法

仮想マシンは、コンピューティングとソフトウェアエンジニアリングにおいて非常に重要です。これらは主に、追加のハードウェアを必要とせずに、さまざまなオペレーティングシステムをテストして使用できるようにします。さらに、仮想マシンに問題が発生しても、既存のホストオペレーティングシステムが破損することはありませんので、ご安心ください。

このガイドでは、QEMU-KVM仮想マシンを使用してUbuntuLinuxにmacOSをインストールする方法を説明します。これにより、Linuxでは利用できないネイティブmacOSソフトウェアを使用できるようになります。

QEMUとは何ですか?

QEMUは、Windows上のVMwareおよびVirtualBoxと非常によく似た仮想マシンエミュレーターおよびバーチャライザーです。 QEMUはLinuxカーネルにネイティブに実装された仮想マシンを提供するため、ユーザーはKVMと一緒にQEMUを使用することがよくあります。

QEMUの主な利点は、セットアップと管理が非常に簡単なことです。また、コマンドラインから仮想マシンを作成することは、QEMUでかつてないほど簡単になりました。 QEMU / KVMでGUIインターフェースを使用することもでき、推奨されるGUIマネージャーはvirt-managerです。仮想マシンを実行すると、他にも多くの利点が得られます。

QEMU / KVM仮想マシンのテストが終了し、不要になった後は、仮想マシンに関連付けられている仮想ディスクファイルを簡単に削除できます。

QEMU / KVMのインストール

aptユーティリティを使用してコマンドラインからQEMU / KVMをインストールできます。 aptは、DebianベースのLinuxディストリビューションでアプリケーションをアンインストールするためにも使用されます。さらに、QEMUパッケージと一緒にPythonユーティリティをインストールする必要があります。

先に進むには、必要なすべての依存関係をインストールします。

 sudo apt-get install qemu-system qemu-utils python3 python3-pip

macOSとインストールツールのダウンロード

このガイドでは、 GitHubfoxletプロジェクトを使用して、macOSのインストールプロセスとQEMU / KVMを使用した仮想マシンの管理を容易にします。

まず、foxletsの公式GitHubリポジトリからmacOSベースイメージとインストールツールをダウンロードする必要があります。

/ Downloadsフォルダーに切り替えて、現在の作業ディレクトリにします。

 cd ~/Downloads

次に、 wgetユーティリティを使用してプロジェクトをダウンロードします。

 wget https://github.com/foxlet/macOS-Simple-KVM/archive/refs/heads/master.zip

ダウンロードしたパッケージは、 master.zipとして/ Downloadsフォルダーに保存されます。 unzipコマンドラインユーティリティを使用して、パッケージの内容を抽出します。

 unzip master.zip

解凍ツールは、抽出されたコマンドフォルダーをmacOS-Simple-KVM-masterとして保存します。

仮想マシン用のKVMフォルダーの作成

仮想マシンを簡単に管理するために、macOS仮想マシンを含むKVMという名前のフォルダーを作成できます。このディレクトリを使用して、システム上の他の仮想マシンをホストできます。

 mkdir ~/KVM

フォルダを作成したら、macOSインストールツールとスクリプトを含む解凍したフォルダをKVMフォルダに移動できます。また、物事を単純化するために、フォルダの名前をmacOSに変更できます。次のコマンドを使用して、これらすべてを実行できます。

 mv ~/Downloads/macOS-Simple-KVM-master/ ~/KVM/macOS

仮想ディスクの作成

ここで、最近名前を変更したmacOSフォルダー内に仮想ハードディスクを作成します。

 cd ~/KVM/macOS

仮想マシンをホストするmacOSフォルダー内から次のスクリプトを実行します。以下のコマンドは、macOSCatalinaのインストールイメージを自動的にダウンロードします。

 ./jumpstart

ベースイメージを配置したら、macOSをインストールする仮想ディスクイメージを作成できます。

qemu-imgユーティリティを使用して、オペレーティングシステムのインストールに使用される仮想ハードディスクを作成します。

 qemu-img create -f qcow2 mac_os.qcow2 64G

上記のコマンドは、推定サイズ64GBの仮想ディスク名mac_os.qcow2qcow2形式で作成します。 QEMUは、約68GBのディスクを作成する以下の出力に示されているように、指定したイメージよりも大きなイメージを作成します。

仮想マシンの構成

macOSフォルダー内のもう1つの重要なファイルは、仮想マシンのランタイム環境を構成するために使用されるbasic.shファイルです。

basic.shファイルの最後に次の2行を追加して、保存します。

 -drive id=SystemDisk,if=none,file=mac_os.qcow2
-device ide-hd,bus=sata.4,drive=SystemDisk

basic.shの最終的なコンテンツは、の画像のようになります。

変更できるもう1つの構成は、仮想マシンが使用するRAMの量です。 -mで始まる行は、RAMサイズをGB単位で指定します。 -smpで始まる行、つまりcores = xで、仮想マシンが使用するCPUコアの数を指定できます。

UbuntuへのmacOSのインストール

インストールを開始するには、上記で編集したbasic.shスクリプトファイルを実行します。

 ./basic.sh

上記のコマンドを実行すると、macOSオペレーティングシステムの初期インストール画面が表示されます。 Enterキーを押して続行します。

:現時点では、マウスが正しく機能しない可能性があります。代わりに、ナビゲーションに矢印キーを使用する必要があります。

キーボードキーのCtrl + Alt + Gを使用して、仮想マシンウィンドウからマウスとキーボードのコントロールを終了します。

必ずライセンス条項を読み、[同意する]ボタンを選択してインストールを続行してください。

インストールを続行する前に、ディスクユーティリティを使用して仮想ディスクをフォーマットすることを忘れないでください。

左側のパネルから対応するディスクサイズを選択し、[消去]ボタンをクリックします。次に、ディスクユーティリティでディスクの名前をMainDiskに変更します。以下に示すように、Apple File Systemフォーマット(APFS)を使用してディスクをフォーマットし、GUIDパーティションマップスキームを使用します。

すべての設定が完了したら、左上隅にある赤いボタンでディスクユーティリティウィンドウを閉じます。その後、システムは前の画面に移動します。

仮想ハードディスクが適切にフォーマットされたら、[ macOS再インストール]オプションを選択してmacOSのインストールに進むことができます。

次に、macOSシステムを保持するインストールディスクを選択します。

次の画面で、[続行]をクリックしてインストールを続行できます。

以下の最初の推定時間からわかるように、インストールには時間がかかりますので、コーヒーまたはお気に入りの飲み物を手に取ってリラックスしてください。

インストールプロセス中に、オペレーティングシステムの構成を求める以下の画面が表示されるまで、他の選択を行う必要はありません。

macOSインストールの構成

ここまでインストールが完了したら、新しいオペレーティングシステムを構成します。国または居住地域を選択することから始めます。

次に、書面と口頭の言語オプションの選択に進みます。必要に応じて、 [設定カスタマイズ]ボタンを使用して、言語サポートを追加できます。

次の画面は、アップルがデータとユーザーのプライバシーを処理する方法を示しています。 [続行]をクリックして続行します。

macOSでは、別のPCまたはストレージメディアからデータを転送するオプションがありますが、簡単にするために、現時点ではこれを行いません。

後でAppleIDでサインインすることを選択できます。

インストールを続行する場合は、[利用規約]画面で[同意する]を選択します。

これで、先に進んでユーザーアカウントを設定できます。続行するには、ユーザー名と安全なパスワードを入力してください。パスワードを忘れた場合に備えて、パスワードを覚えておくのに役立つヒントを提供することもできます。

Express Set Upという次の画面で、 Continueを押すだけです。

分析画面では、クラッシュデータと使用状況データを開発者と共有することに同意するよう求められます。 [クラッシュと使用状況データをアプリ開発者と共有する]オプションをオンにして、[続行]ボタンを選択します。

利用時間により、macOSが画面の使用状況を記録して要約するかどうかを設定できます。 [後で設定]を選択し、[続行]ボタンを押します。

あなたが音声アシスタントのファンなら、Siriを有効にするかどうかを選択できます。 [続行]を選択して、インストールを続行します。

新しいmacOSデスクトップが表示される前の最後のステップは、テーマの色を設定することです。このチュートリアルでは、ダークテーマを選択します。

最後に、macOSデスクトップ画面が表示されます。この段階でシステムの使用を開始できますが、一部の構成オプションがときどき表示される場合があります。現在または後でシステムを更新することもできます。

これで、MacOSはUbuntuLinuxの仮想マシン内で実行されます。

仮想マシンの起動と停止

仮想マシンの使用が終了した場合は、macOSシステムをシャットダウンまたは再起動できます。仮想マシンを停止するには、 basic.shスクリプトが実行されているターミナルでCtrl + Cを押します。

仮想マシンの電源を再度入れるには、仮想ハードディスクをホストするmacOSフォルダー内でbasic.shスクリプトを開始するだけです。

 ./basic.sh

次の起動画面が表示されます。 MainDiskからmacOSを起動するというオプションを選択します。

QEMU / KVMを使用したその他の構成

画面の解像度など、仮想マシンの設定をさらに構成することもできますが、このガイドでは、インストールの側面のみに焦点を当てています。仮想ハードディスクが含まれているmacOSディレクトリ内の/ docsフォルダを開いて、システムをさらに構成する方法の詳細を確認してください。

macOS仮想マシンは、ホストオペレーティングシステムが使用するインターネット接続を自動的に使用するため、お気に入りのアプリのインストールに簡単に進むことができます。同様に、Windowsオペレーティングシステムの仮想マシンを使用してmacOSをインストールすることもできます。