UbuntuにChromeブラウザをインストールする方法

Google Chromeは、最も人気のあるインターネットブラウザの1つであり、インタラクティブなユーザーインターフェイスを備えた高速ブラウジングを提供します。 Chromeはオープンソースではないため、Linuxユーザーはシステムのデフォルトのパッケージマネージャーを使用してChromeを直接ダウンロードすることはできません。

この記事では、LinuxマシンへのChromeのダウンロードとインストールについて説明します。システムにGoogleChromeをグラフィカルにコマンドラインでインストールする方法を示す簡単なガイドを共有します。

UbuntuにGoogleChromeをインストールする方法

UbuntuへのGoogleChromeのインストールは簡単です。公式ソースからパッケージファイルをダウンロードして、システムに解凍するだけです。これを行うには、 dpkgパッケージマネージャーを使用するか、アプリマネージャーソフトウェアを使用する方法が複数あります。

dpkgを使用したコマンドラインインストール

DebianベースのLinuxディストリビューションのすべてのパッケージマネージャーの背後には、Debianパッケージの管理を担当するdpkgと呼ばれる基本ソフトウェアがあります。 AptなどのDebianベースのディストリビューションで使用される他のパッケージマネージャーは、dpkgのフロントエンドとしてのみ機能します。

  1. コマンドラインを使用してGoogleChromeをインストールするには、最初にCtrl + Alt + Tを押してターミナルを起動します。
  2. wgetを使用してChromeパッケージをダウンロードします。これは、HTTP、HTTPS、FTP、およびFTPSを使用してファイルをダウンロードできるLinuxユーティリティです。
     wget https://dl.google.com/linux/direct/google-chrome-stable_current_amd64.deb
  3. ダウンロードしたパッケージは、dpkgまたはaptを使用してインストールできます。ターミナルで次のコマンドのいずれかを入力します。
     sudo dpkg -i google-chrome-stable_current_amd64.deb
    sudo apt install ./google-chrome-stable_current_amd64.deb
  4. システムは、ログ記録の目的でユーザーパスワードの入力を求めます。パスワードを入力してEnterキーを押します。

インストールプロセスが完了すると、GoogleChromeを使用できるようになります。

GoogleChromeをグラフィカルにインストールする

Linuxを使い始めたばかりの人にとって、コマンドラインの使用は不快な場合があります。この状況では、UbuntuにはGoogleChromeパッケージを自動的に抽出してインストールするSoftwareCenterアプリケーションがあります。

Ubuntuのソフトウェアセンターを使用してGoogleChromeをインストールするには:

  1. ChromeのダウンロードWebページにアクセスしてください
  2. [ Chromeダウンロード]ボタンをクリックします。
    Ubuntu用のChromeをダウンロードする
  3. [ダウンロードパッケージラベルを選択してください]で、 64ビットの.deb(Debian / Ubuntuの場合)オプションをオンにします。
    グーグルクロームubuntu
  4. [承認してインストール]を選択して続行します。
  5. ダウンロードしたパッケージが置かれているディレクトリに移動します。
  6. .debパッケージをダブルクリックして、 SoftwareCenterを起動します。
    Ubuntu用のグーグルクロームパッケージ
  7. [インストール]ボタンをクリックします。
    Chromeubuntuのインストール
  8. アカウントのパスワードを入力して、インストールプロセスを開始します。
  9. GoogleChromeがUbuntuマシンにインストールされます。

関連: GoogleはChrome89があなたのシステムにかかる負担を軽減すると主張している

GoogleChromeを自動的に更新する

Google Chromeは、将来のアップデートとリリースを取得するために、公式のGoogleリポジトリをシステムのソースリストに追加します。 Google Chromeのソースリストファイルを読み取ることで、リポジトリがシステムに追加されていることを確認できます。

 cat /etc/apt/sources.list.d/google-chrome.list

次のような出力が表示されます。

 THIS FILE IS AUTOMATICALLY CONFIGURED ###
# You may comment out this entry, but any other modifications may be lost.
deb [arch=amd64] http://dl.google.com/linux/chrome/deb/ stable main

何らかの理由で、システム上に前述のファイルが見つからない場合。手動で生成し、出力スニペットをファイルに追加します。

 sudo touch /etc/apt/source.list.d/google-chrome.list

選択したテキストエディタでファイルを編集します。

 nano /etc/apt/source.list.d/google-chrome.list

以下のスニペットを追加してファイルを保存します。

 THIS FILE IS AUTOMATICALLY CONFIGURED ###
# You may comment out this entry, but any other modifications may be lost.
deb [arch=amd64] http://dl.google.com/linux/chrome/deb/ stable main

Ubuntuでインターネットを閲覧する

インターネットサーフィンは、ほとんどすべてのコンピューターユーザーの主要なニーズの1つです。インターネットブラウザは、人々が自分のデバイスからインターネットを閲覧する方法を完全に変えました。 Google Chromeは、Microsoft Windows、Linux、macOS、およびAndroidデバイスで使用できるクロスプラットフォームのインターネットブラウザです。

セキュリティパッチに加えて、Google Chromeの新しいリリースには、ユーザーがWebページを開く前プレビューできるようにするなどの追加機能が常に付属しています。最近、GoogleChromeでオーディオのライブキャプションを生成する新機能も導入されました。