TikTokの米国での禁止は延期されました。

別の衝撃的な出来事では、ドナルドトランプ米大統領によるTikTokの禁止が遅れています。 TikTokは2020年9月27日までにOracleとWalmartとの取引を完了する必要があり、アプリが禁止を回避できるようにします。

トランプ大統領は、2020年9月20日に米国のアプリストアからTikTok削除することに夢中になっているように見えた後、予定された禁止のほんの数時間前に見通しを変えました。 米国商務省のプレスリリースによると、締め切りは9月27日まで延長されています。

この展開は、トランプ大統領が提案されたTikTok取引について彼の承認を表明した後に行われます。トランプ氏はブルームバーグの報告で、「契約は概念的に承認された」と述べた。

この契約により、オラクルとウォルマートの両方にTikTokの株式が与えられ、米国を拠点とする新しい会社TikTok Globalの設立も含まれます。合意の一部として、トランプはTikTok Globalが50億ドルをアメリカの教育基金に投資することも期待しています。

TikTokはトランプの承認を祝うためにTwitterを利用しました。 TikTokの暫定CEOであるVanessa Pappasは、TikTokが「長期的にここにいる」というTikTokファンへのメッセージを記録しました。彼女はまたTikTokはアプリに変更を加えることなく動作し続けると述べました。

トランプ氏の支持にもかかわらず、TikTok取引はまだ米国財務省と中国政府から公式の承認を得ていません。新しい9月27日の締め切りは、TikTokが取引を完了するのに十分な時間を与えることになっています。

しかし今のところ、TikTokは米国のアプリストアに残っているようです。

中国政府がこの取り決めについて争わない限り、TikTokドラマはようやく終焉を迎えるかもしれません。

契約が成立したとしても、実際にアプリがどれだけ変わるかはわかりません。 TikTokは依然として国家安全保障上の脅威をもたらしたとして非難されますか、それともアメリカ企業の関与がアプリをまっすぐにしますか?