Spotifyは音楽ストリーミング市場でどのように成功を収めてきましたか?

AppleやAmazonのようなハイテクの巨人との激しい競争にもかかわらず、Spotifyは世界で最も人気のある音楽ストリーミングプラットフォームの1つであり続けています。

初期の頃は、パーソナライズとユーザーが新しい音楽を発見するのを助ける簡単な方法が、他の音楽とは一線を画しています。しかし今、その競合他社は同じことをしています。

では、Spotifyはどのようにしてトップに留まるのでしょうか?それは革新的な考え方、その忠実なファン、または純粋なスウェーデンの水の中の何かですか?最も重要な要素のいくつかを見てみましょう。

Spotifyの最新のイノベーション

競合他社が発生し、同様のサービスを提供したら、自分を際立たせることが不可欠です。そして、Spotifyの最近の革新が示すように、同社はそれをかなりうまくやっています。

人々と話す

実生活でSpotifyの看板広告を見たことがあるでしょう。そうでない場合は、間違いなく1つ以上のソーシャルメディアフィードに表示されています。機知に富み、魅力的で、同等に関連性のあるデータを使用する方法の例を見たい場合は、これが最適です。

このプラットフォームは、個人レベルでユーザーと話すだけでなく、最も一般的な(そして迷惑な)音楽リスニングの問題の1つ、つまり名前がわからないために素晴らしい曲を手放すことにも対処するのに役立ちました。

2020年10月、Spotifyの従業員は、iOSとAndroidで歌詞Spotifyの曲を検索できると発表しました。 2000年代半ばにテクノロジーで育った人なら誰でも証明するように、これは天の恵みです。

また、ハミングで検索することもできます!

2021年4月、Spotifyは、米国での車の旅を微調整するための新しいイノベーションも発表しました。鈍いタイトルのCarThingで、ユーザーは音声コントロール、ダイヤルブラウジング、プリセットボタンを使用して、旅行のサウンドトラックを簡単に作成できます。

関連: Spotifyの車のこととは何ですか?それはどのように機能しますか?

パーソナライズの増幅

Spotifyの競合他社はパーソナライズを導入していますが、オリジナルは依然として最高です。上を超えて行き続ける一例は、Canvasマーケットプレイスです。 2020年11月にリリースされたこの機能により、ファンはお気に入りのアーティストのアートワークをデザインできます。

Canvasを利用する有名なアーティストには、Gorillaz、Billie Eilish、GlassAnimalsなどがあります。

関連:お気に入りのミュージシャンのためにSpotifyアートワークをデザインできます

有名人とファンをつなぐと言えば、ハイパーパーソナライズのもう1つの例はListenAlikeです。また、2020年に発表されたこの機能により、ユーザーはどの有名人が同じような音楽やポッドキャストの好みを共有しているか知ることができます。

なぜ他にSpotifyが関連性を維持しているのですか?

最近の革新に加えて、Spotifyは他の多くの理由で音楽ストリーミングゲームのトップにとどまっています。

1つ目は単純です。会社は、その栄光に甘んじていません。 Spotifyには、音楽ストリーミングを中断する新しい方法を常に見つけるだけでなく、明確な顧客維持戦略もあります。

あなたがSpotifyユーザーなら、あなたはこれについてすべて知っているでしょう。年末のラップされた音楽レポート、新しいコンテンツの絶え間ない提案、そしてあなたが聴いているものを共有することを奨励することは、3つの例です。

Spotifyは、ポッドキャストチャートを刷新して新しいお気に入りを見つけられるようにするなど、既存の機能を継続的に改善するためにも取り組んでいます

複数のエントリポイントを持つことも、Spotifyに有利に働きました。特に無料版を持っていることになると。

Spotifyの無料メンバーシップは、外出先で音楽を聴きたい人にとっては当然の魅力です。はい、広告は時々迷惑ですが、比較すると、AppleMusicへのアクセスには料金を支払う必要があります。 Amazon Musicに関しては、無料版でのオプションは限られています。

関連: AppleMusicがすぐに無料利用枠を取得することを期待しないでください

強力なブランディングも役割を果たしています。緑と黒のロゴから、グラフィックで使用するフォントや色まで、その美学は的を射ています。 Spotifyの広告を見ると、その広告が誰からのものかすぐにわかります。

育成環境も重要な要素です。 Spotifyは、新興企業とテクノロジーエコシステムが盛んなストックホルムに本社を置いています。ワークライフバランスで有名なスウェーデンの首都にいることも助けになります。そして、他の場所に拠点を置く人々にとってさえ、これらの2つの価値観はそのオフィス全体に広がっています。

どちらも、Spotifyとその従業員が音楽ストリーミングゲームを中断し続けるのに役立っています。数十億ドル規模の企業に成長したにもかかわらず、同社はスタートアップの精神を維持してきました。

会社が労働者に提供する柔軟性は、2021年に導入されたSpotifyのリモートワークポリシーによって強調されました。これにより、従業員は自分に合った場所で最高の仕事を生み出すことができます。

Spotifyは長寿の準備ができています

Spotifyは、音楽の聴き方に革命をもたらしました。そして、他のストリーミングサービスが続いている一方で、同社は複数の理由で関連性を維持することができました。

スタートアップの文化を維持し、イノベーションを促進することの組み合わせは、Spotifyの継続的な成功に重要な役割を果たしてきました。パーソナライズもあります。他の会社もそうしていますが、そうではありません。

Spotifyの成功には、強力なブランディングと顧客維持に重点を置くことも不可欠です。今後も、これらすべてが振り子を会社に有利に振るうのに役立ちます。