SpaceXは年間の打ち上げ数で記録を更新しました

SpaceXは、再利用可能なロケットブースターの使用により、ロケットの打ち上げに対する考え方を変えました。昨日、同社は1暦年に達成された打ち上げ数の記録を更新し、印象的なマイルストーンを打ちました。以前の記録は2021年に31回の打ち上げでしたが、1月22日金曜日に、同社は7月だけですが今年の32回目のミッションを打ち上げました。

32回目の打ち上げでは、ファルコン9ロケットを使用して、46個のスターリンク衛星のバッチを低軌道に運び、そこで他の何千ものスターリンク衛星と合流して、グローバルブロードバンドインターネットアクセスを提供することを目的とした星座を形成します。打ち上げが当初予定されていた木曜日の日付から1日遅れた後、リフトオフはカリフォルニアのヴァンデンバーグ空軍基地から午後1時40分ETに行われました。

ファルコン9が46個のスターリンク衛星を軌道に乗せるpic.twitter.com/qysrekTXfo

— SpaceX(@SpaceX) 2022年7月22日

ミッションの第1ステージのブースターも正常に回復し、太平洋に駐留していたドローンシップ「もちろん私はまだあなたを愛しています」 に着陸しました。 SpaceXは、ブースターがぐらついたり、ドローンシップから海に落下したりするのを見るのが一般的だったので、ここ数年でブースターの捕獲に大きな進歩を遂げましたが、今では事実上すべてのブースターがうまく捕獲されています。

SpaceXは、ブースターが再利用された回数の記録を以前に破ったため、今年は多くの記録を破っています。今年の3月、Falcon 9ブースターが12回目のミッションで飛行し、新記録を樹立しました。しかし、つい最近、ブースターが13のミッションで飛行し、これらのブースターが当初の見積もりよりもさらに難しいことを証明しました。ブースターの再利用に関するSpaceXの長年の目標は、1つのブースターが10のミッションで飛行することでしたが、現在はそれをはるかに上回っています。

同社は、 今年最大52便を打ち上げる計画であると述べ、立ち上げの迅速なリズムを継続することを目指しています。これには、1日に2つのミッションを開始するなどの偉業が含まれます。これは、同社がカリフォルニアのヴァンデンバーグサイトとフロリダのケープカナベラルの両方から開始するときに可能になります。

明日6月24日日曜日に別のスターリンクの打ち上げが計画されているため、SpaceXもすぐに減速することはありません。