Space Launch System ロケットが発射台に戻ってきて、アルテミス I の発射準備が整いました

NASA の Space Launch System ロケットは、今月末の打ち上げに先立ち、発射台に戻ってきました。ロケットは、オリオン宇宙船とともに、将来の有人月ミッションの技術をテストするために、無人アルテミス I ミッションで月の周りに打ち上げられます。ロケットは先月打ち上げられる予定でしたが、ハリケーン イアンがフロリダの海岸を襲ったため、建物に戻されなければなりませんでした。

ロケットは、フロリダのケネディ宇宙センターのロケット組立棟 (VAB) 内で数週間過ごした後、11 月 14 日に打ち上げられる発射台 39B に戻りました。 9 時間かかった 4.2 マイルの旅の巨大なクローラー

オリオン宇宙船を搭載した NASA のスペース ローンチ システム (SLS) ロケットが、発射台 39B に到着したモバイル ランチャーの上に見えます。
2022 年 11 月 4 日金曜日、フロリダ州の NASA のケネディ宇宙センターにある発射台 39B に到着すると、オリオン宇宙船を搭載した NASA のスペース ローンチ システム (SLS) ロケットがモバイル ランチャーの上に見えます。 NASA のアルテミス I ミッションは、NASA の深宇宙探査システム (オリオン宇宙船、SLS ロケット、および補助地上システム) の最初の統合テストです。無人飛行試験の開始は、11 月 14 日午前 0 時 7 分に予定されていますNASA/Joel Kowsky

NASA によると、ロケットは 11 月 4 日の午前 8 時 30 分に発射台に到着しました。

これは、次の打ち上げの試みに向けて物事が順調に進んでいることを意味し、準備ができているようです. SLS システムの最初の打ち上げは困難であることが証明されており、以前の 2 回の打ち上げの試みが台無しになり、液体水素燃料の漏れの問題がプロセスを悩ませていました。 NASA は 10 月末の最新情報で、ロケットの軽微な修理を完了し、エンジニアがいくつかのコンポーネントをテストして再インストールしたと述べました。

「チームは、ロールアウトのための乗員モジュールの閉鎖に先立って、オリオン内のいくつかの放射線機器と乗員席加速度計を再充電し、交換し、再設置しました」と NASA は発表前に書いています。 「技術者は、発射台で宇宙生物学ペイロードの標本をリフレッシュします。乗組員モジュールと発射中止システムのハッチは発射台へのロールのために閉じられており、エンジニアは発射前に発射台で最終的なクローズアウトを行います。」