reMarkable 2レビュー:紙は21世紀に出会う

reMarkable 2は、デジタルとアナログの世界のギャップを埋めるための大胆なステップであり、高価ですが、紙のような感覚を実現します。

主な機能

  • 世界で最も薄いタブレット
  • 8GBのストレージ
  • 紙のような紙のディスプレイ
仕様

  • ブランド: reMarkable
  • 画面: 10.3インチCANVASディスプレイ
  • 解像度: 1872 x 1404
  • ストレージ: 8GB
  • 接続性: WiFi
  • フロントライト:いいえ
  • OS:コーデックス
  • バッテリー: 3000mAh
  • ボタン:電源ボタンのみ
  • 重量: 14オンス(405g)
  • 寸法: 9.7 x 10.1 x 0.19インチ(246 x 256 x 4.7mm)
長所

  • 信じられないほど薄くて軽いデザイン
  • CANVASディスプレイは本当に紙のように感じます
  • 一貫したバッテリー寿命
短所

  • 高価な
  • ボックスにスタイラスは含まれていません
この製品を購入する

reMarkable2その他

ショップ

真剣に、それは紙のように感じます。

電子書籍リーダーは、iPadやAndroidタブレットでいっぱいの世界で最も過小評価されているデバイス分野のひとつですが、本を読んだり、メモを取ったり、スケッチしたりするのに最適な方法の1つです。すべて、絶え間ない通知や青い光にさらされることはありません。 。

reMarkableのe-inkタブレットの2回目の反復であるreMarkable2を入力してください。これは、紙とデジタルの世界の境界線を曖昧にしますが、399ドルの価値はありますか?

設計

reMarkableは、reMarkable 2が「世界で最も薄いタブレット」であると主張しており、その技術的には、おそらく正しいと言えます。 reMarkable 2は非常に薄く、4.9mmで、重さはわずか403gです。あなたが最初にそれを手にしたとき、彼らはiPadを半分以上削ったように感じます。

デバイスの左上隅に電源ボタンがあり、下部にメディアの充電と転送用のUSB-Cポートがあります。エンクロージャーはアルミニウム製で、デバイスの軽量性を考慮しながら頑丈な感じがします。デバイスの左側全体に、本やメモ帳の背に似た磨かれたアルミニウムのストリップがあり、それはいい感じです。

前面には、10.3インチの大きなモノクロCANVASディスプレイがあります。色はサポートしていませんが、このディスプレイは非常に応答性が高く、鮮明です。画面の解像度は1872x 1404、DPIは226です。ベゼルは非常に大きいですが、実際の使用では、誤って画面に触れずにデバイスをつかむことができるので便利です。このデバイスの次の反復では、均一なベゼルがあればよいでしょう。あごは、この他の点では美しいデバイスの最も魅力的な側面です。

あなたがミニマリズムに夢中になっている人なら、このデバイスは間違いなくあなたのために作られました。 iPadが「魔法のガラス」である場合、reMarkable2は超能力を備えた一枚の紙です。

読書体験

読書に関しては、reMarkable2は素晴らしいです。唯一の注意点は、紙を少しよく模倣していることです。 PDFやePUBファイルをタブレットにロードすることに問題はありませんでした。読書に関しては、このデバイスは快適なエクスペリエンスを提供します。デバイスの薄さと軽さは片手で持つのに理想的であり、デバイスの左側にある「背骨」は、電子書籍を耕している間、自然に握ることができます。

reMarkable 2は紙によく似ていると言うと、物理的な本の最高の品質と最低の品質を備えています。このCANVASディスプレイには背面または前面の照明はありません。これは、2つのことを意味します。直射日光の当たる場所での読書には最適で、暗い部屋での読書には不可能です。直射日光の下では、テキストは鮮明で鮮明に表示され、iPadやその他の従来のタブレットで予想されるような薄暗いディスプレイの読みやすさの問題はありません。ただし、スクリーンライトが含まれていない場合、reMarkable 2は、光源がまだ存在しない場合、夜間の読書には適していません。ちなみに、AmazonのKindle Oasisのようなデバイスには、調整可能なウォームライト付きのフロントライトがあり、夜間でも読みやすくなっています。

メディアの読み込み

電子書籍やPDFをreMarkable2にロードするのは非常に簡単で、そのクラウド同期ライブラリは、ペーパーレスワークフローでreMarkable2を信じられないほど使用できる優れたタッチです。

デバイスを最初に起動すると、Webサイトでサインアップして、タブレットを登録するように求められます。その後、手順に従ってアカウントの設定を完了する必要があります。そこから、Windows、macOS、iOS、またはAndroidにreMarkableアプリをダウンロードできます。

アプリは素晴らしいユーティリティです。ファイルをドラッグアンドドロップするだけで、reMarkable 2に自動的に同期されます。このメディア転送方法で発生する唯一の問題は、同期時間の不一致です。完全に機能し、ファイルにアクセスできる場合もありますが、タブレットを再起動してWi-Fiに再接続し、ファイルが表示されるかどうかを確認する必要がある場合もあります。

reMarkableには、現在アクセスしているサイトのPDFバージョンを送信するChrome拡張機能もあり、ニュースレターや中規模のページに最適です。ただし、画像を含むページを送信する場合、拡張機能はそれらを自動的に削除します。

ケーブルを介してメディアを転送する場合は、reMarkableタブレットをコンピューターに接続して、そこから続行できます。 USB経由でメディアを転送することは、コンピューターからタブレットに物を移動するための最も信頼できる方法です。

全体として、メディアをreMarkableアプリにドラッグアンドドロップして、デバイスに表示するのは簡単だと思います。さらに重要なことに、reMarkableアカウントと同期している任意のデバイスでこれらのファイルにアクセスでき、アプリから直接、携帯電話またはPCからメモや電子書籍を読み続けたり表示したりするのに便利です。

この分野で私が抱く唯一の不満は、メディア自体とは関係ありませんが、それ以上に、デバイスの内部ストレージ容量と関係があります。 399ドルで、このタブレットで8GB以上を期待する必要があります。コンテキスト用のAmazonのKindleOasisには、8GBまたは32GBの2つのストレージオプションがあります。

多くの電子書籍やPDFには8GBで十分ですが、ペーパーレス化してこのデバイスをワークフローに実装したいパワーユーザーには十分ではありません。 reMarkableが将来できることは、USBフラッシュドライブからメディアをロードする機能を追加したり、microSDカードスロットを組み込んだりすることだと思います。

執筆経験

reMarkable 2での書き込みやスケッチに関しては、本当に魔法のような体験です。摩擦がないため、画面でスタイラスを使用することはあまり好きではありませんでしたが、reMarkable 2にメモを書き始めたとき、これはデジタルデバイスでこれまでで最も説得力のある経験でした。

紙に書くような100%ではありませんが、reMarkableは98%だと思います。レスポンシブ画面と混合された聴覚フィードバックにより、デジタル感がなくても、デジタルメモを取るための優れたデバイスになります。

reMarkableには、紙と同じようにさまざまな種類の紙に書き込むことができるテンプレートがあり、キャンバスを利用してタブレットであらゆる種類のメモやスケッチを作成するのに便利な方法です。私は大学が支配するグリッドテンプレートが好きでした。これにより、2種類のノートブックを手間をかけずに、数学と科学のメモを取ることができました。

reMarkable 2の最大の特徴は、そのフォーマット機能です。筆記面を紙のように感じながら、筆記のさまざまな部分をコピーして貼り付けることができるのは素晴らしい気分です。なげなわツールはその点で非常に用途が広いことがわかりました。ツールバーにある書き込みツールの種類についても同じことが言えます。蛍光ペン、ペン、鉛筆、シャープペンシル、さらには書道ペンから選択して、書いたり描いたりすることができ、遊んでみるのはとても楽しかったです。

標準のマーカーの価格は49ドルですが、マーカープラスの価格は99ドルです。 2つの違いは、スタイラスのもう一方の端に消しゴムが追加されていることです。スタイラスは必要だと思いますが、MarkerPlusはそれが提供するものに対して少し高すぎると思います。ほとんどの人は、ラッソ消しゴムツールで標準のマーカーを使用することで取得できると思います。ただし、Marker Plusは、より自然な感触を追加します。

全体として、reMarkable2を使用している人がその執筆経験に失望することはないと思います。これはおそらく、reMarkable2のように薄くて軽いデバイスで求めることができるアナログとデジタルのエクスペリエンスの最良のブレンドです。

バッテリー寿命

バッテリー寿命に関しては、reMarkable2はこの部門でも失望していません。 reMarkable 2で2週間を少し下回りましたが、それは毎日継続して使用しています。画面は、数分間操作がないと自動的に応答を停止します。電源ボタンを押すと、画面をスリープ状態から復帰させることができます。

USB-C経由で充電し、3,000mAhのバッテリーを完全に充電するには約45分から1時間かかります。

reMarkable 2を購入する必要がありますか?

全体として、reMarkable 2はユニークなハードウェアですが、同時に、その高価な値札とアクセサリのために、すべての人に推奨するのは難しいです。

あなたがそれのためのお金を持っているならば、私はあなたがこの信じられないほどの見た目と感じの装置に満足する以上のものになることを保証します。ペーパーレスになりたい人にとっては、ベースモデルのiPadとApple Pencilは、今でも最もお得なオプションのようです。

つまり、(気を散らすものを含め、すべてのものをより多く得る世界で)少なくするために、reMarkable 2は、気を散らすことなくアナログとデジタルのエクスペリエンス間のギャップを埋める完璧なデバイスです。あなたはただその贅沢を得るために支払う必要があります。

reMarkableがCANVASディスプレイ用のより手頃なオプションをリリースすることを願っています。なぜなら、私自身学生として、これは夢のノートブックだからです。今のところ、iPadはreMarkable 2と比較してそのデバイスの汎用性のために正当化されていますが、このデジタルペーパーの経験を持つことは、多くの学生に門戸を開くことができるものです。この線。