RaspberryPiでスクリーンショットを撮る最良の方法

Raspberry Piは、幅広いユースケースを備えた手頃な価格の小型コンピューターです。これは主にRaspberryPi OSで実行されますが、要件に応じて他のLinuxベースのオペレーティングシステムを使用できます。

一般に、Piのアプリケーションは、画面に表示されているものをキャプチャしたい状況を提示しません。ただし、そうする必要がある場合があります。たとえば、プロセスを文書化したり、誰かがPiのトラブルシューティングを行ったり、ディスプレイにエラーメッセージをキャプチャしたりするためです。そして、そこでスクリーンショットが役に立ちます。

RaspberryPiで2つの異なる方法でスクリーンショットを撮る方法は次のとおりです。

1.Scrotを使用してスクリーンショットを撮る

Scrotは、スクリーンショットのキャプチャの遅延やディレクトリとファイル名の指定から、キャプチャの範囲の制限、サムネイルの作成、スクリーンショットを操作するためのサードパーティユーティリティの呼び出しまで、さまざまな画面キャプチャ機能を提供するコマンドラインスクリーンショットユーティリティです。

Scrotは、Raspberry PiOSを含むほとんどのLinuxディストリビューションにプリインストールされています。ただし、他のディストリビューションまたはライトバージョンのRaspberry Pi OSを実行している場合は、ターミナルで次のコマンドを入力して手動でインストールできます。

 sudo apt install scrot

Scrotを使用すると、いくつかの方法で画面をキャプチャできます。これらの一部には、スクリーンショットの詳細を選択できるパラメーターの指定が含まれます。

通常、任意のデバイスでスクリーンショットを撮る従来の方法は、画面全体をキャプチャしてから、後処理で不要なビットを切り抜くことです。 Scrotでは、これを2つの方法で行うことができます。キーボードのPrtScr (Print Screen)キーを押すか、ターミナルでscrotコマンドを使用します。

スクリーンショットを撮ると、ScrotはそれをRaspberryPiのPicturesディレクトリに保存します。デフォルトでは、Scrotはファイルの命名スキームに画面キャプチャの日付と時刻を使用します。

ディレクトリ名には、次の構文を使用します。

 scrot /home/pi/directory_name/

だからあなたは使うかもしれません:

 scrot /home/pi/Pictures/Screenshots/

ファイル名の指定には、次の構文が使用されます。

 scrot /home/pi/directory_name/file_name.png

ここでの使用法は次のとおりです。

 scrot /home/pi/Pictures/Screenshots/screenshot-1.png

Scrotを使用して、画面上の特定のウィンドウのスクリーンショットを一度に撮ることもできます。これを行うには、 scrot -sと入力し、キャプチャするウィンドウを選択します。または、ウィンドウの周りにボックスを描画して、境界線でキャプチャすることもできます。

高度な機能の領域に移ると、Scrotはスクリーンショットのキャプチャを遅らせるオプションを提供しているため、スクリーンショットを撮る前にキャプチャしたいウィンドウを選択できます。

スクリーンショットを遅らせるには、 scrot -d num (numは秒数)を使用します。コマンドにcパラメーターを追加して、カウントダウンタイマーを追加し、経過秒数を確認することもできます: scrot -cd10

その他のScrotスクリーンショットパラメータは次のとおりです。

  • scrot -b –ウィンドウの境界をつかむ
  • scrot -t –スクリーンショットからサムネイルを作成します
  • scrot -u –現在フォーカスされているウィンドウをキャプチャします
  • scrot -e –スクリーンショットがキャプチャされた後に実行するコマンドを指定します
  • scrot -v –現在のバージョンのScrotを取得します
  • scrot -h –追加のヘルプを表示します

Raspberry Piがヘッドレス構成でセットアップされている場合、またはリモートでスクリーンショットを撮りたい場合、Scrotを使用すると、SSH(Secure SHell)を使用してそのような設定でスクリーンショットをキャプチャできます。

これを行うには、最初にRaspberryPiでSSHを有効にする必要があります。それが完了したら、スクリーンショットを撮るためにターミナルで次のコマンドを入力する必要があります: DISPLAY =:0scrot 。 (ここで、 DISPLAYは環境変数を定義します。これは、Piのローカルディスプレイであるため、 :0に設定しました。)

関連: SSHでヘッドレスで使用するためのRaspberryPiのセットアップ

2.GNOMEスクリーンショットを使用してスクリーンショットを撮る

GNOMEスクリーンショットは、 GNOMEデスクトップ環境に組み込まれているスクリーンショットユーティリティです。以前はgnome-utilitiesパッケージの一部でしたが、現在は別のパッケージとして利用できます。 GNOMEスクリーンショットは、次の簡単なコマンドでRaspberryPiにインストールできます。

 sudo apt install gnome-screenshot

Scrotとは異なり、GNOMEスクリーンショットにはGUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)が付属しており、操作がはるかに簡単です。したがって、ターミナルとの対話が得意でない場合は、ターミナルを使用して、Piでほぼすべての種類のスクリーンショットを撮ることができます。

GNOMEスクリーンショットには、多くの画面キャプチャオプションが用意されています。それらの使用方法については、以下の手順に従ってください。

  1. 画面の左上にあるRaspberryPiメニューをクリックし、[アクセサリ]を選択して、[スクリーンショット]を実行します。
  2. スクリーンショットウィンドウには、次の3つのキャプチャモードがあります。
    • 画面全体をつかむ:画面全体をキャプチャできます。また、キャプチャに遅延を追加し、スクリーンショットにポインタを含めることを選択するオプションもあります。
    • 現在のウィンドウを取得する:現在のウィンドウのスクリーンショットを撮ることができます。遅延期間を設定したり、ポインターを含めたり、キャプチャしたスクリーンショットに境界線効果を適用したりすることもできます。
    • 取得する領域の選択スクリーンショットでキャプチャする領域を選択できます。

    ニーズに最適なモードを選択してください。

  3. スクリーンショットを撮るには、[スクリーンショットを撮る]ボタンをクリックします。 3番目のモードを選択した場合は、代わりにキャプチャする領域を選択する必要があります。マウスを使用してこの領域を描画します。

GNOMEスクリーンショットは、キャプチャされたスクリーンショットをいくつかのオプションとともに表示するようになりました。スクリーンショットを(デフォルト設定で)保存するか、クリップボードコピーしてスクリーンショットを別の場所に貼り付けることができます

スクリーンショットを保存する場合は、ファイル名を変更して、スクリーンショットを保存するディレクトリを選択するオプションがあります。

GNOMEスクリーンショットを使用することの欠点は、スクリーンショットを撮った直後に終了することです。したがって、複数のスクリーンショットを撮りたい場合は、毎回アプリケーションを再起動する必要があります。

これを回避する1つの方法は、キーボードショートカットを作成してGNOMEスクリーンショットを簡単に起動することです。方法は次のとおりです。

  1. ターミナルを開き、次のコマンドを入力して構成ファイルを開きます: sudo nano / etc / xdg / openbox / lxde-pi-rc.xml
  2. アプリケーションを実行するためのキーバインディングを読み取るセクションまでスクロールダウンし、次のコード行をファイルに追加します。
     <keybind key="CAS">
    <action name="Execute">
    <command>gnome-screenshot --interactive</command>
    </action>
    </keybind>

    以下のキー宣言を使用して、キーバインディングを作成します。

    • A -ALT
    • C -CTRL
    • S-シフト
    • W -Windows
    • スペース-スペースバー
    • ホーム-ホーム
    • 終了-終了
    • 戻る-入力
  3. CTRL + Oを押して変更を加え、 CTRL + Xを押して終了します。
  4. ターミナルでsudorebootと入力して、Raspberry Piを再起動し、キーバインドを適用します。

これで、割り当てたばかりのキーボードショートカットを使用してGNOME-Screenshotを起動し、いくつかの手順を保存できます。

RaspberryPiのスクリーンショットを簡単にキャプチャ

ScrotとGNOMEスクリーンショットはどちらも、RaspberryPiでスクリーンショットをキャプチャするための堅牢で便利な方法を提供します。これらはすべてのRaspberryPiモデルと互換性があり、Raspberry PiOSまたはPiで実行されている他のLinuxベースのディストリビューションでスクリーンショットを撮るために使用できます。