Raspberry Piコントロールの最新のチートシート

raspberry-pi-accessories

Raspberry Piは、利用可能な最も人気のあるシングルボードコンピューター(SBC)です。わずか35ドルで、Wi-Fi、Bluetooth、および40の汎用入出力(GPIO)ピンが接続された強力なフルLinuxコンピューターを提供します。当然のことながら、Raspberry Piは、プロのエンジニア、コンピューター愛好家、メーカー、そして教育セクターでも同様に人気があります。

Raspberry PiはLinuxで動作しますが、一般的なLinuxディストリビューションには他にもいくつかの機能があります。 GPIOピンを追加すると、それらをサポートする2つの主要なライブラリとともに、覚えておくべきことがたくさんあります。

そのため、Raspberry Piを日常的に使用するための実用的なチートシートを用意しました。

無料ダウンロード:このチートシートは、配布パートナーのTradePubからダウンロード可能なPDFとして入手できます。初めてアクセスする場合のみ、短いフォームに記入する必要があります。 Ultimate Raspberry Piコマンドのチートシートをダウンロードしてください。

Raspberry Piコマンドの最新のチートシート

コマンド 結果
Raspbianオペレーティングシステムのターミナル
猫[名前] ファイルの内容を表示する[名前]
CD .. ルートディレクトリに移動します
cd [パス] [パス]のディレクトリに移動します
cd / ルートディレクトリに移動します
cd〜 ホームディレクトリに移動します-通常は "/ home /
chmod [who] [+、-、=] [permissions] [name] ファイルの権限を変更する
chmod 777 [名前] すべてのユーザーにファイル[名前]の読み取り、書き込み、実行を許可します
chmod u + x [名前] ユーザーに[名前]の実行を許可する
cp -r [から] [から] すべてのファイルとサブディレクトリをソース[from]から宛先[to]にコピーします
cp [から] [から] ファイルをコピー元からコピー元へコピーします
見つける ファイルとその内容を検索する
grep 'string' [名前] 1つ以上のファイル内で「string」の出現を検索します
頭[名前] ファイル[name]内のすべての 'string'を返します
ls 現在のディレクトリの内容を一覧表示します
ls -a 隠しファイルを含むすべてのファイルを一覧表示します
ls -l ファイルに関する追加情報とともに現在のディレクトリの内容を一覧表示します
ls [パス] [パス]にあるディレクトリの内容を一覧表示します
男[コマンド] [コマンド]のマニュアル/ヘルプページを開きます
男男 「man」コマンドのヘルプ/ヘルプページを開きます(helpception)
mkdir [名前] 現在の作業ディレクトリに[name]というディレクトリを作成します
mv -r [から] [から] すべてのファイルとディレクトリをソース[from]から宛先[to]に移動します
mv [から] [へ] ファイルをソース[から]から宛先[へ]に移動します
pwd 現在の作業ディレクトリの名前を表示します
python / python3 –version 現在インストールされているPythonのバージョンを表示します
rm -r * 現在の作業ディレクトリからすべてのファイルとディレクトリを削除します
rm [名前] 指定されたファイルを削除します
rm * 現在の作業ディレクトリからすべてのファイルを削除します
rmdir [名前] 現在の作業ディレクトリから空のディレクトリ[名前]を削除します
sudo [コマンド] スーパーユーザー。昇格された権限で[コマンド]を実行します(通常はアクセスできないことを実行できます)
sudo apt-get install [パッケージ] パッケージをインストールする
sudo apt-get update パッケージリストを更新する
sudo apt-get upgrade インストール済みパッケージの更新-sudo apt-get update後に実行する必要があります
sudo chown pi:root [名前] ファイル[name]の所有者をユーザー「pi」に変更し、グループを「root」に設定します
Sudo raspi-config Raspberry Pi設定メニューを起動します
sudoを再起動する 安全にPiを再起動します
sudo shutdown -h now すぐにPiをオフにする
sudo su rootユーザーアクセスでルートディレクトリに移動します-注意してください!
尾[名前] ファイルの終わり[名前]を表示
tar -cvzf [名前] [パス] [パス]の内容から圧縮ファイル[名前]を作成します
tar -xvzf [名前] 圧縮ファイル[名前]の内容を抽出します
wget [uri] インターネット上の[uri]にあるファイルをダウンロードします
RPi.GPIOライブラリ
RPi.GPIOをGPIOとしてインポートする RPi.GPIOモジュールをPythonスケッチにインポートする
GPIO.setmode(GPIO.BCM) Broadcomのピン番号を使用(GPIO 14、GPIO 15など)
GPIO.setmode(GPIO.BOARD) カードのピン番号を使用(4、5、8など)
GPIO.getmode() 現在のピン番号付けモード(BCM、BOARDまたはNone)を返します
GPIO.setup([ピン番号]、GPIO.IN) 入力としてピンを[ピン番号]に設定します
GPIO.setup([ピン番号]、GPIO.IN、pull_up_down = GPIO.PUD_DOWN) 内部プルダウン抵抗付きの入力になるようにピンを[ピン番号]に設定します
GPIO.setup([ピン番号]、GPIO.IN、pull_up_down = GPIO.PUD_UP) 内部プルアップ抵抗付きの入力になるようにピンを[ピン番号]に設定します
GPIO.setup([ピン番号]、GPIO.OUT) 出力になるようにピンを[ピン番号]に設定します
GPIO.setup([ピン番号]、GPIO.OUT、初期= 1) 初期値「1」の出力になるようにピンを[ピン番号]に設定します
GPIO.output([ピン番号]、1) [ピン番号]の値を1に設定します。1、GPIO.HIGH、Trueは同じであることに注意してください
GPIO.output([ピン番号]、0) [ピン番号]の値を0に設定します。0、GPIO.LOW、Falseは同じであることに注意してください
i = GPIO.input([ピン番号]) 変数iを[ピン番号]の値に設定します
GPIO.input([ピン番号])の場合: [ピン番号]の値をブールコードとして使用する
GPIO.cleanup() すべてのGPIOピンをリセットします(プログラムを終了する前に呼び出すことをお勧めします)
GPIO.VERSION RPi.GPIOの現在のバージョンを返します
ゼロGPIOライブラリ
導いた
gpiozeroインポートLEDから gpiozeroライブラリのLEDセクションをインポートする
LED = LED(17) 「led」変数をGPIOピン17のLEDに割り当てます。
led.on() 変数「led」に格納されているLEDをオンにします
led.off() 変数「led」に格納されているLEDをオフにします
led.toggle() 「led」変数に格納されているLEDをアクティブ化/非アクティブ化します(オフの場合はオンにし、その逆も同様)。
エンジン
gpiozeroインポートモーターから gpiozeroライブラリのモーターセクションをインポートする
モーター=モーター(17、18) 変数「motor」をユニットのピン番号を含むモーターオブジェクトに前後に割り当てます
motor.forward() 変数「モーター」のフロントピンをアクティブ化
motor.backward() 変数「モーター」の逆方向ピンをアクティブにします
motor.reverse() モーターの現在の方向を逆にする
motor.stop() エンジンを止める
ブザー
gpiozeroインポートブザーから gpiozeroライブラリのブザーセクションをインポートする
bz =ブザー(3) 変数bzをGPIO3ピンのブザーに割り当てます
bz.on() ビープ音を鳴らす
bz.off() ブザーをオフにする
bz.toggle() ブザーのステータスをアクティブ化/非アクティブ化します(オフの場合はオンに、逆の場合も同様)。
サーバント
gpiozeroインポートサーボから gpiozeroライブラリのサーボセクションをインポートする
サーバント=サーバント(17) 変数「servo」をGPIO 17のサーボに割り当てます
サーボ。分() サーボを最小値に移動します
サーボ。ミッド() サーボを平均値に移動します
Servo.max() サーボを最大値に移動します
サーボ値= 0.5 サーボを設定された数値ポイントに移動します(最小= -1、最大= 1)
Raspiカメラ画像
狂言 カメラを接続して静止画像をキャプチャするコマンド。次のトピックで編集します
–幅、-w 画像の幅を設定する
-高さ、-h 画像の高さを設定する
-品質、-q JPEGの品質を<0から100>に設定します(75が最も一般的です)
-生、-r カメラからのバイエルの生データをJPEGメタデータに挿入します
–出力、-o 出力ファイル名 (保存に必要)
–最新、-l 最後のフレームをファイル名に追加する
-Verbose、-v 実行中のデバッグに関する詳細情報
–タイムアウト、-t 画像をキャプチャする前に待機時間を設定します。
–エンコーディング、-e 出力ファイルに使用されるエンコード-jpg、gif、bmp、またはpng
Raspiカメラビデオ
ラスピビッド 接続されたカメラを使用してビデオを録画するコマンド、以下のトピックで編集
–幅、-w 画像の幅を設定する (64px-1920pxの間)
-高さ、-h 画像の高さを設定する (64px-1080pxの間)
–ビットレート、-b 1秒あたりのビット数でビットレートを設定します(つまり、15メガビット/秒= 15000000)
–出力、-o 出力ファイル名 (保存に必要)
-Verbose、-v 実行中のデバッグに関する詳細情報
–タイムアウト、-t ビデオをキャプチャする前に待機時間を設定します
–フレームレート、-fps 記録する1秒あたりのフレーム数を指定する

Linuxで知識を深める

これらのコマンドは、Pi端末をナビゲートし、そのGPIOピンをプログラムするのに役立ちます。とはいえ、このチートシートは表面を傷つけることさえしません。 Raspberry Piの趣味のコンポーネント、カメラ、画面のサポートは非​​常に深くなっています。それらを1つの場所にリストすることはほとんど不可能です!

Raspberry PiはLinuxコンピューターであるため、一般的なLinuxシステムのチートシートを参照して 、知識をさらに広げることができます。

記事全文を読む: Ultimate Raspberry Piコントロールのチートシート

(出典)

Facebookへのコメント