Python、C ++、JavaScript、およびCで配列の平均を見つける方法

配列は、連続するメモリ位置に格納されている要素のコレクションです。初心者であっても、プログラミングで最も使用されるデータ構造であるため、聞いたことがあると思います。

完全に準備するには、配列の要素の合計の検索、配列の要素の積の検索、配列の反転、配列内の最大要素と最小要素の検索など、配列の基本的な操作を実行する方法を知っている必要があります。インタビューのコーディング用。

この記事では、Python、C ++、JavaScript、およびCを使用して配列の平均を見つける方法を学習します。

問題文

配列arrが与えられます。 arrの平均を見つける必要があります。

例1 :arr = [1、2、3、4、5、6、7、8]とします。

到着の平均=(1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8)/ 8 = 4.5

したがって、出力は4.5です。

例2 :arr = [1、1、1、1、1、1]とします。

到着の平均=(1 + 1 + 1 + 1 + 1 + 1)/ 6 = 1

したがって、出力は1です。

配列の平均を求める式

配列の平均=配列のすべての要素の合計/総数配列内の要素の

問題を解決するためのアプローチ

以下に概説するアプローチに従うことにより、配列の平均を見つけることができます。

  1. 変数sumOfElements (値0)を初期化して、配列内のすべての要素の合計を格納します。
  2. 配列を反復処理し、 sumOfElementsを使用して配列の各要素を追加します
  3. 最後に、 sumOfElements / sizeOfArrayを返します。

配列の平均を見つけるためのC ++プログラム

以下は、配列の平均を見つけるためのC ++プログラムです。

 // C++ program to find the mean of an array
#include <iostream>
using namespace std;
float calculateMean(int arr[], int size)
{
int sumOfElements = 0;
for(int i=0; i<size; i++)
{
sumOfElements += arr[i];
}
return (float)sumOfElements/(float)size;
}
void printArrayElements(int arr[], int size)
{
for(int i=0; i<size; i++)
{
cout << arr[i] << " ";
}
cout << endl;
}
int main()
{
int arr1[] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8};
int size1 = sizeof(arr1)/sizeof(arr1[0]);
cout << "Array 1:" << endl;
printArrayElements(arr1, size1);
cout << "Mean of the array: " << calculateMean(arr1, size1) << endl;
int arr2[] = {1, 1, 1, 1, 1, 1};
int size2 = sizeof(arr2)/sizeof(arr2[0]);
cout << "Array 2:" << endl;
printArrayElements(arr2, size2);
cout << "Mean of the array: " << calculateMean(arr2, size2) << endl;
return 0;
}

出力

 Array 1:
1 2 3 4 5 6 7 8
Mean of the array: 4.5
Array 2:
1 1 1 1 1 1
Mean of the array: 1

関連:配列内のすべての要素の積を見つける方法

配列の平均を見つけるPythonプログラム

以下は、配列の平均を見つけるためのPythonプログラムです。

 # Python program to find the mean of an array
def calculateMean(arr, size):
sumOfElements = 0
for i in range(size):
sumOfElements += arr[i]
return sumOfElements/size
def printListElements(arr, size):
for i in range(size):
print(arr[i], end=" ")
print()
arr1 = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8]
size1 = len(arr1)
print("Array 1:")
printListElements(arr1, size1)
print("Mean of the array:", calculateMean(arr1, size1))
arr2 = [1, 1, 1, 1, 1, 1]
size2 = len(arr2)
print("Array 2:")
printListElements(arr2, size2)
print("Mean of the array:", calculateMean(arr2, size2))

出力

 Array 1:
1 2 3 4 5 6 7 8
Mean of the array: 4.5
Array 2:
1 1 1 1 1 1
Mean of the array: 1.0

関連: JavaScript、Python、およびC ++で配列から重複要素を削除する方法

配列の平均を見つけるJavaScriptプログラム

以下は、配列の平均を見つけるためのJavaScriptプログラムです。

 // JavaScript program to find the mean of an array
function calculateMean(arr, size) {
let sumOfElements = 0;
for(let i=0; i<size; i++) {
sumOfElements += arr[i];
}
return sumOfElements/size;
}
function printArrayElements(arr, size) {
for(let i=0; i<size; i++) {
document.write(arr[i] + " ");
}
document.write("<br>");
}

var arr1 = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8];
var size1 = arr1.length;
document.write("Array 1:" + "<br>");
printArrayElements(arr1, size1);
document.write("Mean of the array: " + calculateMean(arr1, size1) + "<br>");
var arr2 = [1, 1, 1, 1, 1, 1];
var size2 = arr2.length;
document.write("Array 2:" + "<br>");
printArrayElements(arr2, size2);
document.write("Mean of the array: " + calculateMean(arr2, size2) + "<br>");

出力

 Array 1:
1 2 3 4 5 6 7 8
Mean of the array: 4.5
Array 2:
1 1 1 1 1 1
Mean of the array: 1

関連: C ++、Python、JavaScriptで配列を逆にする方法

配列の平均を見つけるためのCプログラム

以下は、配列の平均を見つけるためのCプログラムです。

 // C program to find the mean of an array
#include <stdio.h>
float calculateMean(int arr[], int size)
{
int sumOfElements = 0;
for(int i=0; i<size; i++)
{
sumOfElements += arr[i];
}
return (float)sumOfElements/(float)size;
}
void printArrayElements(int arr[], int size)
{
for(int i=0; i<size; i++)
{
printf("%d ", arr[i]);
}
printf("⁠n");
}
int main()
{
int arr1[] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8};
int size1 = sizeof(arr1)/sizeof(arr1[0]);
printf("Array 1: ⁠n");
printArrayElements(arr1, size1);
printf("Mean of the array: %f ⁠n", calculateMean(arr1, size1));
int arr2[] = {1, 1, 1, 1, 1, 1};
int size2 = sizeof(arr2)/sizeof(arr2[0]);
printf("Array 2: ⁠n");
printArrayElements(arr2, size2);
printf("Mean of the array: %f ⁠n", calculateMean(arr2, size2));
return 0;
}

出力

 Array 1:
1 2 3 4 5 6 7 8
Mean of the array: 4.500000
Array 2:
1 1 1 1 1 1
Mean of the array: 1.000000

関連:マージソートアルゴリズムの概要

配列に基づいて問題を解決する

配列は、プログラミングインタビューで最もよく聞かれるトピックの1つです。配列の最大要素と最小要素の検索、配列内のすべての要素の積の検索、配列からの重複要素の削除、配列の反転、配列の並べ替えなど、配列に基づいて最も一般的な問題のいくつかを実践することをお勧めします。 。プログラミング分野での就職を真剣に考えている場合。