PS5 SF シューティング ゲーム Synduality はメカとモンスター ハンティングが特徴

バンダイナムコは、今日のPlayStation State of PlaySyndualityと呼ばれる SF サードパーソン シューティング ゲームを発表しました。その公開予告編はストーリーやそのキャラクターについてあまり説明していませんが、未来的な設定とゲームプレイを垣間見ることができます.それは、SF 作家アーサー C. クラークの不可解な引用から始まります。テクノロジーがゲームで重要な役割を果たすことは明らかです。

シンデュアリティは、有毒な雨とミュータントが人類のほとんどを一掃したディストピアの未来で起こります。生存者たちは、生き残るために AI と協力して、アマシアと呼ばれる地下の避難所を構築しました。同じ生存者は、生き残るために必要な貴重なリソースである AO クリスタルの収集にほとんどの時間を費やしています。おそらく予告編の白髪の少女であると思われるメイガスと呼ばれるAIと、彼の「ゆりかごの棺」(またはメカ)の中から彼女と通信する黒髪の男が協力して、ディストピアを生き延びます。

それはスターウォーズの何かのように見えます—または、より高い予算があれば、おそらくタワーオブファンタジー.

メイガスは、緑と青の芝生と機械の廊下をズームしながら、ペアのクリスタルコレクションの雑用と探索について語ります.サードパーソン シューティング ゲームとリアルタイム戦闘の一部もプレビューに表示されます。シューティングとして宣伝されていますが、いくつかの RPG 要素も含まれているようです。メイガスと主人公についてはよくわかっていませんが、主従関係にあるようです。予告編の最後で、彼女は彼の周りのシステムを突然再起動したことを謝罪するとき、彼を「サー」と呼びます。

「このディストピアの未来的な冒険を乗り切るために、AI とメカと一緒に旅をしてください」と予告編の説明を読みます。

Syndualityは現在、 PlayStation 5向けに開発中です。予告編では、マルチプレイヤー コンポーネントが PlayStation Plus メンバーシップの背後でロックされるというサブテキストが記載されています。 2023 年のリリースまでに、さらに多くの情報を期待してください。