PS5は日本でXboxシリーズXを5対1で販売しました

ソニーとマイクロソフトの次世代コンソールの両方が発売された今、日本からの販売台数の報告が見られ始めています。

ローンチウィークの売上高はソニーにとっては素晴らしいように見えますが、マイクロソフトにとってはおそらく少し圧倒されます。

PS5は日本でXboxシリーズXをアウトセルします

ソニーが本国ではなく米国に集中しているという最近の報告にもかかわらず、PlayStation5は日本で非常にうまくいったようです。

ファミ通によると、発売から4日後、プレイステーション5は合計118,000台のコンソールを販売しました。これは、標準版とデジタル版のコンソールの合計である可能性があります。

しかし、PS5の2日前に発売されたXboxシリーズXはそれほどうまくいきませんでした。

実際、PS5の売上と比較すると、ファミ通はXboxシリーズXとSのかなり悲惨な数字を報告しています。推定20,534種類の悲惨な話です。つまり、XboxシリーズX / Sコンソール1台ごとに5台のPS5コンソールが販売されました。日本。

先週、マイクロソフトがソニーの日本のコンソール市場に参入する計画であるという報告を見ました。とは言うものの、日本でのXboxの人気は、常に少し薄かったです。

第一印象とこれらの売上高を考えると、マイクロソフトがソニーを故郷のとまり木から倒すことに成功する可能性は低いように思われます。

PS5とXboxの売上高がこれほど低いのはなぜですか?

コンソールが発売される前から、ゲーマーはソニーとマイクロソフトの両方から、供給が需要を満たしていないことを警告されてきました。

COVID-19のパンデミックの間、サプライチェーンとロジスティクスの両方が影響を受けました。これにより、PS5とXboxシリーズXの両方でかなりの生産遅延が発生しました

関連:マイクロソフトはXboxシリーズXの発売が成功したと宣言

ここでのノックオン効果は、発売日になると、ソニーとマイクロソフトの両方がひどく準備不足になり、コンソールの不足が続いたということです。これは、発売日にコンソールを事前注文しなかった人にとっては悪いニュースでした。

実際、マイクロソフトの最高財務責任者(CFO)であるティムスチュワートは今週、XboxシリーズXが2021年4月まで不足することを確認しました。それは、新しいコンソールの1つを保護することを望んでいる人をかなり待っています。

PS5は今月日本で最も売れているコンソールですか?

今までですが、ひげだけです。任天堂は現在、日本で最高の地位を占めており、PS5が発売されたのと同じ週(11月9日から15日)に、SwitchとSwitchLiteは合計116,267台を販売しました。

ここでも、スイッチは過去23か月間、米国で最も売れているコンソールであるため、ショックはありません。したがって、任天堂のデバイスが、2つの主要なコンソールの発売にもかかわらず、母国である日本で非常に好調であることは当然のことです。

しかし、PS5が完売した今、任天堂は今月のポストにソニーを売り込むためにその余分な1,500の売り上げをつかむのに十分な時間があります。