Pro-Ject の最新のターンテーブルは優れたノイズ抑制を約束します

ヨーロッパのハイファイ オーディオ機器メーカーである Pro-Ject Audio Systems は、アナログ盤に干渉のないオーディオ体験をもたらすように設計された「True Balanced Connection」製品ラインアップに、2 つの新しいターンテーブル (X1 B および X2 B) を追加することを発表しました。頭。

4 月にリリースされたハイエンドデッキである2,500 ドルの Pro-Ject X8よりも手頃な価格の 1,299 ドルと 1,699 ドルの X1 B と X2 B (それぞれ) は、クリーンなサウンドと真のバランスの取れたアナログの利点をもたらすという Pro-Ject の目標をさらに拡大します。 幅広いビニール愛好家へのオーディオ。

クルミ材の Pro-Ject X1 B ターンテーブル。
事業

当社のターンテーブルをフォノ ステージ、レシーバー、アンプに接続するケーブルは、ワイヤレスおよび Bluetooth デバイス、アプライアンス、およびその他の最新の電子機器からのあらゆる種類の干渉を拾いやすく、従来の RCA 接続では、このノイズがシステムを通じてシステムに送信される可能性があります。スピーカー。 Pro-Ject は、ハイエンド システムやレコーディング業界で広く使用されているバランスの取れた XLR 出力を大衆に提供することで、この問題に対処しようとしています。

この場合、ターンテーブルのミニ XLR ケーブル出力を使用すると、X1 B と X2 B をバランス XLR 出力を備えたフォノ ステージに接続することができ、このクリーンのために互換性のあるアンプまたはオーディオ システムに接続できます。 、従来のセットアップに負けない干渉のないサウンド。バランスの取れた XLR ケーブルは、より大きく、よりクリーンな音楽信号を実現できます。

ピアノブラックの Pro-Ject X1 B ターンテーブル。 Rainier movine magnet (MM) ターンテーブルカートリッジ。 ホワイトの Pro-Ject X2 B ターンテーブル。 Pro-Ject Phono Box S3B フォノステージ。

しかし、少し問題があります。 Pro- Ject X1 B および X2 B は、箱から出してすぐに使用できるハイエンドのターンテーブルであり、RCA ケーブルを介して標準システムに接続できます。 マグネット (MM) フォノ カートリッジ— バランスの取れた XLR フォノ ステージ、ムービング コイル (MC) カートリッジ、およびすべてを接続するためのケーブルを追加する必要があります。ご想像のとおり、Pro-Ject はこれらの付属品も提供しています。 True Balanced Connection ラインナップの一部として、Pro-Ject 独自のPhono Box S3 B ($500) とPhono Box DS3 B ($800) が利用可能です。

良いニュースは、これらの新しい Pro-Ject ターンテーブルが、特にビニールのセットアップを次のレベルに引き上げようとしている人にとって、非常に競争力のある価格で両方の長所を提供することです.まず、Pro-Ject の新しいシステムを活用するために、アップグレードされたフォノ ステージ、MC カートリッジ、および増幅コンポーネント (必要な場合) に投資する準備ができていなくても、ハイレベルな成果を得ることができます。ターンテーブル。 X1 B と X2 B は両方とも、前述の Sumiko Ranier カートリッジ、消音アクリル プラッター、反共振 MDF 台座、カーボン/アルミニウム トーンアーム、静かなベルト駆動モーターを備えており、レコードを輝かせます。 X2 の余分な $500 は、より重い大皿 (X1 B で 1.5 kg 対 X2 B で 2 kg) と台座 (X1 B で 7 kg 対 X2 B の 10 kg)、およびわずかにより長いトーンアーム、これらすべてが遮音性の向上、つまりより良いサウンドに貢献します。

X1 B には、グロス ブラック、グロス ホワイト、サテン ウォールナットの 3 色があり、X2 B には、Pro-Ject の人気の Debut Pro デッキのようなサテン ブラックのオプションが追加されています。

Pro-Ject X1 BおよびX2 Bターンテーブルは、2022 年 9 月に発売予定です。